1. 全国トップ
  2. 新宿教室
  3. 時事・社会
  4. 現代社会
  5. 講座詳細
講座番号:7194400
新宿教室
時事・社会
NEW オンライン開催 見逃し配信あり

「じゃがいも」の方言から考えることばの変化と地域差の形成

大西 拓一郎/国立国語研究所 教授講師詳細
  • onishi.JPG

  • 関連画像LAJ じゃがいも_甲州・江州・孔子・5升.png

  • onishi.JPG
  • 関連画像LAJ じゃがいも_甲州・江州・孔子・5升.png
  • 2024/8/3
  • 会員3,300円 一般3,850円
詳細を見る
続きを読む
曜日・時間 土曜 10:30〜12:00
回数 1回
持ち物
備考 Zoomウェビナーを使用したオンライン講座です。見逃し配信(1週間限定)はマイページにアップします。各自ご確認ください。お問合せはasaculonline001@asahiculture.comで承ります。
会員 3,300円(税込)
受講料 
3,300円
一般 3,850円(税込)
受講料 
3,850円

日程

2024/8/3

受講総額(税込)

会員3,300円
一般3,850円
詳細を見る お申し込み

person講師詳細

大西 拓一郎1963年大阪府生まれ。東北大学文学部卒業、東北大学大学院文学研究科修了、国立国語研究所教授。専門は方言学・言語地理学。2010年より生活拠点を長野県に移し、富山大学・信州大学と共同で富山県や長野県でフィールドワークを行い、生活者・言語使用者の思考・感覚に根ざした方言ならびに方言分布形成の要因・過程の解明に取り組んでいる。主な著書は『現代方言の世界』(朝倉書店、2008)、『新日本言語地図』(共著、朝倉書店、2016)、『ことばの地理学――方言はなぜそこにあるのか』(大修館書店、2016)など。東北大学、慶應義塾大学、東京外国語大学、中央大学、名古屋大学、愛知県立大学、放送大学などで言語地理学を講義してきた。

オンライン開催

「じゃがいも」の方言から考えることばの変化と地域差の形成

国立国語研究所 教授 大西 拓一郎
<講座案内>
onishi.JPG

 方言は場所によることばの違いです。そのような方言はどのようにしてできるのでしょうか。それを考えるためには、ことばの変化をとらえることが必要です。本講座では「じゃがいも」を表すことばを対象に変化を追います。「じゃがいも」の方言には、人名や地名といった固有名詞がもとになったものがあります。これらが次々に変化を引き起こします。そして、その変化が方言として地域差を示すことになります。では、なぜそのような変化が起こるのでしょうか。そこには言語の本質と、言語を使う人間とのせめぎ合いがあります。本質である言語記号の恣意性が人間に負荷をかけ、その負荷を乗り越えるために人間は言語を変化させます。そのような葛藤の痕跡が「じゃがいも」の方言に現れているのです。(講師:記)

<講師紹介>

大西 拓一郎:1963年大阪府生まれ。東北大学文学部卒業、東北大学大学院文学研究科修了、国立国語研究所教授。専門は方言学・言語地理学。2010年より生活拠点を長野県に移し、富山大学・信州大学と共同で富山県や長野県でフィールドワークを行い、生活者・言語使用者の思考・感覚に根ざした方言ならびに方言分布形成の要因・過程の解明に取り組んでいる。主な著書は『現代方言の世界』(朝倉書店、2008)、『新日本言語地図』(共著、朝倉書店、2016)、『ことばの地理学――方言はなぜそこにあるのか』(大修館書店、2016)など。東北大学、慶應義塾大学、東京外国語大学、中央大学、名古屋大学、愛知県立大学、放送大学などで言語地理学を講義してきた。

日   時
2024/8/3
    
土曜 10:30〜12:00
回 数 
1回
受 講 料
会員 3,300円 [ 受講料 3,300円 ]
一般 3,850円 [ 受講料 3,850円 ]
※入会金・受講料等は消費税10%を含む金額です。

Zoomウェビナーを使用したオンライン講座です。見逃し配信(1週間限定)はマイページにアップします。各自ご確認ください。お問合せはasaculonline001@asahiculture.comで承ります。

  • ※ご入会の優待制度をご利用の方はお申し出ください。
  • ※日程が変更されることがありますので、ご了承ください。
  • ※講師の病気や受講者が一定数に達しない場合などには、講座を中止することがあります。