1. 全国トップ
  2. 特集
  3. 体験しよう【関東】(新宿・立川・横浜・千葉)

体験しよう【関東】(新宿・立川・横浜・千葉)

SHARE

「2024年こそ何か新しいことを始めたい」という方、必見です!
関東圏教室(新宿・立川・横浜・千葉)で開催する体験講座を集めました。
レギュラークラスの方と一緒にご受講いただきます。

* 開催方法(教室/オンライン)と主催教室を必ずご確認ください。
*「教室別で絞り込む」ボタンから、主催教室の絞り込みができます。
* 講座のお問い合わせは各教室まで。

講座一覧

  • 新宿 オンライン
    egawatakao.jpg

    スピノザ「エチカ」を読む

    • 哲学・思想・宗教
    • 教室・オンライン自由講座
    • 見逃し配信あり
    • 江川 隆男/哲学者
    • 2024/04/13〜
      18:00〜19:30

     本講座では、17世紀のオランダの哲学者、スピノザの『エチカ』を丁寧に読んで解説していきます。この講座は、2016年から対面で開講してきました。今回、オンラインでも受講可能になりましたので、途中からでもぜひご参加ください。第一回目に『エチカ』全体の概要とこれまで読んだ部の概説を行います。『エチカ』は、最初から順番に読んでわかるものではありません。どこから読み始めても、同じ難解さに直面します。重要なことは、哲学上のスタイルなど関係なく、『エチカ』に内在しつつ、考えることです。本講座では、『エチカ』を構成するスピノザのそれぞれの言説が、あるいはその言表作用がいかなる哲学上の意義をもつのかを講義形式も取り入れて十全に展開したいと思っています。今期は、第三部「感情の起源および本性について」における身体の変様と精神の受動感情との間の並行論の意義を十分に考えていきます。感情は、第一に物の認識の仕方であることが明確に理解されるようになるでしょう。こうした本質的問題を通して、現代哲学としての、人類にとってもっとも重要な書物としての『エチカ』の意義、その反道徳主義的な倫理学の画期的な思考を、なるべく分かりやすく提示するつもりです。奮ってご参加ください。(講師記) 第1回  第一部・第二部の概要 第2回  第三部の概要、感情の葛藤(定理三五〜定理四七) 第3回  感情の葛藤(定理三五〜定理四七) 使用テキスト:スピノザ『エチカ』畠中尚志訳、岩波文庫、上・下巻(各自で用意してください)                      

    詳しく見る
  • 横浜 オンライン
    imin nanmin_1810.jpg

    「戦争の時代」を問う

    • NEW
    • 哲学・思想・宗教
    • 教室・オンライン自由講座
    • 見逃し配信あり
    • 高橋 哲哉/東京大学名誉教授
    • 2024/04/13〜
      13:00〜14:30

     ロシアのウクライナ侵攻に続き、ガザでもイスラエルの大規模な軍事行動が続いています。東アジアでは「台湾有事」が喧伝され、世界は「戦争の時代」に突入していくかのようです。第二次世界大戦後、世界人権宣言やジェノサイド条約に始まり、国連を中心に構築されてきた国際的な人道規範は、もはや通用しない時代に入っていくのでしょうか。3つの「紛争」を中心に、「戦争の時代」の政治と思想を考察します。(講師・記) <各回テーマ予定> 第1回 イスラエル・パレスチナを中心に(1) 第2回 イスラエル・パレスチナを中心に(2) 第3回 イスラエル・パレスチナを中心に(3) 第4回 ウクライナ戦争を中心に 第5回 「台湾有事」論を中心に(1) 第6回 「台湾有事」論を中心に(2)

    詳しく見る
  • 横浜 オンライン
    岡本裕一郎先生.jpg

    「人間」を知るための哲学入門

    • 哲学・思想・宗教
    • 教室・オンライン自由講座
    • 見逃し配信あり
    • 岡本 裕一朗/玉川大学名誉教授
    • 2024/04/13〜
      10:30〜12:00

    古代ギリシアで哲学がはじまって以来、「人間とは何か」という問いは、たえず探求されてきました。この問いにどう答えるかによって、哲学のさまざまな考えを整理することもできます。一見すると何の変哲もないテーマですが、あらためて問い直すと、私たち自身の隠された特性さえ浮かび上がってきます。ギリシアから現代まで、時代を代表する哲学を確認しながら、自己発見の旅に出かけましょう。「人間」に興味をお持ちの方は、どなたでも気軽に参加できます。(講師記) 2023年7月期開講。今期(2024年4月期)終了予定 <今期カリキュラム> 2024年4月期 現代の人間はどこへ向かうか? 10.人間存在論はどこで頓挫したか?ハイデガーの失敗  11.人間からサイバネティックスへ?ウィーナーからの技術論  12. 機械は人間の夢を見るか? カーツワイルの予想

    詳しく見る
  • 新宿 オンライン
    ICHIKAWA Hiroshi.jpg

    ユダヤ思想の近代史

    • NEW
    • 哲学・思想・宗教
    • 教室・オンライン自由講座
    • 見逃し配信あり
    • 市川 裕/東京大学名誉教授
    • 2024/04/13〜
      10:30〜12:00

    私たち日本人のユダヤ人に対する印象は、近代西欧の強烈なユダヤイメージに強く影響されてきたように思います。「マルクス・フロイト・アインシュタイン、そしてホロコースト」です。ただし、これは、欧州ユダヤ人の活躍のせいばかりではなく、そもそも、近代ヨーロッパという存在の異常な大きさに、日本がずっと圧倒されてきたからではないか。しかし、どうやら西欧の繁栄は、既に過去のものになったのではないか。ここで、近代欧州ユダヤ思想の歴史を、近代西欧の歴史そのものとともに総括してみたくなりました。 <カリキュラム>*都合により変更する場合があります。ご了承ください。 【4月期】 第1回 近代前夜のユダヤ社会:ユダヤ民族史の中の近代欧州 第2回 最初の近代ユダヤ人となったモーゼス・メンデルスゾーン 第3回 フランス革命に鼓舞されたハインリヒ・ハイネのドイツ思想論 【7月期】 第4回 ユダヤ人解放とカール・マルクスのユダヤ人論 第5回 ユダヤ教学と近代ユダヤ・アイデンティティ構築の試み 第6回 台頭する反ユダヤ主義と東欧ユダヤ教への憧憬 【10月期】 第7回 リトアニアのタルムード学の革命:近代イェシヴァ教育の発祥 第8回 ロシアのポグロムとフランスのドレフユス事件:民族主義の高揚 第9回 世界大戦のさなかのユダヤ思想の葛藤:世界市民主義かシオニズムか 【1月期】 第10回 ナチズムの正体と欧州の戦後:ユダヤ思想はどこへ? 第11回 ショアーと闘ったリトアニアのユダヤ3博士の未来像 第12回 イスラエル国家とメシアニズムの未来

    詳しく見る
  • 千葉 オンライン
    小池先生バストアップ.jpg

    歳時伝承を考える 季節の中の民俗

    • 哲学・思想・宗教
    • 教室・オンライン自由講座
    • 見逃し配信あり
    • 小池 淳一/国立歴史民俗博物館教授
    • 2024/04/13〜
      10:30〜12:00

     日本列島各地には風土に根ざしたさまざまな行事があります。それは大きな祭礼のかたちであったり、家の片隅でひっそりと続けられてきた習慣であったりします。この講座では、そうした年中行事を日本の民俗学が蓄積してきたさまざまな調査記録をもとに取り上げて、その根っこにあるものを掘り起こしていきたいと思います。それらはかつては生活のリズムを形づくり、日々の楽しみでもありました。そうしたなつかしい記憶とその背景を探りながら民俗学の基礎的な視座を学んでいきます(講師・記)。 【各回のテーマ】 4月 田の民俗―稲作をめぐる信仰と伝承 5月 雨の民俗―テルテル坊主と日和見 6月 星の民俗―七夕行事とその周辺

    詳しく見る
  • 千葉 オンライン
    interview_03.jpg

    西洋哲学史

    • 哲学・思想・宗教
    • 教室・オンライン自由講座
    • 見逃し配信あり
    • 和泉 ちえ/千葉大学教授
    • 2024/04/13〜
      10:30〜12:00

    自然科学および人文科学双方の領域が学術として成立しうるために共有する探求の方法論は、前五世紀アテナイにおいて彫琢されたといえるだろう。その営為を支えた「ソクラテス以前」の知的岩盤の来歴を、本講座を通して新たな角度から読み解いていく。 <ソクラテス以前:哲学の始まりと天文学>(※2/21サブタイトル追記) 第一回:ヘシオドスとその周辺:ソクラテスに至る諸探求の端緒は,天界の秩序の発見であった。ヘシオドス『神統記』および『仕事と日』の根底に横たわる天文学的知見の特徴と由来および後世への影響を解説する。 第二回:ピュタゴラスとその周辺:「数」と「幾何学図形」による自然探求の端緒および後世への影響を解説する。 第三回:パルメニデスとその周辺:思惟と感覚の峻別を明確に描出するパルメニデスの諸断片を当時の宇宙論を視野に入れつつ読み解きながら,ソクラテス以前の学問方法論の知的層序を総括する。

    詳しく見る
  • 新宿 オンライン
    ヨーロッパのオカルト思想4月期 リーフレット図版.jpg

    ヨーロッパのオカルト思想

    • 哲学・思想・宗教
    • 教室・オンライン自由講座
    • 見逃し配信あり
    • 伊藤 博明/専修大学教授
    • 2024/04/15〜
      19:00〜20:30

     「グノーシス」とはギリシア語で「知識/認識」を意味する言葉です。自分の霊的な本質を認識することによって、個々人が救済されるというのがグノーシス主義の救済論の特徴です。本講座では、ヨーロッパのヘレニズム時代に、キリスト教成立期とほぼ同時代に登場し、後代にも深い影響を与えたグノーシス主義に特有の神論・世界論・人間論などを整理し、できるだけ分かりやすく説明いたします。また、ルネサンスから近代に見られる、グノーシス主義的な思想のさまざまな側面について紹介いたします。(講師記)   〈各回のテーマ〉 @4月15日  古代におけるグノーシス主義の成立 A5月20日  古代におけるグノーシス主義の展開 B6月17日  ルネサンス・近代におけるグノーシス主義の諸相 ※7月期以降のスケジュール 【7月期・ヘルメス主義】  @ヘレニズム時代におけるヘルメスとヘルメス主義 Aヘルメス文書の成立とその思想  Bルネサンスにおけるヘルメス主義の再生 【10月期・数秘術】   @古代ギリシアにおける数秘術 A中世キリスト教時代における数秘術 Bルネサンスにおける数秘術 【2025年1月期・降霊術】 @古代ギリシアとヘレニズム時代における降霊術 A中世キリスト教時代における降霊術 Bルネサンスにおける降霊術

    詳しく見る
  • 横浜 オンライン
    koran.jpg

    コーランを読んでみよう

    • 哲学・思想・宗教
    • 教室・オンライン自由講座
    • 見逃し配信あり
    • 鎌田 繁/東京大学名誉教授
    • 2024/04/16〜
      15:30〜17:00

    イスラームについてさまざまな理解や意見が飛び交っている。どのような思索を進め行動を起こす場合もムスリム(イスラーム教徒)はコーランの言葉に基づこうとする。その意味でクルアーンを知ることはイスラームを知る王道であろう。 クルアーンはムスリムにとっては神の言葉であり、聖典であるが、ひとつの古典として読むこともできるであろう。どのような立場をとるにしろ、なにがどのように書かれているのかを知るのをねらいとして、受講者の方と読み進めてみたい。4月期(4〜6月)は第9章改悛を中心に読み進む予定。(講師・記) 2019年1月開講

    詳しく見る
  • 新宿 オンライン
    karubetadashi.jpg

    文庫でよむ近代日本の思想

    • 哲学・思想・宗教
    • 教室・オンライン自由講座
    • 見逃し配信あり
    • 苅部 直/東京大学教授
    • 2024/04/18〜
      19:00〜20:30

     近代の日本人は、秩序と人間をめぐってどう考えてきたのか。政治・経済・社会をどのように論じてきたのか。そのことを知ることのできる思想史の古典が、いまは文庫本でいくつも読むことができます。一緒に読み、議論しながら、さまざまな問題について考えましょう。(講師・記) ■小林秀雄『本居宣長』(新潮文庫)を読み進めています。範囲は前月末にHPにアップします。 https://www.shinchosha.co.jp/book/100707/ 〈スケジュール〉※随時更新します。前月末に毎回決定。 4月=下巻p.197〜221(47章〜48章) 5月=未定 6月=未定

    詳しく見る
  • 立川 オンライン
    Koren Hebrew Bible.jpg

    ユダヤ教における聖書の読みの実践

    • 哲学・思想・宗教
    • 教室・オンライン自由講座
    • 見逃し配信あり
    • 志田 雅宏/東京大学講師
    • 2024/04/20〜
      10:30〜12:00

    ユダヤ教において聖書を読むことは宗教的な義務であり、生活の規範や教訓的な物語、知的な思索のための機会であり続けてきました。そのさまざまな読みは、何を問うべきかを定め、その問いを徹底的に探究するという姿勢によって貫かれているといえます。 本講座では全12回にわたって、ユダヤ教における聖書解釈のテクストを読みながら、その探究の歴史に触れてみたいと思います。(講師・記) <各回のテーマ> 各回申し込みも可能です。(各回受講はクーポン対象外) ・4月20日 世界創造物語:ユダヤ教聖書解釈のふたつの視点 [4月のみはこちら](https://www.asahiculture.com/asahiculture/asp-webapp/web/WWebKozaShosaiNyuryoku.do?kozaId=7146993) ヘブライ語聖書は世界創造の物語から始まります。ユダヤ教における聖書解釈では、「世界はどのように創られたのか」という問いだけでなく、「なぜ聖書は世界創造の物語から始まるのか」という問いも探究されてきました。本講座では、この物語に内在する視点と外在する視点というふたつの視点からの解釈のテクストを実際に読み、考えてみたいと思います。 ・5月18日 アダムとエバ:ラビたちの人間観 [5月のみはこちら](https://www.asahiculture.com/asahiculture/asp-webapp/web/WWebKozaShosaiNyuryoku.do?kozaId=7146996) ヘブライ語聖書における人間の創造、なかでもアダムとエバの創造は、ラビ・ユダヤ教における人間観の形成に大きな影響をもたらしてきました。ラビたちがアダムとエバの物語からどのような霊感を得たのか。本講座では神と人との関係、人と人との関係、男と女の関係など、「関係」をキーワードにして、ラビたちの聖書解釈を読んでみたいと思います。 ・6月15日 アブラハムのイサク奉献:ユダヤ教の視点からの探究 [6月のみはこちら](https://www.asahiculture.com/asahiculture/asp-webapp/web/WWebKozaShosaiNyuryoku.do?kozaId=7146997) アブラハムが神から息子のイサクを犠牲にして捧げよと命じられたヘブライ語聖書の物語は、ユダヤ教やキリスト教をはじめとする宗教思想のみならず、哲学や倫理においてもさまざまな解釈を生み出してきました。本講座では、創世記の記述にさまざまな釈義を加えるラビたちの物語的な読解と、この出来事そのものの意味を問う思想的な読解に焦点を当てて、ユダヤ教における「アブラハムのイサク奉献」の解釈を読んでみたいと思います。

    詳しく見る
  • 立川 オンライン
    Koren Hebrew Bible.jpg

    ユダヤ教における聖書の読みの実践 4月のみ

    • 哲学・思想・宗教
    • 教室・オンライン自由講座
    • 見逃し配信あり
    • 志田 雅宏/東京大学講師
    • 2024/04/20
      10:30〜12:00

    ユダヤ教において聖書を読むことは宗教的な義務であり、生活の規範や教訓的な物語、知的な思索のための機会であり続けてきました。そのさまざまな読みは、何を問うべきかを定め、その問いを徹底的に探究するという姿勢によって貫かれているといえます。 本講座では全12回にわたって、ユダヤ教における聖書解釈のテクストを読みながら、その探究の歴史に触れてみたいと思います。(講師・記) 4月20日 世界創造物語:ユダヤ教聖書解釈のふたつの視点 ヘブライ語聖書は世界創造の物語から始まります。ユダヤ教における聖書解釈では、「世界はどのように創られたのか」という問いだけでなく、「なぜ聖書は世界創造の物語から始まるのか」という問いも探究されてきました。本講座では、この物語に内在する視点と外在する視点というふたつの視点からの解釈のテクストを実際に読み、考えてみたいと思います。 【今後のテーマ】 ・5月18日 アダムとエバ:ラビたちの人間観 ・6月15日 アブラハムのイサク奉献:ユダヤ教の視点からの探究 ※お得な全3回受講は[こちら](https://www.asahiculture.com/asahiculture/asp-webapp/web/WWebKozaShosaiNyuryoku.do?kozaId=7097439)

    詳しく見る
  • 新宿 オンライン
    okamoto3 20.jpg

    入門・「メディアとしての人間」の哲学史

    • NEW
    • 哲学・思想・宗教
    • 教室・オンライン自由講座
    • 見逃し配信あり
    • 岡本 裕一朗/玉川大学名誉教授
    • 2024/04/20〜
      18:30〜20:00

    入門・「メディアとしての人間」の哲学史  20世紀の哲学は、一般に「言語論的転回」と呼ばれましたが、21世紀の哲学はどうなるのでしょうか。この講座では、言語も含め、人間の相互関係であるコミュニケーション活動に場面を広げ、その条件となっている物質的・技術的媒体(メディア)に光を当て、哲学史をあらためて読み直します。哲学説の単なる羅列ではなく、それぞれの哲学思想がなぜ・どのように生まれたのか、その背景となる伝達媒体(メディア)を通して理解していきます。哲学史を広い観点から考え直しますので、哲学の入門講座としてお気軽にご参加ください。 【カリキュラム予定】※状況によって変更することもございます。 ★■4月期 第1講  メディアって何だろうか?―― マクルーハンとキトラーから考える 第2講  音声言語(パロール)と文字言語(エクリチュール)をめぐって―― プラトン とデリダ 第3講  意味と記号の系譜学―― アリストテレスとストア派の論理学 ■7月期 第4講  イエスというメディア――キリスト教のテクノロジー 第5講  メディアとしての大学――スコラ哲学の戦略 第6講  グーテンベルクの銀河系?――ルネサンスの人文主義 ■10月期 第7講  普遍記号学の構想――経験主義と理性主義のはざまで 第8講  岐路に立つ理性――カントからヘーゲルへの転換 第9講  技術メディアの衝撃――マルクス、ニーチェ、フロイト ■2025年1月期 第10講 複製技術論とファシズムーーベンヤミンとアドルノの芸術論 第11講 人間学と社会学――ゲーレンとルーマンの人間・社会論 第12講 人間と機械の未来――ハイデガーとウィーナーのサイバネティクス論                    ※お申込みは3か月単位です

    詳しく見る
  • 新宿 オンライン
    horiuchishinnosuke2018.jpg

    ホッブズを読む

    • NEW
    • 哲学・思想・宗教
    • オンライン開催
    • 見逃し配信あり
    • 堀内 進之介/政治社会学者
    • 2024/04/22〜
      19:00〜20:30

     この講義では、17世紀の政治思想家トマス・ホッブズの主著『リヴァイアサン』に焦点を当てます。ホッブズは、絶対王政を擁護し、強力な政府の必要性を訴えたことで知られています。しかし、ホッブズの思想は単なる権威主義と片付けることはできません。むしろ、ホッブズは政治的安定の実現を目指した先見的な思想家だったのです。  ホッブズがどのような時代状況の中で活躍したのかを確認した上で、代表作『リヴァイアサン』に描かれた「自然状態」とは何か、無政府状態への恐怖、そこから導かれる強力な政府の必要性について学びます。さらに、ホッブズと現代の政治哲学・リベラル思想の関係にも触れ、道徳や信仰の自由、正義と秩序の関係などの普遍的な政治課題にホッブズがどう取り組んだのかを考察します。  ドラマチックな例え話と鋭い洞察に富んだホッブズの言説は、今なお政治的示唆に満ちています。歴史的文脈と現代的関連性の双方の視点から、ホッブズの魅力を堪能できる講義にしたいと思います。(講師・記)

    詳しく見る
  • 横浜 オンライン
    ishiiseijun.jpg

    道元「正法眼蔵」を読む

    • 哲学・思想・宗教
    • 教室・オンライン自由講座
    • 見逃し配信あり
    • 石井 清純/駒澤大学教授
    • 2024/04/24〜
      10:30〜12:00

