1. 全国トップ
  2. 名古屋教室
  3. 歴史
  4. 日本の歴史(古代)
  5. 講座詳細
講座番号:7091364
名古屋教室
歴史
NEW オンライン開催 見逃し配信あり

纒向型前方後円墳と東海地域〜古墳出現の過程と背景を探る

早野 浩二/愛知県埋蔵文化財センター講師詳細
  • aiai789.jpg

    早野 浩二講師

  • ※纏向型前方 要キャプ〜豊田市宇津木古墳.jpg

    豊田市宇津木古墳の墳丘測量図に桜井市纒向石塚古墳を1/2に縮小して重ね合わせた

  • aiai789.jpg
  • ※纏向型前方 要キャプ〜豊田市宇津木古墳.jpg
  • 2024/4/23, 5/28, 6/25
  • 会員6,765円 一般8,415円
詳細を見る
続きを読む
曜日・時間 第4火曜日 19:00〜20:30
回数 3回
持ち物 ※申し込みは、webからをお薦めします。
備考 Zoomウェビナーを使用したオンライン講座です。見逃し配信(1週間限定)はマイページにアップします。各自ご確認ください。お問合せはng9info@asahiculture.comで承ります。
会員 6,765円(税込)
受講料 
6,270円
設備費 
495円
一般 8,415円(税込)
受講料 
7,920円
設備費 
495円

日程

2024/4/23, 5/28, 6/25

受講総額(税込)

会員6,765円
一般8,415円
詳細を見る 終了しました

person講師詳細

早野 浩二愛知県埋蔵文化財センター

オンライン開催

纒向型前方後円墳と東海地域〜古墳出現の過程と背景を探る

愛知県埋蔵文化財センター 早野 浩二
<講座案内>
aiai789.jpg

邪馬台国の王都、日本最古の都市ともされる纒向遺跡。その周辺には、前方後円墳の先駆けとも考えられている纒向型前方後円墳が分布する。纒向型前方後円墳の研究に学び、特に豊田市宇津木古墳を纒向型前方後円墳として再評価することによって、東海地域を含めた東日本の古墳出現の過程とその背景を改めて捉え直してみたい。 〈テーマ〉4/23「纒向型前方後円墳とは?〜定義と問題点」、5/28「東日本の纒向型前方後円墳と豊田市宇津木古墳」、6/25「纒向型前方後円墳拡散の背景と三角縁神獣鏡、畿内系土器」

<講師紹介>

早野 浩二:愛知県埋蔵文化財センター

日   時
2024/4/23, 5/28, 6/25
    
第4火曜日 19:00〜20:30
回 数 
3回
受 講 料
会員 6,765円 [ 受講料 6,270円 / 設備費 495円 ]
一般 8,415円 [ 受講料 7,920円 / 設備費 495円 ]
※入会金・受講料等は消費税10%を含む金額です。
持ち物など

※申し込みは、webからをお薦めします。

Zoomウェビナーを使用したオンライン講座です。見逃し配信(1週間限定)はマイページにアップします。各自ご確認ください。お問合せはng9info@asahiculture.comで承ります。

  • ※ご入会の優待制度をご利用の方はお申し出ください。
  • ※日程が変更されることがありますので、ご了承ください。
  • ※講師の病気や受講者が一定数に達しない場合などには、講座を中止することがあります。