1. 全国トップ
  2. 講座検索
くずは 歴史
検索条件を変更する

フリーワードで検索

※空白を入れずに入力ください

教室を選ぶ

カテゴリーを選ぶ

大カテゴリー 小カテゴリー

初回開講月を選ぶ

講座形態を選ぶ

閉じる

フリーワードで検索

※空白を入れずに入力ください

曜日

開催時間

format_list_bulletedその他の条件

22講座中 1〜20件を表示 

  • くずは教室
  • オンライン(事前選択講座)

蒙古襲来と八幡神(オンライン受講)
創造される異国降伏の神話

歌川貞秀「西海蒙古退治図」(調整加工)web用1.jpg
  • 村田 真一/摂南大学・佛教大学兼任講師
  • 2024/04/12 〜 2024/06/14
  • 13:30〜15:00
  • 全3回
  • 会員 9,570円 / 一般 10,560円
  • 現在、八幡神は日本の神々の中で最も多くの神社に祭られており、日本を代表する神と言えますが、同時に、八幡信仰の歴史にはいまだ多くの謎が残されています。この講座では、文永・弘安の蒙古襲来を契機として創り出された異国降伏の物語を読み解きつつ、国家守護を掲げる八幡信仰の神話の深層と不思議を探ります。 カリキュラム @蒙古襲来と筥崎宮炎上〜八幡神の国家守護 A三韓を征討する神話〜石清水愚童訓の神功皇后譚 B神代と霊行の異国降伏〜宇佐託宣集が語る神々の世界

    • 見逃し配信あり
  • くずは教室
  • 教室(事前選択講座)

蒙古襲来と八幡神(教室受講)
創造される異国降伏の神話

歌川貞秀「西海蒙古退治図」(調整加工)web用1.jpg
  • 村田 真一/京都精華大学・佛教大学兼任講師
  • 2024/04/12 〜 2024/06/14
  • 13:30〜15:00
  • 全3回
  • 会員 9,570円 / 一般 10,560円
  • 現在、八幡神は日本の神々の中で最も多くの神社に祭られており、日本を代表する神と言えますが、同時に、八幡信仰の歴史にはいまだ多くの謎が残されています。この講座では、文永・弘安の蒙古襲来を契機として創り出された異国降伏の物語を読み解きつつ、国家守護を掲げる八幡信仰の神話の深層と不思議を探ります。 カリキュラム @蒙古襲来と筥崎宮炎上〜八幡神の国家守護 A三韓を征討する神話〜石清水愚童訓の神功皇后譚 B神代と霊行の異国降伏〜宇佐託宣集が語る神々の世界

  • くずは教室
  • オンライン(事前選択講座)

秀吉の書状を読む 【オンライン受講】
古文書入門

秀吉の書状を読む・藤本仁文講師.jpg
  • 藤本 仁文/京都府立大学准教授
  • 2024/04/13 〜 2024/06/08
  • 13:00〜14:30
  • 全3回
  • 会員 9,570円 / 一般 10,890円
  • 俗に「ミミズが這ったような字」とも呼ばれるくずし字で書かれた古文書を、テレビ番組や博物館・美術館などでご覧になった方も多いのではないでしょうか。一見難しそうに思える古文書の解読は、コツさえつかめば誰でもできるようになるものです。今回は、信長の家臣であった頃の羽柴(のちの豊臣)秀吉が小牧・長久手の戦い中に出した書状をなどを題材に、古文書解読の基礎的なポイントを解説します。

    • 見逃し配信あり
  • くずは教室
  • 教室(事前選択講座)

秀吉の書状を読む 【教室受講】
古文書入門

秀吉の書状を読む・藤本仁文講師.jpg
  • 藤本 仁文/京都府立大学准教授
  • 2024/04/13 〜 2024/06/08
  • 13:00〜14:30
  • 全3回
  • 会員 9,570円 / 一般 10,890円
  • 俗に「ミミズが這ったような字」とも呼ばれるくずし字で書かれた古文書を、テレビ番組や博物館・美術館などでご覧になった方も多いのではないでしょうか。一見難しそうに思える古文書の解読は、コツさえつかめば誰でもできるようになるものです。今回は、信長の家臣であった頃の羽柴(のちの豊臣)秀吉が小牧・長久手の戦い中に出した書状をなどを題材に、古文書解読の基礎的なポイントを解説します。

