1. 全国トップ
  2. 講座検索
川西 文学・文芸創作
検索条件を変更する

フリーワードで検索

※空白を入れずに入力ください

教室を選ぶ

カテゴリーを選ぶ

大カテゴリー 小カテゴリー

初回開講月を選ぶ

講座形態を選ぶ

閉じる

フリーワードで検索

※空白を入れずに入力ください

曜日

開催時間

format_list_bulletedその他の条件

28講座中 1〜20件を表示 

  • 川西教室
  • 教室開催

俳句入門

nagasawa.jpg
  • 永沢 達明/俳誌「凧(いかのぼり)」主宰、ホトトギス同人
  • 2024/04/04 〜 2024/06/20
  • 10:30〜12:30
  • 全6回
  • 会員 17,160円
  • 俳句は世界一短い詩。あなたも俳句を詠んでみませんか。日本人の心が育てた美しい「言の葉」を十七音のリズムに乗せて…目に触れるもの、耳に聴こえるもの、体に感じるものなどを俳句にしてみましょう。講座は句会形式で行います。どなたでも参加できます。

    • 見学可
  • 川西教室
  • 教室開催

やさしい俳句

201504bunpou.jpg
  • 山ア 貴子/ホトトギス同人
  • 2024/04/05 〜 2024/06/21
  • 10:15〜12:15
  • 全6回
  • 会員 17,160円
  • 句会の進め方や季題の話などから始めて、花鳥諷詠、客観写生を学んでいただきます。自然のすばらしさ、日本語の美しさを俳句で実感してください。初めての方でもお入りいただけます。 【講師より】 俳句を作り始めると、いつも見ていた景色が違って見えてきます。見えなかったものが見えてきます。友達の輪が広がります。十七音の持っている可能性に挑戦してみてください。 ◇おためしレッスンご受講後、定期講座にお申込みの場合、入会金が半額になります。 ・春や秋など、季節の良いころに吟行する予定です。 ・講座時間内はすべてご見学いただけます。

    • 見学可
    • トライアル可
  • 川西教室
  • オンライン(事前選択講座)

『万葉集』で辿ることばと心(オンライン)

ichinose.jpg
  • 市瀬 雅之/梅花女子大学教授
  • 2024/04/06 〜 2024/06/29
  • 10:00〜11:30
  • 全3回
  • 会員 8,910円 / 一般 10,230円
  • 日本最古の和歌集を巻一から辿る「万葉集」講座が、2017年4月にスタートしました。 7世紀後半から8世紀にかけ、中央集権国家が形成される力強さを詠み、日々に暮らす想いを多様な言葉に託して、季節や風景に心を重ねる繊細さをも見せる歌々には、古の智恵と豊かな感性を知ることができます。万葉びとが生きた時代や風土、文化を交えて楽しみながら、じっくり読んでいきます。今期は巻三挽歌を読み進めます。 【講師より】 現代語訳から読みはじめるので、原文も楽に読むことができます。資料は、毎回講師が準備します。一回で内容が完結しているので、途中を休まれても安心です。 ※途中からのご受講も歓迎です。

    • 見逃し配信あり
  • 川西教室
  • 教室(事前選択講座)

『万葉集』で辿ることばと心(教室受講)

ichinose.jpg
  • 市瀬 雅之/梅花女子大学教授
  • 2024/04/06 〜 2024/06/29
  • 10:00〜11:30
  • 全3回
  • 会員 8,910円 / 一般 10,230円
  • 日本最古の和歌集を巻一から辿る「万葉集」講座が、2017年4月にスタートしました。 7世紀後半から8世紀にかけ、中央集権国家が形成される力強さを詠み、日々に暮らす想いを多様な言葉に託して、季節や風景に心を重ねる繊細さをも見せる歌々には、古の智恵と豊かな感性を知ることができます。万葉びとが生きた時代や風土、文化を交えて楽しみながら、じっくり読んでいきます。今期は巻三挽歌を読み進めます。 【講師より】 現代語訳から読みはじめるので、原文も楽に読むことができます。資料は、毎回講師が準備します。一回で内容が完結しているので、途中を休まれても安心です。 ※途中からのご受講も歓迎です。 ◇一回体験2,860円です。 ◇一回体験ご受講後、定期講座にお申込みの場合、入会金が半額になります。 ※こちらは川西教室で行う教室授業の申し込み画面です。 ※オンライン受講をご希望の場合は、こちらのリンク先からお申し込みください。 https://www.asahiculture.com/asahiculture/asp-webapp/web/WWebKozaShosaiNyuryoku.do?kozaId=4490173

