1. 全国トップ
  2. 特集
  3. 中之島教室
  4. 新聞掲載講座(3月15日夕刊)

新聞掲載講座(3月15日夕刊)

  • 中之島
    源氏物語の怪異ポップ_02.jpg

    『源氏物語』と怪異〜怪異学入門(教室受講)(全3回)

    • 歴史
    • 教室(事前選択講座)
    • 大江 篤/園田学園女子大学学長
    • 水口 幹記/立命館大学教授 ほか
    • 2024/04/28〜
      13:00〜14:30

    「怪異学」はフシギなコトやモノについて歴史や文学・民俗の記録を解読することから、その認識を生み出した社会・文化の特質や日本人の心の軌跡を探る新しい学問です。東アジア恠異(かいい)学会の講師陣が、今期は「『源氏物語』の怪異」をテーマに怪異学の世界へと誘います。 @4月28日 『源氏物語』と「もののけ」 (講師:大江 篤・園田学園女子大学学長・東アジア恠異学会代表)  『源氏物語』や『紫式部日記』、『御堂関白記』(藤原道長の日記)『小右記』(藤原実資の日記)には、平安貴族を悩ませる存在として、「もののけ」が登場します。「もののけ」は、「物気」のほか、「物怪」「邪気」「鬼気」「霊気」などとも表記されます。「もののけ」は、「人にとりついて悩まし、病気にしたり死にいたらせたりするとされる死霊・生霊・妖怪の類。」と説明されますが、その正体はどのようなものだったでしょうか。この講義では、平安時代の物語や古記録を読み解き、怪異学の視点で「もののけ」につ いて考えます。 A5月26日 『源氏物語』と「物忌」 (講師:水口 幹記・立命館大学教授)  悪夢を見たとか、何らかの怪異が起こったなど、現実にイヤなことが起こった時に、貴族たちは数日間自宅に籠って「物忌(ものいみ)」をします。いわば謹慎をするわけです。それはなにも現実の人たちだけではなく、『源氏物語』の中の登場人物たちも例外ではなく、物語のそこかしこで物忌ということばを確認できます。今回は、実際の物忌事例や 物忌発生の際の対処方法、物忌の時に作成される「物忌札」などを紹介し、そしてそれが『源氏物語』ではどのように活用され、物語として展開しているのか、ということをお話していきたいと思います。 B6月23日 『源氏物語』と「斎王」 ―六条御息所の背景― (講師:榎村 寛之・三重県立斎宮歴史博物館学芸員)  『源氏物語』の中でも印象的な登場人物である六条御息所。一方、その娘でありながら映画にもほとんど出てこない、斎宮女御こと秋好中宮。この母子に紫式部はどのような役割を割り振ろうとしていたのでしょう。生霊、怨霊になる女性とその娘の元の伊勢斎王、先坊(前の東宮)の家族と光源氏の関係を、その時代背景や大河ドラマ『光る君へ』も視野に入れつつ論じて行きます。 ★このページは3回連続受講コースです。個別受講もできます。各ページからお申し込みください。 ★オンラインでも受講できます。別ページからお申し込みください。

    詳しく見る
  • 中之島 オンライン
    源氏物語の怪異ポップ_02.jpg

    『源氏物語』と怪異〜怪異学入門(オンライン、全3回)

    • 歴史
    • オンライン開催
    • 見逃し配信あり
    • 大江 篤/園田学園女子大学学長
    • 水口 幹記/立命館大学教授  ほか
    • 2024/04/28〜
      13:00〜14:30

