1. 全国トップ
  2. 横浜教室
  3. 文学・文芸創作
  4. 日本の文学
  5. 講座詳細
講座番号:1642009
横浜教室
文学・文芸創作
教室開催

歌人たちの風月

 『百人一首』を中心に 

辻 勝美/元日本大学教授講師詳細
  • 1001.jpg

  • 1001.jpg
  • 2024/4/8, 4/22, 5/13, 5/27, 6/10, 6/24
  • 会員20,790円
詳細を見る
続きを読む
曜日・時間 第2・4月曜日 13:00〜15:00
回数 6回
持ち物
備考
会員 20,790円(税込)
受講料 
19,800円
設備費 
990円

日程

2024/4/8, 4/22, 5/13, 5/27, 6/10, 6/24

受講総額(税込)

会員20,790円
詳細を見る 終了しました

person講師詳細

辻 勝美元日本大学教授 1949年生まれ。1972年日本大学文理学部国文学科卒業。1977年日本大学大学院文学研究科博士後期課程満期退学。日本大学文理学部助手などを経て、2017年まで日本大学文理学部教授。専攻は、中世日本文学。和歌文学会会員。中世文学会会員。編著書に『新古今和歌集』(共著、1980年・有精堂)『長明方丈記抄・徒然草抄』(共著、1985年・新典社)、『松平文庫影印叢書』第11巻(共著、1997年・新典社)、『堀河院百首和歌』(共著、2002年・明治書院)、『建礼門院右京大夫集』(共著、2004年・勉誠出版)など。

教室開催

歌人たちの風月

 『百人一首』を中心に 

元日本大学教授 辻 勝美
<講座案内>
1001.jpg

平安後期から鎌倉期の動乱の時代を生き、和歌の伝統を持続させてきた 人々の文化史的意義は多大といえます。本講座では『百人一首』の歌人たちの和歌を中心に、その歌言葉と心のありようを探っていきます。特に四季の動植物や日本の風土との関連に注目して読み味わうこととします。また、和歌・歌人たちを題材とした江戸時代の狂歌・川柳や絵画などの多様な表現、花鳥風月の世界にも親しんでみましょう。 (講師・記) ■各回のテーマ (予定) 1 『百人一首』の四季と動植物の歌 2 「花」「山桜」(小町・友則・俊頼・公経ほか) 3 「藤」と「松」(行平・貫之・興風ほか) 4 「卯の花」と「時鳥」(持統天皇・実定ほか) 5 「さね葛」「八重葎」(定方・恵慶ほか) 6 「鹿」と「山里」「奥山」(喜撰・俊成ほか)    

<講師紹介>

辻 勝美:元日本大学教授 1949年生まれ。1972年日本大学文理学部国文学科卒業。1977年日本大学大学院文学研究科博士後期課程満期退学。日本大学文理学部助手などを経て、2017年まで日本大学文理学部教授。専攻は、中世日本文学。和歌文学会会員。中世文学会会員。編著書に『新古今和歌集』(共著、1980年・有精堂)『長明方丈記抄・徒然草抄』(共著、1985年・新典社)、『松平文庫影印叢書』第11巻(共著、1997年・新典社)、『堀河院百首和歌』(共著、2002年・明治書院)、『建礼門院右京大夫集』(共著、2004年・勉誠出版)など。

日   時
2024/4/8, 4/22, 5/13, 5/27, 6/10, 6/24
    
第2・4月曜日 13:00〜15:00
回 数 
6回
受 講 料
会員 20,790円 [ 受講料 19,800円 / 設備費 990円 ]
※入会金・受講料等は消費税10%を含む金額です。

  • ※ご入会の優待制度をご利用の方はお申し出ください。
  • ※日程が変更されることがありますので、ご了承ください。
  • ※講師の病気や受講者が一定数に達しない場合などには、講座を中止することがあります。