1. 全国トップ
  2. 講座検索
千葉 歴史
検索条件を変更する

フリーワードで検索

※空白を入れずに入力ください

教室を選ぶ

カテゴリーを選ぶ

大カテゴリー 小カテゴリー

初回開講月を選ぶ

講座形態を選ぶ

閉じる

フリーワードで検索

※空白を入れずに入力ください

曜日

開催時間

format_list_bulletedその他の条件

27講座中 1〜20件を表示 

  • 千葉教室
  • 教室開催

日本書紀でよむ古代王権の歴史

02110080.jpg
  • 遠山 美都男/学習院大学講師
  • 2024/04/01 〜 2024/07/01
  • 10:30〜12:00
  • 全6回
  • 会員 20,790円
  • 『日本書紀』の講読を通じて古代王権の歴史を学びます。わが国における王権の誕生はいったいどのように認識され、描かれているでしょうか。『日本書紀』編纂当時の歴史認識がうかび上がります。

  • 千葉教室
  • 教室・オンライン自由講座

『妙見絵巻』に見る千葉妙見の登場

妙見 浜名徳順さん.jpg
  • 浜名 徳順/宝聚寺住職
  • 2024/04/18 〜 2024/06/20
  • 10:30〜12:00
  • 全3回
  • 会員 11,055円 / 非会員 14,355円
  • 中世の房総に活躍した武士団千葉氏は妙見菩薩を守護神としていました。それは今日に受継がれ、千葉神社をはじめ県内各地の社寺に妙見菩薩(神)が祀られています。千葉氏の妙見信仰はどのようなものであったのか?信仰の成立はいつ頃だったのだろうか?千葉市栄福寺に伝わる『千葉妙見大縁起絵巻』から読み取って行きたいと思います。

    • 見逃し配信あり
  • 千葉教室
  • 教室開催

学び直す世界史

02130250.jpg
  • 鈴村 裕輔/名城大学准教授
  • 2024/04/22 〜 2024/06/24
  • 13:00〜14:30
  • 全3回
  • 会員 10,395円
  •  本講義では、『もういちど読む山川世界史』を教材とし、覚えているようで忘れてしまった世界の歴史の流れを皆さんと一緒に学びなおします。 <4月期> 大戦後のドイツでは戦勝国による支配体制への不満が高まり、ヴェルサイユ体制の打破が現実的な問題となりました。そのような中でアドルフ・ヒトラーの率いる国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス)が保守層の支持を得て勢力を拡大します。今回はナチスが政権を獲得する前後の情勢を学びます。 4月:ナチスの躍進 5月:ナチス政権の成立 6月:ヴェルサイユ体制の崩壊

  • 千葉教室
  • 教室・オンライン自由講座

古代中国史

加藤徹.jpg
  • 加藤 徹/明治大学教授
  • 2024/04/23 〜 2024/06/25
  • 15:30〜17:00
  • 全3回
  • 会員 10,395円 / 一般 13,695円
  • 数千年におよぶ中国史を豊富な図版を使いながら予備知識のない人にもわかりやすく解説します。 <各回カリキュラム> 4/23 宋王朝――近代を先取りした国家 5/28 元王朝――中国を越えた世界帝国 6/25 明王朝――最後の漢民族的な王朝

    • 見逃し配信あり
  • 千葉教室
  • 教室・オンライン自由講座

古墳探訪
葛飾の古墳と周辺の遺跡

02310060.jpg
  • 白井 久美子/千葉県立房総のむら 主任上席研究員
  • 2024/04/26 〜 2024/06/28
  • 15:30〜17:00
  • 全3回
  • 会員 10,395円
  • 日本全国の古墳について、各回テーマごとに資料を用いて解説します。 2024年4月期テーマ「葛飾の古墳と周辺の遺跡」 4月26日 下総と武蔵の境界地域の遺跡 5月24日 国府台の古墳と国府域の遺跡 6月28日 東京低地の古墳と集落

    • 見逃し配信あり
  • 千葉教室
  • 教室・オンライン自由講座

風土記をよむ
風土記逸文

82c6a35d-22e0-a968-96f9-645b1852c105kaneokaa-min.jpg
  • 兼岡 理恵/千葉大学教授
  • 2024/05/15 〜 2024/06/19
  • 10:30〜12:00
  • 全2回
  • 会員 6,930円 / 一般 9,130円
  • 奈良時代に編纂された日本最古の地誌・風土記。まとまった形で残るのは、常陸・播磨・出雲・豊後・肥前の五つですが、これらのほかにも、他の文献に引用される形で、その存在・内容を知ることができる「風土記逸文」があります。その中には、羽衣伝承や浦嶋子などの著名な伝説をはじめ、賀茂社の由来など、興味深い記事が満載です。本講座では、さまざまな風土記の片鱗をつたえる「風土記逸文」を、様々な角度からひもといてゆきます。