     仏教では、しばしば悟りの境地を「鏡」に喩えます。禅でも、同様に悟りや仏性を「鏡」の譬えを用いて解き明かそうとした問答が多く存在しています。今回の講座で読み進める「古鏡」巻は、そのような問答を集め、道元禅師が特徴的な解説を加えたものとなっています。  鏡と一緒に産まれた祖師の逸話に始まり、中国黄帝の鏡、さらには伊勢神宮の鏡にまで話題は続いていきます。  この講座では、その逸話ひとつひとつを味わいながら,道元禅師が、「古鏡」の例えを用いて主張したかったことを開明していきたいと思います。(講師記) <各回のテーマ> 1. 禅の悟りと鏡の喩え ―大円鏡智と古鏡と仏性― 2. 伽耶舎多尊者と一緒に生まれた丸い鏡 3. 六祖慧能・南岳懐譲の悟りと鏡 ―鏡は何を映すのか― 4. すべてを映す悟りの鏡 ―そんなモノなど割ってしまえ― 5. 古鏡を背負った猿の群れ ―猿とは何か、古鏡とは何か― 6. 古鏡の大きさとその磨き方 ―磨いても古鏡は古鏡― ※途中回からの受講も歓迎です。

    詳しく見る
  • 立川 オンライン
    聖書.jpg

    新約聖書を読む

    • 哲学・思想・宗教
    • 教室・オンライン自由講座
    • 見逃し配信あり
    • 焼山 満里子/国際基督教大学アーツ・サイエンス科准教授
    • 2024/04/25〜
      15:30〜17:00

     この講座では新約聖書の文書を一つずつ取り上げ、新約聖書の歴史、思想、現代への影響を考えていきます。まずは新約聖書の中心人物であるイエス・キリストについて、ルカによる福音書からたどっていきます。イエスはどのようにして生まれ、どのような人生を送り、救い主と信じられるようになったのか。そして2000年を経てイエスの教えは、今なお多くの人に読まれています。その魅力を読み解いていきましょう。(講師・記)

    詳しく見る
  • 新宿 オンライン
    sasakiryuji.jpg

    マルクス『資本論』第3巻を読む

    • NEW
    • 哲学・思想・宗教
    • オンライン開催
    • 見逃し配信あり
    • 佐々木 隆治/立教大学教授
    • 2024/04/26〜
      19:00〜20:30

     不平等の拡大、気候危機の深まり、インフレによる実質賃金の低下。経済システムに対する批判が高まりつつある今も、資本主義はますます強固になっているように見えます。人々を支配する権力関係が発生するのはなぜでしょうか。混沌とした状況を解き明かすには「儲け」のメカニズムを徹底的に分析したマルクスの『資本論』第3巻が鍵となります。本講座では、未完に終わったこの難読の書を拙著『マルクス 資本論第3巻』(角川選書)にもとづいて読み解いていきます。(講師・記) 【カリキュラム予定】※状況によって変更することもございます。 2024年4月期 1.イントロダクション:『資本論』第3巻はどういう著作か 2.第1章「利潤」論を読む@:形象化の出発点 3.第2章「利潤」論を読むA:資本による人間と自然の浪費 2024年7月期 4.第2章「平均利潤」論を読む@:生産価格の謎 5.第2章「平均利潤」論を読むA:マルクス均衡とは何か 6.第3章「利潤率低下法則」論を読む@:利潤率低下の根本原因は何か 2024年10月期 7.第3章「利潤率低下法則」論を読むA:恐慌はなぜ起こるのか 8.第4章「商業資本」論を読む:商業の専門化による利潤の取得 9.第5章「利子生み資本」論を読む@:利子とは何か 2025年1月期 10.第5章「利子生み資本」論を読むA:銀行と金融市場 11.第5章「利子生み資本」論を読むB:資本主義と金融システム 12.第6章「地代」論を読む@:独占による経済的収奪 2025年4月期 13.第6章「地代」論を読むA:コモンの独占に抗するために 14.第7章「収入とその諸源泉」を読む@:人々はなぜ「資本主義リアリズム」に陥るのか 15.第7章「収入とその諸源泉」を読むA:「自由の国」にむけての新たな階級闘争のビジョン                   ※お申込みは3か月単位です ※各自お求めください。テキスト:『マルクス資本論第3巻』(佐々木隆治・著/角川選書)

    詳しく見る
  • 新宿 オンライン
    oohashiyouichirou.jpg

    哲学と音楽 第3期・歴史と民族の思想と音楽

    • 哲学・思想・宗教
    • オンライン開催
    • 見逃し配信あり
    • 大橋 容一郎/上智大学名誉教授
    • 2024/04/26〜
      11:00〜12:30

     ヨーロッパ近代の音楽は、専門的で特殊な芸術分野だと思われがちですが、じつは各時代の哲学思想の先駆的で具体的な表現でもあります。たとえばルソーやニーチェは哲学者でありつつ音楽家でもあり、ワーグナーは改革主義の思想を意識して作曲していました。20世紀の印象派や表現主義の音楽も、当時の時代精神の先駆けと見ることができます。この講座では、「抽象的」な哲学と「具体的」な音楽の両方をより深く理解することを目ざして、時代精神や哲学と近代ヨーロッパの音楽との関係を考えます。 【第3期 歴史と民族の思想と音楽】 古典的で理念的な統一の夢から、個別的な自由競争に移り変わる19世紀後半。それぞれの民族精神を強く意識した思想や音楽も生まれてきます。第3期ではドヴォルザーク、ワーグナー、ニーチェなどを、民族思想と音楽の関わりを中心に解き明かします。(講師・記) 【各回テーマ】  ※状況によって変更することもございます。 ■ 第1期 古代世界から古典主義までの哲学と音楽 ・2023年1月期・・・終了 1 ピュタゴラス派の宇宙論と人文主義の音楽 2 デカルトの哲学と音楽論 3 合理的形而上学とバッハの意義 ・2023年4月期・・・終了 4 ルソーにおける哲学と音楽 5 カント哲学とモーツァルトの三大オペラ 6 啓蒙主義思想とハイドンの交響曲 ■第2期 ロマン主義の哲学と音楽 ・2023年7月期・・・終了 7 ドイツ・ロマンの哲学とウェーバーのオペラ 8 ベートーベンとドイツ観念論 9 ショーペンハウアーの哲学とロッシーニ ・2023年10月期・・・終了 10 ユダヤ思想とメンデルスゾーン 11 大イタリア主義とヴェルディのオペラ 12 19世紀音楽美学とブラームス ■第3期 歴史と民族の思想と音楽 ・2024年1月期・・・終了 13 ヘルダーの民族精神とドヴォルザーク 14 古ゲルマン主義とワーグナーの思想 15 キリスト教の受容とワーグナー理解 ★・2024年4月期 16 ニーチェの哲学と音楽 17 大ドイツ主義とヨハン・シュトラウスの音楽 18 劇場芸術論とプッチーニのオペラ ■第4期 20世紀につながる哲学と音楽 ・2024年7月期 19 マーラーの音楽と思想 20 無意識の哲学とケーベル博士の音楽 21 リヒャルト・シュトラウスの失われた時間と歴史 ・2024年10月期 22 表現主義の芸術論とストラヴィンスキー 23 現象学・印象派とドビュッシーの音楽 24 アドルノの哲学と十二音音楽             ※お申込みは3か月単位です

    詳しく見る
  • 千葉 オンライン
    市川裕.jpg

    旧約聖書を読む

    • 哲学・思想・宗教
    • 教室・オンライン自由講座
    • 見逃し配信あり
    • 市川 裕/東京大学名誉教授
    • 2024/04/27〜
      10:30〜12:00

    ユダヤ人の伝統的なトーラー学習に範をとって、モーセ五書を読み進めます。 ユダヤ教では、安息日ごとに会堂でトーラーを朗読し、1年でモーセ五書を読み終えるしきたりがあり、それに従って、解釈や説教が行われていますので、それらについても、その都度映像を見たりしながら、解説を加えます。 また、年間の朗読システムに則った註解書も多数出版されており、中でも、わたしが最も影響を受けているY・レイボヴィッツの著書をもとにして読み進めたいと思います。タルムードの伝承のなかにも、聖書の解釈を扱ったものがあり、それらもその都度取り入れます。(講師・記) 2023年10月開講。 <各回テーマ>※各回テーマは予定です。変更になる場合もございますので、予めご了承ください。 ■2023年10-12月期「創世記」(終了) 第1回 天地創造 第2回 アダムとエヴァ 第3回 洪水とバベルの塔 ■2024年1-3月期「創世記」(開講中) 第4回 アブラハム物語 第5回 ヤコブ物語 第6回 ヨセフ物語 ■2024年4-6月期「出エジプト記」 第7回 燃える柴と神の顕現。神の名とは? 第8回 出エジプトと過越祭 第9回 十戒と二つのバージョン ■2024年7-9月期「出エジプト記」 第10回 民はシナイ契約をためらったのか 第11回 遺失物の返還をめぐる市民法 第12回 聖所の建設と安息日の労働禁止 ※以降のテーマは未定です。

    詳しく見る
  • 立川 オンライン
    Koren Hebrew Bible.jpg

    ユダヤ教における聖書の読みの実践 5月のみ

    • 哲学・思想・宗教
    • 教室・オンライン自由講座
    • 見逃し配信あり
    • 志田 雅宏/東京大学講師
    • 2024/05/18
      10:30〜12:00

    ユダヤ教において聖書を読むことは宗教的な義務であり、生活の規範や教訓的な物語、知的な思索のための機会であり続けてきました。そのさまざまな読みは、何を問うべきかを定め、その問いを徹底的に探究するという姿勢によって貫かれているといえます。 本講座では全12回にわたって、ユダヤ教における聖書解釈のテクストを読みながら、その探究の歴史に触れてみたいと思います。(講師・記) 5月18日 アダムとエバ:ラビたちの人間観 ヘブライ語聖書における人間の創造、なかでもアダムとエバの創造は、ラビ・ユダヤ教における人間観の形成に大きな影響をもたらしてきました。ラビたちがアダムとエバの物語からどのような霊感を得たのか。本講座では神と人との関係、人と人との関係、男と女の関係など、「関係」をキーワードにして、ラビたちの聖書解釈を読んでみたいと思います。 【今学期のテーマ】 ・4月20日 世界創造物語:ユダヤ教聖書解釈のふたつの視点 ・6月15日 アブラハムのイサク奉献:ユダヤ教の視点からの探究 ※お得な全3回受講は[こちら](https://www.asahiculture.com/asahiculture/asp-webapp/web/WWebKozaShosaiNyuryoku.do?kozaId=7097439)

    詳しく見る
  • 新宿 オンライン
    慎改HP.jpg

    フーコー「性の歴史」を読む

    • 哲学・思想・宗教
    • オンライン開催
    • 見逃し配信あり
    • 慎改 康之/明治学院大学教授
    • 2024/05/22〜
      19:00〜20:30

     『性の歴史』と題されたミシェル・フーコーの著作は、著者の急逝から34年後の2018年に出版された第4巻によってついに完結することになりました。本講座では、フーコーのこの大著を、1976年に刊行された第1巻からじっくり丁寧に読み解いていきます。西洋における性の言説の煽動を「生権力」との関連で分析しようとしていた当初の企図が、どのようにして初期キリスト教における「欲望の解釈学」の形成の分析へと変更されたのか、そしてそうしたなかで実際にどのような具体的研究が行われたのかということについて、『ミシェル・フーコー講義集成』や『ミシェル・フーコー思考集成』も参照しながら考察する予定です。 (講師・記/2023年4月開講) 〈今期の予定〉 『知への意志』第4章「セクシュアリティの装置」の3「研究領域」の続き(婚姻の装置とセクシュアリティの装置との関係)から、4「時代区分」を経て、第5章「死に対する権利と生に対する権力」(生権力が扱われている章)へと進んでいきます。 ※第1巻はゆっくり、じっくり、くわしく読み進めますが2巻以降ペースアップする予定です。

    詳しく見る
  • 立川 オンライン
    Koren Hebrew Bible.jpg

    ユダヤ教における聖書の読みの実践 6月のみ

    • 哲学・思想・宗教
    • 教室・オンライン自由講座
    • 見逃し配信あり
    • 志田 雅宏/東京大学講師
    • 2024/06/15
      10:30〜12:00

    ユダヤ教において聖書を読むことは宗教的な義務であり、生活の規範や教訓的な物語、知的な思索のための機会であり続けてきました。そのさまざまな読みは、何を問うべきかを定め、その問いを徹底的に探究するという姿勢によって貫かれているといえます。 本講座では全12回にわたって、ユダヤ教における聖書解釈のテクストを読みながら、その探究の歴史に触れてみたいと思います。(講師・記) 6月15日 アブラハムのイサク奉献:ユダヤ教の視点からの探究 アブラハムが神から息子のイサクを犠牲にして捧げよと命じられたヘブライ語聖書の物語は、ユダヤ教やキリスト教をはじめとする宗教思想のみならず、哲学や倫理においてもさまざまな解釈を生み出してきました。本講座では、創世記の記述にさまざまな釈義を加えるラビたちの物語的な読解と、この出来事そのものの意味を問う思想的な読解に焦点を当てて、ユダヤ教における「アブラハムのイサク奉献」の解釈を読んでみたいと思います。 【今学期の他のテーマ】 ・4月20日 世界創造物語:ユダヤ教聖書解釈のふたつの視点 ・5月18日 アダムとエバ:ラビたちの人間観 ※お得な全3回受講は[こちら](https://www.asahiculture.com/asahiculture/asp-webapp/web/WWebKozaShosaiNyuryoku.do?kozaId=7097439)

    詳しく見る
  • 新宿 オンライン
    0622 神社仏閣解剖1.jpg

    神社仏閣解剖

    • 哲学・思想・宗教
    • オンライン開催
    • 見逃し配信あり
    • 米澤 貴紀/名城大学准教授
    • 2024/06/22
      11:00〜12:30

     日本の神を祀る神社本殿は大陸から伝わった仏教寺院建築よりも古い要素を持っています。この姿は、寺院建築の伝来後に、日本の神への信仰が仏教とは異なることを意識して造られたものと考えられます。本講座では、建築史の観点から、この神社本殿のかたちを生み出したルーツを、時代を遡って古墳・弥生・縄文時代の遺跡から発掘された建物跡や、建物を模した土器、器物に描かれた建物の姿と、それぞれの時代の人びとの信仰・祈りから確かめていきます。(講師・記)

    詳しく見る
  • 新宿 オンライン
    迦畢試国 パイターヴァ遺跡出土 双神変浮彫 前田たつひこ先生 小サイズ.jpg

    図像で読み解く 中央アジアの文化と歴史

    • 歴史
    • 教室・オンライン自由講座
    • 見逃し配信あり
    • 前田 たつひこ/平山郁夫シルクロード美術館学芸員
    • 2024/04/10〜
      10:30〜12:00

    孫悟空で有名な三蔵法師のモデルとなった玄奘(げんじょう)三蔵は、真の仏教を求めて。中国から砂漠を渡り、山を越えてインドの地に至りました。この旅の途中で見聞した多くのことを『大唐西域記』に記しています。今回は玄奘が残した記録をもとに、活国(クンドゥズ)とその周辺国〜迦畢試国(カーピシー)〜健駄邏国(ガンダーラ)の文化と歴史を見ていきます。(講師・記) 図像説明: 迦畢試国 パイターヴァ遺跡出土 双神変浮彫 〈今期のテーマ〉 1.玄奘とのみた活国周辺 2.玄奘の伝える迦畢試国 3.玄奘と歩む健駄邏国

    詳しく見る
  • 新宿 オンライン
    endo.jpg

    戸籍から読み解く『犬神家の一族』

    • NEW
    • 歴史
    • 教室・オンライン自由講座
    • 見逃し配信あり
    • 遠藤 正敬/早稲田大学講師
    • 2024/04/10〜
      15:30〜17:00

     日本の探偵小説における不滅の金字塔ともいうべき横溝正史の傑作『犬神家の一族』。莫大な遺産相続をめぐって繰り広げられる犬神家の複雑かつ血みどろの人間模様。それを読み解くカギは「戸籍」にある。そもそも「犬神家」とは誰か?一族の血縁関係はどうなっているのか?横溝作品にはなぜ入り組んだ「家族」が多く登場するのか?そして日本人にとって戸籍とは何なのか?家、血、結婚、婚外子、戦争・・・と同作品にちりばめられた「近代日本」をめぐる様々なテーマを、戸籍を軸に読み直すことで物語のさらなる醍醐味とともに「日本」なるものが浮かび上がってくる。(講師:記) 第1回 「犬神家」とは何か? 作品の概要を見直した上で、まず戸籍を基に「犬神家の一族」の相関図を解明する。さらに物語の時代設定について、戦後の民法改正を踏まえて考察する。 第2回 犬神佐兵衛の戸籍 物語の最大のキーパーソン、犬神家の当主佐兵衛の謎に満ちた生涯について戸籍を切り口に解き明かしていく。 第3回 婚外子の運命 物語には松子・竹子・梅子の三姉妹をはじめ、多くの婚外子が登場する。日本社会において婚外子はいかに扱われてきたのか。そこから浮かび上がる日本の「家」とは? 【来期の予定】 第4回 犬神家の養子 『犬神家の一族』には様々な「養子」が登場するのも興味深い。日本の養子制度の特徴を考えることでまた家制度の本質がみえてくる。 第5回 犬神家と戦争 この物語の背景には戦争が深く結びついている。ここでは戦争と戸籍の関係を探ることで、物語の核心に迫る。 第6回 横溝家の戸籍 作者の横溝正史も犬神家に負けず劣らず複雑な家に育った。横溝家の相関図を洗い直すことで横溝作品の世界のユニークさがより明らかになる。 【参考図書】遠藤 正敬著[『犬神家の戸籍 「血」と「家」の近代日本』](http://www.seidosha.co.jp/book/index.php?id=3609)(青土社、2021)

    詳しく見る
  • 横浜 オンライン
    itouetsuko.jpg

    「平家物語」の世界

    • 歴史
    • 教室・オンライン自由講座
    • 見逃し配信あり
    • 伊藤 悦子/中世文学研究会会員
    • 2024/04/12〜
      13:00〜14:30

    『平家物語』は、平家一門の栄枯盛衰を通じて、貴族社会から武家社会へと移り変わる激動の時代を描いた軍記物語です。この講座では、全十二巻のうち主要な章段を中心に、物語の流れに沿ってじっくりと読んでいきます。地図や画像等も使ってビギナーの方にも分かりやすく解説します。途中からの受講も問題ありません。日本が誇る一大叙事詩『平家物語』をご一緒に味読しましょう。今期は、巻六「新院崩御」から巻七「火打合戦」までを鑑賞します。(講師・記)2023年7月開講。 〈4月期各回予定〉 巻六「新院崩御」「小督」−高倉天皇と女人哀話− 巻六「入道死去」「築島」−清盛死去− 巻六「慈心房」「祇園女御」−清盛の出生− 巻六「嗄声」「横田河原合戦」−義仲挙兵− 巻七「清水冠者」−大姫と清水冠者− 巻七「北国下向」「火打合戦」−北陸の武士達−

    詳しく見る
  • 新宿 オンライン
    hongo web.JPG

    日本のかたち 

    • NEW
    • 歴史
    • 教室・オンライン自由講座
    • 見逃し配信あり
    • 本郷 和人/東京大学史料編纂所教授
    • 2024/04/12〜
      10:30〜12:30

     2024年度のはじまりとして、ぼくとしてはまじめに、今ぼくが歴史の観点から考えている「日本のありよう」をお話ししてみたいと思います。ぼくは40年間、歴史を実証的に復元する作業に従事してきましたが、このあたりでもっと大きく考えたいな、と思うようになりました。ぼくの恩師である石井進先生は常々「ホラを吹け」と仰っていて、実証にこだわっていたぼくは随分反発したものでした。でも還暦を過ぎた今、ようやく先生は「大きな視野をもて」と仰りたかったのだと理解しました。そこで、どこまでできるかわかりませんが、「ぼくが考える日本の全体像」を皆さんに呈示してみたいと思います。(講師・記) 1)家族 いま結婚する人がどんどん少なくなっています。当然、子どもの数も減っています。これはいったい何を意味するのでしょうか。歴史から考えてみましょう。 2)国家 日本の国家像は、どのような変遷を経てきたのでしょうか。天皇がいて、貴族がいて、武士が登場し、庶民が台頭する。その相互の関係を明らかにし、日本の特徴を見ていきます。 3)宗教 古代日本には、多神教の神道がありました。仏教が伝来すると、神々は仏を受容しました。でもキリスト教がやって来たときは、日本の神仏との共存はできませんでした。なぜ? 4)軍事 日本の歴史は好き嫌いは別として、武士の歴史でもあります。武士のリーダである将軍は政治と軍事を指導する存在です。この点から、軍事と国家を考えましょう。 5)土地 とくに江戸時代まで、日本人の財産が土地であったことは疑いがありません。土地支配のスタイルこそが国家の姿を規定していたといえます。 6)地域 日本は均等に発展したわけではありません。外国との交易、自然条件から、西国が先に発展するのが日本列島のスタイルでした。それは日本全体にどんな影響を与えたでしょうか。

    詳しく見る
  • 立川 オンライン
    キャプション 熊野大社 鑽火殿.jpg

    「出雲国風土記」を読み、歩く

    • 歴史
    • 教室・オンライン自由講座
    • 見逃し配信あり
    • 平野 卓治/日本大学教授
    • 2024/04/13〜
      13:00〜14:30

