1. 全国トップ
  2. 講座検索
中之島 美術史・鑑賞
検索条件を変更する

フリーワードで検索

※空白を入れずに入力ください

教室を選ぶ

カテゴリーを選ぶ

大カテゴリー 小カテゴリー

講座形態を選ぶ

閉じる

フリーワードで検索

※空白を入れずに入力ください

曜日

開催時間

format_list_bulletedその他の条件

29講座中 1〜10件を表示 

  • 中之島教室
  • オンライン(事前選択講座)

15世紀ネーデルラントの画家たち(オンライン受講)
美術史講座(全3回)

kimuratarou.JPG
  • 木村 太郎/大阪芸術大学・神戸女学院大学非常勤講師、美術史家
  • 2024/01/09 〜 2024/03/12
  • 10:00〜11:30
  • 全3回
  • 会員 9,240円 / 一般 10,230円
  • 15世紀のネーデルラントでは多くの画家たちが、当時発明されたばかりの油彩技法を用い、驚くほど緻密な細部描写を特徴とする宗教画や肖像画を生み出しました。以前の講座で取り上げたヤン・ファン・エイク(1390頃〜1441年)はその代表的な存在ですが、今回の講座では、彼とほぼ同じ時代にネーデルラントで活躍した3人の画家ロベール・カンパン(1375頃〜1444年)、ロヒール・ファン・デル・ウェイデン(1399/1400〜1464年)、ペトルス・クリストゥス(1410/20頃〜75年頃)を取り上げ、その作品と生涯を眺めてみましょう。 テーマ 第1回 1月 ロベール・カンパン 第2回 2月 ロヒール・ファン・デル・ウェイデン 第3回 3月 ペトルス・クリストゥス

    • 見逃し配信あり
  • 中之島教室
  • 教室(事前選択講座)

15世紀ネーデルラントの画家たち(教室受講)
美術史講座(全3回)

kimuratarou.JPG
  • 木村 太郎/大阪芸術大学・神戸女学院大学非常勤講師、美術史家
  • 2024/01/09 〜 2024/03/12
  • 10:00〜11:30
  • 全3回
  • 会員 9,240円 / 一般 10,230円
  • 15世紀のネーデルラントでは多くの画家たちが、当時発明されたばかりの油彩技法を用い、驚くほど緻密な細部描写を特徴とする宗教画や肖像画を生み出しました。以前の講座で取り上げたヤン・ファン・エイク(1390頃〜1441年)はその代表的な存在ですが、今回の講座では、彼とほぼ同じ時代にネーデルラントで活躍した3人の画家ロベール・カンパン(1375頃〜1444年)、ロヒール・ファン・デル・ウェイデン(1399/1400〜1464年)、ペトルス・クリストゥス(1410/20頃〜75年頃)を取り上げ、その作品と生涯を眺めてみましょう。 テーマ 第1回 1月 ロベール・カンパン 第2回 2月 ロヒール・ファン・デル・ウェイデン 第3回 3月 ペトルス・クリストゥス

  • 中之島教室
  • 教室開催

対比でみる仏像鑑賞       鎌倉時代の仏像
円成寺と興福寺南円堂

  • 鈴木 喜博/奈良国立博物館名誉館員
  • 2024/01/10 〜 2024/03/06
  • 10:30〜12:00
  • 全3回
  • 会員 9,570円 / 一般 10,890円
  • 引き続き興福寺の鎌倉彫刻です。南円堂の四天王像はもと中金堂に安置されていたもので、晴れて康慶一門の手になる南円堂四天王として紹介します。西金堂の仏頭は近年、運慶作の新説が唱えられたもの。維摩・文殊は定慶の作で、老と壮、病と健、方形と円形など、対比の視点から鑑賞すると、意外なことに気が付きます。テキストは『奈良六大寺大観』の解説の精読。 【カリキュラム】 @1月10日 興福寺南円堂の四天王像  康慶一門の作 A2月 7日 興福寺西金堂の仏頭および化仏 運慶作(新説) B3月 6日 興福寺東金堂の維摩・文殊菩薩像(1) 定慶作