    「怪異学」はフシギなコトやモノについて歴史や文学・民俗の記録を解読することから、その認識を生み出した社会・文化の特質や日本人の心の軌跡を探る新しい学問です。東アジア恠異(かいい)学会の講師陣が、今期は「怪異と“土地”」をテーマに怪異学の世界へと誘います。 @4月28日 『源氏物語』と「もののけ」 (講師:大江 篤・園田学園女子大学学長・東アジア恠異学会代表)  『源氏物語』や『紫式部日記』、『御堂関白記』(藤原道長の日記)『小右記』(藤原実資の日記)には、平安貴族を悩ませる存在として、「もののけ」が登場します。「もののけ」は、「物気」のほか、「物怪」「邪気」「鬼気」「霊気」などとも表記されます。「もののけ」は、「人にとりついて悩まし、病気にしたり死にいたらせたりするとされる死霊・生霊・妖怪の類。」と説明されますが、その正体はどのようなものだったでしょうか。この講義では、平安時代の物語や古記録を読み解き、怪異学の視点で「もののけ」について考えます。 A5月26日 『源氏物語』と「物忌」 (講師:水口 幹記・立命館大学教授)  悪夢を見たとか、何らかの怪異が起こったなど、現実にイヤなことが起こった時に、貴族たちは数日間自宅に籠って「物忌(ものいみ)」をします。いわば謹慎をするわけです。それはなにも現実の人たちだけではなく、『源氏物語』の中の登場人物たちも例外ではなく、物語のそこかしこで物忌ということばを確認できます。今回は、実際の物忌事例や 物忌発生の際の対処方法、物忌の時に作成される「物忌札」などを紹介し、そしてそれが『源氏物語』ではどのように活用され、物語として展開しているのか、ということをお話していきたいと思います。 B6月23日 『源氏物語』と「斎王」 ―六条御息所の背景― (講師:榎村 寛之・三重県立斎宮歴史博物館学芸員)  『源氏物語』の中でも印象的な登場人物である六条御息所。一方、その娘でありながら映画にもほとんど出てこない、斎宮女御こと秋好中宮。この母子に紫式部はどのような役割を割り振ろうとしていたのでしょう。生霊、怨霊になる女性とその娘の元の伊勢斎王、先坊(前の東宮)の家族と光源氏の関係を、その時代背景や大河ドラマ『光る君へ』も視野に入れつつ論じて行きます。 ★各回受講、大阪・中之島での教室受講もできます。別ページからお申し込みください。

    詳しく見る
  • 中之島
    Notre-Dame_de_Paris,_4_October_2017.jpg

    基礎から学ぶ建築史(教室受講)

    • 美術史・鑑賞
    • 教室(事前選択講座)
    • 深水 浩/FTA建築都市研究室代表
    • 2024/04/27〜
      10:30〜12:00

    「建築は好きだけどなんとなく見ているだけで見方が分からない」という人が多いと思います。時代背景に基づいた建築様式や細部意匠、さらには建築家の人生を学ぶことにより、建築の見え方が劇的に変わるでしょう。西洋・近代・日本の建築史を大学の講義形式で基礎からじっくりと学んでみませんか。2024年1月期開講講座ですが、途中受講も可能です。 《カリキュラム》 (1)4月27日(土) 西洋建築史C 中世その2(ロマネスク建築・ゴシック建築) (2)5月25日(土) 西洋建築史D 近世その1(ルネサンス建築) (3)6月22日(土) 西洋建築史E 近世その2(バロック建築、新古典主義建築、歴史主義建築) ※7月以降も続編を予定

    詳しく見る
  • 中之島 オンライン
    サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂(深水).jpg

    基礎から学ぶ建築史(オンライン受講)

    • 美術史・鑑賞
    • オンライン(事前選択講座)
    • 見逃し配信あり
    • 深水 浩/FTA建築都市研究室代表
    • 2024/04/27〜
      10:30〜12:00

    「建築は好きだけどなんとなく見ているだけで見方が分からない」という人が多いと思います。時代背景に基づいた建築様式や細部意匠、さらには建築家の人生を学ぶことにより、建築の見え方が劇的に変わるでしょう。西洋・近代・日本の建築史を大学の講義形式で基礎からじっくりと学んでみませんか。 2024年1月期開講講座ですが、途中受講も可能です。 《カリキュラム》 (1)4月27日(土) 西洋建築史C 中世その2(ロマネスク建築・ゴシック建築) (2)5月25日(土) 西洋建築史D 近世その1(ルネサンス建築) (3)6月22日(土) 西洋建築史E 近世その2(バロック建築、新古典主義建築、歴史主義建築) ※7月以降も続編を予定