    • トライアル可
    • 残りわずか
  • 川西教室
  • 教室開催

短歌

植山俊宏 写真(上半身).jpg
  • 植山 俊宏/京都教育大学教授
  • 2024/04/13 〜 2024/06/29
  • 13:30〜15:30
  • 全5回
  • 会員 14,300円
  • 短歌は万葉集以来の伝統をもちながら、今を生きる私たちの表現としても活力のある詩型です。さまざまな秀歌を鑑賞しつつ、実作中心に歌のこころを学んでいきます。作品集「猪名川」を発行し、楽しい雰囲気の教室です。(「猪名川」は受付にて500円でご購入いただけます)

    • 見学可
  • 川西教室
  • 教室開催

はじめてのエッセイ

201610nagamoto.jpg
  • 長本 陽子/KEG・木村治美エッセイストグループ講師
  • 2024/04/18 〜 2024/06/20
  • 10:30〜12:00
  • 全3回
  • 会員 8,580円
  • 暮らしの中での小さな発見、趣味や旅行の体験、子供のころの思い出など、身近な出来事をエッセイにしてみませんか。「ねえ聞いて、こんな面白い(悲しい、たのしい、くやしい、びっくりした、感動した)ことがあったんよ」というふうに気楽な感じで。その内容に共感してもらえたときのうれしさは格別です。合評と添削があなたの表現力を鍛えてくれるでしょう。新しく入られる方のテーマは「私」(原稿用紙3枚)。具体的なエピソードを挙げると、書きやすくなりますよ。 *継続でご受講の方は教室内でテーマをお伝えします。(原稿用紙4枚)

    • 見学可
    • 残りわずか
  • 川西教室
  • 教室開催

『平家物語』を読む
激動期を生き抜く

202201heike.jpg
  • 寺 直子/甲南女子大学非常勤講師
  • 2024/04/26 〜 2024/06/28
  • 10:30〜12:00
  • 全3回
  • 会員 8,250円
  • 『平家物語』に登場する平清盛らを中心に、貴族社会から武家社会という激動期を生きた人々の知恵を読み解きます。平明でわかりやすいテキストを使い、丁寧にご説明いたしますので、初めての方でも安心して受講していただけます。長きに渡り読み継がれた古典文学を通して、コロナ禍を生きるヒントを見つけてみませんか。 ※『平家物語』の「百二十句本」(「 新潮日本古典集成 」の底本)を読みます。 [4月期] ➀ 4/26 第三 第二十七句 金渡し 医師問答 [辻風と重盛の死]  治承3年(1179)5月12日の正午頃、京中に辻風が吹き一瞬にして建物は倒壊し、都には地獄のような光景が広がった。世を案じた平重盛は、熊野本宮大社に参詣し、自らの命と引き換えに平家の安泰を願い、8月1日に43歳でこの世を去った。霊界に通じる力を持っていた重盛は生前、春日大明神が清盛の命を奪う夢を見る。翌朝、重盛は自身の葬儀で用いる無文という太刀を、嫡男の維盛に与える。 ※「巻第三第二十八句 小督」は章段名のみで、本文は第五十三句に含まれる。 ➁ 5/24 巻三 第二十九句 法印問答 [地震と法皇の過ち]  11月7日の夜、激しい地震が長く続いた。14日、福原にいた清盛が数千騎を引き連れて帰京しようとする。一方、関白基房は参内して、清盛は「自分を滅ぼすつもりだ」と後白河法皇に訴える。15日、法皇は朝廷への恨みの有無を問うため、静憲法印を使者として清盛の屋敷に遣わした。清盛は、法皇の過ちを非難した。静憲法印も法皇に非があると感じつつも、弁明した。清盛は反論もしなかった。。 ➂ 6/28 巻三 第三十句 関白流罪 [諸刃の剣]  11月16日、清盛はついに摂政(関白基房)以下34人の官職を停止し追放してしまった。摂政が太宰帥に左遷されるなどした中で、前左少弁行隆は、清盛の許しを得た上に、荘園を与えられるなど優遇された。 20日には、後白河法皇が鳥羽の北殿に幽閉された。高倉天皇は多くの臣下を失い、父まで幽閉されてしまい、ひそかに法皇に出家の意向を伝えるが、止められる。保元、平治の頃は天皇を守護していた清盛が、今や天皇を覆す存在になってしまった。 ※1回体験(2,640円)が可能です。事前にご予約ください。 体験を受講後、定期講座にお申し込みいただくと、入会金5,500円が半額になり、会員料金でご受講いただけます。 70歳以上の方は入会金無料です。