  • 中之島教室
  • 教室開催

日本の仏像に出会う
鎌倉時代編・京都の仏像

日本の仏像・戒光寺.jpg
  • 金子 典正/京都芸術大学教授
  • 2024/01/11 〜 2024/03/14
  • 13:00〜14:30
  • 全6回
  • 会員 18,480円
  • 日本の仏像の歴史について学びます。奈良や京都には素晴らしい仏像が数多く伝えられており、穏やかな表情の仏像を拝観すると私達は心の安らぎを覚えます。本講座はこうした仏像の意味や歴史、また寺院についても学び、仏像に関する知識を深めます。毎回プロジェクターを使って仏像を詳しくご紹介し、プリントを配布して丁寧に解説します。楽しみながら仏像について学んでください。今期は京都に伝えられる鎌倉時代以降の仏像について解説します。1回目は泉涌寺の楊貴妃観音像、2回目は戒光寺の釈迦如来立像、3回目は宇治の萬福寺の歴史と仏像について、4回目は中世以降の慶派仏師たち、5回目は東大寺の公慶上人像、6回目は風神雷神図屏風にみる風神雷神像の源流について講じます。毎回わかりやすく丁寧に解説します。 写真:戒光寺 <各回テーマ> 1/11 泉涌寺の楊貴妃観音像、1/18 戒光寺の釈迦如来立像 1/25 萬福寺の歴史と仏像、2/1 中世以降の慶派仏師たち 2/22 東大寺公慶上人像、3/14 風神雷神図屏風にみる風神雷神像の源流

  • 中之島教室
  • 教室開催

日本美術の諸問題〜
長岳寺の美術

  • 小林 裕子/京都橘大学教授
  • 2024/01/19 〜 2024/03/29
  • 13:00〜14:30
  • 全3回
  • 会員 9,900円 / 一般 10,890円
  • 本講座では、飛鳥時代から鎌倉時代までに制作された仏像や仏画の優品を一作例ずつとりあげ、作品の見どころをご紹介していきます。さらに、いつ誰がいかなる目的をもって制作したのか、作品をとりまく歴史的背景や最近の研究成果などをとり混ぜながら多角的に理解を深めます。講座中、作品にかかわる文献史料や図面を使用しますが、ゆっくりわかりやすく説明いたしますので、はじめての方でも安心してご参加ください。今期3回は長岳寺の仏像について お話しいたします。

  • 中之島教室
  • オンライン(事前選択講座)

15世紀前半のフィレンツェの奇才たち(オンライン受講)
イタリア美術史(全3回)

kimuratarou.JPG
  • 木村 太郎/大阪芸術大学・神戸女学院大学非常勤講師、美術史家
  • 2024/01/25 〜 2024/03/28
  • 15:30〜17:00
  • 全3回
  • 会員 9,240円 / 一般 10,230円
  • 15世紀前半のフィレンツェはヨーロッパにおける美術の中心地であり、そこでは中世の美術様式が終わりをつげ、人体の自然な描写や、豊かな感情表現、遠近法などを追求する新しい初期ルネサンス様式が花開きはじめていました。 今回の講座では、この新たな動きを牽引した3人の画家パオロ・ウッチェッロ(1397頃〜1475年)、ドメニコ・ヴェネツィアーノ(1410頃〜61年)、アンドレーア・デル・カスターニョ(1419頃〜57年)を取り上げ、その作品と生涯に目を向けてみましょう。 テーマ 第1回 1月 パオロ・ウッチェッロ 第2回 2月 ドメニコ・ヴェネツィアーノ 第3回 3月 アンドレーア・デル・カスターニョ

    • 見逃し配信あり
  • 中之島教室
  • 教室(事前選択講座)