    詳しく見る
  • 中之島
    azuma.jpg

    世界遺産 加耶古墳群と百舌鳥・古市古墳群

    • 歴史
    • 教室開催
    • 東 潮/徳島大学名誉教授
    • 2024/04/22〜
      13:00〜14:30

    2023年9月に「加耶古墳群」が世界遺産に登録されました。加耶とは4〜6世紀半ば(562年滅亡)に洛東江から蟾津江流域に興亡した国です。加耶古墳群は全羅北道南原酉谷里・斗洛里古墳群、慶尚北道高霊池山洞古墳群、慶尚南道の金海大成洞古墳群、咸安末伊山古墳群、昌寧校洞・松峴洞古墳群、固城松鶴洞古墳群、陜川玉田古墳群の7カ所で構成されています。それらの加耶諸国の古墳群と倭の五王の巨大古墳がつくられた古市・百舌鳥古墳群、二つの世界遺産から加耶と倭とのさまざまな交通関係について考えます。 【カリキュラム】 @4月22日金官加耶と倭―鉄の交易 ➁5月27日大加耶と倭―加羅王荷知と倭の五王 B6月24日加耶諸国の興亡

    詳しく見る
  • 中之島
    唐―東ユーラシアの大帝国HP.jpg

    大唐帝国と文化交流(教室受講)

    • NEW
    • 歴史
    • 教室(事前選択講座)
    • 森部 豊/関西大学教授
    • 2024/04/12〜
      13:00〜14:30

    「世界帝国」と形容され、国際的文化が花開いた大唐帝国。では、その文化は一体どのようなものだったのだろうか?唐代の人々は何を考え、何を食べ、どのような生活をしていたのだろうか?それを探るため、北朝時代まで視野を広げ、唐の人々のみならず、西からやって来たソグド人、北からやって来た遊牧民にも焦点をあて、日本にも大きな影響を与えた唐の「国際」文化を考えてみます。 <各回テーマ> 第1回 ソグド人の東方活動 第2回 玄奘の西域・インド旅行 第3回 長安の都市文化

    詳しく見る
  • 中之島 オンライン
    唐―東ユーラシアの大帝国HP.jpg

    大唐帝国と文化交流(オンライン受講)

    • NEW
    • 歴史
    • オンライン(事前選択講座)
    • 見逃し配信あり
    • 森部 豊/関西大学教授
    • 2024/04/12〜
      13:00〜14:30

    「世界帝国」と形容され、国際的文化が花開いた大唐帝国。では、その文化は一体どのようなものだったのだろうか?唐代の人々は何を考え、何を食べ、どのような生活をしていたのだろうか?それを探るため、北朝時代まで視野を広げ、唐の人々のみならず、西からやって来たソグド人、北からやって来た遊牧民にも焦点をあて、日本にも大きな影響を与えた唐の「国際」文化を考えてみます。 <各回テーマ> 第1回 ソグド人の東方活動 第2回 玄奘の西域・インド旅行 第3回 長安の都市文化

    詳しく見る
  • 中之島
    akitomikousi2.jpg

    古代ギリシア哲学の世界(1)ソクラテス以前の哲学者たち

    • 哲学・思想・宗教
    • 教室開催
    • 秋富 克哉/京都工芸繊維大学教授
    • 2024/04/13〜
      13:00〜14:30

    今年度は、5年ぶりに古代ギリシア哲学を扱います。古代ギリシア哲学は西洋哲学の歴史的原初であり、かつそもそも哲学的思惟の根本です。群雄割拠の世界を紐解きながら、今一度哲学的問いの原初に立ち帰り、併せて、現代的視点からその意義と可能性を探りたいと思います。まず4月期は「ソクラテス以前の哲学者たち」から始め、以下、「プラトン」(7月期)、「アリストテレス」(10月期)、「プロティノス」(1月期)に向かう予定です。 ◇初回に1日体験できます◇   講座内容をご確認いただくために、初回に1日体験を設けております(受講料:会員・一般とも3,190円)。ホームページか窓口、お電話で事前にお申し込みください。

    詳しく見る
  • 中之島
    mitsuta202201-1.jpg

    良薬は口に苦し?応神天皇渡来説(教室受講)

    • 歴史
    • 教室(事前選択講座)
    • 光田 和伸/元国際日本文化研究センター准教授
    • 2024/04/02〜
      13:00〜14:30

