1. 全国トップ
  2. 講座検索
全て 美術史・鑑賞
検索条件を変更する

フリーワードで検索

※空白を入れずに入力ください

教室を選ぶ

カテゴリーを選ぶ

大カテゴリー 小カテゴリー

講座形態を選ぶ

閉じる

フリーワードで検索

※空白を入れずに入力ください

曜日

開催時間

format_list_bulletedその他の条件

222講座中 1〜10件を表示 

  • 新宿教室
  • オンライン(事前選択講座)

ルーヴル美術館の名品150選
名画を読み解く

Leonardo_da_Vinci_-_Saint_John_the_Baptist_C2RMF_retouched2.jpg
  • 矢澤 佳子/西洋美術史講師
  • 2023/10/03 〜 2024/03/05
  • 13:00〜14:30
  • 全5回
  • 会員 18,975円
  • ルーヴル美術館のスペシャリストが解説。 世界屈指のコレクションを誇るルーヴル美術館。 絵画の有名作品中「意味を読み解く」観点から面白い150の作品を厳選。人物は?場面は?出典は?意味深なディテールが語っているものは?作品に隠されたメッセージの読み解きを行います。 ・教室受講も可能です。 ・オンライン受講の方には印刷資料を郵送いたします。直前にお申し込みの場合は、講座当日までに届かないことがございます。講座は資料がなくてもお楽しみ頂ける内容です。 <カリキュラム> 2023年4月より開講。全11回を予定。 F【56〜69】ラ・トゥール作「マグダラのマリア」他 G【102〜110】ファン・エイク作「ロランの聖母」他 H【111〜121】ダ・ヴィンチ作「岩窟の聖母」他 I【122〜137】ダ・ヴィンチ作「洗礼者聖ヨハネ」他 J【138〜150】ヴェロネーゼ作「カナの婚礼」他

    • 見逃し配信あり
  • 新宿教室
  • 教室(事前選択講座)

ルーヴル美術館の名品150選
名画を読み解く 【教室受講】

Leonardo_da_Vinci_-_Saint_John_the_Baptist_C2RMF_retouched2.jpg
  • 矢澤 佳子/西洋美術史講師
  • 2023/10/03 〜 2024/03/05
  • 13:00〜14:30
  • 全5回
  • 会員 18,975円
  • ルーヴル美術館のスペシャリストが解説。 世界屈指のコレクションを誇るルーヴル美術館。 絵画の有名作品中「意味を読み解く」観点から面白い150の作品を厳選。人物は?場面は?出典は?意味深なディテールが語っているものは?作品に隠されたメッセージの読み解きを行います。 ※オンライン受講も可能です。 <カリキュラム> 2023年4月より開講。全11回を予定。 F【56〜69】ラ・トゥール作「マグダラのマリア」他 G【102〜110】ファン・エイク作「ロランの聖母」他 H【111〜121】ダ・ヴィンチ作「岩窟の聖母」他 I【122〜137】ダ・ヴィンチ作「洗礼者聖ヨハネ」他 J【138〜150】ヴェロネーゼ作「カナの婚礼」他

    • 見逃し配信あり
  • 横浜教室
  • 教室開催

会津八一と奈良のみほとけ

202310.jpg
  • 齊藤 経生/女子美術大学名誉教授
  • 2023/10/10 〜 2024/03/12
  • 13:00〜14:45
  • 全6回
  • 会員 20,790円
  • 早稲田大学で東洋美術史の教授を務めた会津八一(あいづ やいち、明治14年—昭和31年)は、歌人、美術史家、書家、教育者としてもよく知られています。1908年に最初の奈良旅行で奈良の仏教美術に惹かれ、またこの旅行が俳句から短歌へと移るきっかけともなりました。ひらがな書きの万葉調短歌を詠み、奈良には新薬師寺をはじめ、会津八一の歌碑は東大寺、唐招提寺など20基ほどあります。「おほらかに もろて の ゆび を ひらかせて おほき ほとけ は あまたらしたり」。東大寺の大仏を詠んだ歌です。この講座では、会津八一と奈良の古寺・古仏に対する意味を探ってみたいと思います。 〈構 成〉 第1回 会津八一と奈良 1.会津八一とは 2.会津八一と日吉館 3.会津八一と飛鳥園 4.高畠サロン―志賀直哉旧居 第2回 会津八一の歌と奈良の仏像(一) 1.奈 良 法 隆 寺 夢殿観音立像 2.奈 良 法 隆 寺 百済観音立像 3.奈 良 法 輪 寺 十一面観音立像  4.奈 良 中 宮 寺 弥勒菩薩半跏思惟像 第3回 会津八一の歌と奈良の仏像(二) 1.奈 良 東 大 寺 盧舎那仏坐像(大仏) 2.奈 良 東 大 寺 四天王立像(戒壇堂安置) 3.奈 良 喜 光 寺 阿弥陀如来坐像及び脇侍菩薩坐像 4.奈 良 新薬師寺 香薬師像 第4回 会津八一の歌と奈良の仏像(三) 1.奈 良 興 福 寺 阿修羅像 2.奈 良 唐招提寺 釈迦如来立像(清凉寺式) 3.奈 良 唐招提寺 金堂の仏像 第5回 会津八一の歌と奈良の仏像(四) 1.奈 良 薬師寺 薬師三尊像 2.奈 良 西大寺の仏像 3.奈 良 秋篠寺 伎芸天像 4.奈 良 法華寺 十一面観音像 第6回 会津八一の歌と奈良の仏像(五) 1.奈 良 當麻寺 役行者像 2.奈 良 聖林寺 十一面観音立像 3.奈 良 室生寺金堂の仏像 4.奈 良 瀧坂道(旧柳生街道) 寝仏(石仏) 5.京 都 浄瑠璃寺 九体阿弥陀如来坐像

