1. 全国トップ
  2. 講座検索
新宿 時事・社会・国際関係
検索条件を変更する

フリーワードで検索

※空白を入れずに入力ください

教室を選ぶ

カテゴリーを選ぶ

大カテゴリー 小カテゴリー

初回開講月を選ぶ

講座形態を選ぶ

閉じる

フリーワードで検索

※空白を入れずに入力ください

曜日

開催時間

format_list_bulletedその他の条件

5講座中 1〜5件を表示 

  • 新宿教室
  • 教室・オンライン自由講座

国際政治と日本の安全保障

川名晋史(新).jpg
  • 川名 晋史/東京工業大学教授
  • 2024/04/26 〜 2024/06/28
  • 19:00〜20:30
  • 全5回
  • 会員 17,325円 / 一般 22,825円
  •  今日、全ての国家は主権の上では平等ということになっているが、歴史的にみれば、そのような世界秩序のあり方は普遍的ではない。本講座では、われわれが今日考えるような「国際政治」がいつどのような形で始まり、どのような推移を経て今に至っているのかを考えていく。とりわけ、冷戦下において米ソの勢力争いは何をめぐってどのように行われたのか、またその冷戦に日本がどのように関わり、それをどのように克服しようと試みたのか。本講座のねらいは複雑な国際政治を理解するための視点を養い、「いま」を普遍のものだと考える固定的な視座を打ち砕くことにある。(講師:記) 第1回 国際政治における「現実」とはなにか 第2回 国際政治における「理想」とはなにか 第3回 戦争と大国 第4回 第二次世界大戦 第5回 冷戦の幕開け 【来期の予定】 第6回 日本の終戦と船出 第7回 朝鮮戦争―戦後の原型 第8回 日米安全保障条約 第9回 沖縄返還と基地問題 第10回 米中対立と日本

    • 見逃し配信あり
  • 新宿教室
  • 教室・オンライン自由講座

アメリカ大統領選と思想潮流

会田弘継.jpeg
  • 会田 弘継/ジャーナリスト・思想史家
  • 2024/04/27 〜 2024/06/15
  • 10:00〜11:30
  • 全3回
  • 会員 10,395円 / 一般 13,695円
  •  今年11月のアメリカ大統領選挙は、アメリカと世界にとっての大きな分岐点となりそうです。現時点では刑事裁判を抱えるトランプ前大統領と年齢・健康問題のあるバイデン大統領の対決の構図が予想されています。水面下では、アメリカ国家の21世紀のあり方をめぐって、激しい思想闘争が進んでいます。「ポストリベラル」とは、「国民保守主義」とは、何なのか。若者はなぜ「社会主義」を求めるのか。トランプ・サンダース現象以降、激しく流動化しているアメリカの政治と思想の流れを、戦後思想史という大きな枠組みに置きながら、受講者の皆さんと一緒に考えて行きます。 (時々の政治動向に合わせて解説していきます。)

    • 見逃し配信あり
  • 新宿教室
  • 教室・オンライン自由講座

ドナルド・トランプの黙示録

スクリーンショット 2024-04-01 114726.jpg
  • 青山直篤/朝日新聞国際報道部次長
  • 2024/05/13
  • 18:30〜20:00
  • 全1回
  • 会員 2,200円 / 一般 3,300円
  • 今年11月の米大統領選挙に向けて、トランプ前大統領が共和党の次期大統領候補として事実上確定しました。第2次トランプ政権が現実味を帯び、その見通しについての報道も増えています。 「11月5日は勤勉な米国民にとって新たな『解放記念日』となる」 「いまの政府(バイデン政権)を乗っ取っているウソつきや詐欺師たちには、『最後の審判の日』が訪れる」 トランプ氏は、この世の終わりと救済を表す黙示的なメッセージを繰り返しています。彼の支持者はなぜ彼を支持するのでしょうか?彼の演説はどのように熱狂を巻き起こすのでしょうか? トランプ政権下で朝日新聞ワシントン特派員を務め、現在、国際報道部次長の青山直篤氏が、トランプ氏の支持の理由やその演説の黙示的な手法について分析します。

    • 見逃し配信あり
  • 新宿教室
  • 教室・オンライン自由講座

中国の強国化戦略
毛沢東から習近平へ

山口信治.png
  • 山口 信治/防衛研究所地域研究部主任研究官
  • 2024/05/18
  • 15:30〜17:00
  • 全1回
  • 会員 3,465円 / 一般 4,565円
  •  習近平時代の中国という非常に分かりにくい「異形の大国」を理解するうえで、中華人民共和国を建国した初代指導者の毛沢東と彼が目指した国家建設を抜きにして語ることはできません。毛沢東は冷戦という環境の中で、さまざまな脅威に対抗しながら中国を強くて豊かな国家として建設しようとしました。ただし彼の手法は、独裁政治の下で中国の政治や社会・経済に大きな犠牲をも強いることとなりました。毛沢東時代の中国の外交安全保障と内政を学ぶことで、中国の現代史を学び、さらに現代を理解するうえでの手掛かりを探ります。(講師:記)

    • 見逃し配信あり
  • 新宿教室
  • オンライン開催

オホーツクと北方領土から見るロシアの極東軍事戦略
『オホーツク核要塞 歴史と衛星画像で読み解くロシアの極東軍事戦略』出版記念講座

書影 小泉悠さん オホーツク核要塞1.jpg
  • 小泉 悠/東京大学先端科学技術研究センター准教授
  • 2024/05/22
  • 19:00〜20:30
  • 全1回
  • 会員 3,300円 / 一般 3,850円
  • 日本の北側に広がるオホーツク海。この海は冷戦期以来、核ミサイルを搭載したロシア原潜の「要塞」とされてきました。では、この要塞はどのようにして生まれ、現在はどうなっているのか。北方領土問題や日本の安全保障とはどのような関係にあるのか。本講義ではこれらの点について考えていきます。(講師・記)

    • 見逃し配信あり