1. 全国トップ
  2. 新宿教室
  3. 歴史
  4. 世界の歴史
  5. 講座詳細
講座番号:1658979
新宿教室
歴史
NEW 教室・オンライン自由講座 見逃し配信あり

シルクロード 文字の世界

秋山 慎一 ほか/早稲田大学ヨーロッパ文明史研究所講師詳細
荒川 慎太郎ほか/東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所教授講師詳細
  • 2019西夏陵墓 リサイズ.jpg

    西夏陵墓

  • 2023銀川1号陵 小小.jpg

    銀川1号陵

  • M96_九層楼(2006年9月・Web用).jpg

    九層楼

  • 2019西夏陵墓 リサイズ.jpg
  • 2023銀川1号陵 小小.jpg
  • M96_九層楼(2006年9月・Web用).jpg
  • 2023/10/4, 11/15, 12/13, 2024/1/17, 2/21, 3/6
  • 会員20,790円 一般27,390円
詳細を見る
続きを読む
曜日・時間 水曜 10:30〜12:00
回数 6回
持ち物
備考 Zoomウェビナーを使用した、教室でもオンラインでも受講できる自由選択講座です(講師は教室。武内康則講師のみオンライン)。お問合せはasaculonline001@asahiculture.comで承ります。
会員 20,790円(税込)
受講料 
19,800円
設備費 
990円
一般 27,390円(税込)
受講料 
26,400円
設備費 
990円

日程

2023/10/4, 11/15, 12/13, 2024/1/17, 2/21, 3/6

受講総額(税込)

会員20,790円
一般27,390円
詳細を見る 終了しました

person講師詳細

秋山 慎一早稲田大学ヨーロッパ文明史研究所 1956年群馬県出身。早稲田大学大学院文学研究科博士後期課程修了。日本学術振興会特別研究員を経て、早稲田大学商学部非常勤講師、文学部非常勤講師、中央大学文学部非常勤講師などを歴任。専攻 エジプト学。著書に『やさしいヒエログリフ講座』(原書房)、『古代エジプト文字を読む事典』(東京堂書店)などがある。

荒川 慎太郎東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所教授 1971年仙台市生まれ。京都大学卒業。京都大学大学院修了。博士(文学)。西夏語、西夏文字、西夏語文献に関する論文を多数発表。2016年、『西夏文金剛経の研究』により第44回金田一京助博士記念賞受賞。東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所助手、准教授を経て教授。日本言語学会、遼金西夏史研究会、内陸アジア史学会、日本漢字学会会員。

西田 愛京都大学白眉センター/人文科学研究所特定准教授 1977年大阪府箕面市生まれ。神戸市外国語大学卒業。神戸市外国語大学大学院終了。博士(文学)。第一回育志章受賞。専門は古代チベット史、チベット文化史。

赤木 崇敏東京女子大学教授 1976年宮崎県生まれ。大阪大学文学部卒業。大阪大学大学院文学研究科を修了し、博士(文学)学位を取得。専門は東洋史学(中央アジア史)。敦煌やトゥルファンなどのオアシスから出土した古文書を用いて、中央アジア地域の社会・文化やシルクロードの文化交流などを研究。著書に『元典章が語ること──元代法令集の諸相』(共著)など。大阪大学大学院文学研究科助教、四国学院大学文学部准教授を経て、現在は東京女子大学現代教養学部教授。

武内 康則1983年京都府出身。京都大学大学院文学研究科単位取得満期退学。博士(文学)。日本学術振興会特別研究員、京都大学大学院文学研究科(白眉センター)特定助教を経て、現在神戸市外国語大学外国学研究所客員研究員。専門は歴史言語学・契丹語。第10回立命館白川静記念東洋文字文化賞奨励賞受賞。

教室・オンライン自由講座

シルクロード 文字の世界

早稲田大学ヨーロッパ文明史研究所 秋山 慎一 ほか
東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所教授 荒川 慎太郎ほか
<講座案内>
2019西夏陵墓 リサイズ.jpg

