1. 全国トップ
  2. 講座検索
千葉 文学・文芸創作
検索条件を変更する

フリーワードで検索

※空白を入れずに入力ください

教室を選ぶ

カテゴリーを選ぶ

大カテゴリー 小カテゴリー

初回開講月を選ぶ

講座形態を選ぶ

閉じる

フリーワードで検索

※空白を入れずに入力ください

曜日

開催時間

format_list_bulletedその他の条件

35講座中 1〜20件を表示 

  • 千葉教室
  • 教室開催

源氏物語宇治十帖を読む
愛執と道心のはざまに

03110050.jpg
  • 赤塚 雅己/聖徳大学オープン・アカデミー講師
  • 2024/04/04 〜 2024/06/20
  • 13:00〜14:30
  • 全7回
  • 会員 24,255円
  •  王朝中枢の栄華より疎外された幽寂の地、宇治に展開する三姉妹の運命のドラマ。  大君の自己犠牲と死、中君の現実への諦観、浮舟の恋の迷走と破局―愛執と道心のはざまに苦しみただよう女人に救いの光明はあるのか。  究極の問いに至る物語の妙趣をご一緒に味読しましょう。

  • 千葉教室
  • 教室開催

エッセーを楽しむ

essei.jpg
  • 上坂 樹/ジャーナリスト
  • 2024/04/04 〜 2024/07/04
  • 13:00〜15:00
  • 全7回
  • 会員 24,255円
  • 何気なく過ごしていることの多い日常。文章を書くことで、漠然とした思いがしっかりした輪郭で見えてくるかもしれません。情報過多の現代社会で、見えにくくなっている家族や会社、友人、恋人との関係。そこにクサビを打ち込むのも、言葉の力です。共に学んでみませんか。

    • 見学可
    • 残りわずか
  • 千葉教室
  • 教室開催

俳句を楽しむ

yamada.jpg
  • 山田 真砂年/稲俳句会主宰
  • 2024/04/04 〜 2024/06/20
  • 13:00〜15:00
  • 全7回
  • 会員 24,255円
  • 俳句は毎日の暮らしの中からすくい上げる「心の詩」です。四季折々の風物に託して、自分の思いを自分の言葉で、五七五の俳句形式で表現してみませんか。全く初めての方にも分かりやすいように、俳句の基本から、決まりや歴史、秀句鑑賞などもまじえて、学んでいきます。

    • 見学可
    • トライアル可
  • 千葉教室
  • 教室開催

小説創作の技法

佐藤洋二郎さん-min.jpg
  • 佐藤 洋二郎/作家
  • 2024/04/06 〜 2024/06/22
  • 15:30〜17:30
  • 全6回
  • 会員 22,110円
  • 小説を書くということは、音楽や絵画と同じように技術が要ります。文章が書ければ小説を書けると思い込んでいる人がいますが、小説を書くための基本は「読む」「観る」「書く」ということになります。つまり、ものや人間を観る目、そしてそのことを表現する技術が大切です。本講座では、「どういうふうに書くか」という技術の修練を中心に進めていきたいと思います。 【作品提出の方法】 ・新規の方は、第2回目以降に作品をご提出いただけます。 ・作品は、400字詰原稿用紙に1作品100枚迄(最終ページに400字●枚と記入)  ※あらすじ部分は文字数に含みません。 ・パソコンの場合は縦書きA4で40字40行が目安(12ポイント程度)  ※なるべくパソコンで作成してください。手書きの場合は文字を濃くはっきりと書いてください。 ・原稿には必ず氏名(本名も)とノンブル(ページ数)記入してください。 ・提出原稿は、原本を授業開始5分前までに受付または教室の提出箱に投函してください。  ※一度提出した原稿の差し替えはできません。完全原稿で提出してください。

  • 千葉教室
  • 教室開催

目からうろこの文章術
あなたもエッセイスト

川村昭義.JPG
  • 川村 昭義/文筆家・元朝日新聞記者
  • 2024/04/09 〜 2024/06/25
  • 13:00〜15:00
  • 全6回
  • 会員 20,790円
  • 文章ってどう書いたらいいんだろう?…そんな悩みを、文章書きの体験を基に、書き方のコツを解説します。大切な事は物の見方、感じ方。そして、ちょっぴりの書く技術。町中の広告なども教材にしながら、前講座同様にお互いのエッセイを持ち寄って、みんなで考えましょう。

