1. 全国トップ
  2. 講座検索
全て 美術史・鑑賞
検索条件を変更する

フリーワードで検索

※空白を入れずに入力ください

教室を選ぶ

カテゴリーを選ぶ

大カテゴリー 小カテゴリー

初回開講月を選ぶ

講座形態を選ぶ

閉じる

フリーワードで検索

※空白を入れずに入力ください

曜日

開催時間

format_list_bulletedその他の条件

195講座中 1〜20件を表示 

  • 横浜教室
  • 教室開催

楽しく学ぶ仏像の世界

shakanyoraizazou_komazawadaizenbunkakenkyuuhakubutsukan.jpg
  • 村松 哲文/駒澤大学教授
  • 2024/04/01 〜 2024/06/24
  • 14:00〜15:30
  • 全6回
  • 会員 20,790円
  •  仏像は、朝鮮半島を経由して、6世紀中頃日本に伝来しました。本講座では、仏像の鑑賞方法を学びながら、仏像を楽しく見るコツ、仏像から多くの情報を得る方法について映像を見ながら習得することを目標とします。これまで仏像を見てきた方から、これから仏像を見て廻ろうとする方まで、仏像鑑賞のノウハウを学ぶ仏像ファン必見の講座です。  今期は、知られざる仏像の魅力について、その仏像が制作された背景、信仰などを学びつつ、鑑賞する上で特に注目すべき点を分かりやすく解説します。 (講師・記) <2024年4月期 各回のテーマ> 第1回 法隆寺金堂薬師如来像の謎 第2回 中宮寺半跏思惟像の魅力 第3回 法起寺菩薩立像の優美 第4回 岡寺如意輪観音像の気品 第5回 興福寺十二神将像の荘厳美 第6回 興福寺華原磬の品位

    • 残りわずか
  • 新宿教室
  • オンライン(事前選択講座)

プラド美術館の名品群
名画を読み解く(オンライン受講)

快楽の園.jpg
  • 矢澤  佳子/西洋美術史講師
  • 2024/04/02 〜 2024/09/03
  • 13:00〜14:30
  • 全6回
  • 会員 22,770円
  • 大帝国を築いたスペインが、富と権力で手に入れた膨大な絵画作品を核とし、 名だたる巨匠の名品を集める。 世界で最も魅力的な美術館の一つ。 至極の作品群は何を語るのか? 物語は?人物は?寓意は?背景の意図は? 巨匠の作品群を読み解きます。 ・教室受講も可能です。 ・オンライン受講の方には印刷資料を郵送いたします。直前にお申し込みの場合は、講座当日までに届かないことがございます。講座は資料がなくてもお楽しみ頂ける内容です。 【カリキュラム】 ◆(前編)北方絵画・イタリア絵画◆ 1.初期フランドル絵画の至宝群 4/2  ファン・デル・ウェイデン、ピーテル・ブリューゲル父他 2.ヒエロニムス・ボス 5/7  「快楽の園」、「乾草車」、「七つの大罪」他 3.17世紀最大の巨匠ルーベンス 6/4  国王のための神話画群他 4.ルーベンスとヤン・ブリューゲル 7/2  「五感の寓意」他 5.イタリア絵画の重要作品  8/6  フラ・アンジェリコ「受胎告知の祭壇画」他 6.帝王の画家 ティツィアーノ 9/3 ◆(後編)スペイン絵画他◆ 7.ヴェネツィア絵画の魅力 10/8(第二火曜)  ティントレット、ヴェロネーゼ、ヤコポ・バッサーノ 8.レンブラント、デューラーとその周辺 11/5 9.スペイン絵画の重要画家 エル・グレコ 12/3 10.スペイン絵画の重要画家 黄金時代 リベーラ、スルバラン、ムリリョ 1/7 11.スペイン絵画の重要画家 最大の巨匠ベラスケス 2/4 12.【特別編】ティッセン・ボルミネッサ美術館の名品群 3/4  ファン・デル・ウェイデン、カラヴァッジョ他 ****

    • 見逃し配信あり
  • 新宿教室
  • 教室(事前選択講座)

