1. 全国トップ
  2. 新宿教室
  3. 音楽
  4. 歴史・技法・鑑賞
  5. 講座詳細
講座番号:1647298
新宿教室
音楽
オンライン開催 見逃し配信あり

日本語とポピュラーミュージック

いかにして日本語歌詞がビートにのるようになったのか

高山 博/作曲家・著述家講師詳細
  • takayama02.jpg

  • takayama02.jpg
  • 2024/8/24, 8/31
  • 会員6,666円 一般8,866円
詳細を見る
続きを読む
曜日・時間 指定土曜日 18:30〜20:00
回数 2回
持ち物
備考 ※各回受講も可。 Zoomウェビナーを使用したオンライン講座です。見逃し配信(1週間限定)はマイページにアップします。各自ご確認ください。お問合せはasaculonline001@asahiculture.comで承ります。
会員 6,666円(税込)
受講料 
6,666円
一般 8,866円(税込)
受講料 
8,866円

日程

2024/8/24, 8/31

受講総額(税込)

会員6,666円
一般8,866円
詳細を見る お申し込み

person講師詳細

高山 博学生時代より、関西ライブシーンで活躍。大阪芸術大学にて、クラシックの作曲、民俗音楽学、電子音楽の技法を、学外でジャズ理論を学ぶ。 作編曲では、NHK銀河テレビ小説『妻』、TV朝日 『題名のない音楽会』(出演)、日本・インドネシア合同舞台作品『ボロブドゥールの嵐』、香川県芸術祭『南風の祭礼』、自らのバンドCharisma『邂逅』 (キングレコード)の他、『W.I.N.S』 W.I.N.S. (ビクター・エンタテイメント)、『Super-Nova』 KoKoo (キングレコード) など。著書には、 『ビートルズの作曲法』 『ポピュラー音楽作曲のための旋律法』 『ビートルズ 創造の多面体』『FM音源のあたらしいトリセツ』 『LogicPro10.8徹底操作ガイド』など音楽理論から技術的解説まで多岐にわたる。雑誌寄稿も多数。 近年は、後進の指導にも熱心で、個人レッスンのほか、東京藝術大学大学院、東京工芸大学、美学校で教壇にも立つ。

オンライン開催

日本語とポピュラーミュージック

いかにして日本語歌詞がビートにのるようになったのか

作曲家・著述家 高山 博
<講座案内>
takayama02.jpg

J-POPやロックバンド、さらにはラップまで、強いビートのなかで日本語によって思いを伝える音楽は、今では当たり前のように人々の耳を楽しませ、感動を与え共感を呼んでいます。  しかし、元来英語圏の音楽であるロックやR&Bの曲調を、自然な形で日本語の歌詞に馴染ませ、さらにビートにのって歌うには、様々な工夫と努力が必要でした。  ここでは、日本語の音韻の特徴、伝統的な日本語歌詞のリズムの特徴が西洋音楽とどのように出会ったかから始まり、現代にいたるポピュラー音楽の歴史のなかでどのように消化されていったか、数多くの名曲をたどりながら、歌詞に使われた言葉やその発音の変遷と、アーティストたちによる創意工夫、数々のイノベーションを考察していきます。  取り上げる楽曲は、日本の唱歌や民謡、演歌からはじまり、戦後のブギウギ、ロカビリー、グループサウンズ、フォークソング。さらに、70年代以後から現代まで、黎明期の日本のロックからニューミュージック、J-POPやラップまでと、多様なジャンルとアーティストになります。いわば、言葉から見る、日本のポピュラー音楽史です。  二回にわたる講座は、単独での受講も可能ですが、両方とも受けていただくことで、より深く、楽しく、ポピュラー音楽を楽しめるようになるでしょう。 第一回 日本語の音韻と旋律、日本語を西洋的なビートに乗せることの困難〜黎明期の日本語ロック/フォークのさまざまな工夫 第二回 日本語を洋楽的なサウンドに乗せる方法の確立〜日本語による独自のポップスの成立と隆盛

<講師紹介>

高山 博:学生時代より、関西ライブシーンで活躍。大阪芸術大学にて、クラシックの作曲、民俗音楽学、電子音楽の技法を、学外でジャズ理論を学ぶ。 作編曲では、NHK銀河テレビ小説『妻』、TV朝日 『題名のない音楽会』(出演)、日本・インドネシア合同舞台作品『ボロブドゥールの嵐』、香川県芸術祭『南風の祭礼』、自らのバンドCharisma『邂逅』 (キングレコード)の他、『W.I.N.S』 W.I.N.S. (ビクター・エンタテイメント)、『Super-Nova』 KoKoo (キングレコード) など。著書には、 『ビートルズの作曲法』 『ポピュラー音楽作曲のための旋律法』 『ビートルズ 創造の多面体』『FM音源のあたらしいトリセツ』 『LogicPro10.8徹底操作ガイド』など音楽理論から技術的解説まで多岐にわたる。雑誌寄稿も多数。 近年は、後進の指導にも熱心で、個人レッスンのほか、東京藝術大学大学院、東京工芸大学、美学校で教壇にも立つ。

日   時
2024/8/24, 8/31
    
指定土曜日 18:30〜20:00
回 数 
2回
受 講 料
会員 6,666円 [ 受講料 6,666円 ]
一般 8,866円 [ 受講料 8,866円 ]
※入会金・受講料等は消費税10%を含む金額です。

※各回受講も可。 Zoomウェビナーを使用したオンライン講座です。見逃し配信(1週間限定)はマイページにアップします。各自ご確認ください。お問合せはasaculonline001@asahiculture.comで承ります。

  • ※ご入会の優待制度をご利用の方はお申し出ください。
  • ※日程が変更されることがありますので、ご了承ください。
  • ※講師の病気や受講者が一定数に達しない場合などには、講座を中止することがあります。