1. 全国トップ
  2. 講座検索
立川 文学・文芸創作・小説
検索条件を変更する

フリーワードで検索

※空白を入れずに入力ください

教室を選ぶ

カテゴリーを選ぶ

大カテゴリー 小カテゴリー

初回開講月を選ぶ

講座形態を選ぶ

閉じる

フリーワードで検索

※空白を入れずに入力ください

曜日

開催時間

format_list_bulletedその他の条件

4講座中 1〜4件を表示 

  • 立川教室
  • 教室・オンライン自由講座

小説実践教室

1510syousetuzissakukyousitu.jpg
  • 八木沢 一寿/元「小説宝石」編集長
  • 2024/04/20 〜 2024/09/21
  • 15:30〜17:30
  • 全6回
  • 会員 28,380円
  • この講座では受講者の皆さんに創作していただき、その作品を講評しながら小説の要諦をお伝えしていきます。創作はまだ、という方はあらすじや構想だけでも構いません。書きたいけれど何を書いていいかわからないという方も一篇の小説が書けるようになるでしょう。作品をさらに磨きたいという方もその方法をともに考えていきましょう。書くことによって読書が劇的に変わります。書くことは苦しい作業ですが、楽しい瞬間が必ず訪れます。さあ、実践教室へ! (講師・記) <提出方法> ・1回20000字以内(400字詰め原稿用紙で50枚以内。)・プロットのみの場合は400字詰め原稿用紙換算で5枚以内。・体裁=縦書き。A4の用紙で12ポイント程度で、印刷は片面で。 原稿用紙の場合は、市販の400字詰め原稿用紙。 ・クリップでとめて(ホチキスは不可)、授業開始時にご提出ください。授業終了までに提出された作品をまとめたコピーをご用意します。次回のテキストとして使用します。・オンラインで参加する場合:作品は上記の指定の字数・枚数・サイズのものをメールに添付をして事前にtc9acc2@asahiculture.comまでお送り下さい。メールの件名には必ず「小説実践教室」と記載してお送りください。講座終了後、翌月の資料をデータ便でお送りします。

    • 満席
  • 立川教室
  • 教室開催

小説のレッスン
読んで、書く

ootuki.jpeg
  • 大槻 慎二/文芸編集者
  • 2024/04/23 〜 2024/06/25
  • 19:00〜20:30
  • 全3回
  • 会員 14,025円
  • 誰もが文章を書けるからといって、誰もが小説を書けるわけではありません。ピアニストが日々のレッスンを怠らぬように、アスリートが飽くことなく基礎トレに励むように、小説には小説の練習法があります。それは決して秘義に属することでなく、才能云々といった神秘のベールに包まれたものでもありません。この講座では経験者を対象に、読むことと書くことを通して小説の奥深さを知り、また書かずにいられなくなる<コツ>を体得していただきます。(講師・記) <講座の進め方> ・各回、前回ご提出いただいた作品を講評します。提出作品は作品集にまとめ授業内で配布します。 ・体裁:縦書き/片面印刷/A4/12ポイント/クリップ留め ・字数:12000字以内※400字詰め原稿用紙換算で30枚以内。30枚以上になる場合数回に分けてご提出ください。 ★新規参加者の課題:タイトル「ある風景」。400字×5枚以内。 写真クレジット:©Shinnosuke Sumino     

  • 立川教室
  • 教室開催

はじめての小説レッスン

ootuki.jpeg
  • 大槻 慎二/文芸編集者
  • 2024/07/15 〜 2024/09/16
  • 19:00〜20:30
  • 全3回
  • 会員 14,025円
  • 誰もが文章を書けるからといって、誰もが小説を書けるわけではありません。ピアニストが日々のレッスンを怠らぬように、アスリートが飽くことなく基礎トレに励むように、小説には小説の練習法があります。この講座では初心者を対象に、読むことと書くことを通して小説の奥深さを知り、また書かずにいられなくなる<コツ>を体得していただきます。まずは、プロット作りから始めましょう。(講師・記) <講座の進め方> ・各回、前回ご提出いただいた作品を講評します。提出作品は作品集にまとめ授業内で配布します。 ・体裁:縦書き/片面印刷/A4/12ポイント/クリップ留め ・字数:12000字以内※400字詰め原稿用紙換算で30枚以内。30枚以上になる場合数回に分けてご提出ください。 ★新規参加者の課題:タイトル「昨日の私」。400字×5枚以内。前日にあったことをお書きください。エッセイ風でも、小説風でも構いません。 画像クレジット:©Shinnosuke Sumino

  • 立川教室
  • 教室開催

小説のレッスン
読んで、書く

ootuki.jpeg
  • 大槻 慎二/文芸編集者
  • 2024/07/23 〜 2024/09/24
  • 19:00〜20:30
  • 全3回
  • 会員 14,025円
  • 誰もが文章を書けるからといって、誰もが小説を書けるわけではありません。ピアニストが日々のレッスンを怠らぬように、アスリートが飽くことなく基礎トレに励むように、小説には小説の練習法があります。それは決して秘義に属することでなく、才能云々といった神秘のベールに包まれたものでもありません。この講座では経験者を対象に、読むことと書くことを通して小説の奥深さを知り、また書かずにいられなくなる<コツ>を体得していただきます。(講師・記) <講座の進め方> ・各回、前回ご提出いただいた作品を講評します。提出作品は作品集にまとめ授業内で配布します。 ・体裁:縦書き/片面印刷/A4/12ポイント/クリップ留め ・字数:12000字以内※400字詰め原稿用紙換算で30枚以内。30枚以上になる場合数回に分けてご提出ください。 ★新規参加者の課題:タイトル「ある風景」。400字×5枚以内。 写真クレジット:©Shinnosuke Sumino