    • 見学可
    • トライアル可
  • 千葉教室
  • 教室開催

すずき巴里俳句教室

すずき巴里先生.JPG
  • すずき 巴里/俳誌「ろんど」主宰
  • 2024/04/09 〜 2024/06/25
  • 13:00〜15:00
  • 全6回
  • 会員 20,790円
  •  俳句の世界へようこそ。俳句に出会い、自分に出会う。あなたの大切な人生を俳句に詠んでみませんか。句会形式を通して学んでいきます。季節ごとの季語を学びつつ、作品を句会に提出、清記、互選、披講、合評、講評、添削と進めていきます。未経験や初心者の方も気兼ねなくご参加下さい。一人ひとりの感性を大事にしながら俳句を詠んでいきます。

    • 見学可
    • トライアル可
  • 千葉教室
  • 教室開催

万葉集
初期万葉を読む―天智天皇とその周辺

mibusachiko-min.jpg
  • 壬生 幸子/共栄大学名誉教授
  • 2024/04/26 〜 2024/06/28
  • 13:00〜14:30
  • 全3回
  • 会員 11,055円
  • 初期万葉は壬申の乱(672)以前の、『万葉集』のなかでは最も古い歌々です。今回は、激動の時代であった中大兄皇子・天智天皇の施政下に生まれた歌たち―天智天皇や額田王ら朝廷の人々の歌を、資料を参照しながら読んでいきます。歌の背景にある歴史と社会の状況をふまえ、歌人の心情に思いを馳せながら、万葉の抒情を楽しみましょう。 第1回 天智天皇と近江京 第2回 近江朝廷の文雅 第3回 中大兄皇子施政の影とその記憶

  • 千葉教室
  • 教室開催

楽しい短歌

nakagawa.jpg
  • 中川 佐和子/「未来」短歌会選者・編集委員 
  • 2024/04/26 〜 2024/06/28
  • 10:30〜12:30
  • 全3回
  • 会員 10,395円
  • 日々のなかで、こころの揺らぎを感じることはありませんか。そういう揺らぎを短歌定型にのせてみれば、新しい自分との出会いがあるでしょう。わかりやすく短歌の伝統を学んだり、短歌の形式への理解を深めたりして、自分らしい短歌を作る力を、楽しく身につけましょう。

    • 見学可
    • トライアル可
  • 千葉教室
  • 教室・オンライン自由講座

『紫式部日記』の世界

吉井美弥子先生.jpg
  • 吉井 美弥子/元和洋女子大学教授
  • 2024/04/27 〜 2024/06/22
  • 13:00〜14:30
  • 全3回
  • 会員 10,395円 / 一般 13,695円
  • 今年のNHK大河ドラマの主人公、紫式部は『源氏物語』を書いたことでよく知られていますが、一条天皇の中宮彰子に仕え、『紫式部日記』も著しています。そこには中宮彰子の御子出産の記録と紫式部自身のさまざまな思いが書きこまれています。本講座では『紫式部日記』を、登場人物、言葉、社会、慣習、時代背景などとともに丁寧に読み解いていきます。連続して講読していく予定です(講師・記)。 <4〜6月:各回の予定> 4月:『紫式部日記』が書かれるまでの背景の解説と冒頭(彰子、道長、頼通の様子) 5月:いよいよお産近し! 6月:待望の男子誕生

    • 見逃し配信あり
  • 千葉教室
  • 教室・オンライン自由講座

今につながる江戸の怪談文化

飯倉義之先生.jpg
  • 飯倉 義之/國學院大学教授
  • 2024/06/29
  • 15:30〜17:00
  • 全1回
  • 会員 3,465円 / 一般 4,565円
  •  怪談の季節といえば夏、というのが定番です。夏にはホラーを題材にしたエンタテインメントがたくさん世に出回ります。しかしどうして夏が怪談の季節なのでしょう。実は、夏が怪談の季節なのも、怪談がエンタテインメントでもてはやされるのも、江戸時代に端を発する文化なのです。その江戸の怪談文化の根っこはまた、日本人の霊魂観や民俗信仰の深層に繋がっています。今につながる江戸の怪談文化を、民俗文化の観点から深堀していきたいと思います(講師・記)。