  • くずは教室
  • 教室(事前選択講座)

記紀伝承と考古学(オンライン受講)
古墳時代の山陰

佐古先生.jpeg
  • 佐古 和枝/関西外国語大学教授
  • 2024/04/26 〜 2024/06/28
  • 13:00〜14:30
  • 全3回
  • 会員 9,900円 / 一般 10,890円
  • 現存するわが国最古の歴史書『古事記』と『日本書紀』の伝承と発掘調査の成果の両方から、古代史を読み解いてみましょう。今期は山陰にスポットを当てます。 4月 山陰で考える継体大王と筑紫君磐井 5月 山陰の古墳文化 6月 古墳時代の“出雲的世界”

    • 見逃し配信あり
    • 残りわずか
  • くずは教室
  • 教室(事前選択講座)

記紀伝承と考古学(教室受講)
古墳時代の山陰

佐古先生.jpeg
  • 佐古 和枝/関西外国語大学教授
  • 2024/04/26 〜 2024/06/28
  • 13:00〜14:30
  • 全3回
  • 会員 9,900円 / 一般 10,890円
  • 現存するわが国最古の歴史書『古事記』と『日本書紀』の伝承と発掘調査の成果の両方から、古代史を読み解いてみましょう。今期は山陰にスポットを当てます。 4月 山陰で考える継体大王と筑紫君磐井 5月 山陰の古墳文化 6月 古墳時代の“出雲的世界”

  • くずは教室
  • オンライン(事前選択講座)

幕末 偉人たちの真実(オンライン受講)

坂本龍馬 肖像画 中島気崢賛 部分.jpg
  • 米澤 亮介/霊山歴史館 学芸員
  • 2024/04/29 〜 2024/06/24
  • 13:30〜15:00
  • 全3回
  • 会員 9,900円 / 一般 9,900円
  • 小説などの影響で「逃げの小五郎」というイメージが定着している桂小五郎(木戸孝允)。敬天愛人を座右の銘にした「情の人」といわれる一方、新国家形成のためとった言動から「破壊者」とも評される西郷隆盛。「薩長同盟は中岡慎太郎の功績の方が大きい」、「明治政府の指針を示した船中八策は後世の創作」、「大政奉還論を発案したわけではない」とオリジナル案がないことを指摘されている坂本龍馬。遺された史料からわかる、偉人の真実の姿に迫ります。 4月 逃げの小五郎は本当か?―桂小五郎の生涯 5月 人情家か破壊者か?―西郷隆盛の人物像 6月 本当の功績は何か?―坂本龍馬の活躍

    • 見逃し配信あり
  • くずは教室
  • 教室(事前選択講座)

幕末 偉人たちの真実(教室受講)
―志士の素顔に迫る―

坂本龍馬 肖像画 中島気崢賛 部分.jpg
  • 米澤 亮介/霊山歴史館 学芸員
  • 2024/04/29 〜 2024/06/24
  • 13:30〜15:00
  • 全3回
  • 会員 9,900円 / 一般 9,900円
  • 小説などの影響で「逃げの小五郎」というイメージが定着している桂小五郎(木戸孝允)。敬天愛人を座右の銘にした「情の人」といわれる一方、新国家形成のためとった言動から「破壊者」とも評される西郷隆盛。「薩長同盟は中岡慎太郎の功績の方が大きい」、「明治政府の指針を示した船中八策は後世の創作」、「大政奉還論を発案したわけではない」とオリジナル案がないことを指摘されている坂本龍馬。遺された史料からわかる、偉人の真実の姿に迫ります。 4月 逃げの小五郎は本当か?―桂小五郎の生涯 5月 人情家か破壊者か?―西郷隆盛の人物像 6月 本当の功績は何か?―坂本龍馬の活躍

