1. 全国トップ
  2. 新宿教室
  3. 文学・文芸創作
  4. 世界の文学
  5. 講座詳細
講座番号:7220206
新宿教室
文学・文芸創作
NEW 教室・オンライン自由講座 見逃し配信あり

ジョージ・オーウェルの現代性

〜『動物農場』と『一九八四年』を中心に〜

川端 康雄/日本女子大学名誉教授講師詳細
  • Kawabata photo.jpg

  • Kawabata photo.jpg
  • 2024/7/27
  • 会員3,465円 一般4,565円
詳細を見る
続きを読む
曜日・時間 土曜 15:30〜17:00
回数 1回
持ち物
備考 Zoomウェビナーを使用したオンライン講座です。お問合せはasaculonline001@asahiculture.comで承ります。
会員 3,465円(税込)
受講料 
3,300円
設備費 
165円
一般 4,565円(税込)
受講料 
4,400円
設備費 
165円

日程

2024/7/27

受講総額(税込)

会員3,465円
一般4,565円
詳細を見る お申し込み

person講師詳細

川端 康雄かわばた・やすお 日本女子大学名誉教授 1955年横浜市生まれ。明治大学大学院博士後期課程単位取得退学。十文字学園女子大学教授等を経て2002年より日本女子大学文学部英文学科教授。2023年3月退職。専門はイギリス文学・文化研究。 著書に『ジョージ・オーウェル――「人間らしさ」への讃歌』(岩波新書、2020)、『増補 オーウェルのマザー・グース――歌の力、語りの力』(岩波現代文庫、2021)、『オーウェル『一九八四年』――ディストピアを生き抜くために』(慶應義塾大学出版会、2022)、翻訳にオーウェル『動物農場』(岩波文庫、2009)、ウィリアム・モリス『ユートピアだより』(岩波文庫、2013)、レベッカ・ソルニット『オーウェルの薔薇』(共訳、岩波書店、2022)など。

教室・オンライン自由講座

ジョージ・オーウェルの現代性

〜『動物農場』と『一九八四年』を中心に〜

日本女子大学名誉教授 川端 康雄
<講座案内>
Kawabata photo.jpg

 イギリス20世紀前半の作家ジョージ・オーウェル(1903–1950年)の代表作『一九八四年』(1949年)は、権威主義的国家体制や監視社会など、現代世界のさまざまな問題を考察するのによく引き合いに出されています。『動物農場』(1945年)も、ソ連批判という当初の執筆目的を超えて、注意を怠ると社会がいかに腐敗するかを表現した作品として汎用性のある読み方ができます。本講座ではこれら2作品を中心にオーウェルの著作がいかに今日的な意義を持つものであるかをお話したいと思います。(講師・記)

<講師紹介>

川端 康雄:かわばた・やすお 日本女子大学名誉教授 1955年横浜市生まれ。明治大学大学院博士後期課程単位取得退学。十文字学園女子大学教授等を経て2002年より日本女子大学文学部英文学科教授。2023年3月退職。専門はイギリス文学・文化研究。 著書に『ジョージ・オーウェル――「人間らしさ」への讃歌』(岩波新書、2020)、『増補 オーウェルのマザー・グース――歌の力、語りの力』(岩波現代文庫、2021)、『オーウェル『一九八四年』――ディストピアを生き抜くために』(慶應義塾大学出版会、2022)、翻訳にオーウェル『動物農場』(岩波文庫、2009)、ウィリアム・モリス『ユートピアだより』(岩波文庫、2013)、レベッカ・ソルニット『オーウェルの薔薇』(共訳、岩波書店、2022)など。

日   時
2024/7/27
    
土曜 15:30〜17:00
回 数 
1回
受 講 料
会員 3,465円 [ 受講料 3,300円 / 設備費 165円 ]
一般 4,565円 [ 受講料 4,400円 / 設備費 165円 ]
※入会金・受講料等は消費税10%を含む金額です。

Zoomウェビナーを使用したオンライン講座です。お問合せはasaculonline001@asahiculture.comで承ります。

  • ※ご入会の優待制度をご利用の方はお申し出ください。
  • ※日程が変更されることがありますので、ご了承ください。
  • ※講師の病気や受講者が一定数に達しない場合などには、講座を中止することがあります。