1. 全国トップ
  2. 新宿教室
  3. エンタメ・古典芸能
  4. 伝統芸能鑑賞
  5. 講座詳細
講座番号:7153617
新宿教室
エンタメ・古典芸能
NEW オンライン開催 見逃し配信あり

琉球宮廷舞踊と初期歌舞伎

琉球の宮廷芸能と大和文化

児玉 絵里子/京都芸術大学専任講師講師詳細
  • @黄絹地鳳凰牡丹扇面模様紅型裂(部分)九州国立博物館蔵 画像出典:ColBase.jpg

    黄絹地鳳凰牡丹扇面模様紅型裂(部分)九州国立博物館蔵 ※

  • A琉球舞楽図巻(部分) 江戸時代19世紀 九州国立博物館蔵 画像出典:ColBase.jpg

    琉球舞楽図巻(部分) 江戸時代19世紀 九州国立博物館蔵 ※

  • B黄木綿地菊牡丹雲尾長鳥模様紅型衣裳(部分) 第二尚氏時代19世紀 東京国立博物館蔵 画像出典:ColBase.jpg

    黄木綿地菊牡丹雲尾長鳥模様紅型衣裳(部分)第二尚氏時代19世紀東京国立博物館蔵 ※

  • @黄絹地鳳凰牡丹扇面模様紅型裂(部分)九州国立博物館蔵 画像出典:ColBase.jpg
  • A琉球舞楽図巻(部分) 江戸時代19世紀 九州国立博物館蔵 画像出典:ColBase.jpg
  • B黄木綿地菊牡丹雲尾長鳥模様紅型衣裳(部分) 第二尚氏時代19世紀 東京国立博物館蔵 画像出典:ColBase.jpg
  • 2024/5/29
  • 会員3,300円 一般3,850円
詳細を見る
続きを読む
曜日・時間 水曜 15:30〜17:00
回数 1回
持ち物 参考文献:『初期歌舞伎・琉球宮廷舞踊の系譜考―三葉葵紋、枝垂れ桜、藤の花―』児玉絵里子著(錦正社、2022年ISBN9784764601468(https://kinseisha.jp/book/0146-2/)
備考 Zoomウェビナーを使用したオンライン講座です。見逃し配信(1週間限定)はマイページにアップします。各自ご確認ください。お問合せはasaculonline001@asahiculture.comで承ります。
会員 3,300円(税込)
受講料 
3,300円
一般 3,850円(税込)
受講料 
3,850円

日程

2024/5/29

受講総額(税込)

会員3,300円
一般3,850円
詳細を見る 終了しました

person講師詳細

児玉 絵里子京都芸術大学専任講師。博士(文学、早稲田大学)。 早稲田大学大学院文学研究科芸術学(美術史)修士課程修了。早稲田大学および同大学大学院で村重寧教授(現 名誉教授 )に師事。琳派研究(尾形光琳・俵屋宗達)に取り組む。財団法人海洋博覧会記念公園管理財団(一般財団法人沖縄美ら島財団)学芸員、ドナルド・キーン・センター柏崎学芸員などを経て、現職。(※2024年6月現在) [主要著書等]『初期歌舞伎・琉球宮廷舞踊の系譜考―三葉葵紋、枝垂れ桜、藤の花―』錦正社、2022年。『琉球紅型』ADP、2012年。『図説 琉球の染めと織り』河出書房新社ふくろうの本、2005年。第10回木村重信民族藝術学会賞受賞。

オンライン開催

琉球宮廷舞踊と初期歌舞伎

琉球の宮廷芸能と大和文化

京都芸術大学専任講師 児玉 絵里子
<講座案内>
@黄絹地鳳凰牡丹扇面模様紅型裂(部分)九州国立博物館蔵 画像出典:ColBase.jpg

沖縄には、15世紀以降に統一王朝として約450年存続した琉球王国の時代(第一尚氏時代・第二尚氏時代)がありました。琉球王尚家が治める首里王府では、朱漆や螺鈿の輝く琉球漆器、色鮮やかな琉球紅型など数々の美しい美術工芸が生まれ、中国皇帝から遣わされた使節 冊封使をもてなす歓待芸能 御冠船踊(おかんせんおどり)が華やかに開花しました。 見目麗しい琉球の楽童子のすがたは、琉球使節の江戸上りでひとびとの耳目を大きくひいたと伝えられます。浮世絵師 葛飾北斎さえ、琉球の風景を浮世絵にしたほどの「琉球」の人気ぶりでした。 今日では国指定重要無形文化財となった琉球の宮廷芸能(組踊・琉球舞踊)は、あまり一般には知られていませんが、実は大和の芸能・文化と深く係わっていました。 琉球宮廷舞踊の傑作とされる古典女踊りの演目は、2024年NHK大河ドラマで注目される平安貴族のこころとも深く繋がっているのです。いったいそれはどのようなものなのでしょう。 本講座では、最新の研究ではじめて明らかになった、琉球宮廷舞踊と大和文化の興味深い係わりをお話します。 映像や写真を通して、琉球宮廷文化の世界にタイムトリップしてみませんか。時を越えて受け継がれる往時の息吹を、一緒に体感いたしましょう。 ※掲載画像出典:ColBase(https://colbase.nich.go.jp/)

<講師紹介>

児玉 絵里子:京都芸術大学専任講師。博士(文学、早稲田大学)。 早稲田大学大学院文学研究科芸術学(美術史)修士課程修了。早稲田大学および同大学大学院で村重寧教授(現 名誉教授 )に師事。琳派研究(尾形光琳・俵屋宗達)に取り組む。財団法人海洋博覧会記念公園管理財団(一般財団法人沖縄美ら島財団)学芸員、ドナルド・キーン・センター柏崎学芸員などを経て、現職。(※2024年6月現在) [主要著書等]『初期歌舞伎・琉球宮廷舞踊の系譜考―三葉葵紋、枝垂れ桜、藤の花―』錦正社、2022年。『琉球紅型』ADP、2012年。『図説 琉球の染めと織り』河出書房新社ふくろうの本、2005年。第10回木村重信民族藝術学会賞受賞。

日   時
2024/5/29
    
水曜 15:30〜17:00
回 数 
1回
受 講 料
会員 3,300円 [ 受講料 3,300円 ]
一般 3,850円 [ 受講料 3,850円 ]
※入会金・受講料等は消費税10%を含む金額です。
持ち物など

参考文献:『初期歌舞伎・琉球宮廷舞踊の系譜考―三葉葵紋、枝垂れ桜、藤の花―』児玉絵里子著(錦正社、2022年ISBN9784764601468(https://kinseisha.jp/book/0146-2/)

Zoomウェビナーを使用したオンライン講座です。見逃し配信(1週間限定)はマイページにアップします。各自ご確認ください。お問合せはasaculonline001@asahiculture.comで承ります。

  • ※ご入会の優待制度をご利用の方はお申し出ください。
  • ※日程が変更されることがありますので、ご了承ください。
  • ※講師の病気や受講者が一定数に達しない場合などには、講座を中止することがあります。