    • 見逃し配信あり
  • 千葉教室
  • 教室・オンライン自由講座

古代ギリシアの歴史と文化
初期鉄器時代および前古典期

古代ギリシアの歴史と文化-min.jpg
  • 橋 裕子/ギリシア考古学者
  • 2024/07/01 〜 2024/09/02
  • 15:30〜17:00
  • 全3回
  • 会員 10,395円 / 一般 13,695円
  • この講座では一年をかけて古代ギリシアの歴史や文化を通時的に学んでいく予定で、4〜6月にミノア文化やミケーネ文化を扱いました。 今回はそのあとの初期鉄器時代および前古典期に焦点を当てます。ただしちょうどパリオリンピックが開催される時期と重なるので、初回は通常の時代順のスケジュールからははずれて、古代のオリンピックおよびオリンピアの遺跡についてお話しすることとします。(講師記) 第1回 オリンピアの遺跡と古代のオリンピック 第2回 初期鉄器時代 第3回 前古典期

    • 見逃し配信あり
    • 24夏クーポン1,000対象
  • 千葉教室
  • 教室・オンライン自由講座

学び直しの中国古代史
戦国の興亡

加藤徹.jpg
  • 加藤 徹/明治大学教授
  • 2024/07/02 〜 2024/09/03
  • 15:30〜17:00
  • 全3回
  • 会員 10,395円 / 一般 13,695円
  • 紀元前403年から前221年までの中国の戦国時代は、国どうしが「富国強兵」「合従連衡」でしのぎを削った乱世で、漢文の故事成語の宝庫です。七大強国「戦国の七雄」こと韓・魏・趙・斉・燕・楚・秦は覇をきそい、弱小国ながら由緒ある周、魯、衛、宋は生き残りをかけて戦いました。日本でも最も人気がある戦国時代の各国の興亡を、豊富な図版を使いながら予備知識のないかたにもわかりやすく解説します。 第1回 秦 諸侯国から帝国まで7百年の歩み 第2回 斉 決勝戦まで勝ち残った西帝と東帝 第3回 趙 北方の軍事大国で栄えた邯鄲の都

    • 見逃し配信あり
  • 千葉教室
  • 教室・オンライン自由講座

もっと知りたい日本の城
戦国前期関東の城と合戦

26627208_m-min.jpg
  • 小和田 泰経/静岡英和学院大学講師
  • 2024/07/03 〜 2024/09/04
  • 13:00〜14:30
  • 全3回
  • 会員 10,395円 / 一般 13,695円
  • 最近では、戦国時代が応仁の乱よりも早く関東で始まったといわれます。享徳3年(1454)、鎌倉公方足利氏と関東管領上杉氏の対立から享徳の乱とよばれる大乱がおきました。今回は、戦国時代の始まりとなった享徳の乱から、その間隙をついて関東に進出してきた北条氏との合戦について、関連する城とともにわかりやすく解説します。 第1回 鎌倉公方足利氏と関東管領上杉氏の対立 第2回 北条早雲・氏綱の関東進出 第3回 北条氏康の関東制覇

    • 見逃し配信あり
    • 24夏クーポン1,000対象
  • 千葉教室
  • 教室・オンライン自由講座

紫式部の実像

24051820_m (1).jpg
  • 野口 孝子/公益財団法人古代学協会客員研究員
  • 並木 和子/史学博士
  • 2024/07/06 〜 2024/09/14
  • 13:00〜14:30
  • 全2回
  • 会員 6,930円 / 一般 9,130円
  • 紫式部といえば『源氏物語』の作者として有名です。今年はドラマなどにも取り上げられ、式部の生きた平安時代が注目されています。 紫式部と『枕草子』を書いた清少納言、式部と最高権力者藤原道長の気になる関係などを、小野宮実資の日記『小右記』等から探りつつ式部の実像に迫るとともに、『源氏物語』やその主人公を通して平安人の名前や呼称について仮名論の視点も含めて考察し、平安京で暮らした1000年前の人々の心性に触れてみます。 7月6日 紫式部の一生 ─物語作家から后の私設秘書へ─ 9月14日 紫式部と光源氏 ─平安人のお名前─

