1. 全国トップ
  2. 新宿教室
  3. 歴史
  4. 日本の歴史(中世〜近世)
  5. 講座詳細
講座番号:4591820
新宿教室
歴史
NEW オンライン開催 見逃し配信あり

信長の城の変遷を考える

〜加藤理文のお城解説〜

加藤 理文/日本城郭協会理事講師詳細
  • 小牧山城の石垣.jpg

    小牧山城の石垣

  • 岐阜城天守.jpg

    岐阜城天守

  • 安土城天主台.jpg

    安土城天主台

  • 小牧山城の石垣.jpg
  • 岐阜城天守.jpg
  • 安土城天主台.jpg
  • 2024/7/5, 8/2, 9/6
  • 会員9,900円 一般11,550円
詳細を見る
続きを読む
曜日・時間 金曜 19:00〜20:30
回数 3回
持ち物 プリント資料を配布します。
備考 Zoomウェビナーを使用したオンライン講座です。見逃し配信(1週間限定)はマイページにアップします。各自ご確認ください。お問合せはasaculonline001@asahiculture.comで承ります。
会員 9,900円(税込)
受講料 
9,900円
一般 11,550円(税込)
受講料 
11,550円

日程

2024/7/5, 8/2, 9/6

受講総額(税込)

会員9,900円
一般11,550円
詳細を見る お申し込み

person講師詳細

加藤 理文(かとう・まさふみ)1958年、静岡県生まれ。駒澤大学文学部歴史学科卒業。広島大学にて学位(文学博士)取得。静岡県教育委員会を経て、現在、袋井市浅羽中学校教諭。公益財団法人日本城郭協会理事・学術委員会副委員長。特に織豊系城郭が専門。著書に『よくわかる日本の城 日本城郭検定公式参考書』(ワン・パブリッシング)、『日本から城が消える「城郭再建」がかかえる大問題』(洋泉社新書)、『織豊権力と城郭―瓦と石垣の考古学』(高志書院)、『静岡の城 研究成果が解き明かす城の県史』(サンライズ出版)、『織田信長の城』(講談社現代新書)、『家康と家臣団の城』(角川選書)、『オールカラー 日本の城を極める』(ワン・パブリッシング)など。共著・監修書多数。

オンライン開催

信長の城の変遷を考える

〜加藤理文のお城解説〜

日本城郭協会理事 加藤 理文
<講座案内>
小牧山城の石垣.jpg

≪各回カリキュラム≫ 1. 清須城から小牧山城へ 2. 小牧山城から岐阜城へ 3. 岐阜城から安土城へ 7月5日 【清須城から小牧山城へ】 天文24年(1555)、清須城へ入った織田信長は、ここから桶狭間へ出陣するなど8年間過ごすことになります。この間、清洲城を改修したとされますが、従来の方形居館は維持し、近世城郭への変換は認められません。永禄6年(1563)、突然、その居城を小牧山城に移転すると、圧倒的な規模を持つ巨石を3段に積み上げた石垣の城を築きます。山麓南側には、常備軍化した全家臣(下級武士を含む)を集住させるための城下町が造られました。信長は、なぜ小牧山に城を移し、何をめざしたのかに迫ります。 8月2日 【小牧山城から岐阜城へ】 永禄10年(1567)、美濃攻略に成功した信長は、小牧山城から岐阜へと居城を移転させました。信長は、山麓と山上にそれぞれ自分の居住スペースを造ります。山麓御殿は、4階建と記された豪華絢爛な建築や階段状に造られた曲輪ごとに多くの機能や意匠が異なる庭園が存在したことが記録されています。入口には、巨石を立て並べた石垣があり、信長の許可無では、何人も中に入ることは出来ませんでした。元亀年間になると、山上に天守が出現したようです。信長が、安土築城に向けて、どんな準備をしたのかを考えます。 9月6日 【岐阜城から安土城へ】 天正4年(1576)正月中旬、天下布武の根拠地とするために安土築城が開始されます。安土城普請は、石垣と天主築造を第一にすることが信長の厳命でしたので、信長がこの城に何を求めたかが判明します。城は、政治的色彩を前面に押し出した宮殿建築として、豪華絢爛な見せるためのシンボル天主が最高所に聳え立っていました。権力が信長一手に集中していることを知らしめ、武力衝突を回避し、諸国の諸大名が信長の軍門に下るための抑止力として、城を利用しようとしたのかを考えます。

<講師紹介>

加藤 理文:(かとう・まさふみ)1958年、静岡県生まれ。駒澤大学文学部歴史学科卒業。広島大学にて学位(文学博士)取得。静岡県教育委員会を経て、現在、袋井市浅羽中学校教諭。公益財団法人日本城郭協会理事・学術委員会副委員長。特に織豊系城郭が専門。著書に『よくわかる日本の城 日本城郭検定公式参考書』(ワン・パブリッシング)、『日本から城が消える「城郭再建」がかかえる大問題』(洋泉社新書)、『織豊権力と城郭―瓦と石垣の考古学』(高志書院)、『静岡の城 研究成果が解き明かす城の県史』(サンライズ出版)、『織田信長の城』(講談社現代新書)、『家康と家臣団の城』(角川選書)、『オールカラー 日本の城を極める』(ワン・パブリッシング)など。共著・監修書多数。

日   時
2024/7/5, 8/2, 9/6
    
金曜 19:00〜20:30
回 数 
3回
受 講 料
会員 9,900円 [ 受講料 9,900円 ]
一般 11,550円 [ 受講料 11,550円 ]
※入会金・受講料等は消費税10%を含む金額です。
持ち物など

プリント資料を配布します。

Zoomウェビナーを使用したオンライン講座です。見逃し配信(1週間限定)はマイページにアップします。各自ご確認ください。お問合せはasaculonline001@asahiculture.comで承ります。

  • ※ご入会の優待制度をご利用の方はお申し出ください。
  • ※日程が変更されることがありますので、ご了承ください。
  • ※講師の病気や受講者が一定数に達しない場合などには、講座を中止することがあります。