  • 横浜教室
  • 教室開催

深読みエルヴィス・ワールド

presly.jpg
  • 前田 絢子/フェリス女学院大学名誉教授
  • 2024/01/05 〜 2024/03/15
  • 10:30〜12:00
  • 全6回
  • 会員 20,988円
  •  エルヴィス・プレスリーを、その音源と画像を軸に、さまざまな角度から深読みしていきます。  エルヴィスという人物と音楽を理解する上で欠かせないのが、彼が誕生したアメリカ南部という土地柄です。キーワードはたくさんあります。例えば綿花王国、南北戦争、南部美人、南部音楽、特にジャズやブルース、ロックンロールなどなど。しかしエルヴィスの場合、特に重要なのは、南部バイブル・ベルトで培われたキリスト教信仰です。南部人は、それをまとめて「サザン・ヴァリュー」と呼んでいます。  今期もエルヴィスの音楽的ルーツを探って、アメリカ南部の風土、文化や歴史を掘り下げたいと思います。音源からは、その曲の誕生の背景や歌詞の意味を丁寧に解説し、その主題を探ります。また、映画に関しても、時代背景や歴史的・社会的な流れを追いつつ、映画のメッセージを見ていきます。エルヴィスがつなぐ、エルヴィスいっぱいの楽しい時間にしたいと思います。(講師記) ※テーマは変更になる場合もあります。なにとぞご了承ください。

  • 横浜教室
  • 教室開催

くずし字入門
実践と鑑賞

くずし字 2023-09-02 183416.png
  • 笠嶋 忠幸/出光美術館上席学芸員
  • 2024/01/06 〜 2024/03/02
  • 13:00〜14:30
  • 全3回
  • 会員 10,395円
  • 「こんな筆文字が読めたらなあ」「書けたらなあ」と感じた方はいませんか。 本講座では、古典文学や書道、文化芸術といった世界にご関心のある方を対象に、実践的に読むコツ、書けるコツを基本から学びます。優雅で気品ある様々な時代の名筆を美しい画像とともに鑑賞しながら、くずし字の特徴と見方について丁寧に解説します。毎回、名筆をテキストに用い、本当に読める、書けるようになるための基礎力を身に付けましょう。(講師・記)

  • 新宿教室
  • 教室・オンライン自由講座

美しき相模と伊豆の仏像

南禅寺二天頭部ketu.jpg
  • 北 進一/群馬県立女子大学兼任講師
  • 2024/01/08 〜 2024/03/25
  • 15:30〜17:00
  • 全6回
  • 会員 20,790円
  • 日本各地には、美しいほとけがたくさん祀られています。もちろん奈良・京都の国宝の仏像の美しさはいうまでもありませんが、九州や東北、関東など都から離れた、いわゆる地方仏も独特の魅力を放っています。なかでも、現在の神奈川県の相模地方や静岡県の伊豆半島には美しい仏像や神像が目白押しです。本講座は、相模と伊豆の仏像と神像を探り、その美の真髄を解説します。(講師・記) <各回テーマ> 第1回 静岡・南禅寺の薬師如来坐像と二天立像 第2回 静岡・法雲寺の如意輪観音坐像と金龍院の不動明王坐像 第3回 静岡・伊豆山神社の神像群と神奈川・高来神社の男神立像 第4回 静岡・善名寺の薬師如来坐像と曹洞院の薬師如来坐像 第5回 神奈川・六所神社の神像群と安楽寺の大日如来坐像 第6回 神奈川・法照寺の十一面観音立像と相模国分寺の不動明王坐像