  • くずは教室
  • オンライン(事前選択講座)

南方熊楠の書簡を読む(オンライン受講)
新発見書簡におけるマンダラ思想の萌芽

kumagusu.jpg
  • 小田 龍哉/同志社大学非常勤講師
  • 2024/05/31
  • 13:30〜15:00
  • 全1回
  • 会員 3,300円 / 一般 3,300円
  • 2022年、高山寺で南方熊楠の新書簡が発見されました。書簡の宛先は、真言僧の土宜法龍(どぎ・ほうりゅう)。ながく高山寺の住職をつとめた人物です。南方とは世界一周旅行の途中ロンドンで出会い意気投合、「南方マンダラ」など南方の重要な思想の多くが彼への書簡のなかで披露されました。今回新発見の書簡にも、のちのマンダラ思想へとつながる興味深い図が描かれており、その読み解きを中心に南方の思想を考えてみたいと思います。

    • 見逃し配信あり
  • くずは教室
  • 教室(事前選択講座)

南方熊楠の書簡を読む(教室受講)
新発見書簡におけるマンダラ思想の萌芽

kumagusu.jpg
  • 小田 龍哉/同志社大学非常勤講師
  • 2024/05/31
  • 13:30〜15:00
  • 全1回
  • 会員 3,300円 / 一般 3,300円
  • 2022年、高山寺で南方熊楠の新書簡が発見されました。書簡の宛先は、真言僧の土宜法龍(どぎ・ほうりゅう)。ながく高山寺の住職をつとめた人物です。南方とは世界一周旅行の途中ロンドンで出会い意気投合、「南方マンダラ」など南方の重要な思想の多くが彼への書簡のなかで披露されました。今回新発見の書簡にも、のちのマンダラ思想へとつながる興味深い図が描かれており、その読み解きを中心に南方の思想を考えてみたいと思います。

  • くずは教室
  • オンライン(事前選択講座)

革命の歴史学者 石母田正について考える(オンライン受講)
今こそ、戦後歴史学を葬り去るために

isomae.jpg
  • 磯前 順一/国際日本文化研究センター教授
  • 2024/06/29
  • 15:30〜17:00
  • 全1回
  • 会員 3,410円 / 一般 3,630円
  • 戦後歴史学を代表する学者である石母田正。戦中期に執筆された『中世的世界の形成』に始まり、戦後の革命論とその退潮の中で書かれた『歴史と民族の発見』と『平家物語』、そして白鳥の詩となる『日本の古代国家』。これらの代表作のなかで石母田の歴史学はどのように変遷を遂げたのか。そして、最後に何をつかみ取ったのか。講師の著書『石母田正 暗黒のなかで眼をみひらき』を参考に、石母田歴史学をいたずら美化することなく、革命の歴史学の挫折として取り扱うことで、何が今の社会の読者にもたらしうるものなのか。 石母田正という革命の歴史学者を考察する。

    • 見逃し配信あり
  • くずは教室
  • 教室(事前選択講座)

革命の歴史学者 石母田正について考える(教室受講)
今こそ、戦後歴史学を葬り去るために

isomae.jpg
  • 磯前 順一/国際日本文化研究センター教授
  • 2024/06/29
  • 15:30〜17:00
  • 全1回
  • 会員 3,410円 / 一般 3,630円
  • 戦後歴史学を代表する学者である石母田正。戦中期に執筆された『中世的世界の形成』に始まり、戦後の革命論とその退潮の中で書かれた『歴史と民族の発見』と『平家物語』、そして白鳥の詩となる『日本の古代国家』。これらの代表作のなかで石母田の歴史学はどのように変遷を遂げたのか。そして、最後に何をつかみ取ったのか。講師の著書『石母田正 暗黒のなかで眼をみひらき』を参考に、石母田歴史学をいたずら美化することなく、革命の歴史学の挫折として取り扱うことで、何が今の社会の読者にもたらしうるものなのか。 石母田正という革命の歴史学者を考察する。

