1. 全国トップ
  2. 千葉教室
  3. 歴史
  4. 世界の歴史
  5. 講座詳細
講座番号:7235491
千葉教室
歴史
NEW 教室・オンライン自由講座 見逃し配信あり

食から学ぶ近現代イタリア史

秦泉寺 友紀/和洋女子大学教授講師詳細
  • H米のレシピ冊子.jpg

    ファシズム下で無料配布された米のレシピ冊子

  • パスタ写真.jpg

    ローマ市内の食料品店のパスタ棚

  • H米のレシピ冊子.jpg
  • パスタ写真.jpg
  • 2024/7/10, 8/7, 9/11
  • 会員10,395円 非会員13,695円
詳細を見る
続きを読む
曜日・時間 指定水曜日 15:30〜17:00
回数 3回
持ち物
備考 Vimeoを使用した、教室でもオンラインでも受講できる自由選択講座です(講師は教室)。見逃し配信(1週間限定)はマイページにアップします。各自ご確認ください。お問合せはcb9info@asahiculture.comで承ります。
会員 10,395円(税込)
受講料 
9,900円
その他 
495円
非会員 13,695円(税込)
受講料 
13,200円
その他 
495円

日程

2024/7/10, 8/7, 9/11

受講総額(税込)

会員10,395円
非会員13,695円
詳細を見る お申し込み

person講師詳細

秦泉寺 友紀和洋女子大学国際学部教授 1973年神奈川県生まれ。東京大学大学院人文社会系研究科博士課程単位取得退学。在イタリア日本国大使館専門調査員等を経て現職。専門はイタリア社会論。共訳書キャロル・ヘルストスキー著『イタリア料理の誕生』(人文書院、2022年)。

教室・オンライン自由講座

食から学ぶ近現代イタリア史

和洋女子大学教授 秦泉寺 友紀
<講座案内>
H米のレシピ冊子.jpg

人がどのような食べ物を調理し食べていたか(あるいは何を食べざるをえなかったか)は、その人がおかれた社会、時代を映し出す鏡です。たとえば今日のピッツァのグローバルな展開の原点となったのは、よりよい生活を求めイタリアを離れた20世紀初頭の移民です。またイタリアでは「貧民の食」のイメージをまとっていた米食が全国的に推奨されたのはファシズム期、他国に依存しないというナショナリズム的な政策のもとのことでした。本講座では、ピッツァ、パスタ、米の3つのイタリア料理(食品)を手がかりとして取り上げ、二度にわたる世界大戦、ファシズム、戦後の経済成長を経て現在にいたるイタリアの歴史的展開を食卓から読み解きます。(講師・記) 7月:ピッツァからピザへ――移民が伝えたイタリアの食 8月:パスタ=国民食?――イタリアと小麦            9月:米のイメージの変容――「貧民の食」から健康食へ

<講師紹介>

秦泉寺 友紀:和洋女子大学国際学部教授 1973年神奈川県生まれ。東京大学大学院人文社会系研究科博士課程単位取得退学。在イタリア日本国大使館専門調査員等を経て現職。専門はイタリア社会論。共訳書キャロル・ヘルストスキー著『イタリア料理の誕生』(人文書院、2022年)。

日   時
2024/7/10, 8/7, 9/11
    
指定水曜日 15:30〜17:00
回 数 
3回
受 講 料
会員 10,395円 [ 受講料 9,900円 / その他 495円 ]
非会員 13,695円 [ 受講料 13,200円 / その他 495円 ]
※入会金・受講料等は消費税10%を含む金額です。

Vimeoを使用した、教室でもオンラインでも受講できる自由選択講座です(講師は教室)。見逃し配信(1週間限定)はマイページにアップします。各自ご確認ください。お問合せはcb9info@asahiculture.comで承ります。

  • ※ご入会の優待制度をご利用の方はお申し出ください。
  • ※日程が変更されることがありますので、ご了承ください。
  • ※講師の病気や受講者が一定数に達しない場合などには、講座を中止することがあります。