    • トライアル可
  • 川西教室
  • 教室開催

源氏物語のことばと心

fukushima.jpg
  • 福嶋 昭治/園田学園女子大学名誉教授
  • 2024/04/27 〜 2024/06/22
  • 15:00〜16:30
  • 全3回
  • 会員 9,570円
  • 源氏物語は、千年の間読み続けられてきた古典です。その味わい深い本当の魅力は、細部の表現にこそあります。源氏物語の原文を丁寧に読み、その世界を楽しみます。源氏物語という昔の作品を読みながら、今を生きる人々の「心」というものを考えるきっかけを確認して頂きます。今期も源氏物語第二部の若菜上を読み進めます。深まる紫の上の苦悩を読み解きます。古典文法などの予備知識は必要ありません。途中からでも問題なくご受講いただけます。      

    • 残りわずか
  • 川西教室
  • 教室開催

『赤毛のアン』の作者モンゴメリ
国際的作家となる

201710akagenoan.jpg
  • 桂 宥子/岡山県立大学名誉教授
  • 2024/04/27 〜 2024/06/22
  • 10:30〜12:00
  • 全3回
  • 会員 9,570円 / 一般 10,560円
  • 『赤毛のアン』の作者モンゴメリは、今年、生誕150周年を迎えます。しかし、その実像は長い間ベールに包まれていました。一方、彼女は幼い頃から人知れず日記を綴っており、今日では、その膨大な日記からモンゴメリのドラマチックな生涯を知ることができます。作家の生きた時代、社会、世界情勢等を知ることは、『赤毛のアン』の作品理解を深めます。本講座では、彼女の夢と苦労が結実した『赤毛のアン』の出版やその後の評判等を通し、国際的作家となったモンゴメリについて解説します。

    • 満席
  • 川西教室
  • 教室開催

俳句入門

nagasawa.jpg
  • 永沢 達明/俳誌「凧(いかのぼり)」主宰、ホトトギス同人
  • 2024/07/04 〜 2024/09/19
  • 10:30〜12:30
  • 全6回
  • 会員 17,160円
  • 俳句は世界一短い詩。あなたも俳句を詠んでみませんか。日本人の心が育てた美しい「言の葉」を十七音のリズムに乗せて…目に触れるもの、耳に聴こえるもの、体に感じるものなどを俳句にしてみましょう。講座は句会形式で行います。どなたでも参加できます。