    天平5年(733)に完成した『出雲国風土記』は、ほぼ完全な形で伝来した唯一の古風土記です。郡ごとに各種の地名伝承や神社・山・川など多くのデータが所載されています。それは単に地誌にとどまらず、古代に生きた人々の多様な姿、世界観を語ってくれる歴史資料です。 この講座では、冒頭の郡である意宇郡から順番に、注目される記載を取り上げ、その特徴や古代に生きた人びとの様相を読み解くとともに、フィールドワークによってその現場の訪ね、伝承や記載の背景を探ります。 今回は意宇郡の安来郷、飯梨郷・舎人郷、熊野大社とその周辺を中心にとりあげます。(講師記)

    詳しく見る
  • 横浜 オンライン
    朝カル カルナク神殿のヒエログリフを読む イメージA-1 .jpg

    ヒエログリフを読んでみよう

    • NEW
    • 歴史
    • 教室・オンライン自由講座
    • 見逃し配信あり
    • 村治 笙子/古代エジプト壁画研究家
    • 2024/04/13〜
      13:30〜15:00

     古代エジプト人が神々に願いを伝えるために神殿や墓の壁または副葬品などに絵とともに描いた文字。それはヒエログリフとよばれ長い間解読不可能でしたが、19世紀にフランスのシャンポリオンによって解読できるようになりました。  この講座では、初歩の方にもわかる古代エジプトの文字ヒエログリフの読み書きを指導します。テーマは「カルナク神殿のヒエログリフ」です。王(ファラオ)と神々の対話がたくさん書かれているのが見られますので書いて読んでみましょう。 ・画像は、カルナク神殿のヒエログリフ ★このクラスは初めての方を対象にした講座です。オンラインでの受講も可能です。 ぜひ、チャレンジしてみませんか。

    詳しく見る
  • 新宿 オンライン
    IMG_0968-1.jpg

    「日本書紀」を読む

    • 歴史
    • 教室・オンライン自由講座
    • 見逃し配信あり
    • 平野 卓治/日本大学教授
    • 2024/04/15〜
      13:00〜15:00

     養老4年(720)に完成した『日本書紀』三〇巻は、日本の古代国家が作り上げた最初の正史です。漢文で編年体の形式をとり、神々の時代から持統天皇の時代まで(持統天皇11年〈697〉8月まで)を対象としています。そこには、日本の古代国家が出来上がってくる過程の様々な事象が叙述されています。まさに日本古代史の根本・基礎史料です。  この講座では、『日本書紀』には何が、どのように書かれているのか、読み下し文をテキストとして冒頭から順に読み解いていきます。これまで『日本書紀』を読んでみようかと考えながら躊躇されていた方、一緒に学んでいきましょう。 (講師・記) ・2016年7月開講。 4月期も「巻二十二 豊御食屋姫天皇(とよみけかしきやひめ) 推古天皇(すいこてんのう)」 を中心に読んでいきます。途中からの受講も歓迎します。

    詳しく見る
  • 千葉 オンライン
    田中大喜.jpg

    中世の古文書を読む

    • 歴史
    • 教室・オンライン自由講座
    • 見逃し配信あり
    • 田中 大喜/日本大学教授
    • 2024/04/16〜
      10:30〜12:00

    この講座では、主に中世(12世紀末〜16世紀)の文書史料を読み解いていきます。中世固有の表現や時代背景をあわせて学ぶことで、文書史料から様々な情報を引き出し、歴史像を創り出す醍醐味を味わってみませんか。 今期は、「戦国大名と天下人の文書」を取り上げます。

    詳しく見る
  • 新宿 オンライン
    tooyama web.jpg

    天皇と天皇陵の探求「日本書紀」を読み解く

    • 歴史
    • 教室・オンライン自由講座
    • 見逃し配信あり
    • 遠山 美都男/学習院大学講師
    • 2024/04/19〜
      13:30〜15:00

     奈良時代の初め、中国の史書にならい日本王朝の正史として編纂された『日本書紀』。その精読を通じて天皇とその歴史について理解を深めます。さらに歴代の天皇陵と周辺の史跡にも目を配りたいと思います。  今期は引き続き、持統天皇による権力形成のプロセスを読み解いていきます。(講師・記)

    詳しく見る
  • 立川 オンライン
    ヒエラポリス.jpg

    トルコ西部の古代都市をめぐる

    • 歴史
    • 教室・オンライン自由講座
    • 見逃し配信あり
    • 津本 英利/古代オリエント博物館研究部長
    • 2024/04/22〜
      15:30〜17:00

     アナトリア(現在のトルコ)西部では、西のギリシャと東のオリエントが出会い、東西文明が融合した文化遺産の宝庫となりました。ユネスコ世界遺産には含まれていない知名度の低い遺跡でも、大変魅力的なものがたくさんあります。今学期はその中から、石灰棚が広がる奇観の古代都市ヒエラポリス(パムッカレ)、山中に眠る古代都市サガラッソス、フリュギア人の宗教的中心地「フリュギアの谷」を紹介します。(講師記) 【各回予定】 4月 ヒエラポリス=パムッカレ:奇観と古代都市 5月 サガラッソス:山中に眠る都市 6月 フリュギアの谷:フリュギア人の宗教的中心地

    詳しく見る
  • 立川 オンライン
    平和の祭壇(ローマ市)1.jpg

    古代ローマの歴史 1日体験

    • 歴史
    • 教室・オンライン自由講座
    • 倉橋 良伸/電気通信大学講師
    • 2024/04/24
      13:00〜14:30

     4〜6月期は、五賢帝時代(96〜180年)の全盛期を過ぎたローマが、大きな曲がり角に至る状況を見ていきます。その第1回は、新たにご受講を検討されている方々に向けた入門編を兼ねています。本講座のこれまでの流れもお話ししますので、初めてご受講される方も大歓迎です。専門的知識は必要ありません。  ローマ史を概観してみると、王政に始まり共和政を経て、前1世紀後半に帝政が成立します。初代皇帝アウグストゥスや有名な暴君ネロといった個性豊かな皇帝を輩出しつつ、空前絶後の地中海帝国として繁栄を極めます。ところが、五賢帝時代を過ぎる頃には繁栄にも陰りが見えます。凡庸な皇帝が登場してもすぐには揺るがないような基礎が出来ていましたが、それ以上に帝国としての限界も見えていたのです。とはいえ、帝国はさらに300年という長きにわたり継続します。まさに驚異的と言えます。長寿の秘密はどこにあったのでしょうか。  今回は混乱の幕開け場面をご覧頂きましょう。(講師・記) ※定期開催講座「古代ローマの歴史」[詳細はこちら](https://www.asahiculture.com/asahiculture/asp-webapp/web/WWebKozaShosaiNyuryoku.do?kozaId=7097443)を体験受講できる1日講座です。

    詳しく見る
  • 横浜 オンライン
    izumo.jpg

    『出雲国風土記』をよむ

    • 歴史
    • 教室・オンライン自由講座
    • 見逃し配信あり
    • 佐藤 雄一/駒澤大学講師
    • 2024/04/27〜
      13:00〜14:30

     天平5年(733)編纂の『出雲国風土記』は、唯一ほぼ完全な形で伝来した古代の地誌であり、中央の歴史書にはみえない地域の多様な歴史を示してくれる貴重な史料です。『出雲国風土記』を通して、古代出雲の実態について考えていきましょう。  この講座では『出雲国風土記』のテキストをよみ進め、そこにみえる様々な問題について画像資料や地図なども活用しながら、そのつど考えていきます。  今期は「大原郡(おおはらのこほり)」を取り上げます。大原郡にはオオクニヌシの神宝が納められたという伝承や目一つの鬼の伝承など、興味深い記述が多いのが特徴です。また、大原郡内にはヤマタノヲロチ伝説の地もありますが、これに関する記載は風土記にはありません。これらの問題について地図や画像資料も用いながら、途中からの参加者にも分かりやすく全3回で丁寧に読み解きます。(講師・記)  ※画像説明:『出雲国風土記』(古代文化センター本)島根県古代文化センター提供 <テキスト>加藤義成『出雲国風土記』(松江今井書店)※毎回資料を配布いたします。 <参考書>荻原千鶴『出雲国風土記』(講談社学術文庫)

    詳しく見る
  • 新宿 オンライン
    白鯨_書影.jpg

    ハーマン・メルヴィル「白鯨」を読破する

    • NEW
    • 文学・文芸創作
    • 教室・オンライン自由講座
    • 見逃し配信あり
    • 千石 英世/立教大学名誉教授
    • 2024/04/15〜
      13:30〜15:00

     世界三大悲劇の一つとされるメルヴィルの『白鯨』を味わいます。基本、下記翻訳をテキストにしますが、原文へのチャレンジも歓迎です。各回、話の流れを紹介しながら下記の章に停泊し、じっくり味わい、最終回に最終章に到達です。途中下船、途中上船もオーケーです。(講師・記) ■進め方  航海へのすべり出しは「序」の行程とし、ゆっくりと。  白鯨探索に乘りだしてからは「破」とし、加速、しかし、航跡ジグザグになることを恐れず、悠々と世界の海を巡行します。  そして終局を「急」として、白鯨との遭遇と対決を眼前に、一気に全速加速、そのまま最終章へ突入、最終章突破、そしてエピローグへと達します。  とはつまり、全15回を「序破急」の3段に分けるイメージで航海していき、各回、講師が読みどころを紹介し、解説します。 序の行程:6回 破の行程:6回 急の行程:3回 ■各回カリキュラム 序  1回目:1〜6章(上巻121ページまで):2024年4月15日  →第1章直前の「鯨の語源」「鯨の名文」はスルーし、1章から始めます。 2回目:7〜16章(上巻221ページまで):2024年5月20日 3回目:17〜28章(上巻331ページまで):2024年6月17日 4回目:29〜36章(上巻404ページまで ) 5回目:37〜45章(上巻502ページまで ) 6回目:46〜57章(上巻634ページまで )上巻終わり 破  7回目:58〜70章(下巻404ページまで )ここより下巻 8回目:71〜81章(下巻203ページまで ) 9回目:82〜90章(下巻285ページまで ) 10回目:91〜100章(下巻369ページまで ) 11回目:101〜108章(下巻430ページまで ) 12回目:109〜116章(下巻479ページまで ) 急 13回目:117〜125章(下巻533ページまで ) 14回目:126〜130章(下巻568ページまで ) 15回目:131〜エピローグ(下巻652ページまで ) ****

    詳しく見る
  • 横浜 オンライン
    takeuchi.jpg

    「源氏物語」の世界 1日体験

    • 文学・文芸創作
    • 教室・オンライン自由講座
    • 見逃し配信あり
    • 竹内 正彦/国学院大学教授
    • 2024/04/15
      10:30〜12:00

    受講したいけれど途中からでははいりにくいと思われている方や初めて講読講座を受講するかたのための体験講座。作品の進度や講読のしかた、クラスの雰囲気など確認していただけます。どうぞお気軽にご参加ください。 テーマに沿ってお話しします。  「源氏物語」は世界に誇る日本古典文学のひとつです。登場人物はおよそ450名。4代の帝の御代、70余年にわたる期間の出来事とその世界に生きる人間たちの心の奥底を、精緻な筆致によって描き切ったこの作品は、まさに物語文学の最高峰といえます。「源氏物語」は、今からおよそ千年前の平安時代に書かれた作品ですが、けっして過去の遺物などではありません。現代のわたしたちの胸にも突き刺さる生きた文学であり、しかもその世界は読むほどに深みを増していくものとなっています。  本講座では、「源氏物語」を原文で丹念に読み込みながら、この物語の世界の魅力を味わっていきます。「源氏物語」を原文で読み込んでいくためには、古語や歴史的背景などについての知識が必要となってきますが、本講座ではそれらについても丁寧に説明することによって、平安時代の文化や歴史についての関心もひろげていきたいと思います。「源氏物語」にはじめてふれる方や「源氏物語」を読み直そうとお考えの方はもちろん、古典文学に親しんでみようとお思いの方のご参加もお待ちしております。  今期は「明石」巻の途中から読み進めます。(講師・記)   ※2018年4月開講 <初回のテーマ> 1. 明石の君との邂逅

    詳しく見る
  • 新宿 オンライン
    Yahaba_Grimm.jpg

    「グリム童話」を読み解く

    • 文学・文芸創作
    • 教室・オンライン自由講座
    • 見逃し配信あり
    • 矢羽々 崇/独協大学教授
    • 2024/04/15
      15:30〜17:00

     グリム兄弟の『子どもと家庭のメルヒェン集』は、聖書につぐベストセラーとして世界中で親しまれています。本講座では、グリムの作品を実際に読んで、作品の本来の姿、グリムの再現しようとした民話の息づかいを紹介します(日本語訳で読みます)。  今回は、「ブレーメンの音楽隊」を紹介します。メルヒェンでは珍しく「ブレーメン」という固有名詞が出てくるのはなぜでしょうか。実は「音楽隊」という言葉も、よりドイツ語の意味に近いのは「都市(専属)音楽士」で,中世から近世のブレーメンなどで実際にあった職業です。このメルヒェンを、その歴史的な背景から読み解きます。(講師・記)

    詳しく見る
  • 横浜 オンライン
    turedure2210.jpg

    「徒然草」講読 1日体験 

    • 文学・文芸創作
    • 教室・オンライン自由講座
    • 見逃し配信あり
    • 残りわずか
    • 中野 貴文/学習院大学教授
    • 2024/04/17
      13:00〜14:30

    鎌倉末期、兼好法師によって書かれた『徒然草』は、『源氏物語』や『平家物語』と並んで最も有名な古典作品の一つでしょう。しかし、知名度の高さのわりには、全体を読み通した経験をお持ちの方は、少ないのではないでしょうか。『徒然草』 には法師たちの滑稽な失敗譚から、宮中秘話、そして人生への哲学的な考察に至るまで、魅力的で多様な文章があふれています。本講義では『徒然草』を丁寧に読み、その面白さを味わうことを目指します。(講師・記) *2022年10月開講。各回テーマがありますので、途中受講歓迎です。 ★常設講座『「徒然草」講読』の1日体験講座です。 <講読予定箇所(予定)>第161段「花の盛りは」他

    詳しく見る
  • 新宿 オンライン
    原稿用紙トペン夜 イメージ写真 縦.jpg

    入門小説創作ゼミナール

    • 文学・文芸創作
    • 教室・オンライン自由講座
    • 松岡 弘城/文芸編集者
    • 2024/04/18〜
      18:30〜20:30

     「原稿の書き方」「人称の選択」「時間軸の作り方」など、小説を書くための基礎を毎回解説し、あわせて提出作品を講評します。初心者やゆっくりと書き進めたい方に。(講師・記) *初心者、ペースの遅い方向けです。 *提出作品集を事前に受講生の皆様に郵送し、お目通しいただきます。 *現代詩以外であれば、ジャンルは問いません。 *作品は提出せず聴講のみということも可能です。 ■作品提出要綱  ●締切 毎月第1木曜日正午。遅れた場合は次の回の提出扱いになります。 ※祝日の関係で締め切りを変更する際には事前にご案内いたします。ご注意ください。 ●制限字数 A4で5枚まで(400字詰め原稿用紙換算で約20枚) 例1)既定枚数内の短篇をたくさん書きたいAさんの場合   ⇒計6回で6つの作品を講評させていただきます 例2)少しずつ書き進めて、できれば長篇を完成させたいBさんの場合   ⇒新しく書き進んだ分をご提出ください。既定枚数内であれば計6回の講評が受けられます。講師はあらためて頭から読み直した上で、講評いたします。 例3)長い作品が書けてしまった!というCさんの場合    ⇒まとめて提出し、他の回のご提出はご遠慮ください。 ※学期内において、受講回数×A4で5枚の制限を上回らないようご注意ください。たくさん書きたい方は「小説創作ゼミナール」クラスをご検討ください。 ●内容 なんでも結構です。途中でも、断片でも、プロット・アイデアでもどうぞご提出ください。ただし、詩(短歌・俳句などを含む)はご遠慮ください。 ●作品が9作以上集まってしまった場合は、学期内の提出回数が少ない方、提出が早かった方の作品を優先します。できるだけ講評を進めますが、講評が書面や次回になる場合がございますのであらかじめご了承ください。 ●一度にご提出いただける作品数は一作品です。 ●提出作品は全員に配布いたします。締め切り後皆様にデータで共有いたします。また、講座当日教室受講の方には印刷して配布します。ご一読の上ご参加ください。 〈書式〉 ●手書き不可。用紙はA4サイズを横長にして使用。 縦書き。表紙は不要。 ●40字×40行で設定。 ●タイトル、筆者名(ペンネーム、本名を両方)、ページ番号を明記してください。 ●質問は原稿の冒頭か末尾に記してください。質問も制限枚数に含めます。 〈提出方法〉持参かメール  ●メールで提出の場合 件名「入門小説創作ゼミナール」件名、お名前の記載がないと届きませんのでご注意ください。wordか一太郎の添付ファイルにてお送りください。〈提出用メールアドレス〉 kouzainfo2@asahiculture.com  〈資料の配布〉 ●オンライン受講:マイページに提出作品集や講評・招待状をアップします。各自で随時ダウンロードをお願いいたします。添削原稿はメールにて返送します。資料の郵送を希望される方は「会員資料郵送」を選択し、決済してください。 ●教室受講:講座開始時に提出作品集を配布します。    

    詳しく見る
  • 横浜 オンライン
    20230328sasakisensei.jpg

    はじめての土曜短歌教室(オンライン) 一日体験

    • 文学・文芸創作
    • オンライン(事前選択講座)
    • 佐佐木 定綱/歌人
    • 2024/04/20
      10:30〜12:00

    土曜の朝の短歌講座です。土曜から早起きして、最高の週末にしていきましょう。短歌を作りはじめると、見ていたはずなのに気づかなかった日常の景色が見えたり、知らなかった自分に出会ったりすることがあります。こんなに楽しいことはありません。講座では、講義と歌会を通じて短歌を味わいます。講義は近現代の歌を例に、読みやその技術を紹介し、実作に役立つ点などを解説します。歌会は実作と批評の両面からみなさんの作品をより深く楽しんでいきたいと思います。初めて短歌にふれてみたいという方も、経験者の方も、基礎からゆっくりとやっていきましょう。(講師・記) <作品提出について> ■課題 ◍講評用 自由題 ◍歌会用 毎講座の最後に次回歌会用の題をお知らせします(欠席の場合は教室までお問い合わせください) ■提出方法  指定Googleフォーム、郵送、持参のいずれかの方法でご提出ください ※GoogleフォームURLはお申し込み後に登録のメールアドレスにお送りいたします ◇郵送の場合 〒220-0011 横浜市西区高島2-16-1 ルミネ横浜8階 朝日カルチャーセンター横浜教室 「はじめての土曜短歌教室」宛 ※お手持ちの用紙にご記入のうえ、ご提出ください ※講座名を必ず明記してください ※土日祝を挟むと郵便物到着が遅れるので、余裕をもってご投函ください ◇持参の場合 朝日カルチャーセンター横浜教室 8階受付横カウンターにお越しください ※お手持ちの用紙にご記入のうえ、ご提出ください ※講座名を必ずお伝えください ※営業時間、休館日等にご注意ください ■提出締切日 開講日の一週間前の土曜日(8月のみ前週の水曜日)

    詳しく見る
  • 新宿 オンライン
    IMG_5179.JPG

    モンゴメリ文学を読む(全3回)

    • NEW
    • 文学・文芸創作
    • オンライン開催
    • 松本 侑子/作家・翻訳家
    • 2024/04/20〜
      13:30〜15:00

     モンゴメリの名作から、「赤毛のアン」シリーズ全8巻、モンゴメリの自伝的小説「エミリー」シリーズ全3冊、モンゴメリの恋愛小説『青い城』を解説します。(講師・記) 【カリキュラム】 第1回(4/20)  アン・シリーズ全8巻に描かれる日本、その描写の変化、歴史的な背景 第2回(5/25)  モンゴメリの自伝的小説「エミリー」三部作『新月農場のエミリー』『エミリーはのぼる』『エミリーの求めるもの』の解説、小説に描かれる日本の皇太子とその背景 第3回(6/29)  モンゴメリの大人の恋愛小説『青い城』の魅力、小説の舞台オンタリオ州ムスコカとバラの紹介。また2024年10月13日〜19日の『青い城』と『赤毛のアン』のカナダツアー(ケイライントラベル)の目的地も紹介。 当講座は、全3回の講座です。各回のお申込もできます。 [第1回(4/20)](https://www.asahiculture.com/asahiculture/asp-webapp/web/WWebKozaShosaiNyuryoku.do?kozaId=7088012) [第2回(5/25)](https://www.asahiculture.com/asahiculture/asp-webapp/web/WWebKozaShosaiNyuryoku.do?kozaId=7088054) [第3回(6/29)](https://www.asahiculture.com/asahiculture/asp-webapp/web/WWebKozaShosaiNyuryoku.do?kozaId=7088056) ※本講座は、見逃し配信はありません。