    • 見逃し配信あり
  • 千葉教室
  • 教室開催

源氏物語宇治十帖を読む
愛執と道心のはざまに

03110050.jpg
  • 赤塚 雅己/聖徳大学オープン・アカデミー講師
  • 2024/07/04 〜 2024/09/19
  • 13:00〜14:30
  • 全6回
  • 会員 20,790円
  •  王朝中枢の栄華より疎外された幽寂の地、宇治に展開する三姉妹の運命のドラマ。  大君の自己犠牲と死、中君の現実への諦観、浮舟の恋の迷走と破局―愛執と道心のはざまに苦しみただよう女人に救いの光明はあるのか。  究極の問いに至る物語の妙趣をご一緒に味読しましょう。

  • 千葉教室
  • 教室開催

俳句を楽しむ

yamada.jpg
  • 山田 真砂年/稲俳句会主宰
  • 2024/07/04 〜 2024/09/19
  • 13:00〜15:00
  • 全6回
  • 会員 20,790円
  • 俳句は毎日の暮らしの中からすくい上げる「心の詩」です。四季折々の風物に託して、自分の思いを自分の言葉で、五七五の俳句形式で表現してみませんか。全く初めての方にも分かりやすいように、俳句の基本から、決まりや歴史、秀句鑑賞などもまじえて、学んでいきます。

    • 見学可
    • トライアル可
  • 千葉教室
  • 教室開催

短歌への入り口

05310020.jpg
  • 松平 盟子/歌誌「プチ★モンド」代表・現代歌人協会理事
  • 2024/07/05 〜 2024/09/06
  • 13:00〜15:00
  • 全2回
  • 会員 6,930円
  •  短歌を学び、より深く楽しむために求められるのは「読む」ことと「詠む」ことの二つです。この講座では両方をバランスよく取り入れています。一歩一歩、短歌の入口から奥へとあなたを誘っていきます。門前の淑女、紳士の皆さん、門の入口はいつも大きく開かれていますよ。

    • 見学可
    • トライアル可
  • 千葉教室
  • 教室開催

小説創作の技法

佐藤洋二郎さん-min.jpg
  • 佐藤 洋二郎/作家
  • 2024/07/06 〜 2024/09/21
  • 15:30〜17:30
  • 全6回
  • 会員 22,110円
  • 小説を書くということは、音楽や絵画と同じように技術が要ります。文章が書ければ小説を書けると思い込んでいる人がいますが、小説を書くための基本は「読む」「観る」「書く」ということになります。つまり、ものや人間を観る目、そしてそのことを表現する技術が大切です。本講座では、「どういうふうに書くか」という技術の修練を中心に進めていきたいと思います。 【作品提出の方法】 ・新規の方は、第2回目以降に作品をご提出いただけます。 ・作品は、400字詰原稿用紙に1作品100枚迄(最終ページに400字●枚と記入)  ※あらすじ部分は文字数に含みません。 ・パソコンの場合は縦書きA4で40字40行が目安(12ポイント程度)  ※なるべくパソコンで作成してください。手書きの場合は文字を濃くはっきりと書いてください。 ・原稿には必ず氏名(本名も)とノンブル(ページ数)記入してください。 ・提出原稿は、原本を授業開始5分前までに受付または教室の提出箱に投函してください。  ※一度提出した原稿の差し替えはできません。完全原稿で提出してください。

  • 千葉教室
  • 教室開催

月曜俳句塾
秋尾敏の俳句世界

秋尾敏.jpg
  • 秋尾 敏/「軸」俳句会主宰
  • 2024/07/08 〜 2024/09/09
  • 13:00〜15:00
  • 全3回
  • 会員 10,395円
  • 俳句を作り始めると、今までたくさんのものごとを見過ごしてきたことに気づきます。あらゆるものとの出会いを大切にし、わずかな心の動きも自覚して、人生を丁寧に生きていくための俳句作りを目指します。毎回、さまざまな俳人の手法に学びながら、自己の表現を磨き上げる方法を探求していきます。