    • 見学可
  • 川西教室
  • 教室開催

やさしい俳句

201504bunpou.jpg
  • 山ア 貴子/ホトトギス同人
  • 2024/07/05 〜 2024/09/20
  • 10:15〜12:15
  • 全6回
  • 会員 17,160円
  • 句会の進め方や季題の話などから始めて、花鳥諷詠、客観写生を学んでいただきます。自然のすばらしさ、日本語の美しさを俳句で実感してください。初めての方でもお入りいただけます。 【講師より】 俳句を作り始めると、いつも見ていた景色が違って見えてきます。見えなかったものが見えてきます。友達の輪が広がります。十七音の持っている可能性に挑戦してみてください。 ◇おためしレッスンご受講後、定期講座にお申込みの場合、入会金が半額になります。 ・春や秋など、季節の良いころに吟行する予定です。 ・講座時間内はすべてご見学いただけます。

    • 見学可
    • トライアル可
  • 川西教室
  • 教室開催

川柳入門 
生活の中に五・七・五

menju koushi.jpg
  • 氈受 彰/神戸川柳協会事務局長、川柳π同人
  • 2024/07/06 〜 2024/09/07
  • 13:00〜14:30
  • 全3回
  • 会員 9,570円
  • 何気なく過ぎゆく日常の中で、ふと目を凝らせば、そこに川柳の題材があります。川柳とは、人間を詠う文芸です。喜怒哀楽、あなたの身辺にあるあれこれを、五・七・五のリズムで詠んでみてください。初心者の方、経験のある方、どなたでも大歓迎です。それぞれの作品に添削、指導をいたします。 作品提出を希望される場合は前月の20日必着です。兼題はお問い合わせください。 1回体験3,080円 ◇1回体験ご受講後、定期講座にお申込みの場合、入会金が半額になります。

    • 見学可
    • トライアル可
    • 残りわずか
  • 川西教室
  • オンライン(事前選択講座)

旅(漂泊)する俳人たちU(オンライン受講)

bb268d7c-d7f8-af9a-8aaf-642f9e4f6852santouka_small.JPG
  • 木村 和也/現代俳句協会会員
  • 2024/07/06 〜 2024/09/07
  • 10:30〜12:00
  • 全3回
  • 会員 9,240円 / 一般 10,230円
  • 「旅(漂泊)する俳人たちT」では、芭蕉、碧梧桐、山頭火を取り上げ、それぞれの俳人における旅の意味と俳句の深まりを見てきました。本講座では、流浪の末に小豆島で自身の俳句を完結させた尾崎放哉、不運の実生活と非定住を生きた小林一茶、芭蕉の弟子で生涯を旅に暮らした八十村路通、そしてシンガポール、東京、神戸、岡山を彷徨し現代俳句に大きな足跡を残した西東三鬼を取り上げます。時代はちがえども、彼らもまた漂泊の中で自身の俳句を進化完成させていった俳人たちでした。その漂泊の意味と俳句の内実を丁寧に探っていきます。 @7月6日  放哉の流浪と俳句 A8月3日  一茶と路通の漂泊と俳句  B9月7日  三鬼の彷徨と俳句       

    • 見逃し配信あり
  • 川西教室
  • 教室(事前選択講座)

旅(漂泊)する俳人たちU(教室受講)

bb268d7c-d7f8-af9a-8aaf-642f9e4f6852santouka_small.JPG
  • 木村 和也/現代俳句協会会員
  • 2024/07/06 〜 2024/09/07
  • 10:30〜12:00
  • 全3回
  • 会員 9,240円 / 一般 10,230円
  • 「旅(漂泊)する俳人たちT」では、芭蕉、碧梧桐、山頭火を取り上げ、それぞれの俳人における旅の意味と俳句の深まりを見てきました。本講座では、流浪の末に小豆島で自身の俳句を完結させた尾崎放哉、不運の実生活と非定住を生きた小林一茶、芭蕉の弟子で生涯を旅に暮らした八十村路通、そしてシンガポール、東京、神戸、岡山を彷徨し現代俳句に大きな足跡を残した西東三鬼を取り上げます。時代はちがえども、彼らもまた漂泊の中で自身の俳句を進化完成させていった俳人たちでした。その漂泊の意味と俳句の内実を丁寧に探っていきます。 @7月6日  放哉の流浪と俳句 A8月3日  一茶と路通の漂泊と俳句  B9月7日  三鬼の彷徨と俳句   