プラド美術館の名品群
名画を読み解く(教室受講)

快楽の園.jpg
  • 矢澤 佳子/西洋美術史講師
  • 2024/04/02 〜 2024/09/03
  • 13:00〜14:30
  • 全6回
  • 会員 22,770円
  • 大帝国を築いたスペインが、富と権力で手に入れた膨大な絵画作品を核とし、名だたる巨匠の名品を集める。 世界で最も魅力的な美術館の一つ。 至極の作品群は何を語るのか? 物語は?人物は?寓意は?背景の意図は? 巨匠の作品群を読み解きます。 【カリキュラム】 ◆(前編)北方絵画・イタリア絵画◆ 1.初期フランドル絵画の至宝群 4/2  ファン・デル・ウェイデン、ピーテル・ブリューゲル父他 2.ヒエロニムス・ボス 5/7  「快楽の園」、「乾草車」、「七つの大罪」他 3.17世紀最大の巨匠ルーベンス 6/4  国王のための神話画群他 4.ルーベンスとヤン・ブリューゲル 7/2  「五感の寓意」他 5.イタリア絵画の重要作品  8/6  フラ・アンジェリコ「受胎告知の祭壇画」他 6.帝王の画家 ティツィアーノ 9/3 ◆(後編)スペイン絵画他◆ 7.ヴェネツィア絵画の魅力 10/8(第二火曜)  ティントレット、ヴェロネーゼ、ヤコポ・バッサーノ 8.レンブラント、デューラーとその周辺 11/5 9.スペイン絵画の重要画家 エル・グレコ 12/3 10.スペイン絵画の重要画家 黄金時代 リベーラ、スルバラン、ムリリョ 1/7 11.スペイン絵画の重要画家 最大の巨匠ベラスケス 2/4 12.【特別編】ティッセン・ボルミネッサ美術館の名品群 3/4  ファン・デル・ウェイデン、カラヴァッジョ他 ****

    • 見逃し配信あり
  • 北九州教室
  • 教室開催

仏像に学ぶ
古寺巡礼と美術・歴史・仏教

bun_tanakahontai_k2017.jpg
  • 田中 本泰/高野山真言宗 遍照院副住職
  • 2024/04/05 〜 2024/08/02
  • 13:30〜15:00
  • 全5回
  • 会員 14,575円
  • 千年以上信仰されてきた仏像や文化財をやさしく解説し、その眼差しにこめられた歴史や護持してきた人々に想いをはせます。各時代・地域を代表する寺院を取り上げ、仏像・伽藍の紹介と、創建・護持してきた人々によって祈られた願いを考え、歴史的・仏教的な背景や当地にまつわる伝説・文学を学びます。様々な視点から、楽しく古寺巡礼しましょう。 4/5  仏像の世界 〜仏像の種類と見分け方・「仏像に学ぶ」講座の導入 5/10  神護寺・高山寺 〜高雄・栂尾の寺々 6/7  大覚寺・天龍寺 〜 嵯峨・嵐山の寺々 7/5  醍醐寺・法界寺 〜醍醐・日野の寺々 8/2  願成就院・浄楽寺・瀧山寺 〜 運慶の足跡を訪ねて

    • トライアル可
  • 新宿教室
  • 教室・オンライン自由講座

美しき鎌倉・相模と伊豆の仏像

修禅寺 (1).jpg
  • 北 進一/群馬県立女子大学兼任講師
  • 2024/04/08 〜 2024/06/24
  • 15:30〜17:00
  • 全6回
  • 会員 20,790円
  • 日本各地には、美しいほとけがたくさん祀られています。もちろん奈良・京都の国宝の仏像の美しさはいうまでもありませんが、九州や東北、関東など都から離れた、いわゆる地方仏も独特の魅力を放っています。なかでも、現在の神奈川県の鎌倉・相模地方や静岡県の伊豆半島には美しい仏像が目白押しです。本講座は、鎌倉・相模と伊豆の仏像を探り、その美の真髄を解説します。 (講師・記) <各回テーマ> 第1回 伊豆・かんなみ仏の里美術館蔵の観音菩薩像と地蔵菩薩像 第2回 伊豆・願成就院と神奈川・浄楽寺の運慶仏 第3回 神奈川・満願寺の観音菩薩像と地蔵菩薩像と曹源寺の十二神将像 第4回 伊豆・修禅寺の実慶作大日如来坐像と神奈川・清雲寺毘沙門天像 第5回 鎌倉・寿福寺銅造阿弥陀如来坐像と伊豆・北條寺阿弥陀如来坐像 第6回 鎌倉・常楽寺阿弥陀三尊像と神奈川・本誓寺の歯吹き阿弥陀立像