  • くずは教室
  • アーカイブ動画

ピーが語る昭和平成歌謡の変遷(アーカイブ)

pee.jpg
  • 瞳みのる/音楽家・著作家
  • 会員 3,300円 / 一般 3,300円
  • 日本の歌謡、江戸・明治・大正・戦前の昭和を概観し、戦後の昭和・平成を中心にして、中国・台湾・香港にも触れ、時事を織り込み、時に歌唱を交えその変遷をピーこと瞳みのるさんが語ります。 日本の歌謡史はそんなに古くはない。江戸時代から維新にかけて生まれ時代と共に発展した。「歌は世につれ世は歌につれ」と人口に膾炙されているが、歌謡はまさしくその時その時の世情を反映している。皆様と共に、平成から令和の新しい時代を進むに当たって、様々な思いの詰まったこれまでの時代を振り返ってみよう。 この講座は2021年3月7日(日)にくずは教室で開催した「ピーが語る昭和平成歌謡の変遷」のアーカイブ配信です。 音声の途切れや音が不安定な箇所がございます。あらかじめご了承ください。

  • くずは教室
  • オンライン開催

オンラインで京都町歩き(オンライン講座)
お山めぐりで伏見稲荷大社を楽しむ

伏見稲荷大社.jpg
  • 辻井 輝幸/京都観光ガイド
  • 2024/07/06
  • 13:00〜14:00
  • 全1回
  • 会員 2,640円 / 一般 2,640円
  • オンラインで京都の町歩きを楽しんでみませんか。 京都検定1級の講師が有名なところだけでなく、ガイドブックに載っていないような穴場や見どころも含めてご案内します。 今回は伏見稲荷大社をテーマにします。全国に約 3 万社あるといわれる稲荷神社の総本社です。実際に歩いてお詣りするような感じでご説明します。観光客の方は、中腹の四ツ辻まで登って、満足し下りられる方が多いのですが、七神蹟と呼ばれる重要な所は四ツ辻よりも上にあるので、この講座では頂上までご説明させていただきます。また、伏見稲荷大社の近辺にある面白いスポットもご紹介します。

  • くずは教室
  • 教室(事前選択講座)

石清水八幡宮とは何か(オンライン受講)
八幡信仰の神秘と真実

「石清水八幡宮」(『都名所図会』) web用.jpg
  • 村田 真一/京都精華大学・佛教大学兼任講師
  • 2024/07/12 〜 2024/09/13
  • 13:30〜15:00
  • 全3回
  • 会員 9,570円 / 一般 10,560円
  • 現在、八幡神は日本の神々の中で最も多くの神社に祭られており、日本を代表する神と言えますが、同時に、八幡信仰の歴史にはいまだ多くの謎が残されています。今期の講座では、信仰史の観点から先端的な研究成果を踏まえつつ、平安時代から鎌倉時代にかけての石清水宮と八幡神の深層と不思議に迫ります。 今期は前半3回です。 カリキュラム ⓵ 石清水八幡宮の成立 ― 国家的神話の構造と神々の変貌 A 南都大安寺の行教と石清水 ― 創建縁起と神仏の世界 B 『八幡愚童訓』の霊験説話 ― 拡大する八幡信仰

  • くずは教室
  • 教室(事前選択講座)

石清水八幡宮とは何か(教室受講)
八幡信仰の神秘と真実

「石清水八幡宮」(『都名所図会』) web用.jpg
  • 村田 真一/京都精華大学・佛教大学兼任講師
  • 2024/07/12 〜 2024/09/13
  • 13:30〜15:00
  • 全3回
  • 会員 9,570円 / 一般 10,560円
  • 現在、八幡神は日本の神々の中で最も多くの神社に祭られており、日本を代表する神と言えますが、同時に、八幡信仰の歴史にはいまだ多くの謎が残されています。今期の講座では、信仰史の観点から先端的な研究成果を踏まえつつ、平安時代から鎌倉時代にかけての石清水宮と八幡神の深層と不思議に迫ります。 今期は前半3回です。 カリキュラム ⓵ 石清水八幡宮の成立 ― 国家的神話の構造と神々の変貌 A 南都大安寺の行教と石清水 ― 創建縁起と神仏の世界 B 『八幡愚童訓』の霊験説話 ― 拡大する八幡信仰

