1. 全国トップ
  2. 特集
  3. 横浜教室
  4. 聖地を知る「心の旅」

聖地を知る「心の旅」

  • 横浜 オンライン
    s韓竈神社(出雲市).jpg

    聖地 出雲の四大神とその社

    • 歴史
    • 教室・オンライン自由講座
    • 見逃し配信あり
    • 佐藤 雄一/駒澤大学准教授
    • 2024/07/15〜
      13:00〜14:30

    かつてラフカディオ・ハーン(小泉八雲)が「神々の国の首都」とたたえたように、出雲は「神話」や「縁結び」の地として名高く、昨今ではパワースポットとしても人気を博しているようです。出雲には豊かな自然とともに、多くの古社が鎮座していますが、それらの神社のなかには、八世紀前半にまとめられた『古事記』『日本書紀』や『出雲国風土記』にその名が記された古社も多くあります。 本講座では、古代出雲の神社や神についてとりあげ、その背景にある地域社会の様子に迫っていきたいと思います。(講師‧記)  第1回 出雲の四大神とその社 第2回 カラクニイタテ神と朝鮮半島  

    詳しく見る
  • 横浜 オンライン
    関幸彦先生.jpg

    聖地巡礼 四国遍路

    • NEW
    • 歴史
    • 教室・オンライン自由講座
    • 見逃し配信あり
    • 関 幸彦/元日本大学教授
    • 2024/07/19〜
      13:00〜14:30

    阿波から土佐、伊予そして讃岐へ。 四つの国の「信仰」「鎮魂」「浄土」への想いを検討します。「平家物語」や「太平記」などの闘諍の舞台にも、思いを馳せながら辿っていきます。 <各回カリキュラム> 1回目 「お遍路」事始と題して、その来歴について、弘法大師・空海の話を含め、関係寺社と史跡の解説をします。      古代、中世の歴史が凝縮した世界へ誘います。 2回目 お遍路の具体的なコースに沿いながら、寺と周辺の史跡を机上で巡ります。      もっと知りたい四国と遍路の世界が蘇るはずです。

    詳しく見る
  • 横浜 オンライン
    Najaf.jpg

    シーア派と聖地

    • NEW
    • 歴史
    • 教室・オンライン自由講座
    • 見逃し配信あり
    • 鎌田繁/東京大学名誉教授
    • 2024/07/30
      15:30〜17:00

     イスラームではメッカのカーバ聖殿参詣を主とする一連の巡礼儀礼が定められている。イスラーム暦の最後の月の決められた日におこなうこの巡礼はハッジとよばれ、すべての信者の努力義務になっている。メッカへの巡礼は宗派を問わず行われるが、シーア派は独自の聖地をもち、そこへの参詣はシーア派信者には大きな宗教的意味をもつ。シーア派には預言者ムハンマドの子孫でその権威を引き継ぐ者としてイマームが存在し、そのイマームたちへの崇敬の一環として、イマームの墓には壮麗な墓廟が建造され、聖地とされ、信者たちの参詣の目的地となる。本講ではシーア派のイマーム信仰とその具体的な現れである参詣について話をすすめたい。(講師・記)

    詳しく見る
  • 横浜 オンライン
    四大聖地ブッダ2407.jpg

    四大聖地でたどるブッダの生涯と思想

    • 哲学・思想・宗教
    • 教室・オンライン自由講座
    • 見逃し配信あり
    • 吉村 誠/駒澤大学教授
    • 2024/08/29
      11:00〜12:30

    ブッダは「信仰心のある者は、〈生誕の地〉、〈成道の地〉、〈初転法輪の地〉、〈般涅槃の地〉を訪ねて感激し、巡礼するだろう」と説いたといいます。以後、これらの地は仏教徒たちが巡礼する聖地となりました。 ところが、13世紀にインドで仏教教団が滅亡すると四大聖地は荒廃し、19世紀に発見されるまで場所も定かではなくなっていました。現在はそれぞれの遺跡が整備され、世界中の仏教徒が巡礼に訪れています。 この講座では、仏教の四大聖地である、ルンビニー、ブッダガヤー、サールナート、クシナガラの遺跡をたどりながら、ブッダの生涯とその教えについて概説します。仏教入門としてもお勧めの講座です。(講師・記)

    詳しく見る
  • 横浜 オンライン
    ichikawa.jpg

    聖地エルサレムと巡礼

    • NEW
    • 歴史
    • 教室・オンライン自由講座
    • 見逃し配信あり
    • 市川裕/東京大学名名誉教授
    • 2024/08/31
      15:30〜17:00