    • 見逃し配信あり
  • 新宿教室
  • 教室・オンライン自由講座

南北ルネサンス美術史

2401ギベルティ「イサクの犠牲」.jpg
  • 塚本 博/美術史家
  • 2024/04/08 〜 2024/06/24
  • 13:00〜14:30
  • 全5回
  • 会員 17,325円
  • 西欧のルネサンス美術は、南のトスカーナと北のフランドルの双方に勃興しました。フィレンツェには存在感のある造形的な様式が、他方ブリュージュには油彩による精妙な描写が現れます。この車の両輪のごとき南北ルネサンス美術を併せて俯瞰することで、西洋美術の骨格がよく理解できます。この講座では、南北のルネサンス美術の全体像を、巨匠たちの名作を通して解明します。(講師・記) テキストは講師の著書を使用します。 【各回テーマ】 1 チマブーエ 2 ジォット 3 シエナ派絵画 4 ギベルティ 5 ブルネレスキ

    • 見逃し配信あり
  • 横浜教室
  • 教室開催

概説 日本仏像彫刻史
飛鳥時代から奈良時代

SKM_C650i24021012410.jpg
  • 齊藤 経生/女子美術大学名誉教授
  • 2024/04/09 〜 2024/09/10
  • 13:00〜14:45
  • 全6回
  • 会員 20,790円
  • この講座では、神像や肖像彫刻もまじえ、また各時代に応じて建築、絵画等にも触れ飛鳥時代から江戸時代までの日本の仏像彫刻の流れを概説します。今期の講座では「概説日本仏像彫刻史(前編)」として、仏教公伝に始まる飛鳥時代から奈良時代までの仏像の特徴を概説します。 構 成 【前編】 第1回 飛鳥時代(1)仏教伝来と法興寺(飛鳥寺)の仏像 第2回 飛鳥時代(2)止利様式の展開 第3回 飛鳥時代(3)飛鳥木彫像 夢殿観音と百済観音 第4回 奈良時代前期(1)白鳳仏「概説日本仏像彫刻史−飛鳥時代から奈良時代」 第5回 奈良時代後期(2)天平塑像 第6回 奈良時代後期(3)天平乾漆像 後編:鎌倉時代から江戸時代(受付は8月下旬から)

  • 新宿教室
  • 教室・オンライン自由講座

シルクロードの遺跡と美術
埴輪・装飾古墳・馬具・鉄剣の美

竹原古墳レプリカ 小サイズ.jpg
  • 北 進一/群馬県立女子大学兼任講師
  • 2024/04/10 〜 2024/06/26
  • 15:30〜17:00
  • 全6回
  • 会員 21,054円
  • シルクロード(絹の道)とは、本来、洛陽、長安などの中国の都市と、シリア、ローマなどの西方の諸地域とを結んだ、中央アジア経由の陸上東西交通路を指します。近年では、中国以東の朝鮮半島や日本へ続く道も広義にシルクロードとされます。日本の古墳時代は、今に続く国家の創生期ですが、シルクロードを通して伝播した大陸文化の影響を多分に受けています。本講座は、古墳時代の美術、埴輪・装飾古墳・馬具・鉄剣などを取り上げ、中国美術や朝鮮半島の美術と比較して考えてゆきます。(講師・記) <各回テーマ> *講義の進捗により変更する可能性があります。  第1回 埴輪の起源と成立  第2回 人物埴輪と動物埴輪の美  第3回 装飾古墳の美〜装飾古墳の成立とチブサン古墳  第4回 装飾古墳の美〜珍敷塚古墳と竹原古墳  第5回 古墳出土の馬具と鉄剣の美  第6回 藤ノ木古墳とその出土品〜シルクロードの遺産