  • くずは教室
  • オンライン(事前選択講座)

西郷隆盛の書状を読む 【オンライン受講】
古文書入門

古文書講師顔写真.jpg
  • ルーベック・イアン栄/京都府立大学非常勤講師
  • 2024/07/13 〜 2024/09/14
  • 13:00〜14:30
  • 全3回
  • 会員 9,570円 / 一般 10,890円
  • 俗に「ミミズが這ったような字」とも呼ばれるくずし字で書かれた古文書を、テレビ番組や博物館・美術館などでご覧になった方も多いのではないでしょうか。一見難しそうに思える古文書の解読は、コツさえつかめば誰でもできるようになるものです。今回は、西郷隆盛の書状をなどを題材に、古文書解読の基礎的なポイントを解説します。

    • 見逃し配信あり
  • くずは教室
  • 教室(事前選択講座)

西郷隆盛の書状を読む 【教室受講】
古文書入門

古文書講師顔写真.jpg
  • ルーベック イアン栄/京都府立大学非常勤講師
  • 2024/07/13 〜 2024/09/14
  • 13:00〜14:30
  • 全3回
  • 会員 9,570円 / 一般 10,890円
  • 俗に「ミミズが這ったような字」とも呼ばれるくずし字で書かれた古文書を、テレビ番組や博物館・美術館などでご覧になった方も多いのではないでしょうか。一見難しそうに思える古文書の解読は、コツさえつかめば誰でもできるようになるものです。今期は、西郷隆盛の書状を題材に、古文書解読の基礎的なポイントを解説します。

  • くずは教室
  • 教室(事前選択講座)

新選組の歴史を追う(オンライン受講)
義士か否か?

錦絵に描かれた土方歳三web用.jpg
  • 米澤 亮介/霊山歴史館 学芸員
  • 2024/07/22 〜 2024/09/16
  • 13:30〜15:00
  • 全3回
  • 会員 9,900円 / 一般 9,900円
  • 小説や映画、ドラマだけでなく、漫画、アニメ、ゲームなどでも取り上げられ今も根強い人気を誇る新選組。その一方で、多くの志士を取り締まったことからマイナスのイメージで見られることもあり、評価が二分されています。 新選組は最後まで徳川に忠誠をつくした義士なのか、無暗に志士を斬った過激な集団だったのか?近藤勇、土方歳三の愛刀や、隊士が書き遺した日記などの史料から、新選組の歴史と性質を見ていきます。 7月 『―多摩の風土と誕生の経緯―新選組結成』 8月 『―隊の行く末が決した―新選組と池田屋事件』 9月 『―戦いを続けた理由―新選組と戊辰戦争』

  • くずは教室
  • 教室(事前選択講座)

新選組の歴史を追う(教室受講)
義士か否か?

錦絵に描かれた土方歳三web用.jpg
  • 米澤 亮介/霊山歴史館 学芸員
  • 2024/07/22 〜 2024/09/16
  • 13:30〜15:00
  • 全3回
  • 会員 9,900円 / 一般 9,900円
  • 小説や映画、ドラマだけでなく、漫画、アニメ、ゲームなどでも取り上げられ今も根強い人気を誇る新選組。その一方で、多くの志士を取り締まったことからマイナスのイメージで見られることもあり、評価が二分されています。 新選組は最後まで徳川に忠誠をつくした義士なのか、無暗に志士を斬った過激な集団だったのか?近藤勇、土方歳三の愛刀や、隊士が書き遺した日記などの史料から、新選組の歴史と性質を見ていきます。 7月 『―多摩の風土と誕生の経緯―新選組結成』 8月 『―隊の行く末が決した―新選組と池田屋事件』 9月 『―戦いを続けた理由―新選組と戊辰戦争』