15世紀前半のフィレンツェの奇才たち(教室受講)
イタリア美術史(全3回)

kimuratarou.JPG
  • 木村 太郎/大阪芸術大学・神戸女学院大学非常勤講師、美術史家
  • 2024/01/25 〜 2024/03/28
  • 15:30〜17:00
  • 全3回
  • 会員 9,240円 / 一般 10,230円
  • 15世紀前半のフィレンツェはヨーロッパにおける美術の中心地であり、そこでは中世の美術様式が終わりをつげ、人体の自然な描写や、豊かな感情表現、遠近法などを追求する新しい初期ルネサンス様式が花開きはじめていました。 今回の講座では、この新たな動きを牽引した3人の画家パオロ・ウッチェッロ(1397頃〜1475年)、ドメニコ・ヴェネツィアーノ(1410頃〜61年)、アンドレーア・デル・カスターニョ(1419頃〜57年)を取り上げ、その作品と生涯に目を向けてみましょう。 テーマ 第1回 1月 パオロ・ウッチェッロ 第2回 2月 ドメニコ・ヴェネツィアーノ 第3回 3月 アンドレーア・デル・カスターニョ

  • 中之島教室
  • オンライン(事前選択講座)

基礎から学ぶ建築史(オンライン受講)

GettyImages-958428772.jpg
  • 深水 浩/FTA建築都市研究室代表
  • 2024/01/27 〜 2024/03/30
  • 10:30〜12:00
  • 全3回
  • 会員 10,230円 / 一般 11,220円
  • 「建築は好きだけどなんとなく見ているだけで見方が分からない」という人が多いと思います。時代背景に基づいた建築様式や細部意匠、さらには建築家の人生を学ぶことにより、建築の見え方が劇的に変わるでしょう。西洋・近代・日本の建築史を大学の講義形式で基礎からじっくりと学んでみませんか。 《カリキュラム》 (1)1月27日(土) 西洋建築史@ 古代その1(古代ギリシャ建築) (2)2月24日(土) 西洋建築史A 古代その2(古代ローマ建築) (3)3月30日(土) 西洋建築史B 中世その1(初期キリスト教建築・ビザンティン建築) ※4月以降は「西洋建築史C 中世その2(ロマネスク建築・ゴシック建築)」〜を予定

    • 見逃し配信あり
  • 中之島教室
  • 教室(事前選択講座)

基礎から学ぶ建築史(教室受講)

GettyImages-958428772.jpg
  • 深水 浩/FTA建築都市研究室代表
  • 2024/01/27 〜 2024/03/30
  • 10:30〜12:00
  • 全3回
  • 会員 10,230円 / 一般 11,220円
  • 「建築は好きだけどなんとなく見ているだけで見方が分からない」という人が多いと思います。時代背景に基づいた建築様式や細部意匠、さらには建築家の人生を学ぶことにより、建築の見え方が劇的に変わるでしょう。西洋・近代・日本の建築史を大学の講義形式で基礎からじっくりと学んでみませんか。 《カリキュラム》 (1)1月27日(土) 西洋建築史@ 古代その1(古代ギリシャ建築) (2)2月24日(土) 西洋建築史A 古代その2(古代ローマ建築) (3)3月30日(土) 西洋建築史B 中世その1(初期キリスト教建築・ビザンティン建築) ※4月以降は「西洋建築史C 中世その2(ロマネスク建築・ゴシック建築)」〜を予定

  • 中之島教室
  • オンライン開催

朝鮮半島・仏教美術の旅
―百済の仏教美術―

朝鮮仏教美術・瑞山摩崖造像.jpg
  • 金子 典正/京都芸術大学教授
  • 2024/02/28
  • 15:30〜17:00
  • 全1回
  • 会員 3,300円 / 一般 3,630円
  • 朝鮮半島の歴史書『三国史記』によると百済は高句麗王家から分かれて成立したと伝えられ、4世紀以降は現在のソウルを都とし、やがて熊津(現在の公州)、泗沘(扶余)へと遷都しました。講座では、各地の重要な遺跡と仏教が百済に伝播してから建立された寺院と仏像を中心に講じます。現地の写真を交えながらわかりやすく解説します。旅気分で楽しみながら学んでください。 写真:瑞山摩崖三尊仏

    • 見逃し配信あり