    • 見逃し配信あり
  • 新宿教室
  • 教室開催

図解 はじめての日本建築

図解 折衷様建築.jpg
  • 松ア 照明/東京家政学院大学客員教授
  • 2024/01/09 〜 2024/03/05
  • 13:00〜14:30
  • 全3回
  • 会員 10,395円
  • 日本建築について、興味はあるが専門的でわかりにくい、いろいろな時代、種類の建築があって何を見れば良いかわからない、などの御意見、質問を受けることが多々あります。この講座ではそれに応えるために『図解 はじめての日本建築』をテキストに、図をもとに、身近な実例をも挙げながら、寺院、神社から住宅建築、町並みまで、現代から過去にさかのぼって、日本建築の見方と見どころをわかりやすく解説します。(講師・記) <参考テキスト>各自ご用意ください。 松ア照明著『図解 はじめての日本建築: 神社仏閣から住宅建築までをめぐる』(丸善出版) [こちら](https://www.amazon.co.jp/dp/4621307940/) <各回テーマ> 第1回 鎌倉新仏教の建築(浄土宗、日蓮宗、浄土真宗、時宗の建築形式) 第2回 折衷様建築 第3回 禅宗伽藍と方丈

  • 中之島教室
  • オンライン(事前選択講座)

15世紀ネーデルラントの画家たち(オンライン受講)
美術史講座(全3回)

kimuratarou.JPG
  • 木村 太郎/大阪芸術大学・神戸女学院大学非常勤講師、美術史家
  • 2024/01/09 〜 2024/03/12
  • 10:00〜11:30
  • 全3回
  • 会員 9,240円 / 一般 10,230円
  • 15世紀のネーデルラントでは多くの画家たちが、当時発明されたばかりの油彩技法を用い、驚くほど緻密な細部描写を特徴とする宗教画や肖像画を生み出しました。以前の講座で取り上げたヤン・ファン・エイク(1390頃〜1441年)はその代表的な存在ですが、今回の講座では、彼とほぼ同じ時代にネーデルラントで活躍した3人の画家ロベール・カンパン(1375頃〜1444年)、ロヒール・ファン・デル・ウェイデン(1399/1400〜1464年)、ペトルス・クリストゥス(1410/20頃〜75年頃)を取り上げ、その作品と生涯を眺めてみましょう。 テーマ 第1回 1月 ロベール・カンパン 第2回 2月 ロヒール・ファン・デル・ウェイデン 第3回 3月 ペトルス・クリストゥス

    • 見逃し配信あり
  • 中之島教室
  • 教室(事前選択講座)

15世紀ネーデルラントの画家たち(教室受講)
美術史講座(全3回)

kimuratarou.JPG
  • 木村 太郎/大阪芸術大学・神戸女学院大学非常勤講師、美術史家
  • 2024/01/09 〜 2024/03/12
  • 10:00〜11:30
  • 全3回
  • 会員 9,240円 / 一般 10,230円
  • 15世紀のネーデルラントでは多くの画家たちが、当時発明されたばかりの油彩技法を用い、驚くほど緻密な細部描写を特徴とする宗教画や肖像画を生み出しました。以前の講座で取り上げたヤン・ファン・エイク(1390頃〜1441年)はその代表的な存在ですが、今回の講座では、彼とほぼ同じ時代にネーデルラントで活躍した3人の画家ロベール・カンパン(1375頃〜1444年)、ロヒール・ファン・デル・ウェイデン(1399/1400〜1464年)、ペトルス・クリストゥス(1410/20頃〜75年頃)を取り上げ、その作品と生涯を眺めてみましょう。 テーマ 第1回 1月 ロベール・カンパン 第2回 2月 ロヒール・ファン・デル・ウェイデン 第3回 3月 ペトルス・クリストゥス

  • 中之島教室
  • 教室開催

対比でみる仏像鑑賞       鎌倉時代の仏像
円成寺と興福寺南円堂

  • 鈴木 喜博/奈良国立博物館名誉館員
  • 2024/01/10 〜 2024/03/06
  • 10:30〜12:00
  • 全3回
  • 会員 9,570円 / 一般 10,890円
  • 引き続き興福寺の鎌倉彫刻です。南円堂の四天王像はもと中金堂に安置されていたもので、晴れて康慶一門の手になる南円堂四天王として紹介します。西金堂の仏頭は近年、運慶作の新説が唱えられたもの。維摩・文殊は定慶の作で、老と壮、病と健、方形と円形など、対比の視点から鑑賞すると、意外なことに気が付きます。テキストは『奈良六大寺大観』の解説の精読。 【カリキュラム】 @1月10日 興福寺南円堂の四天王像  康慶一門の作 A2月 7日 興福寺西金堂の仏頭および化仏 運慶作(新説) B3月 6日 興福寺東金堂の維摩・文殊菩薩像(1) 定慶作