1. 全国トップ
  2. 横浜教室
  3. 文学・文芸創作
  4. 日本の文学
  5. 講座詳細
講座番号:1649568
横浜教室
文学・文芸創作
教室・オンライン自由講座 見逃し配信あり

『紫式部日記』を楽しむ 

三村 友希/跡見学園女子大学兼任講師講師詳細
  • 「紫式部日記」を楽しむ2310三村講師.jpg

    三村友希講師

  • 「紫式部日記」を楽しむ2310三村講師.jpg
  • 2024/7/26, 8/23, 9/27
  • 会員10,395円
詳細を見る
続きを読む
曜日・時間 第4金曜日 13:00〜14:30
回数 3回
持ち物 ※毎回、資料を配布予定です。
備考 Zoomウェビナーを使用した、教室でもオンラインでも受講できる自由選択講座です(講師は教室)。見逃し配信(1週間限定)はマイページにアップします。各自ご確認ください。お問い合わせは、yk9yokohama@asahiculture.comで承ります。
会員 10,395円(税込)
受講料 
9,900円
設備費 
495円

日程

2024/7/26, 8/23, 9/27

受講総額(税込)

会員10,395円
詳細を見る お申し込み

person講師詳細

三村 友希跡見学園女子大学兼任講師。東京都生まれ。フェリス女学院大学大学院博士課程。博士(文学)。専門分野は、『源氏物語』を中心とした中古物語文学。著書に『姫君たちの源氏物語 二人の紫の上』(翰林書房)がある。

教室・オンライン自由講座

『紫式部日記』を楽しむ 

跡見学園女子大学兼任講師 三村 友希
<講座案内>
「紫式部日記」を楽しむ2310三村講師.jpg

千年の間、読み継がれてきた『源氏物語』の作者である、紫式部の日記を読みます。この日記を読み解きながら、平安時代を生きた一人の女性作家を知りたいと思います。なかなかに難しく、少し厄介な作品でもありますが、それだけにドラマ性があり、おもしろい作品でもあります。紫式部が生きづらさを感じていたこともうかがえます。藤原道長や中宮彰子についても語られており、王朝の歴史絵巻をほんの少しのぞくことができ、そこには『源氏物語』の作者ならではの捉え方がうかがえるかのようです。『源氏物語』の話題も織り交ぜながら、『紫式部日記』の世界を楽しんでいきたいと思っています。(講師・記)※2023年10月開講。 各回テーマがありますので、途中受講歓迎です。 <各回テーマ(購読予定箇所)> 7月26日 宮中でのこと 8月23日 消息文・女房の容姿など 9月27日 消息文・清少納言などについて

<講師紹介>

三村 友希:跡見学園女子大学兼任講師。東京都生まれ。フェリス女学院大学大学院博士課程。博士(文学)。専門分野は、『源氏物語』を中心とした中古物語文学。著書に『姫君たちの源氏物語 二人の紫の上』(翰林書房)がある。

日   時
2024/7/26, 8/23, 9/27
    
第4金曜日 13:00〜14:30
回 数 
3回
受 講 料
会員 10,395円 [ 受講料 9,900円 / 設備費 495円 ]
※入会金・受講料等は消費税10%を含む金額です。
持ち物など

※毎回、資料を配布予定です。

Zoomウェビナーを使用した、教室でもオンラインでも受講できる自由選択講座です(講師は教室)。見逃し配信(1週間限定)はマイページにアップします。各自ご確認ください。お問い合わせは、yk9yokohama@asahiculture.comで承ります。

  • ※ご入会の優待制度をご利用の方はお申し出ください。
  • ※日程が変更されることがありますので、ご了承ください。
  • ※講師の病気や受講者が一定数に達しない場合などには、講座を中止することがあります。