    万世一系をたてまえとする王権のなかで、15代応神天皇はそれまでとは一線を画する新王朝であるという説が有力です。王陵の前方後円墳がとつぜん河内平野に進出して巨大化し明らかに瀬戸内海航路とその彼処にある半島と大陸を意識していること、大王陵の副葬品に、馬具関連のものが見られるなど、騎馬民族の面影を見る研究者も少なくありません。また「八幡神と応神天皇」「住吉神と神功皇后」という「いくさがみ」と王権の最初の密着が示されることも重要です。神功皇后の逸話も、荒唐無稽の数々のなかに地元九州の神社伝承を中心に、全てを否定はしがたいところがあります。これまで問題にされなかった史料を加えて正しい見方を提唱します。 <テーマ> (1)応神天皇渡来説のこれまで。「騎馬民族渡来説」との関連について (2)伝・応神天皇歌謡から考える応神天皇渡来説。敦賀と「大加羅国」をめぐって (3)『播磨国風土記』の「応神天皇巡察」について。「住吉大神」はなぜ播磨国で国見をしたのか?

    詳しく見る
  • 中之島 オンライン
    mitsuta202201-1.jpg

    良薬は口に苦し?応神天皇渡来説(オンライン受講)

    • 歴史
    • オンライン(事前選択講座)
    • 見逃し配信あり
    • 光田 和伸/元国際日本文化研究センター准教授
    • 2024/04/02〜
      13:00〜14:30

    万世一系をたてまえとする王権のなかで、15代応神天皇はそれまでとは一線を画する新王朝であるという説が有力です。王陵の前方後円墳がとつぜん河内平野に進出して巨大化し明らかに瀬戸内海航路とその彼処にある半島と大陸を意識していること、大王陵の副葬品に、馬具関連のものが見られるなど、騎馬民族の面影を見る研究者も少なくありません。また「八幡神と応神天皇」「住吉神と神功皇后」という「いくさがみ」と王権の最初の密着が示されることも重要です。神功皇后の逸話も、荒唐無稽の数々のなかに地元九州の神社伝承を中心に、全てを否定はしがたいところがあります。これまで問題にされなかった史料を加えて正しい見方を提唱します。 <テーマ> (1)応神天皇渡来説のこれまで。「騎馬民族渡来説」との関連について (2)伝・応神天皇歌謡から考える応神天皇渡来説。敦賀と「大加羅国」をめぐって (3)『播磨国風土記』の「応神天皇巡察」について。「住吉大神」はなぜ播磨国で国見をしたのか?

    詳しく見る
  • 中之島
    b934286d-a985-db0a-0ce8-61778d933aafbanba.jpg

    ヴォイストレーニングと世界の歌・日本の歌

    • 音楽
    • 教室開催
    • 見学可
    • トライアル可
    • 残りわずか
    • 馬場 恵子/声楽家
    • 2024/04/16〜
      15:15〜16:45

    歌のための呼吸法・発声法を知る事で、声が美しく、身体も元気になります。簡単な曲も歌いながら、あなたの良い声を見つけましょう。「最近声が出にくくなった」また「歌っていると、すぐに息が足りなくなる」などの声の悩みをお持ちの方にもおすすめです。楽譜の読めない方、初心者の方も安心してお越しください。 ★随時一回体験(3,333円)が可能です。受講後、定期講座にお申込みいただくと、入会金が半額になります。 70歳以上の方は入会金無料です。06-6222-5222までお電話でご予約ください。

    詳しく見る
  • 中之島
    suzuki.jpg

    絵画の見方、知り方、感じ方

    • NEW
    • 美術史・鑑賞
    • 教室開催
    • トライアル可
    • 鈴木 幸人/大阪天満宮文化研究所 研究員
    • 2024/04/03〜
      10:30〜12:00

    日本絵画史を語るキーワード(四季と名所、恋と異界、模倣と和様、つくしとめぐり…)にもとづき、各回著名な絵画を取り上げて、文学や宗教から映画やTV、歌舞伎やご当地ソングまで、芸能のトピックも織り交ぜて、絵画の魅力を紹介します。初めての方にはとっつきやすい、深掘りしたい方にも新たな気付きとなる、絵画の見方、知り方、感じ方をたずねる、日本絵画史講義です。 4/ 3 日本絵画の時間と空間 4/17 絵巻:源氏物語と天神縁起 5/ 1 襖絵:聚光院方丈と大乗寺客殿 5/15 屏風絵:日月山水図と燕子花図 6/ 5 浮世絵:富嶽三十六景と東海道五十三次 6/19 絵馬:武者絵馬と船絵馬