    詳しく見る
  • 新宿 オンライン
    okudabouyou.jpg

    心を動かす短歌入門−うたう・よむ−1日体験 

    • 文学・文芸創作
    • 教室・オンライン自由講座
    • 奥田 亡羊/「心の花」会員
    • 2024/04/23
      10:00〜12:00

      講座名の「心を動かす」には、自分の心を動かすという意味を込めました。  短歌は日常から一歩踏み出す小さな冒険です。今まで曲がったことがない街角を曲がってみる。そうするとこれまで知らなかった景色や自分と出会います。新しい世界に出会う短歌講座を目指します。  初回は講義と歌会をおこないます。日常から一歩踏み出す表現の工夫や自分の知らない自分に出会う推敲の仕方など、初心者にもわかりやすく解説します。  2回目、3回目は実作と批評を学ぶ歌会がメインとなります。皆さんの作品をできるだけ丁寧に見てゆきたいと思います。皆さんの歌との出会いを通して私も自分を新しくします。一緒に気持ちのよい風を感じるような講座を作りましょう!表現の幅を広げたいという熟練の方も大歓迎です。 (講師・記) <作品提出方法> 毎月15日必着です。2回目・3回目は兼題があります。兼題は講座のなかでお知らせします。 2回目以降に受講される方は事務局へお問い合わせください。 ◎メールでご提出の方:kouzainfo2@asahiculture.comへ件名に「心を動かす短歌」とご氏名を入れていただき、メールの文面にて詠草をご提出ください。 ◎郵送でご提出の方:〆切は15日必着(休日・祝日等にご注意ください) 〒163-0210 新宿区西新宿2-6-1 新宿住友ビル内  朝日カルチャーセンター 10階 「心を動かす短歌入門」係 ※配布資料とするため、こちらでワープロ打ちさせていただきます。 ☆初めての方でも安心してご受講いただくために、授業の体験日を設けました。実作指導の様子やクラスの雰囲気をご確認ください。 ※受講ご希望の方は、事前にご予約下さい。通常クラスの受講者と一緒に聴講していただきます。

    詳しく見る
  • 横浜 オンライン
    ujisyuui2204.jpg

    「宇治拾遺物語」を読み解く 1日体験 

    • 文学・文芸創作
    • 教室・オンライン自由講座
    • 見逃し配信あり
    • 残りわずか
    • 蔦尾 和宏/専修大学教授
    • 2024/04/24
      10:30〜12:00

    鎌倉時代前期に成立した197話から成る説話集。毎回テーマを設け、馴染みのある説話だけでなく、難解な顔をあわせ持つ作品世界の魅力に迫ります。*2022年10月開講。各回テーマがありますので、途中受講歓迎です。 ***************** 奇人・変人の逸話は、説話集を読む魅力の一つに挙げられるでしょう。今回は「平安畸人伝」と題して清原元輔、藤原公任、藤原朝成の逸話を取り上げます。元輔は『後撰集』の撰者の一人で著名な歌人、清少納言の父親でもあります。公任は当代一の文化人の名声をほしいままにした人物で『和漢朗詠集』の編者、朝成は有能な公卿ですが、怨霊と化したことで知られます。強烈な個性を持つ三人の、これとは別の顔を説話に見ていきます。(講師・記) ★常設講座『「宇治拾遺物語」を読み解く』の1日体験講座です。 <テーマ(予定)> 4月24日 清少納言のオヤジ―『宇治拾遺物語』第162話―

    詳しく見る
  • 横浜 オンライン
    ujisyuui2204.jpg

    「宇治拾遺物語」を読み解く 

    • 文学・文芸創作
    • 教室・オンライン自由講座
    • 見逃し配信あり
    • 蔦尾 和宏/専修大学教授
    • 2024/04/24〜
      10:30〜12:00

    鎌倉時代前期に成立した197話から成る説話集。毎回テーマを設け、馴染みのある説話だけでなく、難解な顔をあわせ持つ作品世界の魅力に迫ります。*2022年10月開講。各回テーマがありますので、途中受講歓迎です。 ***************** 奇人・変人の逸話は、説話集を読む魅力の一つに挙げられるでしょう。今回は「平安畸人伝」と題して清原元輔、藤原公任、藤原朝成の逸話を取り上げます。元輔は『後撰集』の撰者の一人で著名な歌人、清少納言の父親でもあります。公任は当代一の文化人の名声をほしいままにした人物で『和漢朗詠集』の編者、朝成は有能な公卿ですが、怨霊と化したことで知られます。強烈な個性を持つ三人の、これとは別の顔を説話に見ていきます。(講師・記) <各回テーマ(予定)> 1.4月24日 清少納言のオヤジ―『宇治拾遺物語』第162話― 2.5月22日 余計な一言―『宇治拾遺物語』第157話― 3.6月26日 平安ダイエット―『宇治拾遺物語』第94話―

    詳しく見る
  • 新宿 オンライン
    書影 01.jpg

    セリフで読む『源氏物語』

    • NEW
    • 文学・文芸創作
    • オンライン開催
    • 見逃し配信あり
    • 繁田 信一/王朝民俗学者
    • 2024/04/24〜
      15:30〜17:00

    『源氏物語』を、あらすじだけで読むのは、たいへんもったいない。なぜなら、この物語では、登場人物たちの発するセリフこそが、最もおもしろいからです。 もちろん、主人公である光源氏の口から出るセリフは、その一つ一つが、読者を最高に楽しませてくれます。特に、光源氏による口説き文句や、光源氏による浮気の言い訳ともなると、まさに「絶品」と評してもいいでしょう。 若紫巻では、十八歳の光源氏が、幼い若紫(のちの紫の上)を見初め、ついには誘拐して一緒に暮らしはじめます。この講座では、そんな若紫巻を、光源氏をはじめとする登場人物たちのセリフに注目しながら読んでいきます。(講師・記) 第1回 若紫を見初める光源氏 第2回 若紫に求婚する光源氏 第3回 若紫を誘拐する光源氏 初回のみのお申込みは[こちら](https://www.asahiculture.com/asahiculture/asp-webapp/web/WWebKozaShosaiNyuryoku.do?kozaId=7145013) ◆「シリーズ・源氏物語がたり」関連講座の一覧は[こちら](https://www.asahiculture.com/asahiculture/asp-webapp/web/WTokushuShosai.do?tokushuId=781)をご覧ください。

    詳しく見る
  • 立川 オンライン
    202404WEB善明寺の「供養絵額」.jpg

    1日体験 はじめての遠野物語  

    • 文学・文芸創作
    • 教室・オンライン自由講座
    • 見逃し配信あり
    • 小田 富英/『柳田國男全集』編集委員
    • 2024/04/25
      13:30〜15:00

    ★常設講座はじめての遠野物語 の体験講座です。 『遠野物語』は、今から百十四年前、急激な近代化の波のなかで、この国の未来を憂いた少壮官僚柳田国男が、たった350部、おそるおそる出版した書と言われています。その『遠野物語』は今や古典になりつつあり、その読み方も多様多彩、影響力も研究領域からサブカルチャー分野まで、留まることのない勢いで広まっています。最近は、外国の人たちからも、今まで以上に熱い関心が寄せられています。 私は、この「『遠野物語』を読む」講座において、テーマ別の第T期、さらに119話全話を順番(柳田が考えた配列順)に読む第U期と、参加者の皆さまと読み進めてきました。次は、個々の課題解決の読みの世界に入るわけですが、その前にもう一度原点に戻り、「読みたかったけれど、途中で諦めてしまった」方々にも広く呼びかけをさせていただくことになりました。4月期は、「はじめての『遠野ものがたり』」の第四弾。『遠野物語』を代表する話を、同時代を生きた二人と、柳田の人生の底流に流れる平田国学の思想を織り交ぜて読んでみたいと考えています。『遠野物語』ファンの方も今まで通り大歓迎です。  (講師記)

    詳しく見る
  • 立川 オンライン
    DSCF0192.jpg

    ダンテ「神曲」を読み解く天国篇 

    • 文学・文芸創作
    • 教室・オンライン自由講座
    • 見逃し配信あり
    • 藤谷 道夫/慶應義塾大学教授
    • 2024/04/26〜
      15:30〜17:30

    イタリア語をご存知ない方でもご理解いただけるよう、講師の口語訳を通して天国篇を順々に解説しています。日本人には見過ごされがちな、また理解しにくい個々の言葉を適時、詳細に解説し、字義的な意味をとらえたあと、その裏に隠されたダンテの意図(寓意的・比喩的・霊的な意味)を読み解いていきます。ダンテの目線〜中世の人々の思考〜に立って、当時の神学、哲学、修辞学、古典学、天文学など、複眼的な視点から、重層構造をなすダンテの詩行を最新の研究成果を踏まえながら解説していきます。(講師記) 2020年6月開講。2024年3月から第15歌を取り上げています。

    詳しく見る
  • 新宿 オンライン
    202304nihontaidan.png

    大江健三郎を読む 文学と歴史の複眼的視点から

    • 文学・文芸創作
    • 教室・オンライン自由講座
    • 見逃し配信あり
    • 小森 陽一/東京大学名誉教授
    • 成田 龍一/日本女子大学名誉教授
    • 2024/04/26〜
      15:30〜17:00

     2023年3月、作家の大江健三郎さんが亡くなりました。<危機>が募り、「新しい戦前」が議論されるさなかの死でした。  大江さんは、1950年代のデビューから一貫して<危機>に向き合い、発言をしてきました。その活動は「戦後」から「ポスト戦後」、さらに近年の「ポスト「ポスト戦後」」――20世紀後半から21世紀にまで及びます。大江さんの小説・エッセイなどの作品を読むことは、ひろく日本と世界を知り、いまの状況をより深く考える営みにほかなりません。文学研究者と歴史家の(大江流に言えば)「おかしな二人組」が、大江さんの作品に取組みます。 (成田講師・記) ・2024年1月開講。1年間かけて大江健三郎作品を取り上げます。 ・『大江健三郎自選短篇』(岩波文庫、2014年)をベースにしながら、長編や評論も併せ読みながら、大江健三郎の世界に迫ります。 <全12回のカリキュラム> ※予定は変更になる場合がございます。 ■2024年1月期  (終了) 1.【初期短編】1 出発 ・「奇妙な仕事」「死者の奢り」「他人の足」(1957年) 2.【初期短編】2 敗戦と占領 ・「飼育」、「人間の羊」「不意の唖」(1958年) 占領 ――『芽むしり仔撃ち』(1958年)にも言及 3.【初期短編】3 「政治的人間」と「性的人間」 ・「セブンティーン」(1961年)(「政治少年死す」) ・「空の怪物アグイー」(1964年) ――『われらの時代』(1959年)にも言及 ■2024年4月期 4.【評論】1 ・『ヒロシマ・ノート』(1965年) ――『沖縄ノート』(1970年)にも言及 5.【長編】1 「時代的な問題と「私」の問題」  『個人的な体験』(1964年) 6.【長編】 「歴史的な問題」と「いま」 『万延元年のフットボール』(1967年) ■2024年7月期 7.【中期短編】1 ・「頭のいい「雨の木」」「「雨の木」を聴く女たち」「さかさまに立つ「雨の木」(1980−82年) ・「無垢の歌、経験の歌」「怒りの大気に冷たい嬰児が立ちあがって」「落ちる、落ちる、叫びながら」「新しい人よ眼ざめよ」(1982−83年) 8.【中期短編】2 ・「静かな生活」「案内人」(1990年) ・「河馬に噛まれる」「「河馬の勇者」と愛らしいラベオ」(1983−84年) 9.【後期短編】 ・「「涙を流す人」の楡」「ベラックヮの10年」「マルゴ公妃のかくしつきスカート」「火をめぐらす鳥」(1988−1992年) ――『懐かしい年への手紙』(1987年)にも言及 ■2024年10月期 10.【晩年仕事】1  ・『取り替え子(チェンジリング)』(2000年) ――『憂い顔の童子』(2002年)、『さようなら、私の本よ!』(2005年)にも言及 11.【晩年仕事】2 ・『水死』(2009年) ――『臈たしアナベル・リイ 総毛立ちつ身まかりつ』(2007年、のち新潮文庫『美しいアナベル・リイ』へ改題)、『晩年様式集(イン・レイト・スタイル)』(2013年)にも言及 12.【評論】2 ・『定義集』(2012年)

    詳しく見る
  • 横浜 オンライン
    「紫式部日記」を楽しむ2310三村講師.jpg

    『紫式部日記』を楽しむ 1日体験 

    • 文学・文芸創作
    • 教室・オンライン自由講座
    • 見逃し配信あり
    • 残りわずか
    • 三村 友希/跡見学園女子大学兼任講師
    • 2024/04/26
      13:00〜14:30

    千年の間、読み継がれてきた『源氏物語』の作者である、紫式部の日記を読みます。この日記を読み解きながら、平安時代を生きた一人の女性作家を知りたいと思います。なかなかに難しく、少し厄介な作品でもありますが、それだけにドラマ性があり、おもしろい作品でもあります。紫式部が生きづらさを感じていたこともうかがえます。藤原道長や中宮彰子についても語られており、王朝の歴史絵巻をほんの少しのぞくことができ、そこには『源氏物語』の作者ならではの捉え方がうかがえるかのようです。『源氏物語』の話題も織り交ぜながら、『紫式部日記』の世界を楽しんでいきたいと思っています。(講師・記)※2023年10月開講。各回テーマがありますので、途中受講歓迎です。 ★常設講座『「紫式部日記」を楽しむ』の1日体験講座です。 ## 4月26日のテーマ:「このわたりに、若紫やさぶらふ」 中宮彰子が待望の皇子を出産。親王誕生五十日の祝いの夜、紫式部にそっと声をかけたのは、当代きっての才人である藤原公任でした。「あなかしこ、このわたりに、若紫やさぶらふ」。紫式部は応えません。この記述が、『源氏物語』に関するもっとも古い記述であるとされ、この当時、若紫巻が書かれ、物語がすでに流布しており、男性知識人である藤原公任までもが読んでいたことがわかります。現在の「古典の日」が11月1日なのは、この日が由来になっているのです。紫式部はなぜ黙ってしまったのか。この晴れの日を読み解きます。(講師・記)

    詳しく見る
  • 横浜 オンライン
    matsuokakazuko_sennsei.jpg

    シェイクスピアはここにいる 

    • 文学・文芸創作
    • 教室・オンライン自由講座
    • 見逃し配信あり
    • 松岡 和子/翻訳家
    • 2024/04/27〜
      13:00〜14:30

    シェイクスピアの戯曲37作品すべてを翻訳した講師とともに、作品のひとつひとつを振り返るシリーズです。 「訳し終えたからこそ、気づかされたことや、シェイクスピアに教えられたことがたくさんある。」と松岡さんは語ります。 「トリビアから読むシェイクスピア」ともいえるこの講座では、脚注やあとがきには書かれていないあらたな発見をみなさんとシェアします。さあ、奥深いシェイクスピアの世界へご一緒に! ◆この講座では、作品のあらすじや登場人物など基本的なお話はありません。 事前に戯曲を読んだり、映像などで作品を見るなどしてからご参加されるとより理解が深まるでしょう。  4月 オセロー  5月 ペリクリーズ  6月 ヘンリ―八世 ★6/15 15:30〜17:00に変更になりました。ご注意ください。      ≪参考テキスト≫ちくま文庫シェイクスピア全集(松岡和子訳)より ※ご受講の際にお手元にあると、より理解が深まります。 ◆松岡和子先生の個人全訳による「シェイクスピア全集」特設ページ https://www.chikumashobo.co.jp/special/shakespeare_zensyu/

    詳しく見る
  • 新宿 オンライン
    hasegawakai.jpg

    一億人の俳句入門 1日体験

    • 文学・文芸創作
    • 教室・オンライン自由講座
    • 長谷川 櫂/俳人
    • 2024/04/27
      13:00〜14:30

     俳句を基本から学びたい人のための講座です。毎回、花、月、雪、新春詠などのテーマを設け、その詠み方を探求します。受講者が投句した俳句の選句と講評、テーマについての講話をします。事前にテーマの句を含めて3句を提出してください。受講生の互選はありません。1期に2回句会形式を取り入れます。 (講師・記) レギュラー講座のカリキュラム <各回のテーマ>             〆切 第1回 10/21:鴫             10/9 第2回 11/25:新春詠           11/13 第3回 12/23:自由題(句会)       12/11 第4回 1/27 :節分            1/15 第5回 2/24 :春の雪            2/12 第6回 3/23 :自由題(句会)       3/11 <参考書>ご希望の方は各自でお求めください。       「一億人の季語入門」(長谷川櫂著、角川学芸出版)       「合本俳句歳時記」(第4版 角川学芸出版)  

    詳しく見る
  • 立川
    2404パステル人物体験.jpg

    生き生きと人を描く

    • 絵画・造形・書・写真
    • 教室開催
    • 残りわずか
    • 松川 佳代/画家
    • 2024/04/01〜
      13:00〜15:30

     堅苦しくなく、自然なポーズで柔らかい表情の人物画を目指してみませんか?目の前のモデルさんの曲線を観察して、絵の中で生きているような柔らかなポーズや表現のコツを説明します。水彩・パステル・デッサン、お好きな画材に対応します。道具のレンタル可能です。(講師・記) ※教材準備の都合上、5日前までにお申し込みください。 ・申込時に希望の画材をお知らせください。 常設講座「パステル・水彩で描くやさしい人物画の体験講座です。常設講座の受講生と一緒に受講していただきます。授業の進め方やクラスの雰囲気をどうぞご確認ください。 [パステル・水彩で描くやさしい人物画](https://www.asahiculture.com/asahiculture/asp-webapp/web/WWebKozaShosaiNyuryoku.do?kozaId=7097883)

    詳しく見る
  • 新宿
    syohokaranonihonga_by_Shinzaburou_TAKAHASHI_1.jpg

    初歩からの日本画朝

    • 絵画・造形・書・写真
    • 教室開催
    • 見学可
    • 橋 新三郎/日本美術院
    • 2024/04/02〜
      10:00〜12:30

     初めて日本画を学ぶ方や基礎を再確認したい方には、基本の写生から丁寧に指導します。経験者の方には、レベルに応じた指導をします。最初は花を描きますが、経験に応じて静物などのモチーフも用い、合わせて日本画の技法と知識を段階的に学びます。まずは、見学にお越しください。 ※昼クラス(上級者向け)もあり

    詳しく見る
  • 立川
    2404藤井先生参考画像.jpg

    正中線(背骨)、関節を意識して  人物を描こう

    • 絵画・造形・書・写真
    • 教室開催
    • トライアル可
    • 残りわずか
    • 藤井 繁/二紀会会員
    • 2024/04/04〜
      12:50〜15:00

    ※本講座[「油絵と水彩の絵画レッスン」](https://www.asahiculture.com/asahiculture/asp-webapp/web/WWebKozaShosaiNyuryoku.do?kozaId=7123806)の4月期の最初の5回は一般の方も参加できる公開講座です。 今回のテーマは「上体をひねった女性像」。自分ではモデルをよく観察して丁寧に描いたはずなのに、なぜかポーズが不自然に感じる、動きのあるポーズなのにどこかぎこちなく、不安定に見える、そんな経験はありませんか。まず正中線(背骨)のねじれ、傾きや首、肩など各関節部位の角度・位置関係を見直してみることが大切です。以前と少し違う視点で人物を観察することで、より表現の幅が広がることでしょう。春らしい少し身体にフィットした長袖のTシャツにスキニーパンツ、白いスニーカーの爽やかな装いのモデルでポーズは上体をひねったり、腕・足を曲げたり、首を傾けたり、動きのあるものを予定しています。(講師記) 推奨サイズ:8号から15号 画材は油絵、水彩、パステル、鉛筆何でも構いません。全、5回ですが初回は3回のクロッキーをして固定ポーズを決め、2回目以降は固定ポーズです。じっくり描くことも、場所を移動して複数制作することもできます。

    詳しく見る
  • 横浜
    Mori1907-2.jpg

    絵画はじめの一歩

    • 絵画・造形・書・写真
    • 教室開催
    • 見学可
    • トライアル可
    • 森 栄二/美術作家
    • 2024/04/06〜
      13:30〜16:00

    絵を描いてみたいけれど何から始めたらいいか、どんな画材が自分に合っているか、迷っているあなたへ。難しいことはいったんおいて、はじめてみませんか。 講師が、ひとり一人の描きたい絵のイメージに合わせ、画材やテーマ選びをサポート。画材は、水彩、アクリル絵の具、パステルなどの中から選んでください。希望の画材の使い方と特徴を、デモンストレーションを交えながら説明します。基本のカリキュラムはありますが、個々にお話を伺いながら、流動的に対応していきたいと思います。 ※水彩、アクリル絵の具は、貸し出しあり。 ※上記以外の画材を使用したい方も可。鉛筆、色鉛筆、ボールペン、墨汁などでも。(同フロアにある画材店「世界堂」で購入も可)

    詳しく見る
  • 横浜
    tokoyo 1.jpeg

    油彩 

    • 絵画・造形・書・写真
    • 教室開催
    • 見学可
    • トライアル可
    • 常世 隆/国画会会員
    • 2024/04/07〜
      10:00〜12:30

