1. 全国トップ
  2. 福岡教室
  3. 文学・文芸創作
  4. 日本の文学
  5. 講座詳細
講座番号:7200572
福岡教室
文学・文芸創作
教室・オンライン自由講座 見逃し配信あり

一条天皇と源氏物語

紫式部をとりまく世界   (9月19日)

今西 祐一郎/国文学研究資料館名誉教授講師詳細
  • 源氏物語 今西先生.jpg

    国文学研究資料館名誉教授

  • 26468859_s.jpg

  • 源氏物語 今西先生.jpg
  • 26468859_s.jpg
  • 2024/9/19
  • 会員3,410円 一般3,960円
詳細を見る
続きを読む
曜日・時間 9月19日 木曜 13:00〜14:30
回数 1回
持ち物 筆記用具をお持ちください。
備考  Zoomウェビナーを使用した、教室でもオンラインでも受講できる自由選択講座です(講師は教室)。お問合せはfk9asacul@asahiculture.comで承ります。
会員 3,410円(税込)
受講料 
3,190円
設備費 
220円
一般 3,960円(税込)
受講料 
3,740円
設備費 
220円

日程

2024/9/19

受講総額(税込)

会員3,410円
一般3,960円
詳細を見る お申し込み

person講師詳細

今西 祐一郎国文学研究資料館名誉教授 九州大学名誉教授 1968年京都大学文学部卒。京都府立大学等を経て1985年より九州大学文学部助教授、教授、文学部長、副学長を歴任。2009年4月より2017年3月まで国文学研究資料館長。 著書に、『源氏物語覚書』、『蜻蛉日記覚書』(いずれも岩波書店)。

教室・オンライン自由講座

一条天皇と源氏物語

紫式部をとりまく世界   (9月19日)

国文学研究資料館名誉教授 今西 祐一郎
<講座案内>
源氏物語 今西先生.jpg

 日本文学の最高峰『源氏物語』作者の紫式部は、大河ドラマにより、いまその生涯が注目を浴びています。今回は、ドラマにも登場する藤原氏や天皇など紫式部をとりまく人々や平安時代の生活を取り上げて、紫式部がどういう世界に生きてきたかを探りたいと思います。 9月19日 一条天皇と源氏物語 国文学研究資料館名誉教授 今西 祐一郎  一条天皇が『源氏物語』に接していたことは、『紫式部日記』に記されている。ただし、一条天皇は書物としての『源氏物語』を読んだのではなく、女房に読ませて聞いたという。『紫式部日記』には、一条天皇は女房に読ませ、それを聞いて「この物語の作者は日本書紀を講義することができるだろう」と言ったと記されている。では、一条天皇は『源氏物語』のどの巻を聞いたのであろうか。その点についての新しい解釈を試みる。

<講師紹介>

今西 祐一郎:国文学研究資料館名誉教授 九州大学名誉教授 1968年京都大学文学部卒。京都府立大学等を経て1985年より九州大学文学部助教授、教授、文学部長、副学長を歴任。2009年4月より2017年3月まで国文学研究資料館長。 著書に、『源氏物語覚書』、『蜻蛉日記覚書』(いずれも岩波書店)。

日   時
2024/9/19
    
9月19日 木曜 13:00〜14:30
回 数 
1回
受 講 料
会員 3,410円 [ 受講料 3,190円 / 設備費 220円 ]
一般 3,960円 [ 受講料 3,740円 / 設備費 220円 ]
※入会金・受講料等は消費税10%を含む金額です。
持ち物など

筆記用具をお持ちください。

 Zoomウェビナーを使用した、教室でもオンラインでも受講できる自由選択講座です(講師は教室)。お問合せはfk9asacul@asahiculture.comで承ります。

  • ※ご入会の優待制度をご利用の方はお申し出ください。
  • ※日程が変更されることがありますので、ご了承ください。
  • ※講師の病気や受講者が一定数に達しない場合などには、講座を中止することがあります。