    • 見逃し配信あり
  • 横浜教室
  • 教室・オンライン自由講座

名画でたどる西洋美術史
古代からルネサンスまで

春 ボッティチェッリ ウェヌスの誕生 (1).jpg
  • 新保 淳乃/武蔵大学講師
  • 2024/04/10 〜 2024/06/26
  • 13:00〜14:30
  • 全6回
  • 会員 20,790円 / 横浜45周年割 18,810円
  • 西洋美術の名画・名作は時代と社会の特質やメンタリティを映しだす鏡です。古代から近代まで、よく知られた絵画・彫刻・建築を読み解きながら一年をかけて西洋美術の歴史を辿り直します。春季は古代、ビザンチン、西洋中世、そしてルネサンスまでを取り上げます。全体の流れをおさえたうえで深掘りするヒントとして、講義で扱えなかった講師おすすめ作品を紹介するコーナーも毎回設ける予定です。こちらもお楽しみください。(講師・記) ※24年4月期開講。1年でたどります。各回テーマがありますので、途中受講歓迎です! 〈古代からルネサンスまで〉 ■壺絵に描かれた古代ギリシャ神話 ■《ラオコーン》と《水浴のウェヌス》 ■ビザンチン美術とイコン ■ロマネスクとゴシックの大聖堂 ■マザッチオのブランカッチ礼拝堂壁画1425-28 ■ボッティチェッリ《ウェヌスの誕生》c.1485 今後の講義内容ーーーーーーーーーー 〈夏季 ルネサンスの変容〉 ■レオナルド・ダ・ヴィンチ《モナリザ》1503-6 ■ラファエロ《ボルゴの火災》1514 ■パルミジャニーノ《ヒエロニムスの聖母》1527 ■ピーター・ブリューゲル《バベルの塔》1563 ■エル・グレコ《受胎告知》1596-1600 ■カラヴァッジョ コンタレッリ礼拝堂壁画1599-1602 〈秋季 バロックからロマン主義まで〉 ■ヤン・ブリューゲル《花の静物画》1603 ■ベルニーニ《聖女テレジアの法悦》1647-52 ■フェルメール《画家のアトリエ》1665-67 ■ヴァトー《シテール島の巡礼》1717 ■ダヴィッド《ホラティウス兄弟の誓い》1784-85 ■ドラクロワ《民衆を率いる自由》1830 〈冬季 近代芸術の展開〉 ■ターナー《雨、蒸気、スピード:グレート・ウェスタン鉄道》1844以前 ■ミレー《落穂拾い》1857 ■カバネル《ウェヌスの誕生》1863 ■クロード・モネ《印象、日の出》1872 ■アルフォンス・ミュシャ《ジスモンダ》1894 ■マティス《青いヌード》1907    

    • 見逃し配信あり
  • 中之島教室
  • 教室開催

基礎から学ぶ仏教美術
―インド・ガンダーラの仏像―

サーンチー大塔HP.jpg
  • 金子 典正/京都芸術大学教授
  • 2024/04/11 〜 2024/06/27
  • 13:00〜14:30
  • 全6回
  • 会員 18,480円
  • 仏像を鑑賞するための基礎知識、仏像の種類や意味などを、仏教が誕生したインドやガンダーラに遡って体系的に学びます。毎回プロジェクターを使って丁寧に説明し、プリントを配布して詳しく解説します。初めての方でもわかりやすく解説しますので、楽しみながら学んでください。 今期からスタートしますので、最初は基本的なことから学びます。1回目は仏教がインドから日本まで東漸した歴史的な流れについて、2回目は釈尊の生涯と仏教美術のはじまりについて、3・4回目は釈尊の誕生、成道、初転法輪、涅槃などの聖地について、5回目は釈尊の入滅後にインドを統一して仏教を広めたアショーカ王とその美術について、6回目はサーンチーにみられるシュンガ朝の無仏像時代の美術について解説します。毎回わかりやすく丁寧に解説します。 写真:サーンチー大塔 <各回テーマ> 4/11 仏教東漸を概観する  4/25 釈尊の生涯と仏教美術のはじまり 5/9 釈尊の聖地(1)  5/23 釈尊の聖地(2) 6/13 アショーカ王の美術  6/27 無仏像時代の美術