    絵を描く基本となるデッサン、画材の扱い方、作品を仕上げるまでの過程を、ていねいに指導します。一人一人の課題や疑問を解決しながら、確実な上達を目指しましょう。経験問わず参加可能です。 ★このクラスで使用できる画材 油彩、水彩、アクリル、パステル ★カリキュラム(描く内容)はお問い合わせください。 ★体験受講できます。(1回 4,180円) お電話にてお問い合わせください。 各自準備:鉛筆(B~3Bくらい)、消しゴム、クロッキー帳(B4かF6くらい) 美術工芸科:045-453-1122(月〜土 10:00〜19:00)

    詳しく見る
  • 横浜
    tokoyo 3.jpeg

    水彩

    • 絵画・造形・書・写真
    • 教室開催
    • 見学可
    • トライアル可
    • 常世 隆/国画会会員
    • 2024/04/07〜
      13:30〜16:00

    いつも見ている日常の風景や旅先での光景を自分自身の目で観察し、心のフィルターを通して作品にしていきます。静物・人物・風景スケッチなど、さまざまなモチーフを題材に初心者には画材の説明から丁寧に指導します。経験問わず参加可能です。 ★このクラスで使用できる画材:水彩、アクリル、パステル ★カリキュラム(描く内容)はお問い合わせください。 ★体験受講できます。(1回 4,180円) お電話にてお問い合わせください。 各自準備:鉛筆(B〜3Bくらい)、消しゴム、スケッチブック(F6〜F10)または画材に合った用紙、お持ちの水彩用具一式、またはパステル

    詳しく見る
  • 新宿
    mukasa202104-02.jpg

    体験・東京スケッチ散歩

    • 絵画・造形・書・写真
    • 教室開催
    • 武笠 昇/イラストレーター
    • 2024/04/10〜
      10:00〜12:15

    3号〜6号サイズで気軽に風景スケッチを楽しみませんか。春の陽射しに輝く花や木々、建物を描きます。構図や近景遠景の描き分けなど基礎を学びます。 2回とも野外での風景スケッチを予定していますが、雨天時は教室です。 常設講座「東京スケッチ散歩」に2回参加して体験する申し込みページです。4月10日のスケッチ場所は「日比谷公園」です。4月24日のスケッチ場所は4月10日以降に連絡いたします。 ※講座ご受講後、2ヶ月以内にご入会された場合は入会金が半額になります。

    詳しく見る
  • 立川
    2404デッサンからはじめる水彩油彩体験-パープルのチューリップ.jpg

    パープルのチューリップを描く

    • 絵画・造形・書・写真
    • 教室開催
    • 入江 英三/画家
    • 2024/04/16〜
      10:15〜12:45

     壺に活けた紫色のチューリップの講師の静物画作品を模写します。模写により混色やタッチを学べます。  画材は油彩、水彩、お好きな方をお選びください。2回で仕上げます。(講師・記) ・教材準備の都合により、1週間前までにお申し込みください。 ・油彩の方の出来上がった作品は、乾燥のため、後日取りに来ていただきます。  常設講座[「デッサンからはじめる水彩・油彩画入門」](https://www.asahiculture.com/asahiculture/asp-webapp/web/WWebKozaShosaiNyuryoku.do?kozaId=7097876)の受講者と一緒に受講していただきます。

    詳しく見る
  • 立川
    スイートピー.png

    春の花を描く

    • 絵画・造形・書・写真
    • 教室開催
    • 漆間 順子/画家・アトリエミモザ主宰
    • 2024/04/17
      13:00〜15:00

     水彩色鉛筆で春の花を描いてみませんか。可愛らしい春の花を水彩色鉛筆の特色を活かしながら、かわいいイラストにします。水彩色鉛筆に初めて挑戦する方も講師が描き方の見本を用意しますので、お気軽にご参加ください。 ●描くモチーフは、画像と異なる場合があります。 【常設講座 やさしい水彩色えんぴつ 第3水曜日13:00〜15:00】(裏面) 水彩色鉛筆を使って、四季の花、可愛らしい小物を描きます。

    詳しく見る
  • 横浜 オンライン
    吉成浩昭先生 画家の制作現場をのぞき見1小 2401 .jpg

    画家の制作現場をのぞき見

    • 絵画・造形・書・写真
    • オンライン開催
    • 見逃し配信あり
    • 吉成 浩昭/白日会会員
    • 2024/04/17〜
      11:00〜12:00

    プロの制作過程を知ることで、自身の絵画制作に活かせる知識を身につけましょう。技法や特徴をより深く理解するための実演もあり。各回受講も可。 かつて絵画は工房で制作され、プロの技は見て盗み学ぶものでした。指導や教育の範疇には限界があり、現在でも高い技術は言語化が難しいもので「見稽古」という言葉があるほどです。 4・5・6月は「スケッチ」を通しての制作をテーマとしています。 4月は実際にスケッチに出かけての制作です。5月はスケッチをもとに水彩画を、6月はスケッチから油彩を制作し、実際に風景画を制作するプロセスをご覧ください。

    詳しく見る
  • 横浜 オンライン
    吉成浩昭先生 画家の制作現場をのぞき見1小 2401 .jpg

    【4月のみ】画家の制作現場をのぞき見

    • 絵画・造形・書・写真
    • オンライン開催
    • 見逃し配信あり
    • 吉成 浩昭/白日会会員
    • 2024/04/17
      11:00〜12:00

    ★★★こちらは4月(1回分)のお申込みページです★★★ プロの制作過程を知ることで、自身の絵画制作に活かせる知識を身につけましょう。技法や特徴をより深く理解するための実演もあり。各回受講も可。 かつて絵画は工房で制作され、プロの技は見て盗み学ぶものでした。指導や教育の範疇には限界があり、現在でも高い技術は言語化が難しいもので「見稽古」という言葉があるほどです。 4・5・6月は「スケッチ」を通しての制作をテーマとしています。 4月は実際にスケッチに出かけての制作です。5月はスケッチをもとに水彩画を、6月はスケッチから油彩を制作し、実際に風景画を制作するプロセスをご覧ください。

    詳しく見る
  • 立川
    チューリップ1.jpg

    ぬり絵で学ぶ 色鉛筆画はじめの一歩

    • 絵画・造形・書・写真
    • 教室開催
    • 残りわずか
    • 河合 ひとみ/イラストレーター
    • 2024/04/18
      13:30〜15:00

    筆を使って描く画材と違って、色鉛筆は手加減がとても重要な画材です。そして、その手加減は自分自身でコントロールできるようになる必要があります。理屈ではありません。基本となる練習を積むことです。 まずは、この1日講座で、塗り絵から色鉛筆画の第一歩を踏み出してください。(講師・記) ※定期開催講座「色鉛筆で楽しむ細密画の世界」第3木曜13:30〜15:00 の1日体験講座です。 ※テキストは各自ご用意ください。『描き込み式色鉛筆ワークブック』(誠文堂新光社)

    詳しく見る
  • 新宿
    2404_pigmentblushpen_3.jpg

    「ピグメントブラッシュペン」体験

    • 絵画・造形・書・写真
    • 教室開催
    • 漆間 順子/アトリエミモザ主宰
    • 2024/04/20
      13:00〜15:00

     ドイツの文具メーカー、ステッドラー社の新しいカラーペン「ピグメントブラッシュペン」(2023年11月発売)。耐光性にすぐれ色落ちせず、速乾性で耐水性もあり、紙だけでなく、多くの表面(木材、ガラス、プラスチック、石など)にも描くことができます。紙に描いても裏写りしないため、塗り絵などにも使えます。また、重ね塗りをしても鮮やかさを失わず、1本でグラデーションを作ることも可能です。  本講座では、このマルチな魅力を持つ新しいカラーペンを使って、塗り絵やガーデングッズ、はがき絵など、いろいろなものに描いて楽しみます。普段マーカーに馴染みがない方も、この高品質なオトナの画材を使って、絵の世界を広げてみませんか。画材やサンプルはご用意しますので、お気軽にご参加ください。絵がはじめての方にもおすすめです。(講師・記) (協賛:ステッドラー日本株式会社) 【広報画像】 @イメージ画像(当日使用する画材と異なる場合があります) Aグラデーションも楽しめます Bピグメントブラッシュペン(12色セット)

    詳しく見る
  • 立川
    「花嫁」を描く 韓国民画一日体験.jpeg

    「花嫁」を描く

    • 絵画・造形・書・写真
    • 教室開催
    • 残りわずか
    • 池 貴巳子/韓国民画家
    • 2024/04/20
      15:30〜18:00

    ※初めての方にも安心してご受講いただくための1日体験講座です。通常のクラスの受講者と一緒に受講していただきますので、授業の進め方やクラスの雰囲気をどうぞご確認ください。    自由に描いていいのが民画。鯉が天に登って龍になる。雨をふらせてくれたり、邪鬼を払ってくれたり、立身出世、合格祈願などなど。絵本の一場面のように、どこかユーモラスで独特の世界観が魅力の一つです。作品を額に入れて飾るだけでも味わい深い作品になります。初心者の方や絵の苦手な方でも筆で下絵をなぞり彩色するので、楽しく描けます。 ※材料準備の都合上、4/15(月)までにご入金をお願い致します。

    詳しく見る
  • 新宿
    Honda02.jpg

    体験・アラビア書道4/20

    • 絵画・造形・書・写真
    • 教室開催
    • 残りわずか
    • 本田 孝一(監修)/日本アラビア書道協会会長・アラビア書道家
    • ハイカル アルアジ/アラビア書道家
    • 2024/04/20
      13:00〜15:00

    ※こちらのページは、「初めてのアラビア書道」の新規体験者用申し込みページです。 以前にご受講の方は、[こちら(初めてのアラビア書道)](https://www.asahiculture.com/asahiculture/asp-webapp/web/WWebKozaShosaiNyuryoku.do?kozaId=1647320)から途中受講してください。 ――――――――――――――― イスラム教の聖典クルアーンを正しく書き写すために生まれたアラビア書道はオスマン帝国時代の首都であったイスタンブールで最盛期を迎え、イスラム芸術の一分野になるまで発展しました。本講座では特製テキストに基づき、竹筆の持ち方から始まり、アルファベット、単語、短文へと順次進めて行きます。アラビア語を全く知らない方にも分かりやすく、楽しめるよう、やさしく指導します。 言語がわからなくても美しさを堪能できるところが魅力です。立体的な造形美を楽しみながらアラビア文化に親しみましょう。 ※講座ご受講後、2ヶ月以内にご入会された場合は入会金が半額になります。

    詳しく見る
  • 立川
    2404気軽にミニデッサン.jpg

    気軽にミニデッサン

    • 絵画・造形・書・写真
    • 教室開催
    • 残りわずか
    • 松川 佳代/画家
    • 2024/04/23
      10:15〜12:15

     デッサンはモチーフの形を追ったり明暗の調子を描けるようになる、絵の基本の練習です。苦手意識のあるデッサンも、色付きでやれば楽しく取り組めます。水彩色鉛筆、パステルペンシルなどを使ってシンプルなカラーで静物を描きます。道具が無い方はレンタルできます。いくつか用意しますので当日画材をお選びください。(レンタル、紙代含め100円)初心者の方も歓迎です。(講師・記) ・初めての方にも安心してご受講いただくための1日体験講座です。常設講座[モノトーンで描く鉛筆・木炭デッサン](https://www.asahiculture.com/asahiculture/asp-webapp/web/WWebKozaShosaiNyuryoku.do?kozaId=7097834)の受講生と一緒に受講していただきますので、授業の進め方やクラスの雰囲気をどうぞご確認ください。 ※教材準備の都合上、5日前までにお申し込みください。

    詳しく見る
  • 新宿
    2404_mokuhanga_demonstration.jpg

    木版画デモンストレーション

    • 絵画・造形・書・写真
    • 教室開催
    • 舩坂 芳助/日本版画協会
    • 2024/04/24
      13:00〜16:00

     木版画のバレンを使用して水性で摺る技法は、欧米ではありません。日本独特の手法です。皆さんも小学校または、中学校の美術の時間に木版画に触れたことがあるかと思います。和紙や絵具、バレンを使用する特有の手法を日本の伝統として残していきたいと考えています。  本講座では、作品の鑑賞と解説、講師の実演で木版画の魅力をたっぷりとご紹介します。受講者の方の実技体験はありません。これから木版画をはじめたい方、気になっている方、経験を問わず、是非お気軽にご参加ください。(講師・記) 【カリキュラム(予定)】 @日本の木版画作品(浮世絵、創作版画など)の鑑賞 A木版画制作のための道具紹介(紙、絵具、彫刻刀、バレンの作り方など) B木版画の彫り、単色(白黒の摺り)、色摺り(色々のボカンなどの摺り)の実演

    詳しく見る
  • 新宿
    2404_Renoir_copy_by_pastel.jpg

    ルノワールの模写 花束を描く

    • 絵画・造形・書・写真
    • 教室開催
    • 残りわずか
    • 松川 佳代/画家
    • 2024/04/25
      13:30〜16:00

     ソフトパステルでピエール・オーギュスト・ルノワールの「春の花束」を模写します。ソフトパステルは油彩のような濃厚な色彩表現が可能な画材です。繊細な描写の大作ですが、そっくり真似しようとせずに、実際に花束を描く時をイメージして手順やコツを体験しましょう。ゴンドラパステル36色で描けるようテキストをご用意しますので、初心者の方も歓迎です。(講師・記)

    詳しく見る
  • 横浜
    morieiji 2101-1.jpg

    デッサンはじめの一歩

    • 絵画・造形・書・写真
    • 教室開催
    • 森 栄二/美術作家
    • 2024/06/01
      13:30〜16:00

    絵画の基本、デッサンを学ぶ体験講座です。絵を始めてみたい方に鉛筆デッサンの基礎を指導します。常設講座「絵画はじめの一歩」と合同クラスになります。 絵を描いてみたいけれど何から始めたらいいか、迷っているあなたへ。 まずは静物デッサンからはじめてみませんか。 鉛筆の削り方、物の見方、画面構成など基礎から丁寧に指導。講師が、ひとり一人の描きたい絵のイメージに合わせて、アドバイスします。 ※同内容の講座が10月7日にもあります。

    詳しく見る
  • 横浜
    aisyoka_yoshida.jpeg

    日本と世界の愛唱歌

    • 音楽
    • 教室開催
    • 見学可
    • トライアル可
    • 吉田 千鶴子/声楽家
    • 加来 洋子/ピアニスト
    • 2024/04/04〜
      13:30〜15:00

     童謡から学生時代に歌った歌、そして現代の歌まで「歌」の素晴らしさは永遠です。声を出して笑う事は、自分の感情を外に向けて表現すること。楽しく笑いながら、発声や呼吸法を学び、大きな声で歌ってみましょう。この講座では、ジャンルにこだわらず、初心者の方もご経験のある方も、ご一緒に楽しんでいただけるよう指導いたします。「私に、こんな声が出るんだ!」という発見もあることでしょう。お気軽にご参加ください。 ***今期の予定曲*** トスティのセレナータ 朧月夜 眠りの精 この道 村の娘 城ケ島の雨  ※ この講座はトライアル(体験)受講または、見学(20分程度)ができます。要予約。

    詳しく見る
  • 立川
    takayama.jpg

    童謡〜心のふるさとを歌う 

    • 音楽
    • 教室開催
    • 見学可
    • トライアル可
    • 高山 佳子/日本童謡協会会員
    • 堀川 法子/ピアニスト
    • 2024/04/10〜
      10:15〜12:00

    童謡は心のふるさと。その故郷へ里帰りしてみませんか。四世代の人が集まっていっしょに歌える歌はほかにありません。のびのびと自由に楽しく思い切り歌いましょう。童心とはまっすぐにものを見ることができる心でけっして子供の心という意味ではなく、先天的な感受性であり童心芸術が童謡である・・・と野口雨情も言っています。教室ではその時代背景、作者にまつわるエピソードについても学び、深く童謡の心を味わいたいと思います。また、美しい日本の四季の変化を歌った季節の歌、高山講師作曲による歌も取り上げます。

    詳しく見る
  • 新宿 オンライン
    okudayoshimichi2020.jpg

    クラシックへのお誘い

    • NEW
    • 音楽
    • 教室・オンライン自由講座
    • 見逃し配信あり
    • 奥田 佳道/音楽評論家
    • 2024/04/11〜
      19:00〜20:00

    心躍る名曲の聴きどころ、とっておきの楽しみ方をお話します。クラシック音楽の聴き方に、もちろん決まりはありません。楽しんで頂くのが一番ですが、作曲家や名曲の背景をほんの少し知るだけで味わいが深まります。名曲の「サビ」を聴きながら、烈しくも美しいクラシックの世界をご一緒しましょう。 第1回 ベートーヴェンの交響曲第5番ハ短調通称「運命」 第2回 ドヴォルザークの交響曲第9番ホ短調「新世界より」 第3回 ラヴェルのボレロ 初回のみのお申込みは[こちら](https://www.asahiculture.com/asahiculture/asp-webapp/web/WWebKozaShosaiNyuryoku.do?kozaId=7145014) 講座についての奥田先生のインタビューは[こちら](https://www.asahiculture.com/asahiculture/wp/school/shinjuku/tokotoko/)で公開中!

    詳しく見る
  • 千葉
    画像TC 石井陽子さん.jpg

    プレレッスン憧れのオペラを歌おう

    • NEW
    • 音楽
    • 教室開催
    • 石井 陽子/声楽家
    • 2024/04/15
      13:30〜15:00

    憧れのオペラを歌手になった気分で歌いませんか。正し い 姿勢で、胸を張り、顎を引いて、発声の練習から始めます。腹式呼吸の自然な発声法で声も体も心も一緒にリフレッシュします。4〜6月は、イタリアのコンコーネが作曲した声楽のための練習曲、リゴレットから「女心の歌」、カルメンから「ハバネラ」を歌います。オペラは初めての方もお気軽にご参加ください。 ※女性限定 ※日本語で歌います。

    詳しく見る
  • 新宿 オンライン
    加藤浩子横_Tomoko Hidaki__RTC.jpeg

    METライブビューイング《運命の力》《ロミオとジュリエット》徹底解説

    • NEW
    • 音楽
    • オンライン開催
    • 見逃し配信あり
    • 加藤 浩子/音楽評論家
    • 2024/04/16
      15:30〜17:00

    メトロポリタンオペラ今シーズン最大の話題作、《運命の力》(新制作)、《ロメオとジュリエット》徹底解説!METライブビューイングの予習にも! この3月はニューヨークのメトロポリタンオペラで、注目公演が続きました。新制作の《運命の力》と、ライジングスターが共演した《ロメオとジュリエット》です。 2作とも現地では大評判で、実際に現地で観劇してきました。時代を現代に置き換えた《運命の力》は複雑なストーリーがかえってわかりやすくなり、注目歌手たちも大健闘。 《ロメオとジュリエット》では、フランス人テノール、ベルナイムと、歌う女優シエラの共演が最高でした。 2作ともまもなくライブビューイングで公開されます。公開を前に、現地で聞いた歌手たちの生の声も交えつつ、2作のハイライトをご紹介します。過去のメトロポリタンオペラの同演目との比較もいたします。ぜひお楽しみください。(講師・記) 〈METライブビューイング〉 ニューヨーク・メトロポリタン歌劇場のオペラを映画館で上映!絢爛豪華なオペラを身近にお楽しみ下さい。 2023‐2024シーズンのラインナップは[こちら](https://www.shochiku.co.jp/met/) 一般当日券3700円のところ、新宿教室教材コーナーにて3200円(500円割引)でムビチケを販売中です。

    詳しく見る
  • 新宿 オンライン
    鈴木惣一朗・藤本国彦.jpg

    ビートルズ:10のエレメンツ

    • NEW
    • 音楽
    • 教室・オンライン自由講座
    • 見逃し配信あり
    • 鈴木 惣一朗/音楽家
    • 藤本 国彦/ビートルズ研究家
    • 2024/04/19〜
      19:00〜21:00

    2023年11月に突如リリースされたTHE BEATLES“最後の新曲”「NOW AND THEN」。1996年の「リアル・ラヴ」以来、27年ぶりに耳に届いたその歌声や旋律に心を揺さぶられた人は少なくありません。 音楽グループの領域を超越し、ファッション、思想、生き方にまで影響を及ぼし、社会に大きな波紋を広げたTHE BEATLES。 音楽家の鈴木惣一朗氏とビートルズ研究家の藤本国彦氏の軽快なツーカートークとともに、いつまでも色褪せないその魅力を解き明かします。 THE BEATLESとは一体何者だったのか? 実際に音楽を聴きながら、一緒に考える時間を楽しんでいただければと思います。 ※講座には5分間の休憩および質疑応答の時間が含まれます。 【4月期】 エレメンツ(1)『1962〜1964年』 「プレスリーへのあこがれはやめて『4人はアイドル』」 エレメンツ(2)『1965〜1967年』 コンボ・サウンドからオーケストラへ〜ジョージ・マーティンの力を借りましょう」 エレメンツ(3)『1968〜1970年』 「こんがらがった糸 マル・エヴァンス、エプスタイン、アラン・クレイン、クラプトン、プレストンなどなど」 【7月期】 エレメンツ(4)『1970年代前半』 「『ビートル・アローン』〜長く、曲がりくねった道へ」 エレメンツ(5)『1970年代後半』 「それぞれの人生〜ホーム・ファミリー・ラヴ」 エレメンツ(6)『1980年代』 「ジョンがいなくなり、さてどっちに行こうか」 【10月期】 エレメンツ(7)『1990年代』 「『アンソロジー・シリーズ』〜3人で集まってみました」 エレメンツ(8)『2000年代』 「21世紀へ〜これからのビートルズについて語りましょう」 エレメンツ(9)『2010年代』 「次世代への橋渡し〜アーカイヴ・シリーズとポール&リンゴの日本公演」 【1月期】 エレメンツ(10)『2020〜2025年』 「『ナウ・アンド・ゼン』〜ビートルズの現在」

