1. 全国トップ
  2. 新宿教室
  3. 文学・文芸創作
  4. 日本の文学
  5. 講座詳細
講座番号:4659807
新宿教室
文学・文芸創作
NEW オンライン開催 見逃し配信あり

大江健三郎と新しい「戦前」

平野 啓一郎/小説家講師詳細
井上 隆史/白百合女子大学教授講師詳細
  • 202303misimataidan.png

    左:平野啓一郎さん(©ogata_photo)、右:井上隆史さん

  • 202303misimataidan.png
  • 2024/3/21, 4/2
詳細を見る
続きを読む
曜日・時間 木曜 18:30〜20:00
回数 2回
持ち物
備考 Zoomウェビナーを使用したオンライン講座です。見逃し配信(1週間限定)はマイページにアップします。各自ご確認ください。お問合せはasaculonline001@asahiculture.comで承ります。

日程

2024/3/21, 4/2

受講総額(税込)

詳細を見る 終了しました

person講師詳細

平野 啓一郎1975年、愛知県生まれ。99年京都大学在学中に『日蝕』により第120回芥川賞を受賞。 著書に、小説『葬送』、『空白を満たしなさい』、『マチネの終わりに』(第2回渡辺淳一文学賞)、『ある男』(第70回読売文学賞)、『本心』等、エッセイ集に『私とは何か 「個人」から「分人」へ』、『「カッコいい」とは何か』、『小説の読み方』など多数。評論『三島由紀夫論』では第22回小林秀雄賞を受賞。

井上 隆史一九六三年生まれ。東京大学文学部卒。白百合女子大学文学部教授。専門は日本近代文学。著書に『暴流(ぼる)の人 三島由紀夫』(平凡社、読売文学賞・やまなし文学賞)、『三島由紀夫 幻の遺作を読む』(光文社新書)、共著に『三島由紀夫の愛した美術』(新潮社)、『決定版三島由紀夫全集42 年譜・書誌』(新潮社)、編著に 『津島佑子の世界』(水声社)など。近刊に『大江健三郎論 怪物作家の「本当ノ事」』(光文社新書)

オンライン開催

大江健三郎と新しい「戦前」

小説家 平野 啓一郎
白百合女子大学教授 井上 隆史
<講座案内>
202303misimataidan.png

 大江健三郎は戦後民主主義を代表する作家といわれます。しかし、その文学作品は、必ずしもそのような枠には収まりません。  従来の評価に捕らわれずに大江文学を自由に読み直すことで、新しい「戦前」とも言われる今日を生きるための手がかりを探りたいと思います。(井上講師・記) 参考図書:井上隆史 著[『大江健三郎論 怪物作家の「本当ノ事」』(光文社新書)](https://shinsho.kobunsha.com/n/nce99e5cba5b4)

<講師紹介>

平野 啓一郎:1975年、愛知県生まれ。99年京都大学在学中に『日蝕』により第120回芥川賞を受賞。 著書に、小説『葬送』、『空白を満たしなさい』、『マチネの終わりに』(第2回渡辺淳一文学賞)、『ある男』(第70回読売文学賞)、『本心』等、エッセイ集に『私とは何か 「個人」から「分人」へ』、『「カッコいい」とは何か』、『小説の読み方』など多数。評論『三島由紀夫論』では第22回小林秀雄賞を受賞。


井上 隆史:一九六三年生まれ。東京大学文学部卒。白百合女子大学文学部教授。専門は日本近代文学。著書に『暴流(ぼる)の人 三島由紀夫』(平凡社、読売文学賞・やまなし文学賞)、『三島由紀夫 幻の遺作を読む』(光文社新書)、共著に『三島由紀夫の愛した美術』(新潮社)、『決定版三島由紀夫全集42 年譜・書誌』(新潮社)、編著に 『津島佑子の世界』(水声社)など。近刊に『大江健三郎論 怪物作家の「本当ノ事」』(光文社新書)

日   時
2024/3/21, 4/2
    
木曜 18:30〜20:00
回 数 
2回
受 講 料
※入会金・受講料等は消費税10%を含む金額です。

Zoomウェビナーを使用したオンライン講座です。見逃し配信(1週間限定)はマイページにアップします。各自ご確認ください。お問合せはasaculonline001@asahiculture.comで承ります。

  • ※ご入会の優待制度をご利用の方はお申し出ください。
  • ※日程が変更されることがありますので、ご了承ください。
  • ※講師の病気や受講者が一定数に達しない場合などには、講座を中止することがあります。