1. 全国トップ
  2. 京都教室
  3. 歴史
  4. 世界の歴史
  5. 講座詳細
講座番号:1657061
京都教室
歴史
オンライン(事前選択講座) 見逃し配信あり

チベット:音と声の曼荼羅世界(オンライン受講)

三宅 伸一郎/大谷大学文学部仏教学科教授講師詳細
  • おうむ.jpg

  • 太鼓とシンバル.jpg

  • 文字.jpeg

  • おうむ.jpg
  • 太鼓とシンバル.jpg
  • 文字.jpeg
  • 2024/7/9, 8/6, 9/10
  • 会員9,570円 一般10,560円
詳細を見る
続きを読む
曜日・時間 指定火曜日 10:30〜12:00
回数 3回
持ち物 ※設備費は、教室維持費です。 ※資料は、マイページからダウンロードしてください。郵送でのお送りはできません。 ◆8月は第1週の8/6におこないます。
備考 Zoomを使用したオンライン受講の申し込みページです。教室受講をご希望の場合は別の当該講座紹介からお申込みください(講師は教室)。見逃し配信(1週間限定)はマイページにアップします。各自ご確認ください。お問合せはsupport_kt@asahiculture.com で承ります。
会員 9,570円(税込)
受講料 
9,240円
設備費 
330円
一般 10,560円(税込)
受講料 
10,230円
設備費 
330円

日程

2024/7/9, 8/6, 9/10

受講総額(税込)

会員9,570円
一般10,560円
詳細を見る お申し込み

person講師詳細

三宅 伸一郎大谷大学文学部仏教学科教授 1967年生まれ。専門はチベット学、特に、仏教伝来以前の土着の信仰を受け継ぐとされるボン教の歴史を中心に研究を行う。共著に『ボン教:弱者を生き抜くチベットの知恵』(創元社、2022年)。

オンライン(事前選択講座)

チベット:音と声の曼荼羅世界(オンライン受講)

大谷大学文学部仏教学科教授 三宅 伸一郎
<講座案内>
おうむ.jpg

濃い青空に映える白い仏塔と、五色の祈りの旗「タルチョ」––––これらを目にすると、チベットにやって来たのだと実感します。寺院に入ると目に飛び込んでくる極彩色の仏画や仏像は、人々を驚かせ魅了します。「色」は、チベットの魅力と言っていいでしょう。その一方で、耳を澄ますと聞こえてくるさまざまな「音」や「声」も、チベットを強く感じさせる要素の一つではないでしょうか。今回の講座では、まず、チベットの「音」と「声」の世界の基盤となっているチベット語の概要を、講師の体験を交えながら見てゆきます。次に、歌舞劇アチェ・ラモを取り上げ、映像や画像を交えてその内容を紹介するとともに、太鼓の音の持つ意味について考えてみようと思います。最後に、12・3世紀にまとめられたと考えられる説法集を読みながら、いにしえの声に耳を澄まします。これらを通じて、チベットにおける「音」と「声」の魅力を探っていきたいと思います。 (教室講座を同時配信するオンライン講座です) <各回のテーマ> 7月 チベット語を聞く 8月 太鼓の音を聞く 9月 説法の声を聞く

<講師紹介>

三宅 伸一郎:大谷大学文学部仏教学科教授 1967年生まれ。専門はチベット学、特に、仏教伝来以前の土着の信仰を受け継ぐとされるボン教の歴史を中心に研究を行う。共著に『ボン教:弱者を生き抜くチベットの知恵』(創元社、2022年)。

日   時
2024/7/9, 8/6, 9/10
    
指定火曜日 10:30〜12:00
回 数 
3回
受 講 料
会員 9,570円 [ 受講料 9,240円 / 設備費 330円 ]
一般 10,560円 [ 受講料 10,230円 / 設備費 330円 ]
※入会金・受講料等は消費税10%を含む金額です。
持ち物など

※設備費は、教室維持費です。 ※資料は、マイページからダウンロードしてください。郵送でのお送りはできません。 ◆8月は第1週の8/6におこないます。

Zoomを使用したオンライン受講の申し込みページです。教室受講をご希望の場合は別の当該講座紹介からお申込みください(講師は教室)。見逃し配信(1週間限定)はマイページにアップします。各自ご確認ください。お問合せはsupport_kt@asahiculture.com で承ります。

  • ※ご入会の優待制度をご利用の方はお申し出ください。
  • ※日程が変更されることがありますので、ご了承ください。
  • ※講師の病気や受講者が一定数に達しない場合などには、講座を中止することがあります。