    詳しく見る
  • 千葉
    izumiyuki-min.jpeg

    ボイストレーニング

    • 音楽
    • 教室開催
    • 見学可
    • トライアル可
    • 和泉 由貴/声楽家
    • 2024/04/20〜
      10:00〜12:00

    良い声を出すヒントは、あなたの日常生活の中にたくさんあります。この講座では、姿勢・呼吸から始めて発声法・発語のしかたまで、わかりやすくあなたの持つ自然な”美声”を引き出すお手伝いをします。無駄なビブラート、音痴かもしれないとお悩みの方のぜひどうぞ。

    詳しく見る
  • 立川
    ストロングザボーガーとfighting ちいさくした.jpg

    特撮ヒーローソングを歌おう 1日体験

    • 音楽
    • 教室開催
    • 高野 二郎/テノール歌手
    • 2024/04/20
      18:30〜20:00

    ※初めての方にも安心してご受講いただくための1日体験講座です。通常のクラスの受講者と一緒に受講していただきますので、授業の進め方やクラスの雰囲気をどうぞご確認ください。  今、特撮ソングが熱い!誰もが一度は胸踊らせた特撮ヒーロー番組。ヒーローと共に番組の“主役”と言っても過言ではないのがその主題歌を始めとした数々の特撮ソング。この講座はその数々の特撮ソングを楽譜を用いて音楽的に掘り下げ分析し、共に熱く歌い上げ、その作品、ヒーローたちを一層愛好して頂く一助となれれば幸いです。絶対音感を持ち東京芸術大学、同大学院で学び、劇場版「電人ザボーガー」主題歌、エンディングテーマ、「武蔵忍法伝忍者烈風」主題歌等を歌唱担当し“平成の子門真人”を標榜する現役特撮ソング歌手で音楽大学講師の講師が熱く、解りやすくレクチャー致します。 【予定曲】 ・宇宙刑事ギャバン(宇宙刑事ギャバン) ・太陽戦隊サンバルカン(太陽戦隊サンバルカン)

    詳しく見る
  • 新宿 オンライン
    HP用池辺晋一郎(C)Orchestra Ensemble Kanazawa.jpg

    マエストロと語ろう 特別編(オンライン受講)

    • NEW
    • 音楽
    • オンライン(事前選択講座)
    • 見逃し配信あり
    • 池辺晋一郎/作曲家
    • 吉田 純子/朝日新聞編集委員
    • 2024/04/24
      19:00〜20:30

     世界一流のマエストロたちを招き、自身の生の声で伝えていただくシリーズです。聞き手は吉田純子・朝日新聞編集委員がつとめます。  朝日カルチャーセンター50周年を記念した特別編となる今回のゲストは、作曲家の池辺晋一郎さんです。クラシック界の大御所でありながら、黒澤映画の「影武者」やNHK大河ドラマ「独眼竜政宗」など映画やテレビの音楽を数多く手がけ、「N響アワー」の司会などで語り部としても引っ張りだこ。芸大在学中から演劇界との関わりが深く、文学、落語、詩といった言葉の世界も縦横に。その人脈は仲代達矢さんや柳家小三治さんら、芸術の世界ほぼ全般に渡ります。芸術を遊び、豊かに生きる極意を「人生の達人」に学びます。 ■朝日新聞デジタルで[吉田純子さんによる連載記事「(語る 人生の贈りもの)池辺晋一郎」](https://www.asahi.com/articles/DA3S15097753.html)が公開中です。講座にあわせて、4月末まで第一回全文を無料で公開しております。文末の「次の記事」ボタンで、2回目以降の記事に進めます。

    詳しく見る
  • 新宿 オンライン
    加藤浩子横_Tomoko Hidaki__RTC.jpeg

    没後100年 プッチーニ全オペラを知る

    • NEW
    • 音楽
    • オンライン開催
    • 見逃し配信あり
    • 加藤 浩子/音楽評論家
    • 2024/04/25〜
      15:00〜16:30

    本年没後100年を迎えるジャコモ・プッチーニは、オペラ界きっての人気作曲家です。 プッチーニの作品はなぜあれほど心を打つのか?上演が稀な初期作品から、遺作の《トゥーランドット》まで、全オペラ作品をご紹介しつつ、魅力の秘密に迫ります。(講師・記) <スケジュール> ●4月期 第1回 《妖精ヴィッリ》《エドガール》 第2回 《マノン・レスコー》 第3回 《ラ・ボエーム》 ●7月期 第4回 《トスカ》 第5回 《蝶々夫人》 第6回 《西部の娘) ●10月期 第7回 《つばめ》、《三部作》その1 第8回 《三部作》その2 第9回 《トゥーランドット》

    詳しく見る
  • 横浜 オンライン
    hirosemayumikoushi.jpg

    はじめての英語で歌うポピュラーソング

    • 音楽
    • オンライン開催
    • 広瀬 真弓/ボーカルトレーナー
    • 2024/04/26〜
      13:30〜14:30

    オールディーズを中心とした、ポピュラーソングを英語で歌うオンラインクラスです。 レッスンの流れは 1,曲を聞きながら、全体の曲の感じをつかみます。 2,歌詞を一緒に音読して、簡単な内容を掴みます。 3,メロディをラララで歌いながら音取りをします。 4,メロディに歌詞を入れていくレッスンを致します。 ゆっくり進めますので、英語や、楽譜を見ることが苦手な方も気軽に口ずさめるようになっていきます。(講師記) <各回の曲目> 4月 Yesterday (The Beatles) 5月 Dream (Frank Sinatra) 6月 Take Me Home, Country Roads(John Denver) ※4月のみ第4(金)です。日程にご注意下さい。

    詳しく見る
  • 横浜 オンライン
    タテ登録用)スージー鈴木さん.jpg

    サザンオールスターズの楽しみ方

    • NEW
    • 音楽
    • 教室・オンライン自由講座
    • 見逃し配信あり
    • スージー鈴木/音楽評論家、ラジオDJ、小説家
    • 2024/06/07
      18:30〜20:00

     歌い方と歌詞、サウンドにおいて実験性と大衆性と両立させることで、ロックをビジネスとして確立した、日本ロック史上最大の存在=桑田佳祐が率いるサザンオールスターズ。この講座では、サザンや桑田、その他音楽家の作品を実際に鑑賞しながら、彼らがいかにして最大の存在となったか、その功績を初心者でも分かる形でご説明します。  専門知識は不要、事前の課題もありません。日本ロック史を体系的に捉えて楽しみ方を深めたいという方を歓迎します。(講師・記)

    詳しく見る
  • 新宿 オンライン
    nakamurakahoru1710.jpg

    舞楽 右舞

    • エンタメ・古典芸能
    • 教室・オンライン自由講座
    • 見学可
    • 残りわずか
    • 中村 かほる/雅楽演奏家
    • 2024/04/07〜
      13:00〜15:00

     雅楽の伴奏で舞われる舞を舞楽とよびます。観る人の心をいにしえの世界へ誘い、雅楽をより身近に届けてくれる、平安の贈り物―。  この講座では、右舞(高麗楽によって舞われる)を取り上げ、舞楽のお話を交えながら、ゆったりとした動きを身につけることから始め、楽に合わせて舞えるようになるまで仕上げていきます。また、舞楽に親しみながら、雅楽の持つ豊かな音楽性や魅力を感じ取っていただけたらと思っています。

    詳しく見る
  • 新宿 オンライン
    2110 MUTO Yosei.jpg

    ゲーム翻訳の疑問に答える!

    • NEW
    • エンタメ・古典芸能
    • 教室・オンライン自由講座
    • 見逃し配信あり
    • 武藤 陽生/ゲーム・出版翻訳者
    • 2024/04/20
      19:00〜20:30

    ゲームとはいったいどのような工程を経て、どのような人たちによって翻訳されているのか。いまだに謎多き業界について、可能なかぎり多くの疑問に答えていきます。AI翻訳が目覚ましい進歩を遂げるなか、いったいどうやったら人間の翻訳者が生き延びられるのかという大きな疑問についても考えてみたいと思います。あなたの疑問をぜひお寄せください。(講師・記) ★本講座は、事前に質問を募集しています。下記フォームまで、ぜひお寄せください。 [事前質問フォーム](https://forms.gle/tyZvbm3RiW3367Uw5)

    詳しく見る
  • 新宿
    手習い子1.jpg

    日本舞踊体験

    • NEW
    • エンタメ・古典芸能
    • 教室開催
    • 藤間 作介/藤間流師範
    • 2024/04/26
      15:45〜17:45

     寺子屋(現代の学校、あるいは塾)帰りの娘が、春の陽ざしに誘われて、道草しながら遊ぶ様子を踊りにしたものです。蝶々を追いかけて戯れ、桜の花びらを拾って集め、マリを作ってマリ唄を踊ったりします。  少し大人びてきてませた小娘が、初恋の初々しさや、素直な恋心を表現するところも愛らしい、踊りをやる時に必ず習う、女踊りの入門曲の一つです。  日本舞踊は、姿勢よく体幹をしっかり使って踊りますので、稽古を続けることで自然に、健康な体を無理なく楽しく作ることができます。日本舞踊の動きが身につくと、どんなに高齢になっても、健康なことは勿論、無理なく美しい動きで踊れますので、一生の宝になります。  思いたった時が吉日です。ともかく、始めてみてはいかがですか? 

    詳しく見る
  • 新宿 オンライン
    omotekiyosi.jpg

    能で楽しむ「平家物語3」 

    • エンタメ・古典芸能
    • 教室・オンライン自由講座
    • 見逃し配信あり
    • 表 きよし/国士舘大学教授
    • 2024/04/26〜
      10:00〜11:30

     現在上演可能な能の作品は約250番あると言われています。これらの能の作品はさまざまな要素から成り立っています。この講座では能の代表的な作品・人気のある作品を取り上げて、素材となった文学作品や伝説、謡の文句の内容や文章の装飾方法、和歌や漢詩の引用、作品の構成や演出の特徴、作者の個性や工夫など、その作品を様々な角度から分析・紹介していきます。能を見に行っても今ひとつ理解できないという方はもちろん、なかなか実際に能を見に行くことができないという方にも、能の作品の面白さを味わっていただける講座です。  今期は前期に引き続き『平家物語』を題材とする能を取り上げます。世阿弥作の修羅能の中から、平氏に反旗を翻し宇治橋で激しく戦った源頼政、老武者と侮られないよう髪を染めて戦った斉藤実盛、和歌を愛し続けた平忠度という3人を主人公とする曲を読み込んでいきます。(講師・記)                     <スケジュール> 第1回 頼政(よりまさ) 第2回 実盛(さねもり) 第3回 忠度(ただのり)

    詳しく見る
  • 横浜 オンライン
    【メインビジュアル】hamlet_pos.jpg

    「ハムレットQ1」を楽しむ

    • エンタメ・古典芸能
    • 教室・オンライン自由講座
    • 見逃し配信あり
    • 松岡 和子/翻訳家
    • 佐藤 誓、大鶴 佐助/俳優
    • 2024/05/06〜
      15:00〜16:30

    来る5月、PARCO劇場で「ハムレットQ1」が上演されます。 シェイクスピアの四大悲劇のひとつ「ハムレット」。その原型ともいわれ、私たちがよく観たり、読んだりしている物語が約半分に凝縮されたものが「ハムレットQ1」です。 ハムレットを演じるのは激しさと儚さを併せもつ俳優・吉田羊さん。「ハムレット」ほか数多くのシェイクスピア劇を手がけてきた演出家・森新太郎さんが、シェイクスピア全戯曲を翻訳した松岡和子さんの新訳で「ハムレットQ1」をどう描くのか。期待が高まります。 この講座では、まず、公演鑑賞前に翻訳を手がけた松岡さんが、作品の見どころや魅力を解説するプレレクチャーを行います。その後、5月23日(木)にパルコ劇場で公演を鑑賞、その直後にアフタートークを楽しみます。 アフタートークのゲストは、佐藤誓さんと大鶴佐助さん。ポローニアスとレアティーズの親子で登場です。役作りや作品への思いを稽古場でのエピソードも交えてたっぷりとお話しいただきます。 作品をより深く味わい、心ゆくまでシェイクスピアの世界に浸ってみませんか。ぜひご参加ください。     (協力:PARCO)   ◆◆このページは、【プレレクチャー&観劇&アフタートーク】専用ページです◆◆ ※観劇日5/23(木)のチケットが付いています。 ※チケット付きのため、お申し込み後のキャンセル・変更はできません。ご了承ください。 ※チケットは、事前にお送りいたします(受講料には簡易書留代を含みます)。 ※プレレクチャーは横浜教室で行います。オンライン受講も可能です。 ※アフタートークはPARCO劇場で行います。お申し込みの方には後日詳細をご案内いたします。 ≫≫≫すでにチケットをお持ちの方へ プレレクチャーのみ(5/6・オンライン受講のみ)[こちら](https://www.asahiculture.com/asahiculture/asp-webapp/web/WWebKozaShosaiNyuryoku.do?kozaId=7165853)の受講もできます ★★公演情報は[こちら](https://stage.parco.jp/program/hamletQ1/)   作:ウィリアム・シェイクスピア 翻訳:松岡和子 演出:森新太郎 出演:吉田 羊 飯豊まりえ 牧島 輝 大鶴佐助 広岡由里子 佐藤 誓 駒木根隆介 永島敬三 青山達三 佐川和正 鈴木崇乃 高間智子 友部柚里 西岡未央 西本竜樹 吉田栄作  東京公演:PARCO劇場 2024年5月11日(土) 〜 2024年6月2日(日) ほか、 大阪、愛知、福岡で上演

    詳しく見る
  • 横浜 オンライン
    【メインビジュアル】hamlet_pos.jpg

    「ハムレットQ1」を楽しむ

    • エンタメ・古典芸能
    • オンライン開催
    • 見逃し配信あり
    • 松岡 和子/翻訳家
    • 2024/05/06
      15:00〜16:30

    来る5月、PARCO劇場で「ハムレットQ1」が上演されます。 私たちが親しんでいる「ハムレット」の原型ともいわれ、物語が約半分に凝縮されたものが「ハムレットQ1」です。 ハムレットを演じるのは激しさと儚さを併せもつ俳優・吉田羊さん。「ハムレット」ほか数多くのシェイクスピア劇を手がけてきた演出家・森新太郎さんが、シェイクスピア全戯曲を翻訳した松岡和子さんの新訳で「ハムレットQ1」をどう描くのか。期待が高まります。 この講座は、公演鑑賞前に翻訳を手がけた松岡さんが、作品の見どころや魅力を解説するプレレクチャーです。 観劇は各自でお楽しみください。 ご受講はオンラインのみとなりますので、ご了承ください。     (協力:PARCO) ◆◆このページは、【プレレクチャーのみ】専用ページです◆◆ オンライン受講のみで承ります。ご了承ください。 ≫≫≫チケット付きでアフタートークまで楽しめる講座は[こちら](https://www.asahiculture.com/asahiculture/asp-webapp/web/WWebKozaShosaiNyuryoku.do?kozaId=7157503) ★★公演情報は[こちら](https://stage.parco.jp/program/hamletQ1/)   作:ウィリアム・シェイクスピア 翻訳:松岡和子 演出:森新太郎 出演:吉田 羊 飯豊まりえ 牧島 輝 大鶴佐助 広岡由里子 佐藤 誓 駒木根隆介 永島敬三 青山達三 佐川和正 鈴木崇乃 高間智子 友部柚里 西岡未央 西本竜樹 吉田栄作  東京公演:PARCO劇場 2024年5月11日(土) 〜 2024年6月2日(日) ほか、 大阪、愛知、福岡で上演

    詳しく見る
  • 横浜 オンライン
    フランス.jpg

    美しいフランス語の発音で唄うシャンソン

    • NEW
    • エンタメ・古典芸能
    • 教室・オンライン自由講座
    • 見逃し配信あり
    • 中島 万紀子/早稲田大学講師
    • 2024/06/29
      13:00〜14:30

    シャンソンは、フランスの「文化」や「歴史」に深く結び付いており、フランスの象徴的な音楽ジャンルとして位置づけられています。歌詞は情景描写や感情を豊かに表現し、聴く人の心に響いてきます。情緒豊かなシャンソンの魅力を表現するために、歌い手は、フランス語を正確に発音することが求められます。 本講座では、初心者指導に定評のある講師が、自作の教材を用いて、フランス語の発音指導を丁寧におこない、歌詞の意味も解説します。歌われている「想い」を、フランス語の音にのせて歌いあげましょう。今回は、代表的な名歌手に歌い継がれた「さくらんぼの実る頃」を楽しみます。フランス語が初めての方も大丈夫。ご一緒に楽しみましょう。

    詳しく見る
  • 立川
    千葉伸子.jpg

    心とからだを解きほぐすセルフケアレッスン 自律訓練法

    • コミュニケーション
    • 教室開催
    • 残りわずか
    • 千葉 伸子/東京心理教育研究所専任講師
    • 2024/04/04〜
      10:15〜12:00

     心とからだのバランスのとれた穏やかで豊かな毎日を過ごしていますか。「食欲もなく、とても疲れやすい」「睡眠不足が続いている」「ネガティブに考えてしまう」「イライラする」など、心とからだがモヤモヤとすっきりしないと感じることはありませんか?この講座では、短時間に効率よく緊張を緩和し、不安やストレスを取り除く自律訓練法を学びます。また、気功や呼吸法、瞑想法など、自分で治癒力を高めるケアレッスンを実践し、心とからだを解きほぐして軽やかな毎日を過ごしましょう。 ※ご新規の方は、1日体験をご受講ください。 ★自律訓練法 1日体験 2024年4月4日 会員 3,410 円 一般 4,510 円 設備費 165円

    詳しく見る
  • 横浜
    yoshihiro yamada_1810.jpg

    朗読への招待

    • NEW
    • コミュニケーション
    • 教室開催
    • 見学可
    • 残りわずか
    • 山田 誠浩/元NHKエグゼクティブアナウンサー
    • 2024/04/10〜
      10:30〜12:30

    ★2024年4月期より、時間が変更になりました。(変更前 15:00〜17:00→変更後 10:30〜12:30)  書かれた作品の世界を声に出して読んでゆくと、聞く人の中に映像が浮かびあがります。それをとおして読み手と聞く人が作品世界を共有したとき、感動が生まれます。それが「朗読」だと思っています。そして聞く人のイメージが豊かに広がるように読む、それは創造的でとても魅力的な試みです。私の放送やライブでの朗読体験をベースに、一人ひとりの特徴を伸ばすよう、実践的に学んでいただきます。 1、しっかり強さのある声、はっきり明瞭度のある声で読む。2、一文一文の文意を、自分の言葉に仕切って読む。3、文章の運びに沿って読み進む、以上の3つの目標に取り組みます。(講師記)

    詳しく見る
  • 新宿
    nagatani web.jpg

    気持ちを伝える朗読

    • コミュニケーション
    • 教室開催
    • 見学可
    • トライアル可
    • 長谷 由子/ナレーター
    • 2024/04/11〜
      10:30〜12:30

     物語を声に出して読んでみると、黙読していた時には分からなかったものが見えてくることがあります。ストーリーがより鮮明になり、映像まで浮かんできます。そして登場人物の喜びや悲しみ、怒りが自分のことのように感じられてきます。それが朗読の楽しさです。そして今度はそれを誰かに聞いてもらいたくなります。読む楽しさと伝えることの喜びを味わってください。(講師・記) <レッスンの内容> 呼吸法、発声、滑舌の練習から入り、楽に声を出すことを身につけます。初心者から経験者まで、レベルに合わせて指導します。

    詳しく見る
  • 横浜
    kase.jpg

    朗読を楽しむ 

    • コミュニケーション
    • 教室開催
    • 見学可
    • トライアル可
    • 加瀬 次男/元NHKアナウンサー
    • 2024/04/12〜
      10:00〜12:00

     現代作家の小説を中心に、幅広い分野の作品を取り上げ、読みの基本から聞き手の心をとらえる読みに至るまでの音声表現を、実習をしながら身につけていきます。  同時に、ことばについての感覚をセンスアップし、伝えることの大切さ、楽しさを感じ取って頂きます。朗読初心者の方にも分かり易く説明いたします。  カリキュラムは、両コースともに、一年スパーンで編成されます。春期(4月から6ヵ月間)は、初級から中級レベルの講座(13回)。秋期(10月から6ヵ月間)は、中級から上級レベルへの講座(13回)です。  ゆとりのある編成で、学習成果を高めてまいります。(講師記) ※とりあげる具体的な作品はお問合せください。