  • 川西教室
  • 教室開催

南方熊楠、柳田国男、宮沢賢治の闘い
〈近代化〉と〈民俗〉のはざまで

nakano.JPG
  • 中野 新治/元梅光学院大学学長
  • 2024/07/11 〜 2024/09/12
  • 13:30〜15:00
  • 全3回
  • 会員 10,230円 / 一般 11,880円
  • 明治維新以後、近代化を急いだ日本社会は、それまでの宗教的伝統や民俗を近代の暗部として切り捨てる道を歩みました。しかし、同時代を生きたこの三人は、これに大きな疑問を抱き、逆に、その暗部に光を当て、それまでにない展望で世界を捉えました。民俗の尊重、自然との共生、エコロジーなど、提出されたテーマは、今日、ますます重要性を増しています。本講座では、三人の生涯を辿りながら、その〈闘い〉を具体的に検証していきます。 @7月11日(木) 三人の学びと、視点の逆転: 「野の師父」(賢治)、「山の人生」(国男)、「神社合祀に対する意見」(熊楠) A8月8日(木) 自然と人間の関わり:「狼森と笊森、盗森」「注文の多い料理店」(賢治)、 「清光館哀史」「椿は春の木」(国男) B9月12日(木) 近代を超える世界観: 「粘菌」と〈曼荼羅〉(熊楠)、〈現象としての私〉(賢治)

  • 川西教室
  • 教室(事前選択講座)

『枕草子』を味わう (教室受講)

hosokawa isemogatari.jpg
  • 細川 知佐子/京都女子大学・摂南大学非常勤講師、吉本興業文化人センター所属
  • 2024/07/12 〜 2024/09/13
  • 13:00〜14:30
  • 全3回
  • 会員 8,250円 / 一般 10,560円
  • 『枕草子』は、平安時代中頃(西暦1000年頃)に清少納言によって書かれた日本最初の随筆です。清少納言は、一条天皇の后・定子に仕えた女房でした。『枕草子』には、定子を中心とした宮中の華やかな生活、自然と共にあった貴族達の四季折々の行事、権力争いの中で不遇な身の上となってしまう定子との、友情ともいえるような主従関係などが描かれています。また、清少納言ならではの美意識、現代の私達も共感できる人間(男女)関係の機微など、興味深い章段ばかりです。  現代語訳の付いた初心者向けのテキストを用い、王朝文学や貴族生活の基礎知識を交えながら読んでいきます。清少納言が残した、魅力溢れる文学作品『枕草子』をご一緒に味わいましょう。学生時代とは異なる、大人の感性で古典を読み直す楽しさを感じていただければと思います。 <2024年7月期カリキュラム> 7月 第三八段 「鳥は」(鳥は)    第三九段 「上品なもの」(あてなるもの) 8月 第四〇段 「虫は」(虫は)    第四一段 「涼風が立って」(七月ばかりに、風いたう吹きて) 9月 第四二段 「似合わないもの」(にげなきもの)    第四六段 「行成との友情」

  • 川西教室
  • オンライン(事前選択講座)

『枕草子』を味わう(オンライン)

hosokawa isemogatari.jpg
  • 細川 知佐子/京都女子大学・摂南大学非常勤講師、吉本興業文化人センター所属
  • 2024/07/12 〜 2024/09/13
  • 13:00〜14:30
  • 全3回
  • 会員 8,250円 / 一般 10,560円
  • 『枕草子』は、平安時代中頃(西暦1000年頃)に清少納言によって書かれた日本最初の随筆です。清少納言は、一条天皇の后・定子に仕えた女房でした。『枕草子』には、定子を中心とした宮中の華やかな生活、自然と共にあった貴族達の四季折々の行事、権力争いの中で不遇な身の上となってしまう定子との、友情ともいえるような主従関係などが描かれています。また、清少納言ならではの美意識、現代の私達も共感できる人間(男女)関係の機微など、興味深い章段ばかりです。  現代語訳の付いた初心者向けのテキストを用い、王朝文学や貴族生活の基礎知識を交えながら読んでいきます。清少納言が残した、魅力溢れる文学作品『枕草子』をご一緒に味わいましょう。学生時代とは異なる、大人の感性で古典を読み直す楽しさを感じていただければと思います。 <2024年7月期カリキュラム> 7月 第三八段 「鳥は」(鳥は)    第三九段 「上品なもの」(あてなるもの) 8月 第四〇段 「虫は」(虫は)    第四一段 「涼風が立って」(七月ばかりに、風いたう吹きて) 9月 第四二段 「似合わないもの」(にげなきもの)    第四六段 「行成との友情」

