1. 全国トップ
  2. 講座検索
全て 文学・文芸創作
検索条件を変更する

フリーワードで検索

※空白を入れずに入力ください

教室を選ぶ

カテゴリーを選ぶ

大カテゴリー 小カテゴリー

初回開講月を選ぶ

講座形態を選ぶ

閉じる

フリーワードで検索

※空白を入れずに入力ください

曜日

開催時間

format_list_bulletedその他の条件

492講座中 1〜20件を表示 

  • 北九州教室
  • 教室・オンライン自由講座

いま読みたい日本の文学
教科書作品を楽しむ

toku_miuraayakobungaku_k2022.jpg
  • 上出 惠子/活水女子大学名誉教授
  • 2024/04/01 〜 2024/09/02
  • 13:30〜15:00
  • 全6回
  • 会員 20,460円
  • 子どものころ教科書で出会った文学作品に再会しましょう。年齢を重ねて読み直すと、新たな発見や感動があります。教科書が採用した狙いを考えて読むと、また深く味わえます。 【春・夏学期カリキュラム】 4/1 夏目 漱石 『 夢十夜 』 〜夏目漱石の夢語り 5/6 森 鷗外  『 最後の一句 』 〜森鴎外と歴史小説 6/3 太宰 治  『 富嶽百景 』 〜御坂峠・天下茶屋の太宰治 7/1 新美 南吉 『 ごんぎつね 』 〜小学国語の定番・共通の教材 8/5 宮沢 賢治 『 やまなし 』 〜谷川の底を写した幻燈の話 9/2 内田 百 『 冥途 』 〜不思議で無気味な幻想作品

    • 見逃し配信あり
  • 横浜教室
  • 教室開催

奥坂まやの俳句教室

okuzaka.jpg
  • 奥坂 まや/「鷹」同人
  • 2024/04/01 〜 2024/09/02
  • 13:00〜15:00
  • 全6回
  • 会員 21,450円
  • 俳句を作って、日本のすばらしい四季を、もっと身近に楽しく感じてみませんか。俳句には季語がありますので、しぜんに季節ごとの植物や食べ物、行事などと親しむことができます。季語を通じて、あなただけの、世界との交感記録が生まれるのです。(講師・記) .

    • 満席
  • 横浜教室
  • 教室開催

初心者のための俳句教室

syoshinnsyanotakenohaikukyoushitsu_1904.jpg
  • 長谷川 槙子/「わかば」同人
  • 2024/04/03 〜 2024/09/04
  • 15:00〜17:00
  • 全6回
  • 会員 21,450円
  •  俳句を初めて作ってみたい方、あるいは、初心に帰って俳句を学びたい方のための講座です。  句作を始めたことで、「見慣れた景色が、これまでとまったく違って見える」と口にされる方があります。季語を知り、四季折々の感動を十七音の調べにのせて詠う喜びは、それほどに大きいのです。俳句を通じて出会った仲間と共に「私の俳句」を作る楽しさ、豊かさを味わってみませんか。  毎時間の初めに、基礎的な知識の習得に向けたワンポイントレッスンを実施します。その後の句会において具体的なアドバイスや添削を行い、 実作に生かせる学びを進めてまいります。(講師記) ・8月の詠み込み文字は、「月」です。 **** 講座の進め方 **** ・毎回、教室で5句を提出していただき、句会を行います。 ・講座の中で、前回の提出作品から抜粋した句の添削、基礎レクチャーなどを行います。 ・句会における疑問点も解決し、句作の上達を目指します。 **** 提出について **** ・毎回5句をつくり、「投句控え用紙」と短冊に書いて教室でご提出ください。 ・欠席する場合は、往復はがきに5句を書き、講座の前までに担当者までお送りください。 ※俳句作りがまったく初めての方は、参加の初回は投句しなくてもかまいません。 ※2019年4月から続いている講座です。途中からの受講も歓迎です。 ※俳句作りがはじめてでご不安なかたは、担当までお問い合わせください。 慣れていない方には、講座後20分程度お集まりいただき、講師がフォローアップする機会もあります。

    • 見学可
  • 新宿教室
  • 教室開催

俳句に親しむ

  • 二川 茂コ/「むさし野」代表
  • 2024/04/04 〜 2024/09/05
  • 13:00〜15:00
  • 全6回
  • 会員 21,450円
  •  俳句は日々の暮らしの中から生まれる“心の詩(うた)”です。四季折々の風物に託して、自分の思いを自分の言葉で表現するために、基礎から学びませんか。俳句の特別な表現方法、俳句の歴史、秀句の鑑賞、歳時記の知識などを、全く初めての方にも分かり易くお話します。実際に俳句を作って実作の楽しさを味わい、添削により上達を目指します。講義と実作指導の句会を行います。(講師・記)   【今期の兼題】 4月 長閑(のどか) 5月 蠅(はえ)生る  6月 栗の花 7月 優曇華(うどんげ)  8月 暑き日(熱き日)  9月 馬追(うまおい)