    • 見逃し配信あり
    • 24夏クーポン300対象
  • 千葉教室
  • 教室開催

平安貴族の日常に触れる

nogititakako.jpg
  • 野口 孝子/公益財団法人古代学協会客員研究員
  • 2024/07/06 〜 2024/09/07
  • 10:30〜12:00
  • 全2回
  • 会員 6,930円
  • 『小右記』は、紫式部や藤原道長の時代の貴族、右大臣小野宮実資によって記された和製漢文体の日記で、写本ですが50年間ほどが残されています。日記からは、天皇や后のみならず、道長夫妻を初め、貴族夫妻の協力態勢も窺われます。 『紫式部日記』に「匡衡衛門」と記された大江匡衡と赤染衛門夫妻はその代表。のちの時代に良妻賢母と太鼓判を押されます。一方協力が上手くいかないと悪女扱いを受けてしまいます。その代表が和泉式部。説話集なども含めて女性たちの生き方を考えてみましょう。 7月6日 「匡衡衛門」といわれた夫妻 ─尾張国に二回も一緒に下向─ 9月14日  恋に破れっぱなしの和泉式部 ─東寺門前に子を捨てる?─

  • 千葉教室
  • 教室・オンライン自由講座

弥生・古墳時代の金属工芸
―鏡や刀剣、甲冑―

上野祥史さん.jpg
  • 上野 祥史/国立歴史民俗博物館准教授
  • 2024/07/08 〜 2024/09/16
  • 10:30〜12:00
  • 全3回
  • 会員 10,395円 / 一般 13,695円
  •  弥生時代には青銅器と鉄器の利用が始まり、古墳時代にはさまざまな金属の造形が登場しました。土器や石器とは異なる「ものづくり」に注目し、各時期を代表する鏡や刀剣、あるいは甲冑などを対象に、形や装飾からその時々の社会の様子を眺めます(講師・記)。

    • 見逃し配信あり
  • 千葉教室
  • 教室・オンライン自由講座

食から学ぶ近現代イタリア史

H米のレシピ冊子.jpg
  • 秦泉寺 友紀/和洋女子大学教授
  • 2024/07/10 〜 2024/09/11
  • 15:30〜17:00
  • 全3回
  • 会員 10,395円 / 非会員 13,695円
  • 人がどのような食べ物を調理し食べていたか(あるいは何を食べざるをえなかったか)は、その人がおかれた社会、時代を映し出す鏡です。たとえば今日のピッツァのグローバルな展開の原点となったのは、よりよい生活を求めイタリアを離れた20世紀初頭の移民です。またイタリアでは「貧民の食」のイメージをまとっていた米食が全国的に推奨されたのはファシズム期、他国に依存しないというナショナリズム的な政策のもとのことでした。本講座では、ピッツァ、パスタ、米の3つのイタリア料理(食品)を手がかりとして取り上げ、二度にわたる世界大戦、ファシズム、戦後の経済成長を経て現在にいたるイタリアの歴史的展開を食卓から読み解きます。(講師・記) 7月:ピッツァからピザへ――移民が伝えたイタリアの食 8月:パスタ=国民食?――イタリアと小麦            9月:米のイメージの変容――「貧民の食」から健康食へ

    • 見逃し配信あり
    • 24夏クーポン1,000対象
  • 千葉教室
  • 教室開催

ヨーロッパと地中海・歴史と旅
〜古代から現代〜

03430064.jpg
  • 楠田 直樹/創価女子短期大学名誉教授
  • 2024/07/11 〜 2024/09/26
  • 15:00〜16:30
  • 全3回
  • 会員 10,395円
  • 三大陸に囲まれ多くの文明と民族が行き交い、壮麗な歴史の舞台となってきた地中海。古代・中世・近代・現代へと流れていく悠久の歴史の妙味を語りながら、古代、現代世界の違いや同質性を考え、地中海の歴史の本質に迫ります。講師の現地でのエピソードも混じえてお話します。

  • 千葉教室
  • 教室・オンライン自由講座

日本書紀でよむ古代王権の歴史

02110080.jpg
  • 遠山 美都男/学習院大学講師
  • 2024/07/15 〜 2024/09/30
  • 10:30〜12:00
  • 全7回
  • 会員 24,255円
  • 『日本書紀』の講読を通じて古代王権の歴史を学びます。わが国における王権の誕生はいったいどのように認識され、描かれているでしょうか。『日本書紀』編纂当時の歴史認識がうかび上がります。 ※2024/4期より、第四巻使用。 ※2017年開講。

    • 見逃し配信あり
  • 千葉教室
  • 教室・オンライン自由講座

中世の古文書を読む
水木家資料を読む

田中大喜.jpg
  • 田中 大喜/日本大学教授
  • 2024/07/16 〜 2024/09/17
  • 10:30〜12:00
  • 全3回
  • 会員 10,395円 / 一般 13,695円
  • この講座では、主に中世(12世紀末〜16世紀)の文書史料を読み解いていきます。中世固有の表現や時代背景をあわせて学ぶことで、文書史料から様々な情報を引き出し、歴史像を創り出す醍醐味を味わってみませんか。 今期は、「水木家資料」を取り上げます。