    詳しく見る
  • 中之島
    01200000.jpg

    よろず文章塾 基礎編

    • NEW
    • 文学・文芸創作
    • 教室開催
    • 吉橋 通夫/作家
    • 2024/04/05〜
      10:00〜12:00

    「物語を書いてみたい」「折にふれて感じたことを書き留めたい」「文章で自分を表現したい」と思っても、どのように書けばいいのか、書き始めたもののこれでよいのかなど、迷いで筆が進まないということはありませんか? ペン1本でどんな世界や日常も描き出すことができますが、それには基礎となる文章力が必要です。小説・エッセイ・自分史・紀行文・児童文学など、なんでもござれ。実習と添削を通して、あらゆるジャンルに通用する「ほんまもんの文章力」の養成をめざします。自分の書きたいことが上手に読み手に伝わるように、6ヵ月のカリキュラムで文章の書き方を一歩ずつ学んでいきましょう。 <前半カリキュラム> (1)原稿用紙や符号の使い方 (2)段落の作り方・句読点の打ち方 (3)言葉を豊かに使おう・ユーモア (4)会話と地の文 (5) 文章にリズム感を出そう ●2023年度 受講生の実績 第29回 小諸・藤村文学賞(エッセイ)、第26回 長塚節文学賞(小説)、第26回 ちゅうでん児童文学賞(児童文学) ●2023年度 受講生の出版 『おばけがわらう日』岩崎書店(童話)、『あたしは本をよまない』BL出版(絵本)

    詳しく見る
  • 中之島
    sasaki toshimasa.jpg

    絵画から見る世界史【教室受講】

    • 歴史
    • 教室(事前選択講座)
    • 佐々木 利昌/元大阪府立北野高校教諭
    • 2024/04/05〜
      13:30〜15:00

    現生人類が登場してから20万年の時間が経過している。その間、現生人類=ホモサピエンスは膨大な数の絵画や彫刻を残してきた。その一つ一つが、それぞれの地域や社会、あるいは時代の産物である。そうであるならば、絵画や彫刻を観察・考察することから、それらを生み出した時代や社会の一端を理解できるはずである。このような観点から、この講座では絵画、彫刻などの造形をひとつの史料として見ることによって、それらを生み出した時代や社会の特性を探っていきたい。文献史料から見える世界史像とは少し異なる世界史像が見えるかもしれない。

    詳しく見る
  • 中之島 オンライン
    sasaki toshimasa.jpg

    絵画から見る世界史【オンライン】

    • 歴史
    • オンライン(事前選択講座)
    • 佐々木 利昌/元大阪府立北野高校教諭
    • 2024/04/05〜
      13:30〜15:00

    現生人類が登場してから20万年の時間が経過している。その間、現生人類=ホモサピエンスは膨大な数の絵画や彫刻を残してきた。その一つ一つが、それぞれの地域や社会、あるいは時代の産物である。そうであるならば、絵画や彫刻を観察・考察することから、それらを生み出した時代や社会の一端を理解できるはずである。このような観点から、この講座では絵画、彫刻などの造形をひとつの史料として見ることによって、それらを生み出した時代や社会の特性を探っていきたい。文献史料から見える世界史像とは少し異なる世界史像が見えるかもしれない。

    詳しく見る
  • 中之島 オンライン
    オットー1世とニケフォロス2世HP.jpg

    ビザンツ帝国の影(オンライン受講)

    • NEW
    • 歴史
    • オンライン開催
    • 見逃し配信あり
    • 井上 浩一/大阪市立大学名誉教授
    • 2024/04/12〜
      13:00〜14:30

    ローマ教皇が大きな力をもち、十字軍が行なわれた中世ヨーロッパ世界は、ゲルマン民族の侵入、ローマ帝国の滅亡とともに誕生し、ルネサンス、宗教改革によって終わりを迎えます。中世ヨーロッパ1000年の歴史を、同じくキリスト教世界でありながら、別の歴史をたどったビザンツ(東ローマ)帝国を通じて、裏から見ることにしましょう。 【カリキュラム】 4月12日(金):ローマ帝国の東と西――歴史の分かれ目 5月10日(金):カール大帝の影――ビザンツ・コンプレックス 6月14日(金):真のローマ皇帝は?――神聖ローマ帝国の悩み