    詳しく見る
  • 千葉
    08210060.jpg

    朗読の魅力(午後)

    • コミュニケーション
    • 教室開催
    • 見学可
    • トライアル可
    • 飯島 晶子/朗読家、NPO日本朗読文化協会理事
    • 2024/04/16〜
      13:00〜14:30

    朗読して人生観を広げる。朗読して元気になる。朗読して若返る。深い呼吸、メリハリのある声は、人生を明るくします。発声の基礎から、自分の好きな作品まで。心が弾み、相手に伝わる朗読をめざし、ご一緒にレッスンしましょう。 ※午前クラス(10:30-12:00)もあります。

    詳しく見る
  • 千葉
    08210060.jpg

    朗読の魅力(午前)

    • コミュニケーション
    • 教室開催
    • 見学可
    • トライアル可
    • 残りわずか
    • 飯島 晶子/朗読家、NPO日本朗読文化協会理事
    • 2024/04/16〜
      10:30〜12:00

    朗読して人生観を広げる。朗読して元気になる。朗読して若返る。深い呼吸、メリハリのある声は、人生を明るくします。発声の基礎から、自分の好きな作品まで。心が弾み、相手に伝わる朗読をめざし、ご一緒にレッスンしましょう。 ※午後クラス(13:00-14:30)もあります。

    詳しく見る
  • 新宿
    teradarieko202201.jpg

    心とからだ磨きの朗読

    • コミュニケーション
    • 教室開催
    • 寺田 理恵子/元フジテレビアナウンサー
    • 2024/04/22〜
      13:30〜15:00

    声を出すことで心も身体も元気になる、をテーマにした朗読教室です。「今まで朗読の経験がない」「声に出して読むのは自信がない」。そのような方も、ぜひ思い切ってご参加ください。発声や呼吸の基本からはじめて、お一人お一人の個性、声、表現を大切にしながら、様々な作品や文章を読みます。声を出すことの楽しさを感じながら、豊かな音声表現を身につけていきましょう。※月1回ペースで継続的に開催する講座です。

    詳しく見る
  • 新宿
    kaneko2104-01.jpg

    声に出して読む「平家物語」

    • コミュニケーション
    • 教室開催
    • 見学可
    • 金子 あい/俳優
    • 2024/04/25〜
      14:00〜15:30

     「平家物語」の面白さは、声に出して読んでみてこそ分かります。美しい言葉、躍動感溢れる表現…!激動の時代を懸命に生き抜いた人々のドラマをぜひ声に出して読んでみましょう。 全国各地で平家物語を語る舞台俳優の金子あいが、一人一人の語りの魅力を引き出します。章段毎に面白くて分かりやすい解説がありますので、「平家物語」が初めての方も歓迎です。(講師記) <4月〜6月の内容> 4月25日 逆櫓 5月23日 嗣信最期  ※平家物語巻第十一…岩波文庫「平家物語」<四>に入っています ※講座では岩波文庫をベースにしていますが、お手持ちのテキストで可。

    詳しく見る
  • 新宿
    nekoburo-ti.jpg

    猫のブローチ昼

    • 手芸・工芸
    • 教室開催
    • 残りわずか
    • 西 誠人/木彫家
    • 2024/04/02〜
      15:30〜17:30

     手のひらサイズのかわいい猫の顔のブローチを作ります。猫の顔や体には、さまざまな凹凸があります。猫の形にカットした木材に彫刻刀で彫り上げ、色鉛筆で彩色し、完成させます。仕上がったブローチは講座後すぐに身に着けることができ。彫りやすく柔らかい木を使用するので、初めて木彫りに挑戦する方にもおすすめです。講師がかわいらしい表情を作るコツを指導します。(講師・記) 【作品サイズ(猫顔)】 縦:4cm×横:4cm×厚さ:0.8cm ※常設講座「キャット・カーヴィング(昼)」と一緒に行います。 ※夜クラスもあり。 *** 【彫刻刀のご案内】 ●講師推奨 オリジナル彫刻刀セット「ハイス鋼 8本組 (プロ仕様)」 25,800円(税込)  (平刀:7.5ミリ/浅丸:7.5ミリ/丸刀 :1.5ミリ、3ミリ、6ミリ/印刀:3ミリ、7.5ミリ/三角刀(45度):4.5ミリ)  ※注文・キャンセル〆切:10日前(TEL:03-3344-1946)  ※注文時に必ず「利き手」をお知らせください。

    詳しく見る
  • 新宿
    nekoburo-ti.jpg

    猫のブローチ夜

    • 手芸・工芸
    • 教室開催
    • 残りわずか
    • 西 誠人/木彫家
    • 2024/04/02〜
      18:30〜20:30

     手のひらサイズのかわいい猫の顔のブローチを作ります。猫の顔や体には、さまざまな凹凸があります。猫の形にカットした木材に彫刻刀で彫り上げ、色鉛筆で彩色し、完成させます。仕上がったブローチは講座後すぐに身に着けることができ。彫りやすく柔らかい木を使用するので、初めて木彫りに挑戦する方にもおすすめです。講師がかわいらしい表情を作るコツを指導します。(講師・記) 【作品サイズ(猫顔)】 縦:4cm×横:4cm×厚さ:0.8cm ※常設講座「キャット・カーヴィング(昼)」と一緒に行います。 ※昼クラスもあり。 *** 【彫刻刀のご案内】 ●講師推奨 オリジナル彫刻刀セット「ハイス鋼 8本組 (プロ仕様)」 25,800円(税込)  (平刀:7.5ミリ/浅丸:7.5ミリ/丸刀 :1.5ミリ、3ミリ、6ミリ/印刀:3ミリ、7.5ミリ/三角刀(45度):4.5ミリ)  ※注文・キャンセル〆切:10日前(TEL:03-3344-1946)  ※注文時に必ず「利き手」をお知らせください。

    詳しく見る
  • 立川
    金継ぎ体験写真.jpg

    金継ぎ体験【前期】

    • 手芸・工芸
    • 教室開催
    • 残りわずか
    • 宮 洋子/玉川大学講師
    • 2024/04/04〜
      15:30〜17:30

     割れたり欠けたりした陶磁器を漆によって補修し、金粉などを蒔きつけて仕上げる「金継ぎ」。漆作業は、たいへん根気と時間のいる作業ですが、思い出の品を美しく趣ある品に蘇らせるのは、とても楽しい仕事です。金継ぎを通して漆の魅力を味わってみてください。 【ご案内事項】 ・初めての方にも安心してご受講いただくための体験講座です。通常のクラスの受講者と一緒に受講していただきますので、授業の進め方やクラスの雰囲気をどうぞご確認ください。 ・体験では合成漆を使用しますが、教室内では天然の漆も使用していますので、かぶれる場合があります。ご注意ください。 ・材料準備の都合上、3/24(日)までにご入金ください。

    詳しく見る
  • 横浜
    yo-roppashisyu-seito1.jpg

    ヨーロッパ刺しゅう

    • 手芸・工芸
    • 教室開催
    • 見学可
    • 斉木 三知子/イルゼ手芸教室講師
    • 2024/04/10〜
      10:30〜12:30

     ヨーロッパ刺しゅうを中心とした手芸講座です。  初心者の方は、刺繍の小さな作品で針、糸の通し方かたから学びます。ヨーロッパの各地方に伝えられるさまざまな手法も紹介します。経験者には、ご自身が欲しいと思える作品作りをお手伝いします。  個人の好みにあわせてオリジナル作品のデザインの指導も行います。  ご一緒に、手づくりのよさを楽しんでみませんか。

    詳しく見る
  • 横浜
    pojyagi 2104-1.jpg

    ポジャギ

    • 手芸・工芸
    • 教室開催
    • 見学可
    • 田辺 美由紀/つなぐ針仕事主宰
    • 2024/04/10〜
      15:30〜17:30

    淡い色の作品が特徴のポジャギ講座です。 絹・麻・綿の布を基本的な縫い方(手縫い)で針山など4作品を作り、その後は個々の作りたい作品を仕上げていきます。初めての方でもご安心してご受講いただけます。 新規の方は、ポジャギの基本縫いを習得(半年で4作品程度制作します) ・麻布のコースター ・麻布の覆い布 ・絹布で作る針山 ・つまみ縫いのランチョンマット 継続の方は、自由作品が中心となります。

    詳しく見る
  • 横浜
    tutiyanaoto kataezome002.jpg

    型絵染 

    • 手芸・工芸
    • 教室開催
    • 見学可
    • 土屋 直人/染色作家
    • 2024/04/11〜
      10:00〜12:30

    型絵染の色々な技法(顔料差し、引き染め、捺染)や工程(紗張り、型付け、地入れ等)を実技を通してしっかり習得します。各自の自由な発想から生まれたデザインを大切に、型彫りから仕上げまで通して学びます。自らの手で布に触れ、染め上げていくということを通して、物を作る喜びを味わえたらと思います。素材をいかし、素直な技術で、用にかなう物作りが出来れば幸いです。 (講師記) ◇講師の参考著書「完全マスター 型染めレッスン」土屋直人著(誠文堂新光社)

    詳しく見る
  • 横浜
    Mora_Nakayama1501-1.jpg

    モラとアップリケ

    • 手芸・工芸
    • 教室開催
    • 見学可
    • 奥野 鈴子/中山富美子手芸研究所 モラ講師
    • 2024/04/13〜
      13:00〜15:00

    モラとはインディオのブラウスに刺した素朴な民族手芸です。インテリアや服装に生かしてミニ額、ポシェット、テーブルセンターなどを制作し、上級以上では各国の民族手芸的なものも指導。初・中・上級各6ヵ月、研究科期限なしです。 ★☆講座担当からひとこと☆★  おおらかでダイナミックで美しい色彩が楽しいモラ。まずはご見学いただき、その世界をご覧ください。 毎年年末にはクリスマスと干支も制作します。

    詳しく見る
  • 横浜
    morohosi 230701.jpg

    小さいスペースで楽しむ鉄道ジオラマ

    • 手芸・工芸
    • 教室開催
    • 見学可
    • 諸星 昭弘/ジオラマ作家
    • 2024/04/15〜
      10:00〜12:30

    鉄道模型を走らせる情景のことを「レイアウト」と言います。 この講座ではテーブルの上で楽しめる小さな情景作品を作ります。田畑や川を作り、樹木や建物を立て、自分の思い描いた風景を製作しましょう。小さな風景の中を走る列車を見ているのは至福の時間です。 ※写真は参考作品です。初回製作物とは異なります。

    詳しく見る
  • 横浜
    unnamed1.jpg

    イタリア陶器絵付け

    • 手芸・工芸
    • 教室開催
    • 見学可
    • 池田 由美子/イタリア陶芸家
    • 2024/04/24〜
      13:30〜16:00

    自分で作った食器で食卓をコーディネイトしてみませんか。 イタリア〜スペインなど地中海地域で生産されているマヨリカ焼きをベースに陶磁器の絵付けの技法を学びます。  基本的な陶磁器絵付けのテクニック、イタリア陶器の伝統的なデザインを学べるカリキュラムです。 技法だけでなく、そのベースとなる陶磁器の知識、色彩学、イタリア陶器の歴史、イタリアの食文化、テーブルコーデイネートなどについてもお話しし、器の楽しさを伝えていきます。 鮮やかな食器、タイルで日々の食卓を楽しく彩りましょう。記念日のプレゼントにもおすすめです。(講師・記)

    詳しく見る
  • 新宿
    鎌倉彫1日体験.jpg

    鎌倉彫1日体験

    • 手芸・工芸
    • 教室開催
    • 見学可
    • 近藤 志円/鎌倉彫後藤会専任講師 師範
    • 2024/04/25
      10:00〜12:30

    鎌倉時代の仏師たちにルーツを持つ鎌倉彫。現代ではその技法がさまざまな実用品に生かされています。 台付の皿に、鎌倉彫の特徴でもあるダイナミック、かつ繊細な文様を彫り、連綿と受け継がれてきた伝統工芸の技を体験します。貸出用の彫刻刀も用意しています。 ※教材費は教室で講師に直接お支払いください。

    詳しく見る
  • 横浜
    ささきみえこ 可愛いワンポイント刺繡2404 横浜中華街.jpg

    可愛いワンポイント刺繍

    • NEW
    • 手芸・工芸
    • 教室開催
    • ささきみえこ/刺繍作家・イラストレーター
    • 2024/05/26
      13:30〜15:30

    横浜開港165周年と横浜教室開校45周年を記念した特別講座です。 横浜をモチーフにした刺繍を楽しみます。いくつかのワンポイント図案の中からお好きなものを選んで、エコバッグに刺繍します。基本的なステッチを使って、初心者さんでも制作できるような図案から、ちょっと凝った図案まで、何種類かご用意する予定です。(講師・記)

    詳しく見る
  • 新宿
    soukoufuku.JPG

    朝日「宋光復塾」(火)

    • ライフスタイル
    • 教室開催
    • 見学可
    • トライアル可
    • 宋 光復/日本棋院九段
    • 2024/04/02〜
      13:00〜15:00

    中級〜上級の方が有段者を目指すクラスです。前半は、布石、定石、手筋、死活、寄せなどの基本講義、後半は“塾生”同士で対局を楽しんでいただきます。講師は日本棋院九段の宋光復氏。わかり易く丁寧な指導で、好評です。いつもの碁会所とは違った、新宿住友ビル内の教室で、塾生同士の交流を楽しみながら、囲碁の腕を磨いてみませんか。期に一回のペースでマンツーマンの指導碁が入ります。 ※見学やトライアル(体験受講・有料)が出来ます。予めご連絡下さい。 ※トライアルご受講後、2カ月以内にご入会された場合は入会金が半額になります。

    詳しく見る
  • 新宿
    soukoufuku.JPG

    朝日「宋光復塾」(金)

    • ライフスタイル
    • 教室開催
    • 見学可
    • トライアル可
    • 宋 光復/日本棋院九段
    • 2024/04/05〜
      13:00〜15:00

    中級〜上級の方が有段者を目指すクラスです。前半は、布石、定石、手筋、死活、寄せなどの基本講義、後半は“塾生”同士で対局を楽しんでいただきます。講師は日本棋院九段の宋光復氏。わかり易く丁寧な指導で、好評です。いつもの碁会所とは違った、新宿住友ビル内の教室で、塾生同士の交流を楽しみながら、囲碁の腕を磨いてみませんか。期に一回のペースでマンツーマンの指導碁が入ります。 ※見学やトライアル(体験受講・有料)が出来ます。予めご連絡下さい。

    詳しく見る
  • 新宿
    soukoufuku.JPG

    囲碁・有段者クラス

    • ライフスタイル
    • 教室開催
    • 見学可
    • トライアル可
    • 宋 光復/日本棋院九段
    • 2024/04/06〜
      10:00〜12:00

    有段者の方が対象です。囲碁の考え方、定石、死活などを実践を交えながら指導します。楽しい雰囲気の中で実力アップを目指しましょう。期に一回のペースでマンツーマンの指導碁が入ります。 ※見学やトライアル(体験受講・有料)ができます。予めご連絡ください。 ※トライアルご受講後、2カ月以内にご入会された場合は入会金が半額になります。

    詳しく見る
  • 千葉 オンライン
    D-5.jpg

    佐藤ママ流・6歳までの子育てメソッド

    • NEW
    • ライフスタイル
    • オンライン開催
    • 見逃し配信あり
    • 佐藤 亮子/浜学園アドバイザー
    • 2024/04/10〜
      10:30〜12:00

    4人の子ども全員を東大理III合格へ導いた佐藤ママ。わが子のために考え、実践した基礎学力を育む具体的方法をアドバイスします。 頭のいい、素直で明るい子に育つかどうかは、幼児期の教育で決まります。「積み重ねによって、どの子も賢く育てることはできる! 」その信念のもと、実践してきた子育てのノウハウ。6歳までに子どもを賢く育てるために親がすべき黄金ルールを1年12テーマでお伝えします。 後半30分のQ&Aコーナーでは、事前に皆様からお寄せいただいたご質問にお答えします。2024年4月開講。 【Q&Aコーナーについて】 後半30分のQ&Aコーナーでは、事前に寄せられた質問に回答します。質問をご希望の方は、下記の質問フォームからお送りください。 ※時間の都合ですべてのご質問に回答できない場合もございますのでご了承ください。 ※質問申し込み締切は、各回の1週間前です。 [ご質問はこちらから](https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfVAMksehS9E1iX6A_H6glrC5ByIdlMygsKL_LoCpD3RXz9zg/viewform?usp=sf_link) <各回テーマ> 第1回 4月10日 「6歳までの子どもをどのようにとらえるか」 第2回 5月8日 「0〜3歳まで何をすればいいのか?」 第3回 6月12日 「4〜6歳まで何をすればいいのか?」 第4回 7月10日 「小1からの算数につながる幼児教育」 第5回 8月7日 「小1からの国語につながる幼児教育」 第6回 9月11日 「子どもの体力のつけ方」 第7回 10月9日 「0〜6歳までの6年間と親の人生とのバランスは?」 第8回 11月13日 「知性と教養とは?」 第9回 12月11日 「変化する世の中での子育てとは?」 第10回 1月8日 「子どもの可能性の広げ方」 第11回 2月12日 「環境と習慣化をどうするか?」 第12回 3月12日 「受験に役立つ6歳までの子育て」 ※各回のテーマは変更になる場合がございますので予めご了承ください。

    詳しく見る
  • 新宿
    20190614220725.jpg

    ハーブのある暮らしを楽しむ

    • ライフスタイル
    • 教室開催
    • 見学可
    • 桐原 春子/ハーブ研究家
    • 2024/04/12〜
      13:00〜14:30

    香りで癒され、食べて元気になるハーブ。世界のハーブや庭の特色を映像を交えて紹介し、ハーブの上手な栽培方法などを解説します。また、フレッシュ・ラヴェンダーを使ったクラフト、ワイヤークラフト、レースペーパーサシェなども作ります。ハーブの香りにつつまれながら、リラックスした極上の時間をどうぞご一緒に!(講師・記) *4月〜9月のカリキュラムと持ち物 ※お持ち帰り用の袋は毎回お持ちください。 4月 3種類のクッキングハーブで寄せ植え作り  5月 香りの良い多種類のハーブを使用してタッジーマッジー作り。 持ち物:剪定ばさみ  6月 グロッソ・ラヴェンダーで、クラフト作り  7月 楽しいコラージュ。テーマはバラ又はナスタチウム 持ち物::はさみ ボンド  8月 楽しいワイヤクラフト 持ち物:ワイヤを切るハサミ   9月 アロマセラピーを意識しながら。香りが良く眺めて美しいポプリ作り   ※教材で使用するハーブの種類は状況によって変更されることがあります。  *教材手配のため、開講の一週間前までにお申し込みください。 桐原先生のブログ[桐原春子のハーブダイアリー](https://haruherb.hatenablog.jp/) インスタグラム[こちら](https://www.instagram.com/haruherb/) ぜひご覧ください。

    詳しく見る
  • 新宿
    yatsufusatsunohazu2016011.JPG

    八房流南京玉すだれ

    • ライフスタイル
    • 教室開催
    • 見学可
    • トライアル可
    • 八房 角筈/八房流南京玉すだれA級指導者
    • 2024/04/12〜
      10:00〜12:00

     日本の伝統芸、南京玉すだれ。軽快なリズムに乗って釣竿や橋などの形に見立てて操る大道芸は、行事やお祝いの席で披露すると喜ばれます。A級指導者である講師が初心者でも丁寧に教えます。 ※玉すだれは初回のみお貸しします。 ※トライアルご受講後、2カ月以内にご入会された場合は入会金が半額になります。

    詳しく見る
  • 新宿
    0110 初めてのワインレッスン.JPG

    日本ワイン最前線

    • ライフスタイル
    • 教室開催
    • 残りわずか
    • 蜂須賀 紀子/ワインエキスパート
    • 2024/04/15〜
      19:00〜20:30

     目まぐるしく進化し続ける日本ワイン。全国に新しいワイナリーが次々と誕生し、クオリティも飛躍的に向上している日本ワインの現状を、講師おすすめのワインをテイスティングしながら学んでいきましょう。(講師・記) ・教材準備の都合上、初回参加日の一週間前までにお申し込み、ご入金ください。 ・直前のキャンセルでは教材費のご返金はできかねます。受講料・設備費のご返金も開講前日までのご連絡でのみ承ります。 ・お車でのご来場はご遠慮ください。 ・ワイングラスは教室にご用意します。ご持参の必要はありません。 【カリキュラム】 4月 関東 5月 中部 6月 関西

    詳しく見る
  • 横浜
    syo-hei1.jpg

    横浜クラフトビールを味わう

    • NEW
    • ライフスタイル
    • 外部施設講座
    • 佐藤 翔平/ビアジャーナリスト
    • 2024/04/17
      18:00〜19:30