    • 見逃し配信あり
  • 千葉教室
  • 教室・オンライン自由講座

日本の貨幣1300年史
朝日カルチャーセンター50周年記念

3aikod29_124fro.jpg
  • 三上 喜孝/国立歴史民俗博物館教授
  • 2024/07/17
  • 13:00〜14:30
  • 全1回
  • 会員 3,465円 / 一般 4,565円
  •  私たちがふだん使っている貨幣は、歴史的にどのように生まれ、形成されてきたのでしょうか。貨幣は、単に経済的な側面だけではなく、国家権力との関わり、呪術的な使用、その意匠の意味するものなど、歴史を知る素材としてさまざまな情報を提供してくれます。本講座では、時代によって形を変えながらも今日まで続いてきた日本の貨幣1300年史を旅します。貨幣を経済史的視点からではなく、「モノ」としてとらえることによりその時代の特質を明らかにすることが本講座の狙いです。紙幣の肖像画が刷新される今年(2024年)、この機会に、貨幣の歴史について考えてみましょう(講師・記)

    • 見逃し配信あり
    • 24夏クーポン300対象
  • 千葉教室
  • 教室・オンライン自由講座

中東の近現代史

中東の近現代史.jpg
  • 若林 啓史/京都大学博士
  • 2024/07/17 〜 2024/09/18
  • 13:00〜14:30
  • 全3回
  • 会員 10,395円 / 一般 13,695円
  • 中東地域は、地理的に広大で、長い歴史を有しています。また、宗教・民族・言語は多岐にわたっています。そして、過去は忘却されず、現在のできごとの前提になっています。そのため、中東地域の歴史は、非常に複雑な構造物になっています。 たとえば、現在のガザ地域の事件を理解するために、19世紀に始まるシオニズムと、イスラエル建国以降の歴史を知る必要があります。また、「ハマース」とは何者か、これについても、イスラームを掲げるアラブ・ナショナリズムを解明しなければなりません。 本講座では、中東の近現代史を構成する要素を順序よく丁寧に説明し、常に時事問題との関わりを意識しながら、全体像の把握をめざしていきます。(講師・記) 2024年7月開講。 <各回テーマ>※各回テーマは予定です。変更になる場合もございますので、予めご了承ください。 ■2024年7-9月期 第1回 中東のなりたち 第2回 オスマン帝国とペルシア帝国 第3回 東方問題とナショナリズムの萌芽

    • 見逃し配信あり
    • 24夏クーポン1,000対象
  • 千葉教室
  • 教室・オンライン自由講座

『妙見絵巻』に見る千葉妙見

妙見 浜名徳順さん.jpg
  • 浜名 徳順/宝聚寺住職
  • 2024/07/18 〜 2024/09/19
  • 10:30〜12:00
  • 全3回
  • 会員 11,055円 / 非会員 14,355円
  • 中世の房総に活躍した武士団千葉氏は妙見菩薩を守護神としていました。それは今日に受継がれ、千葉神社をはじめ県内各地の社寺に妙見菩薩(神)が祀られています。千葉氏の妙見信仰はどのようなものであったのか?信仰の成立はいつ頃だったのだろうか?千葉市栄福寺に伝わる『千葉妙見大縁起絵巻』から読み取って行きたいと思います。 7月 千葉神社の創建と平忠常 8月 大治元年常重、千葉を始めて立つ(千葉市の始まり) 9月 成胤と胤忠の兄弟争論

    • 見逃し配信あり
    • 24夏クーポン1,000対象
  • 千葉教室
  • 教室・オンライン自由講座

リアルな生活から知る現代韓国
〜衣・食・住の変化

リアルな生活から知る現代韓国.jpg
  • 林 史樹/神田外語大学教授
  • 2024/07/18 〜 2024/09/19
  • 15:30〜17:00
  • 全3回
  • 会員 10,395円 / 非会員 13,695円
  • 芸能、コスメ、グルメにお洒落な観光地としても注目の韓国ですが、メディアには表層的で華やかな部分ばかりが流れ、日常の暮らしはあまり知られていないように思われます。講座では、生活の基本となる衣食住を中心に、韓国の普通の暮らしを過去から現在まで、皆さんとみていきたいと思います。食については、FAOの統計から韓国の食について意外な発見をしていただくと同時に、キムチをめぐる国際駆け引きなどについて紹介します。衣については、チマチョゴリの変化を古代から概観すると同時に、色に織り込まれた思いに触れていきます。住については、伝統家屋に必須のオンドルや空間配置を説明し、今日の高層マンションの間取りまで、何が変化し、変化しなかったのかをみていきます。(講師・記) 7月:食−食の変化とナショナリズム 8月:衣−ポップな伝統と色の世界 9月:住−伝統家屋から現代マンションに受け継がれたもの

    • 見逃し配信あり
    • 24夏クーポン1,000対象