     エルサレムは3つの一神教の聖地と見なされていますが、果たして巡礼を義務付けられているのでしょうか。キリスト教といっても様々な宗派があるので、宗派によってエルサレムの持つ役割も違っています。一神教の信者がそれぞれに抱くエルサレムの聖地としての魅力を、様々な角度から考えてみたいと思います。(講師・記)

    詳しく見る
  • 横浜 オンライン
    sasakikazunori.jpg

    インド カーマーキャー寺院と女神信仰の聖地

    • NEW
    • 哲学・思想・宗教
    • オンライン開催
    • 見逃し配信あり
    • 佐々木一憲/立正大学講師
    • 2024/09/07
      13:00〜14:30

     インドの神といえば、ヴィシュヌ神・シヴァ神の二大神がよく知られていますが、現地でそれに劣らぬ信仰を集めているのが女神信仰です。静謐さすら感じさせる西欧の聖母マリア信仰などとは異なり、苛烈なまでの激しさと、すべてを包摂するような慈愛とを同時に体現する「女神」は、時に熱狂的な側面を見せるインドの宗教実践の実態を間違いなく裏打ちしています。講義では、神話に語られる女神信仰の淵源と、51を数えるその聖地の代表であるアッサムのカーマーキャー寺院を取り上げながら、インドの女神信仰の概略を紹介します。(講師・記)

    詳しく見る
  • 横浜 オンライン
    聖地巡礼 サン・ジョバンニ・イン・ラテラノ大聖堂(ローマ)small.jpg

    聖地巡礼 ローマ

    • 歴史
    • 教室・オンライン自由講座
    • 見逃し配信あり
    • 倉橋 良伸/電気通信大学講師
    • 2024/09/14
      10:30〜12:00

    ローマは、使徒筆頭のペテロと教義の確立者パウロが、ネロ帝の迫害を受けて殉教したとされる伝承の残る町です。もちろん、長らくローマ帝国の都でもありました。 信者ならば誰しも、イエスが活動し新約聖書にも描かれた聖都エルサレムを訪問したいと考えたはずですが、現実に訪問できる人は限られました。聖都はあまりにも遠かったからです。7世紀前半にイスラーム勢力の侵攻を受け、聖都はますます遠い存在となりました。 そのため、使徒ペテロの代理人である教皇の座すローマを多くの巡礼者が訪れました。とはいえ、大陸側からどのようなルートを選択しようとも、急峻なアルプス山脈を越えなければならず、経済的にも肉体的にも大きな負担を強いられました。まさに命懸けでした。 十字軍を大きな契機としてエルサレム巡礼は盛んとなりますが、それでもなお多くの人々にとり、最大の巡礼地はローマだったのです。巡礼者たちのお目当ては、ネロ帝がペテロを処刑したとされる戦車競技場の跡地に建てられたサン・ピエトロ大聖堂やバチカン宮殿だけではありません。そもそも全カトリック教会の司教座聖堂はラテラノ大聖堂でした。数知れぬ巡礼者たちが訪れたであろう数々の名所旧跡をご紹介します。(講師記)

    詳しく見る
  • 横浜 オンライン
    IMG_5676.JPG

    憧れの聖地サンティアゴ巡礼 一人旅のためのガイド

    • NEW
    • 美術史・鑑賞
    • 教室・オンライン自由講座
    • 見逃し配信あり
    • 金塚多佳子/日本カミーノ・デ・サンティアゴ友の会代表理事
    • 2024/09/21
      15:00〜16:30

      スペインの北西にあるサンティアゴ・デ・コンポステーラはエルサレム、ローマと並ぶキリスト教の3大聖地の一つですが、サンティアゴ・デ・コンポステーラに向かう巡礼路は、ヨーロッパ中至る所から網の目のように始まっており、中世の時代から多くの人々が癒しや罪の償い等を求めて歩かれておりました。 現在は道も整備されより安全になり、宿泊施設も巡礼宿から四つ星ホテルまで予算や嗜好に合わせて選べる程になっており、多くの人々が世界中から巡礼に訪れています。 2020年3月からのコロナ禍を経て、徐々に巡礼者の数は戻っており、昨年は446,000人もの人々がサンティアゴに、到達しました。 今回は多くの巡礼者が歩いている「フランス人の道」を中心に巡礼路途中の見どころと、実際に巡礼の旅に出るためにはどのように計画し、何を準備するか等、実践的なご案内をさせて頂きます。(講師・記)

    詳しく見る

※日時等は変更となる場合がございます。最新の情報は講座詳細ページにてご確認ください。