  • 新宿教室
  • 教室・オンライン自由講座

ビザンティン美術
哀しみの美術

コーラ修道院(イスタンブール)、14世紀初頭.JPG
  • 益田 朋幸/早稲田大学教授
  • 2024/04/11 〜 2024/06/27
  • 10:30〜12:00
  • 全5回
  • 会員 17,325円 / 一般 22,825円
  •  ビザンティン美術はコンスタンティノープル(現イスタンブール)を首都として、千年以上栄えたビザンティン帝国の美術です。西欧の中世美術と比して、ビザンティン美術のもっとも重要な特質は「哀しみの美術」であることだと私は確信するに至りました。愛する者を喪う哀しみ、その哀しみに耐えて生きねばならぬ苦しさ。人間存在と不可分のこの哀しみを、ビザンティン美術は聖母マリアの表現を通じて、追及し続けました。主として10世紀から14世紀の壁画やイコンを眺めることによって、ビザンティン美術の本質を考えます。 (講師・記) リーフレット画像:コーラ修道院(イスタンブール)、14世紀初頭 各回テーマ (テーマは変更になることがあります) 第1回:聖母マリアの生涯1 第2回:聖母マリアの生涯2 第3回:神殿奉献 第4回:我が子の死 第5回:パンとハンカチ

    • 見逃し配信あり
  • 名古屋教室
  • 教室開催

浮世絵で楽しむ江戸の風物詩

深谷 浮世絵 要クレ.jpg
  • 深谷 大/日本文化研究者
  • 2024/04/18 〜 2024/07/18
  • 15:30〜17:00
  • 全7回
  • 会員 21,945円
  • 江戸時代は260年間あまり戦争がない、世界的にも稀な平和な時代でした。そのため、現在に繋がる様々な文化が花開きました。日本が誇る劇画やマンガのルーツは浮世絵にあり。「衣がえ」「初鰹を味わう」「夏祭り」などをテーマに江戸っ子の暮らしを垣間見みましょう。

    • 見学可
  • 中之島教室
  • 教室開催

日本美術の諸問題〜
唐招提寺の美術

  • 小林 裕子/京都橘大学教授
  • 2024/04/19 〜 2024/06/28
  • 13:00〜14:30
  • 全3回
  • 会員 9,900円 / 一般 10,890円
  • 本講座では、飛鳥時代から鎌倉時代までに制作された仏像や仏画の優品を一作例ずつとりあげ、作品の見どころをご紹介していきます。さらに、いつ誰がいかなる目的をもって制作したのか、作品をとりまく歴史的背景や最近の研究成果などをとり混ぜながら多角的に理解を深めます。講座中、作品にかかわる文献史料や図面を使用しますが、ゆっくりわかりやすく説明いたしますので、はじめての方でも安心してご参加ください。今期3回は唐招提寺の仏像について お話しいたします。

  • 新宿教室
  • 教室開催

新西洋美術史
美術と時代・社会

senzoku.jpg
  • 千足 伸行/成城大学名誉教授
  • 2024/04/20 〜 2024/06/29
  • 10:15〜12:15
  • 全5回
  • 会員 17,325円
  •  19世紀は時に「長い世紀」と呼ばれますが、これはこの時代が政治的、経済的、社会的、あるいは科学技術などの面で様々な変革、革新をもたらしたことを意味し、同様のことは美術についても言えます。印象派は少なくとも当時は19世紀美術の一部にしか過ぎません。この時代に美術の「首都」はローマからパリに移ったとも言えますが、パリはこの際先送りして、今回は美術は言うまでもなく音楽、文学、哲学、科学など、各分野に逸材を生み、「ウィーン・ルネサンス」とも言うべき活況を呈したウィーンの全貌見てゆきます。 (講師・記) <スケジュール>(※テーマは変更になることがあります) (1)4/20 : エロスと装飾 :クリムト(1) (2)5/18 : エロスと装飾 :クリムト(2) (3)6/ 1 : 夭折の天才:エゴン・シーレ (4)6/22 : 《叫び》の画家:ムンク(1) (5)6/29 : 《叫び》の画家:ムンク(2)