シルクロードとは様々な人が行き交う交易路で、周辺では様々な言語が用いられ、それに伴なって文字も使われました。私たちが身近に知るのは、中国の漢字ですが、シルクロード文化圏には様々な文字が使われており、一部には未解読文字があるのも事実です。 この講座では広くシルクロードにみられる文字とそれがものがたる背景について、未解読文字の世界からシルクロードに書き記された古文書の世界を読み解いていきます。 モノが語る世界とは一味違った文字が語る世界の魅惑にいざないます。(秋山慎一記) <各回のテーマと講師> 第1回 10月4日「シルクロード 文字の世界―その系統と伝統、西方から東方へ」早稲田大学ヨーロッパ文明史研究所・秋山慎一先生 シルクロードでは多種多様な文字が用いられました。この講座では、どのような系統の文字がどこで用いられ、どのような発展を遂げたのか、時代的、地域的視点から、その概要をおさえることで、背景となる文字世界の体系的な理解の方法を考えます。 第2回 11月15日「契丹文字を読み解く: 文字から紐解く契丹の歴史と文化」神戸市外国語大学外国学研究所客員研究員・武内康則先生 契丹文字は「遼」(907-1125)を建国した契丹人が漢字を基に生み出した文字体系です。使用者が絶え未解読文字となりましたが、近年の研究でその謎が少しずつ明らかになってきました。出土資料の写真や図版を用い、契丹文字解読の現段階について紹介し、解読された文字から見えてくる契丹の歴史や文化を探ります。 第3回 12月13日「シルクロードの漢字と古文書が語るもの」東京女子大学教授・赤木崇敏先生 シルクロードからは様々な文字で書かれた古文書が発見されていますが、とくに多いのは漢字のものです。この講義では、井上靖の小説『敦煌』の題材ともなった約1000年前の敦煌オアシスを中心に、ここから発見された古文書の姿・かたちや、多民族・多言語社会における漢字による行政や通信の様子について解説します。また、当時の行政文書や外交文書など公的な文書には、本文が何語で書かれているかにかかわらず、漢字の朱方印が押されていました。このような漢字朱方印の文化の広がりについても紹介します。 第4回 1月17日「出土資料に残された古代チベットの文字文化」京都大学特定准教授・西田愛先生 中国とインドという二大文明に挟まれながら、アジアを代表する文化圏を形成してきたチベット。その宗教、文化の礎は古代チベット帝国期に築かれたと言えます。帝国の誕生まもなく創設されたチベット文字が、帝国内でひろく運用される様子を出土資料を概観しながら紹介します。 第5回 2月21日「西夏文字1 西夏文字の特徴とその文献」東京外国語大学教授・荒川慎太郎先生  11〜13世紀、中国西北部の要衝を支配した「西夏」という国がありました。その人々は漢字を模倣して西夏文字という独自の文字を創製しました。初回は西夏文字のユニークな造字法と、その文字で書かれた実際の文献を紹介します。 第6回 3月6日「西夏文字2 西夏文字の解読と言語の姿」東京外国語大学教授・荒川慎太郎先生 西夏文字は西夏国の消滅以降、長く「未解読文字」となっていました。現代の研究者によって、どのように文字が解読されたのか、研究史とともに紹介します。また、そこから明らかになった西夏語の興味深い特徴も説明します。

<講師紹介>

秋山 慎一:早稲田大学ヨーロッパ文明史研究所 1956年群馬県出身。早稲田大学大学院文学研究科博士後期課程修了。日本学術振興会特別研究員を経て、早稲田大学商学部非常勤講師、文学部非常勤講師、中央大学文学部非常勤講師などを歴任。専攻 エジプト学。著書に『やさしいヒエログリフ講座』(原書房)、『古代エジプト文字を読む事典』(東京堂書店)などがある。


荒川 慎太郎:東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所教授 1971年仙台市生まれ。京都大学卒業。京都大学大学院修了。博士(文学)。西夏語、西夏文字、西夏語文献に関する論文を多数発表。2016年、『西夏文金剛経の研究』により第44回金田一京助博士記念賞受賞。東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所助手、准教授を経て教授。日本言語学会、遼金西夏史研究会、内陸アジア史学会、日本漢字学会会員。


西田 愛:京都大学白眉センター/人文科学研究所特定准教授 1977年大阪府箕面市生まれ。神戸市外国語大学卒業。神戸市外国語大学大学院終了。博士(文学)。第一回育志章受賞。専門は古代チベット史、チベット文化史。


赤木 崇敏:東京女子大学教授 1976年宮崎県生まれ。大阪大学文学部卒業。大阪大学大学院文学研究科を修了し、博士(文学)学位を取得。専門は東洋史学(中央アジア史)。敦煌やトゥルファンなどのオアシスから出土した古文書を用いて、中央アジア地域の社会・文化やシルクロードの文化交流などを研究。著書に『元典章が語ること──元代法令集の諸相』(共著)など。大阪大学大学院文学研究科助教、四国学院大学文学部准教授を経て、現在は東京女子大学現代教養学部教授。


武内 康則:1983年京都府出身。京都大学大学院文学研究科単位取得満期退学。博士(文学)。日本学術振興会特別研究員、京都大学大学院文学研究科(白眉センター)特定助教を経て、現在神戸市外国語大学外国学研究所客員研究員。専門は歴史言語学・契丹語。第10回立命館白川静記念東洋文字文化賞奨励賞受賞。

日   時
2023/10/4, 11/15, 12/13, 2024/1/17, 2/21, 3/6
    
水曜 10:30〜12:00
回 数 
6回
受 講 料
会員 20,790円 [ 受講料 19,800円 / 設備費 990円 ]
一般 27,390円 [ 受講料 26,400円 / 設備費 990円 ]
※入会金・受講料等は消費税10%を含む金額です。

Zoomウェビナーを使用した、教室でもオンラインでも受講できる自由選択講座です(講師は教室。武内康則講師のみオンライン)。お問合せはasaculonline001@asahiculture.comで承ります。

  • ※ご入会の優待制度をご利用の方はお申し出ください。
  • ※日程が変更されることがありますので、ご了承ください。
  • ※講師の病気や受講者が一定数に達しない場合などには、講座を中止することがあります。