    • 見逃し配信あり
  • 川西教室
  • オンライン(事前選択講座)

『万葉集』で辿ることばと心(オンライン)

ichinose.jpg
  • 市瀬 雅之/梅花女子大学教授
  • 2024/07/13 〜 2024/09/07
  • 10:00〜11:30
  • 全3回
  • 会員 8,910円 / 一般 10,230円
  • 日本最古の和歌集を巻一から辿る「万葉集」講座が、2017年4月にスタートしました。 7世紀後半から8世紀にかけ、中央集権国家が形成される力強さを詠み、日々に暮らす想いを多様な言葉に託して、季節や風景に心を重ねる繊細さをも見せる歌々には、古の智恵と豊かな感性を知ることができます。万葉びとが生きた時代や風土、文化を交えて楽しみながら、じっくり読んでいきます。今期は巻三の終わりから巻四にかけてを読み進めます。 【講師より】 現代語訳から読みはじめるので、原文も楽に読むことができます。資料は、毎回講師が準備します。一回で内容が完結しているので、途中を休まれても安心です。 ※途中からのご受講も歓迎です。

    • 見逃し配信あり
  • 川西教室
  • 教室(事前選択講座)

『万葉集』で辿ることばと心(教室受講)

ichinose.jpg
  • 市瀬 雅之/梅花女子大学教授
  • 2024/07/13 〜 2024/09/07
  • 10:00〜11:30
  • 全3回
  • 会員 8,910円 / 一般 10,230円
  • 日本最古の和歌集を巻一から辿る「万葉集」講座が、2017年4月にスタートしました。 7世紀後半から8世紀にかけ、中央集権国家が形成される力強さを詠み、日々に暮らす想いを多様な言葉に託して、季節や風景に心を重ねる繊細さをも見せる歌々には、古の智恵と豊かな感性を知ることができます。万葉びとが生きた時代や風土、文化を交えて楽しみながら、じっくり読んでいきます。今期は巻三の終わりから巻四にかけてを読み進めます。 【講師より】 現代語訳から読みはじめるので、原文も楽に読むことができます。資料は、毎回講師が準備します。一回で内容が完結しているので、途中を休まれても安心です。 ※途中からのご受講も歓迎です。 ◇一回体験2,860円です。 ◇一回体験ご受講後、定期講座にお申込みの場合、入会金が半額になります。 ※こちらは川西教室で行う教室授業の申し込み画面です。 ※オンライン受講をご希望の場合は、こちらのリンク先からお申し込みください。 https://www.asahiculture.com/asahiculture/asp-webapp/web/WWebKozaShosaiNyuryoku.do?kozaId=4490173

    • トライアル可
  • 川西教室
  • 教室開催

短歌

植山俊宏 写真(上半身).jpg
  • 植山 俊宏/京都教育大学教授
  • 2024/07/13 〜 2024/09/28
  • 13:30〜15:30
  • 全5回
  • 会員 14,300円
  • 短歌は万葉集以来の伝統をもちながら、今を生きる私たちの表現としても活力のある詩型です。さまざまな秀歌を鑑賞しつつ、実作中心に歌のこころを学んでいきます。作品集「猪名川」を発行し、楽しい雰囲気の教室です。(「猪名川」は受付にて500円でご購入いただけます)

    • 見学可