  • 名古屋教室
  • 教室開催

キリスト教絵画を楽しむ

キリスト教絵画一部 ダ・ヴィンチ 小野康子T.jpg
  • 小野 康子/名城大学非常勤講師
  • 2024/04/22 〜 2024/09/30
  • 10:30〜12:00
  • 全6回
  • 会員 18,150円
  • 西洋伝統絵画で最も多く描かれたのが、聖書を典拠とする宗教画です。こうした作品は主題の知識があれば、より楽しく読み解くことができます。本講座では聖書の物語を順に取り上げ、主題が絵画化される際の表現上の約束事や画家独自の表現、さらに作品の時代背景やその機能について考慮しながら、関連する著名な作品を鑑賞していきます。 (講師記) 4月22日 旧約聖書:アダムとエヴァの物語 5月27日 旧約聖書:アブラハム、モーセ伝 6月24日 旧約聖書:旧約の王たち、女性たち 7月22日 新約聖書:キリストの幼少時代 8月26日 新約聖書:キリストの洗礼〜伝道活動 9月30日  新約聖書:キリストの受難 @ 10月28日 新約聖書:キリストの受難 A 11月25日 新約聖書:ピエタ〜最後の審判

    • 見学可
  • 新宿教室
  • 教室・オンライン自由講座

ボッティチェッリ絵画への誘い

2024.4月期WEB Sandro_Botticelli_021.jpg
  • 京谷 啓徳/学習院大学教授
  • 2024/04/24 〜 2024/06/26
  • 10:30〜12:00
  • 全3回
  • 会員 10,395円 / 一般 13,695円
  •  初期ルネサンスのフィレンツェで活躍した画家サンドロ・ボッティチェッリ。彼は《ヴィーナスの誕生》《プリマヴェーラ》などの神話画で知られますが、他にも幅広いジャンルの絵画を手掛けました。この講座では、神話画に加え、美しき聖母子像、教会の壁画や祭壇画、邸宅を飾った物語絵画、未完成に終わったダンテ『神曲』素描など、ボッティチェッリの名作の数々を鑑賞しながら、その画業についてじっくりと考えてみたいと思います。清々しさと、そこはかとない艶めかしさを併せ持つ、ボッティチェッリ絵画の美の世界に皆様をご案内いたします。(講師・記) ※2023年4月開講・2年間の予定 【今期のカリキュラム】 1)スパリエーラ1:《ナスタジオ・デリ・オネスティの物語》 2)スパリエーラ2:《聖ゼノビウスの物語》《ルクレツィアの物語》《ウィルギニアの物語》 3)古代のエクフラシスの絵画化:《アペレスの誹謗》 ※カリキュラムは変更になる場合があります。ご了承ください。

    • 見逃し配信あり
  • 横浜教室
  • 教室開催

東洋陶磁の魅力

moriyumi.jpg
  • 森 由美/陶磁研究家
  • 2024/04/25 〜 2024/06/27
  • 10:30〜12:00
  • 全3回
  • 会員 10,395円
  • 土と炎が作り出す「やきもの」。美術館の名品から身近な食器まで、日本陶磁を中心にその誕生と発展の歴史、それぞれの魅力、各窯業地の古今、やきものに関わる人物・エピソードなど、やきもの文化を広く深く学んでいきましょう。今回は、近世日本の華やかな陶磁デザインに注目しましょう。桃山陶の奇抜さ、江戸時代の豪華な磁器、京都から広がる雅な意匠。デザインの背景にある事情とは? あわせて陶磁器や工芸関係の展覧会も随時ご紹介します。(講師記) <今期カリキュラム(予定)> 4/25 桃山陶 はじける色と模様 5/23 鍋島と金欄手 二つの贅沢 6/27 京焼と各地藩窯 .