    • 見学可
    • トライアル可
  • 千葉教室
  • 教室開催

漱石の漢詩
「明暗」時代

souseki-kuroda assyuku.jpg
  • 黒田 眞美子/元法政大学教授
  • 2024/07/09 〜 2024/09/10
  • 15:30〜17:00
  • 全3回
  • 会員 10,395円
  •  『明暗』時代の漢詩は、大正五年八月十四日夜から始められました。五月半ばに起稿された小説の輪郭が定まったころです。漱石は午前中、小説を執筆し、「午後の日課として」漢詩を作ったと述べています(芥川等への手紙)。理由は、我執に囚われた人間関係を小説に書いていると「大いに俗了された心持」になるからと記しています。したがって詠まれた漢詩は、俗世を超越した清閑な自然美と禅的興趣に満ちています。五十年の人生を回顧しての深い死生観も認められます。昨今の混冥を深める現況にとっても、一種の光芒になり得る世界観といえましょう。小説との関わりを勘案しながら、「則天去私」をめざす漱石の漢詩の世界を訪れて、清新な光芒を見つけたいと思います。 <2024年7月期>  今季の漢詩は、漱石の亡くなる二十日前、十一月二十日までの約百日間に詠まれた七十五首です。その大半は、七言律詩です。律詩は絶句とともに近体詩に属しますが、古詩に比べて平仄など規則が厳しく、中でも七律は気力体力が最も要求される詩形です。衰弱してゆく身に抗うように死の直前まで作り続けた作品群ですが、律詩としての技術的完成度の高さは瞠目に値します。斯様に緊張感溢れる迫力の作品がありながら、同時に漱石が憧れた常春の優美な理想郷が描出されていて、さすが小説家というべき虚構性が面目躍如の作も少なくありません。漢詩としての技術的、および内容的両側面を丁寧に考察しながら、その魅力を存分に味わう所存です。

  • 千葉教室
  • 教室・オンライン自由講座

シェイクスピアの魅力を味わう「ハムレット」

篠崎顔写真.png
  • 篠崎 実/千葉大学教授
  • 2024/07/09 〜 2024/09/10
  • 15:30〜17:00
  • 全3回
  • 会員 10,395円 / 一般 13,695円
  • イギリスの劇作家ウィリアム・シェイクスピア(1564年生まれ、1616年殁)の作品について考える講座です。毎期1作品をとりあげ、その魅力を味わいます。 今期は、主人公の複雑な性格のためにさまざまな解釈がなされ、シェイクスピア劇中もっとも人気が高い悲劇『ハムレット』をとりあげます。映画や現代の舞台上演に触れながらこの劇の魅力や意味について考えていきたいと思います。」(講師・記)

    • 見逃し配信あり
    • 24夏クーポン1,000対象
  • 千葉教室
  • 教室開催

目からうろこの文章術
あなたもエッセイスト

川村昭義.JPG
  • 川村 昭義/文筆家・元朝日新聞記者
  • 2024/07/09 〜 2024/09/24
  • 13:00〜15:00
  • 全6回
  • 会員 20,790円
  • 文章ってどう書いたらいいんだろう?…そんな悩みを、文章書きの体験を基に、書き方のコツを解説します。大切な事は物の見方、感じ方。そして、ちょっぴりの書く技術。町中の広告なども教材にしながら、前講座同様にお互いのエッセイを持ち寄って、みんなで考えましょう。

    • 見学可
    • トライアル可
  • 千葉教室
  • 教室開催

すずき巴里俳句教室

すずき巴里先生.JPG
  • すずき 巴里/俳誌「ろんど」主宰
  • 2024/07/09 〜 2024/09/24
  • 13:00〜15:00
  • 全6回
  • 会員 20,790円
  •  俳句の世界へようこそ。俳句に出会い、自分に出会う。あなたの大切な人生を俳句に詠んでみませんか。句会形式を通して学んでいきます。季節ごとの季語を学びつつ、作品を句会に提出、清記、互選、披講、合評、講評、添削と進めていきます。未経験や初心者の方も気兼ねなくご参加下さい。一人ひとりの感性を大事にしながら俳句を詠んでいきます。

    • 見学可
    • トライアル可
  • 千葉教室
  • 教室開催

能村俳句

nomura.jpg
  • 能村 研三/「沖」主宰
  • 2024/07/13 〜 2024/09/14
  • 10:00〜12:00
  • 全3回
  • 会員 10,395円
  • 普段の身のまわりの生活の中から、それぞれの季節を確認しつつ、季語を見つけてみましょう。自分の中に、新たな季節の変化への感覚や感動を発見するはずです。詩的な高揚を高めながら、自らの言葉によって自分を表現してみましょう。俳句を通し、季語や切字、それにリズムなど、俳句の基本を一緒に学びましょう。さらに現代の名句を鑑賞しながら、実作を指導し、一人一人の作品を批評します。

    • 見学可
    • トライアル可