  • 横浜教室
  • 教室開催

はじめての俳句

asaodakeiji.jpg
  • 浅生田 圭史/「古志」元編集長
  • 2024/04/05 〜 2024/09/06
  • 15:30〜17:30
  • 全6回
  • 会員 21,450円
  •  俳句をやってみたいと思っているけれども、「俳句なんて私に作れるのだろうか」とか「句会なんてちょっと気恥ずかしい」などとためらっている方。そんな人のための講座です。 年齢も性別も、その他、面倒なものは一切問いません。手ごろな歳時記一冊とペン一本。これだけあれば充分です。広々とした俳句の世界へご案内したいと思います。ひとつお願いです。1回目に来られる際、一句だけ(ご自身で気に入っていれば、どんな句でも可)なんとか作って来てください。2回目以降は、兼題と自由題をあわせて3〜4句作って来ていただき、句会をしながら指導します。 (講師記) ★8月の謙題は「昼寝」「朝雲 .

    • 見学可
  • 横浜教室
  • 教室・オンライン自由講座

シェイクスピアの道化と詩人
「リア王」「十二夜」を読む

shimizu-teturou.jpg
  • 清水 徹郎/お茶の水女子大学名誉教授
  • 2024/04/06 〜 2024/09/07
  • 10:00〜11:30
  • 全6回
  • 会員 20,790円
  • シェイクスピアの戯曲は上演台本としてもよくできていますが、本講座ではそのポエティックなところを拾い、英語で味わいます。まず悲劇『リア王』から主要部分を拾い読みし、シェイクスピアの言葉に慣れてもらいます。またリアに同行する道化の言葉は『ソネット集』の詩人と近いところがありますので、その辺りに注目して詩と演劇の関係なども考察してみたいと考えます。ソネットも随時参照します。『リア王』の後はシェイクスピアの代表的喜劇『十二夜』に入ります。なお言葉の難しいところは全て講師が解説しますので、高校初年程度の英語の知識で受講可能です。テクストは毎回オリジナルの語注付きプリントを配布します。(講師・記) 以下は参考書:  @ William Shakespeare, The Sonnets川西進編注 (音羽書房鶴見書店) 1,800円 A シェイクスピア著・松岡和子訳『リア王』『十二夜』(ちくま文庫) B William Shakespeare, King Lear, ed. by Jay L. Halio (Cambridge UP) [4月〜7月] C William Shakespeare, Twelfth Night , ed. by Roger Warren (Oxford UP)[8月〜9月] D 井出新『シェイクスピア、それが問題だ!』(大修館書店)1,700円

    • 見逃し配信あり
  • 横浜教室
  • 教室開催

じっくり楽しむ「万葉集」
万葉歌詳解

ooura.jpg
  • 大浦 誠士/専修大学教授
  • 2024/04/08 〜 2024/07/22
  • 10:30〜12:00
  • 全6回
  • 会員 20,790円
  •  愛しい人への思い、大切な人を喪った悲しみ、心を洗われるような自然に触れた感動。遙かいにしえに編まれた『万葉集』には、私たち日本人の心の原点が刻まれています。  『万葉集』の魅力を一言で言えば「ふところの広さ」にあると言えるでしょう。初期と末期とでは歌風が全く異なりますし、天皇の歌から防人歌まで様々な階層の人々の歌が見られます。また、格調高い儀礼歌もあれば、宴席での遊びの歌も載せられています。  本講座では、『万葉集』の巻一からはじめて、主要な歌を精読し、新しい視点で『万葉集』の魅力の再発見を目指します。我が国に「文学」と呼びうるものが生まれ出た、その初々しい姿に触れてみましょう。(講師記) *4月期は「巻7・1170番あたり」からの予定。 *2014年4月開講。巻1からゆっくりと読み進めています。いつからでもお入りいただけます。  