  • 中之島教室
  • オンライン(事前選択講座)

一度は訪れたいイタリアの聖堂:ヴェネツィア編(オンライン受講)
イタリア美術史(全6回の前半)

kimuratarou.JPG
  • 木村 太郎/大阪芸術大学・神戸女学院大学非常勤講師、美術史家
  • 2024/04/25 〜 2024/06/27
  • 15:30〜17:00
  • 全3回
  • 会員 9,240円 / 一般 10,230円
  • 今回の講座では、北イタリアの都市ヴェネツィアの聖堂と同信会館(宗教上の慈善活動に従事する俗人グループのための集会所)を取り上げ、その成り立ちや特徴に目を向けるとともに、そこを飾る必見の名作を鑑賞してみましょう。(6カ月コースの前半) テーマ 第1回 サンタ・マリア・グロリオーザ・デイ・フラーリ聖堂 第2回 サン・ロッコ大同信会館 第3回 サンタ・マリア・デッラ・サルーテ聖堂、サン・セバスティアーノ聖堂、サン・ジョルジョ・マッジョーレ聖堂、レデントーレ聖堂 【第4〜6回は、7〜9月に開講予定です】 第4回 サンティ・ジョヴァンニ・エ・パオロ聖堂 第5回 サン・ジョルジョ・デリ・スキアヴォーニ同信会館とサン・ザッカリーア聖堂 第6回 サン・ジョヴァンニ・クリソストモ聖堂、サンタ・マリア・デイ・ミラーコリ聖堂、サン・サルヴァドール聖堂、マドンナ・デッロルト聖堂

    • 見逃し配信あり
  • 中之島教室
  • 教室(事前選択講座)

一度は訪れたいイタリアの聖堂:ヴェネツィア編(教室受講)
イタリア美術史(全6回の前半)

kimuratarou.JPG
  • 木村 太郎/大阪芸術大学・神戸女学院大学非常勤講師、美術史家
  • 2024/04/25 〜 2024/06/27
  • 15:30〜17:00
  • 全3回
  • 会員 9,240円 / 一般 10,230円
  • 今回の講座では、北イタリアの都市ヴェネツィアの聖堂と同信会館(宗教上の慈善活動に従事する俗人グループのための集会所)を取り上げ、その成り立ちや特徴に目を向けるとともに、そこを飾る必見の名作を鑑賞してみましょう。(6カ月コースの前半) テーマ 第1回 サンタ・マリア・グロリオーザ・デイ・フラーリ聖堂 第2回 サン・ロッコ大同信会館 第3回 サンタ・マリア・デッラ・サルーテ聖堂、サン・セバスティアーノ聖堂、サン・ジョルジョ・マッジョーレ聖堂、レデントーレ聖堂 【第4〜6回は、7〜9月に開講予定です】 第4回 サンティ・ジョヴァンニ・エ・パオロ聖堂 第5回 サン・ジョルジョ・デリ・スキアヴォーニ同信会館とサン・ザッカリーア聖堂 第6回 サン・ジョヴァンニ・クリソストモ聖堂、サンタ・マリア・デイ・ミラーコリ聖堂、サン・サルヴァドール聖堂、マドンナ・デッロルト聖堂

  • 千葉教室
  • 教室・オンライン自由講座

人物から読み解く仏教美術史

八波浩一.jpg
  • 八波 浩一/出光美術館学芸部専門監
  • 2024/04/26 〜 2024/06/28
  • 10:30〜12:00
  • 全3回
  • 会員 10,395円 / 一般 13,695円
  •  仏教が伝わった東アジアにあって、日本だけは唯一その信仰が途絶えることなく今日まで続いています。この長い歴史を守り育んできたのは、ひとえにそれらを伝え広め、信仰した“人”の力にあるといえます。 本講座では、仏教史を彩った人物に焦点をあてながら、ゆかりの作品とともに仏教美術の歴史をふり返ってみたいと思います(講師・記)。 4月 聖徳太子と法隆寺−仏教を日本に根付かせるために 5月 空海と東寺−最新・最高の仏教(密教)をもたらして 6月 重源と浄土寺−光に包まれた阿弥陀来迎のビジュアル化

    • 見逃し配信あり