    クラフトビールの現場に侵入!日本で初めてビールが醸造された横浜の地で20年以上ビールを醸造している「横浜ビール驛の食卓」を訪れます。実際の醸造施設の見学はもちろん、原材料を見て触り、醸造家から直接話を聞いた後に飲む出来立てのビールは格別です。    クラフトビールの選び方や飲み方、自宅で美味しくビールを飲む方法(注ぎ方)も伝授します。この機会にクラフトビールをもっと知りたい方必見の内容です。(講師・記) ※横浜開港165周年・横浜教室開校45周年を記念した特別講座です。 ★会場:驛の食卓 (ウマヤノショクタク)。現地集合、現地解散。 ★お酒の試飲があります。20歳未満の方のご受講はできません。 ※18時までに直接「驛の食卓(横浜ビール)」までお越しください。 ※4銘柄の横浜クラフトビールを試飲する予定です。 ※教材手配のため4/10以降のキャンセル、ご返金は承れません。 ご了承ください。 ※教材費はビール代の事です。

    詳しく見る
  • 千葉
    hitokanteia.jpg

    手相を読むコツ

    • ライフスタイル
    • 教室開催
    • 仙乙 恵美花/手相運命学教室 仙習院主宰
    • 2024/04/17〜
      15:30〜17:00

    手相の見方を覚えると、自分のことがよくわかり、他人とのコミュニケーションにも役立ちます。なかなか覚えにくい手相を、理解する「コツ」をお伝えします。性格、才能、愛情、仕事、財、健康について見ていきましょう。手相を読むための知識を実践的に伝授いたします。初めての方でも無理なく学べる講座です。楽しく本格的に詳細をマスターしましょう。どこからでもご受講できます。実例練習も含めた24回分のカリキュラムを全て受けられた方に修了証をお渡しします。 教材:「基礎からわかる手相の完全独習」 仙乙 恵美花著(日本文芸社)をお持ちください。お持ちでない方には教室で1900円(税込み)で販売します。 事前にご予約ください。(.043-227-0131)

    詳しく見る
  • 千葉
    houreisen.jpg

    ぐんぐん若返るメイクレッスン

    • ライフスタイル
    • 教室開催
    • 中山 玉栄/REIKO KAZKI専属講師
    • 2024/04/24〜
      10:00〜12:00

    顔と心と体はつながっています。科学的根拠に基づく独自のマッサージ法やテープ美容法で、潤い大人肌を作りながら、シミ・シワ・たるみ等のお悩みを解消し、ご自分に合ったメイク力を身につけましょう!何歳からでも始められます。

    詳しく見る
  • 千葉
    06030350.jpg

    マザー多江子の「奇跡の幸せ開運術」中級科 

    • ライフスタイル
    • 教室開催
    • 見学可
    • トライアル可
    • 阿部 多江子/気学研究家、自然治癒力研究所代表
    • 2024/04/27〜
      14:45〜16:15

    お出かけ方位を選んで楽しく開運! 人生を豊かに過ごす為の開運ナビ!中級では、貴方やご家族の開運プランニングをお手伝いします。運気アップしたい人はどなたでも楽しく学べる講座です。

    詳しく見る
  • 千葉
    06030350.jpg

    マザー多江子の「奇跡の幸せ開運術」初級科 

    • ライフスタイル
    • 教室開催
    • 見学可
    • トライアル可
    • 阿部 多江子/気学研究家、自然治癒力研究所代表
    • 2024/04/27〜
      13:00〜14:30

    お出かけ方位を選んで楽しく開運! 人生を豊かに過ごす為の開運ナビ。初級では、今年の開運方法を優しく解説します。運気アップしたい方は、どなたでも楽しく学べる講座です。

    詳しく見る
  • 立川
    a1c2a9fd-4e44-cb9f-f685-644a80bd3b35kikou.jpg

    気功健康法

    • 健康とスポーツ
    • 教室開催
    • 見学可
    • トライアル可
    • 為井  尚洋/東医塾講師
    • 2024/04/02〜
      10:15〜11:45

    気功は中国の伝統文化の一つで、<気>を調整する事によって生命力を高める技能です。生命力とは<気>の秩序ある運動変化によって行われると考えられています。その混乱や停滞などの異常を回復し、季節等に応じた調整の仕方を学びます。疾病や老化のメカニズムと養生のあり方を紹介し、生理・解剖・病理と伝統医療の見方を学びます。 姿勢、呼吸、意識、食事等を含む調整法を学び、外丹功、内丹功などの功法を練習します。 ★1日体験 気功で腰痛のお悩み解決!も開催。   多くの方が抱える”腰痛”の不安や悩みを 気功で予防・改善してみましょう。腰、股関節の周りを動かし、ご自宅でもできる自己調整法をお伝えします。 2024年4/2(火)10:15〜11:45 受講料 会員3,190円 一般4,290円  設備費165円 

    詳しく見る
  • 立川
    芝間あいプロフィール2.JPG

    股関節スローストレッチ

    • 健康とスポーツ
    • 教室開催
    • 見学可
    • 芝間 あい/ナチュラルムーブメント認定インストラクター
    • 2024/04/02〜
      15:00〜16:30

    “立つ・歩く・屈む・・・”日常生活で欠かせない動作に重要な役割を果たしている「股関節」。 股関節の柔軟性を高め、骨盤まわりの深層筋を鍛えるカリキュラムで、美しく疲れにくい快適な身体作りを目指しましょう。正しい姿勢や歩き方、動作ができるようになると、腰や膝の痛みを軽減し、身体のゆがみを改善します。 年齢、性別を問わず、運動が苦手な方、運動不足が気になる方、どなたでも安心してご参加いただけます。 なんとなく体調が優れない、疲れやすい、腰痛や肩こりが気になる方にもおすすめです。まずチャレンジして見ませんか?。 これまでよりももっと楽に、もっと快適に動かせる体の基本を身につけましょう。 ★ 1日体験 股関節スローストレッチ 2024年4月2日 に開催します。やってみたいけれど、ちょっと心配・・・と言う方におすすめです。  会員 3,300円 一般 4,400円 設備費 165円 

    詳しく見る
  • 新宿
    inada sachiko.jpg

    ベリーダンス初級中級 

    • 健康とスポーツ
    • 教室開催
    • 見学可
    • トライアル可
    • 稲田 佐知子/小松芳アラビア舞踏団 講師
    • 2024/04/02〜
      19:00〜20:30

    エジプトで実際に踊られている伝統舞踊「ベリーダンス」を学ぶ入門者のための講座です。 シェイプアップ効果などで注目され、日本でも近年人気のエジプトの踊りを、講師の解説を交えて楽しく学んでいきます。踊りの経験の有無、年齢にかかわらず、中近東の文化に触れてみたい方、どうぞご参加下さい。 ※服装は動きやすいTシャツ、スパッツ等をご用意下さい。素足でレッスンします。 ※女性限定です。 ○見学・トライアル(1日体験)が可能です。予めご連絡下さい。 ※トライアルご受講後、2カ月以内にご入会された場合は入会金が半額になります。

    詳しく見る
  • 新宿
    kouno2.jpg

    言葉と運動・末端から順に身体を動かす

    • 健康とスポーツ
    • 教室開催
    • 甲野 陽紀/身体技法研究者
    • 2024/04/16
      19:00〜20:30

    日常の動作をテーマに、身体機能の可能性を再発見していきます。無意識で行っている身体作用にはどのようなものがあるのでしょうか。今回は、言葉と運動〜末端から順に身体を動かす〜に注目して講座を行います。 先生の解説をきき、実際に自分の身体を動かしてみましょう。 (運動教室で行います。) ※定期開催講座「自分の体を使いこなす」に1回だけ参加するお申込みページです。 ※講座ご受講後、2ヶ月以内にご入会された場合は入会金が半額になります。

    詳しく見る
  • 新宿 オンライン
    山村.jpg

    喜びの人生は「体を温めること」から

    • NEW
    • 健康とスポーツ
    • 教室・オンライン自由講座
    • 見逃し配信あり
    • 山村 慎一郎/ゴーシュ研究所・山村塾代表
    • 2024/04/20
      10:30〜12:00

     体が冷えると、内臓が働かなくなります。免疫力が低下し、病気を招きやすくなります。他にも、だるい、疲れやすい、気力がわかない、そして、 便秘、肩こり、腰痛、生理痛  etc. あらゆる症状として表れます。吹き出物、ほくろ、いぼ、など肌にも表れます。  現代はストレスが多い時代です。体が冷えているとストレスに向き合う力も弱くなります。内臓の働きの衰えは、イライラや不安、憂いや悲しみなど私たちの心にも影響を及ぼします。  では、なぜ冷えるのでしょうか?  実は、日々の食事が大きく影響しています。あなたの顔や体にも冷えのサインがあるかもしれません。望診法でサインを読み取ることで、これまでの食事で何が多すぎて、これからの食事をどう変えていけば良いかがわかります。 そして、体が温まれば、体と心の悩みがなくなり、喜びの人生がやってきます!食事のヒントとサインの読み取り方を学びましょう。(講師記)

    詳しく見る
  • 新宿
    nirusemasaharu2401.JPG

    ヨーガ奥義を体験する

    • 健康とスポーツ
    • 教室開催
    • 満席
    • 成瀬 雅春/ヨーガ行者
    • 2024/04/20
      18:00〜20:00

     ヨーガには超常的な能力が身につく奥義がたくさんあります。しかもヒマラヤで修行を重ねる修行者は、安全にそういった能力を身につけているのです。そのうちの一つでも体得すれば、実生活のいろいろな部分で活用できます。どんなにすごいヨーガ奥義でも、実生活に役立てなければ、意味がありません。今すぐ生活に役立つヨーガ奥義をこのチャンスに覚えてください。(講師・記) 参考文献『ヨーガ奥義書』(BABジャパン刊)

    詳しく見る
  • 新宿 オンライン
    DSC_7830.jpeg

    現役外科医が語る、人生100年時代に知っておきたい医学と人体の深い話

    • NEW
    • 健康とスポーツ
    • 教室・オンライン自由講座
    • 見逃し配信あり
    • 山本 健人/医師、医学博士
    • 2024/04/27
      13:00〜14:30

     人生100年と言われるこの時代、医学と一度も関わることなく人生を終える人はいません。しかし、医学について学ぶ機会は意外に少なく、学校の授業でもほとんど扱われません。今回の講師は現役の外科医で、日頃から人の体に直接触れ、人体の機能の素晴らしさや医学の進歩の凄まじさを体感しています。この講座を聞いて人体と医学にまつわる知識に触れることで、知的好奇心が満たされるとともに、自分の健康をもっと大切にできるでしょう。ぜひ、知識の点と点が繋がる快感を味わっていただければと思います。(講師:記) 講義の終わりに質疑応答の時間を設けております。 時間の都合上すべてのご質問にはお答えできません。 また、個人的な治療の相談は受けられません。予めご了承ください。 【参考図書】 [『すばらしい医学 あなたの体の謎に迫る知的冒険』](https://www.diamond.co.jp/book/9784478118016.html)山本 健人 著(ダイヤモンド社)

    詳しく見る
  • 新宿 オンライン
    kenkou_asikubi.jpg

    足首から腸へ、そして全身を整える 足助式医療體操

    • 健康とスポーツ
    • 教室・オンライン自由講座
    • 見逃し配信あり
    • 中本 かよ/大阪漢方医学振興財団理事長
    • 牧 里美/足助體操登録指導講師
    • 2024/04/28
      15:00〜16:30

     足助式医療體操(あすけしきいりょうたいそう:以下、足助體操)は、まず足首回しから始まります。その動きが腸腰筋をはじめとするインナーマッスルへ、そして全身へ繋がり、身体のエネルギー循環を可能にする体操です。  何より腸を活性化することで老廃物を排泄しやすくし、栄養を十分に取り込み巡らせる身体づくりは免疫力をも高めます。腸を活性化し、落ち着いた呼吸と穏やかなリズムの運動により、自律神経が整い各器官が活動します。  身体を動かすことによって、反応できる=感じとれる身体をつくっていきます。  感じるということは、身体の可能性を探っていくこと。ご自身の身体を感じながら動かしていくことで、使いすぎの筋肉と上手く使えていない筋肉のバランスを改善します、理屈でなく感じて動くことによって自分の状況を自分で改善できる自力の体操です。  第1回は漢方医 中本先生による漢方的養生のお話と足助體操の解説を交え、わかりやすく実践します。  第2回、第3回は足助體操の登録指導講師の牧先生による足助體操の実践です。他の体操・運動と足助體操の違いや魅力を分かりやすく丁寧な解説を交えて体験していただきます。続けることで効果が高まり、足助體操を通じて何歳からでもバランスの整った身体の使い方や動きへ少しずつ変化していくのが感じられるでしょう。姿勢や歩き方、動きが楽になる身体づくりを目指しましょう。 <足助體操の特徴> @寝て行う。心肺に負担をかけにくい。赤ちゃんの成長過程を体操で体験し、立つ・歩く筋肉を維持する『生まれ直しの体操』である。 A腸を活性化し老廃物を排泄しやすくする。 B体力を消耗するのではなく、丹田の力を補填する。 C退行性変化(年齢に関係ない老化)を整調する。 D自律神経のバランスを整える。 <足助體操について>  足助體操は治療家足助次朗が昭和16年に創案した體操です。  生まれながらに病弱であった次朗は、薬剤や施術のみに頼るのではなく、自分の身体を病床の上で足先から、手首から、口から、動くところから動かし、身体の声に耳を傾けながら身体が正しく機能する動きを練り上げました。  ほとんどの動きは寝たままで行う事ができ、心肺に負担をかけないようにしています。  まずは、足首を回し呼吸を整えます。足首からふくらはぎ、腰、そして全身へ、身体のつながりを感じていただけることでしょう。 ※中本先生のご出講は初回のみを予定しています。

    詳しく見る
  • 新宿
    _X6A3154_1.jpeg

    ロルフィングより 呼吸と身体

    • 健康とスポーツ
    • 教室開催
    • 楠美 奈生/認定ロルファー(R)
    • 2024/04/28
      10:00〜12:00

     呼吸が浅くなっていることに気がついた時、空気の“量“を沢山吸ったり吐こうと試みて、かえって苦しくなってしまうことはありませんか。呼吸は“量”ではなくて“面積”です。  身体の構造に働きかけるボディーワーク=ロルフィング®️は10回のシリーズで構成されています。10回それぞれにテーマが掲げられていますが、今回取り上げるのは、第1回目のテーマ「呼吸」です。講座ではロルフムーブメントやコンティニュアムのエクササイズをご紹介しながら 「姿勢」「全体性」「連動性」「重力」など呼吸と身体とより良く付き合える為の体験をして行きます。  シンプルなエクササイズで丁寧にゆっくり進みます、初めての方もご参加いただけます。(講師・記)

    詳しく見る
  • 新宿 オンライン
    kenkou_asikubi.jpg

    足首から腸へ、そして全身を整える 足助式医療體操

    • 健康とスポーツ
    • 教室・オンライン自由講座
    • 見逃し配信あり
    • 中本 かよ/大阪漢方医学振興財団理事長
    • 牧 里美/足助體操登録指導講師
    • 2024/04/28〜
      15:00〜16:30

     足助式医療體操(あすけしきいりょうたいそう:以下、足助體操)は、まず足首回しから始まります。その動きが腸腰筋をはじめとするインナーマッスルへ、そして全身へ繋がり、身体のエネルギー循環を可能にする体操です。  何より腸を活性化することで老廃物を排泄しやすくし、栄養を十分に取り込み巡らせる身体づくりは免疫力をも高めます。腸を活性化し、落ち着いた呼吸と穏やかなリズムの運動により、自律神経が整い各器官が活動します。  身体を動かすことによって、反応できる=感じとれる身体をつくっていきます。  感じるということは、身体の可能性を探っていくこと。ご自身の身体を感じながら動かしていくことで、使いすぎの筋肉と上手く使えていない筋肉のバランスを改善します、理屈でなく感じて動くことによって自分の状況を自分で改善できる自力の体操です。  第1回は漢方医 中本先生による漢方的養生のお話と足助體操の解説を交え、わかりやすく実践します。  第2回、第3回は足助體操の登録指導講師の牧先生による足助體操の実践です。他の体操・運動と足助體操の違いや魅力を分かりやすく丁寧な解説を交えて体験していただきます。続けることで効果が高まり、足助體操を通じて何歳からでもバランスの整った身体の使い方や動きへ少しずつ変化していくのが感じられるでしょう。姿勢や歩き方、動きが楽になる身体づくりを目指しましょう。 <足助體操の特徴> @寝て行う。心肺に負担をかけにくい。赤ちゃんの成長過程を体操で体験し、立つ・歩く筋肉を維持する『生まれ直しの体操』である。 A腸を活性化し老廃物を排泄しやすくする。 B体力を消耗するのではなく、丹田の力を補填する。 C退行性変化(年齢に関係ない老化)を整調する。 D自律神経のバランスを整える。 <足助體操について>  足助體操は治療家足助次朗が昭和16年に創案した體操です。  生まれながらに病弱であった次朗は、薬剤や施術のみに頼るのではなく、自分の身体を病床の上で足先から、手首から、口から、動くところから動かし、身体の声に耳を傾けながら身体が正しく機能する動きを練り上げました。  ほとんどの動きは寝たままで行う事ができ、心肺に負担をかけないようにしています。  まずは、足首を回し呼吸を整えます。足首からふくらはぎ、腰、そして全身へ、身体のつながりを感じていただけることでしょう。 ※中本先生のご出講は初回のみを予定しています。初回のみのお申し込みも可能です。

    詳しく見る
  • 新宿 オンライン
    小林久美子.JPG

    究極のリラックス法・自律訓練法を学ぼう

    • 健康とスポーツ
    • オンライン開催
    • 小林 久美子/東京心理教育研究所講師
    • 2024/04/29
      10:30〜12:00

     ドイツのシュルツ医師により広められた自律訓練法は、自己暗示により短時間に効率よく緊張を和らげるリラクセーション法です。意識的にリラックス状態をつくり、自律神経のバランスを回復させる最も基本的な方法といわれています。  さまざまな不安やストレスを感じながらすごされている皆様の日々の対処法の一つに、ぜひこの自律訓練法を取り入れていただきたいと思っています。  受講したその日から、皆さんが生活の中で実際に行えるよう、ちょっとした工夫や毎日続けるヒントもお伝えします。 2024年4月の講座では、睡眠のメカニズムや工夫についても取り上げていきます。  自律訓練法は特別な道具やスペースは必要ありません。お昼休みや就寝前など、毎日行って、体の緊張を和らげ、本来の健康な状態へ心身を整っていきましょう。(講師・記)

    詳しく見る
  • 新宿 オンライン
    book_2017.jpg

    ブッダのヴィパッサナー瞑想 4/29

    • 健康とスポーツ
    • オンライン開催
    • 地橋 秀雄/グリーンヒル瞑想研究所所長
    • 2024/04/29
      19:00〜20:30

     人生は、誰も苦しいのです。なぜ苦しくなるのか、どうしたら解消されていくのかを明らかにしたのが仏教です。マインドフルネスの源流であるヴィパッサナー瞑想で、苦しい人生を乗り超えていきましょう。(講師記) ◆内容と進め方 @法話【実践アドバイス】+A個別指導+B瞑想実習。 ・瞑想の技術的質問と人生の諸問題に関する仏教的解決策を講じます。正確な技術と悩みのない静かな心が、瞑想を深めます。 ・お申し込み確認後、事務局から「事前アンケート」をメールします。 ・受講者から事前にご質問いただき、法話の時間にお答えいたします。 ・瞑想を進めていく上で、たとえ些細な疑問でも放置すると妨害要因になりますので、具体的にお書きください。 ・質問のある方はなるべくお早めに、質問のない方も気兼ねなくお申し込みください。 ★なお、瞑想が初めての方は、以下の初心者講習の動画を事前に必ず視聴してご参加ください。 https://www.youtube.com/channel/UCZ9V7bFzr23eBuNIhhO7vcQ/videos。 特に瞑想のやり方を解説した#2〜#13は必修です。 https://www.youtube.com/watch?v=c1Dto_060h0 ・ご入金確認後、下記「事前アンケート」をお送りします。 1、瞑想の技術的質問。 2、仕事や人間関係、過去や将来について未解決の問題を抱えていると集中が妨げられます。   プライバシーに配慮し、個人が特定されないように回答いたしますので、具体的にお書きください。 3、特にご質問のない方は、後半の個人指導の参考に、ご趣味やマイブームなどがあればお書きください。    情報が多くなるほどインストラクションが深く正確になりますので、よろしくお願い申し上げます。 ******zoomミーティング使用上の注意********** ・開始時間の5 分前に、マイクをミュートに設定してご入室ください。 ・ミーティングに参加する際、ビデオ(カメラ)のON・OFFは自由です。顔出し(ビデオOFF)しない参加も可能です。 ・アーカイブ動画配信はありません。

    詳しく見る

※日時等は変更となる場合がございます。最新の情報は講座詳細ページにてご確認ください。