    詳しく見る
  • 中之島
    noritakeyasuhiro3.jpeg

    則武ヤスヒロの水彩とデッサン

    • 絵画・造形・書・写真
    • 教室開催
    • トライアル可
    • 則武 ヤスヒロ/画家
    • 2024/04/12〜
      13:00〜16:00

    心惹かれたものや自分の思いを表現するための描写力があれば絵を描くことがもっと楽しくなります。デッサンと透明水彩画(三原色)のテクニックを学び、作品をさらに魅力あるものにしてみませんか。

    詳しく見る
  • 中之島
    goza.jpg

    史料としての『平家物語』『太平記』 軍記物の虚と実

    • 歴史
    • 教室(事前選択講座)
    • 呉座 勇一/国際日本文化研究センター助教
    • 2024/04/13〜
      15:30〜17:00

    『平家物語』『太平記』などの軍記物は、従来の歴史学では作り話として軽視されてきました。しかし近年の日本史学界では、歴史的事実を明らかにするための史料として、軍記物を積極的に活用する研究が盛んです。とはいえ、軍記物は物語である以上、そこには文学的脚色や虚構が含まれ、鵜呑みにはできません。本講座では、『平家物語』や『太平記』の構想・性格を踏まえた上で、史料として活用する方法を考えていきます。5回を予定 第1回 史料としての軍記物 第2回 『平家物語』の史料的価値 第3回 『平家物語』の構想

    詳しく見る
  • 中之島 オンライン
    goza.jpg

    史料としての『平家物語』『太平記』軍記物の虚と実

    • 歴史
    • オンライン(事前選択講座)
    • 見逃し配信あり
    • 呉座 勇一/国際日本文化研究センター助教
    • 2024/04/13〜
      15:30〜17:00

    『平家物語』『太平記』などの軍記物は、従来の歴史学では作り話として軽視されてきました。しかし近年の日本史学界では、歴史的事実を明らかにするための史料として、軍記物を積極的に活用する研究が盛んです。とはいえ、軍記物は物語である以上、そこには文学的脚色や虚構が含まれ、鵜呑みにはできません。本講座では、『平家物語』や『太平記』の構想・性格を踏まえた上で、史料として活用する方法を考えていきます。5回を予定 第1回 史料としての軍記物 第2回 『平家物語』の史料的価値 第3回 『平家物語』の構想 〈ご案内事項〉 オンラインセミナーアプリ「Zoom」ウェビナーを使ったオンラインでも、教室でも受講できるハイブリッド講座です(講師は教室)。パソコンやスマートフォン、タブレットでも配信を見ることができます。 ・本講座は後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。期間内は受講者は何度でもご視聴いただけます。 ・配布資料がある場合はメールでご案内いたします。郵送はしておりません。 ・開講日の前日夜までにメールアドレス登録のある受講者の皆様に講座視聴リンクと受講のご案内をメールでお知らせいたします。弊社からのメールが届かない事案が発生しておりますため、モバイルメールアドレス(docomo、ezweb、SoftBankなど)はなるべく使用しないようお願い申し上げます。メールが届かない場合は asaculonline009@asahiculture.com までお問合せください。 ・Zoomのソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。スマートフォンやタブレットで視聴する場合はZoomアプリを事前にダウンロードしてください。 ・ネット環境による切断やその他アプリの障害が起きた場合には、当社は責任を負いかねます。 またやむを得ない事情により実施できなかった場合は、受講料の全額をお返しいたします。 ・第三者との講座視聴リンクのの共有や貸与、SNSを含む他の媒体への転載、また、講座で配布した教材を受講目的以外で使用することは著作権の侵害になりますので、固くお断りいたします。 ・オンライン講座の申し込みはWEB決済のみで承ります(開講日前日まで)。キャンセルは開講日の4日前まで承ります(手数料550円)。キャンセルの場合はasaculonline009@asahiculture.comまでご連絡ください。その後のキャンセルはできませんのであらかじめご了承ください。

    詳しく見る

※日時等は変更となる場合がございます。最新の情報は講座詳細ページにてご確認ください。