  • 横浜教室
  • 教室開催

短歌―高野・影山クラス 

  • 高野 公彦/歌人 朝日歌壇選者
  • 影山 一男/歌人
  • 2024/04/08 〜 2024/09/23
  • 13:00〜15:00
  • 全11回
  • 会員 41,140円
  •  短歌は誰でも作れる詩型ですが、作れば作るほど奥深い世界です。作り方は人によってそれぞれ異なります。各人の個性やテーマを見極めて、作歌上達のためのアドバイスをしたいと思います。 (講師記) ※毎回講評を行います。 ★今期は6/10、7/22が影山講師、 それ以外は高野講師の指導となります ★5/13は、高野講師のご出講に変更となりました。 <作品提出について> 次回講評のための作品を、教室内の作品提出箱に講座終了後までにお入れください。 指定の短冊(教室内に設置しています)1枚に自由題1首、氏名を濃い文字で記入し、ご提出ください。(なお、ご欠席などで当日提出がご無理な場合には、1週間前まで必着でお届けください) 【詠草方法】 ◆ 基本的に講座ご受講の際に次回、講座分の歌を教室にてご提出ください。 ◆ 教室でのご提出が難しい場合、郵送または窓口でご提出ください。その場合、次回講座日の1週間前必着でお願いいたします。 【郵便宛先】 〒220-0011 横浜市西区高島2-16-1ルミネ横浜8F 朝日カルチャーセンター横浜 短歌(高野・影山クラス)係 ◆ FAXでのご提出はご遠慮ください ◆ 差し替えは、1週間前まで承っております。「差し替え」と明記していただき、ご提出ください。

  • 新宿教室
  • 教室開催

くらしの俳句

ogawa2.jpg
  • 小川 晴子/「今日の花」主宰
  • 2024/04/08 〜 2024/09/20
  • 13:00〜15:00
  • 全5回
  • 会員 18,425円
  •  昭和二十二年中村汀女創刊の俳誌「風花」の裏表紙に「今日の風、今日の花」という言葉が書かれています。それは、今日心新しくあれば、風も新た、花も新たという意味です。私達は美しい自然の中で五感を充分に使って、心に響いた思いを十七文字に詠みたいと思います。  初心者の方には、個人的に添削指導をしながら、句会形式で楽しみ、俳句の基礎から先人の名句を通して学んで行きます。日々の暮しを、俳句を作り豊かに楽しみましょう。(講師・記) <作品提出の方法> ・毎回句会形式です。新規の方は次回の兼題で5〜6句を準備してください。 ・兼題は順次翌月のものを決定していきます。お問い合わせください。

  • 横浜教室
  • 教室開催

短歌レッスンA
Aクラス

konnosumisensei.jpg
  • 今野 寿美/「りとむ」編集人
  • 2024/04/09 〜 2024/09/10
  • 10:30〜12:15
  • 全6回
  • 会員 22,440円
  • 短歌に関心を持ったら、まず作ってみることです。五七五七七のリズムにしたがって、ことばをつづることが案外簡単だと思えたら、そこから魅力ある短歌の表現にするにはどうしたらいいかを考えましょう。意外に厄介だと思ったら、どんな工夫によって短歌のリズムに乗ることができるかを考えましょう。いずれにしても、ことばと向き合うことは楽しいものです。レッスンしながら、たくさんの作品を重ねてください。(講師記)

    • 見学可
  • 横浜教室
  • 教室開催

やさしい俳句入門
「型」から学ぶ俳句

katuhiro takayanagi.jpeg
  • 柳 克弘/「鷹」編集長
  • 2024/04/11 〜 2024/09/12
  • 10:30〜12:30
  • 全6回
  • 会員 21,450円
  • 俳句には「型」があります。まずはこの「型」を身につけることで、安定した俳句を作ることができます。自分の文体を模索するのも、この「型」を踏まえた上でのことでしょう。本講座では、句会を中心に進めていきます。ていねいに句会の流れを踏襲し、持ち寄りの三句について講評していく予定です。そのなかで俳句の「型」の種類や、「型」に従って句を作る場合の注意事項についても、お伝えしたいと思っています。(講師記)

    • 満席
  • 新宿教室
  • 教室開催

ホメロスの叙事詩「イリアス」全巻を読む

川島重成さん.jpg
  • 川島 重成/国際基督教大学名誉教授 
  • 2024/04/12 〜 2024/08/30
  • 10:30〜12:00
  • 全5回
  • 会員 17,325円 / 一般 22,825円
  •  紀元前8世紀にホメロスによって完成されたとされる叙事詩『イリアス』――そこにはトロイア戦争をめぐる英雄たちの生と死の諸相が、不死なるオリュンポスの神々と対比されて、美しく謳い上げられています。西洋精神の源泉であるギリシア最古の雄大なこの叙事詩の尽きない魅力を、松平千秋訳(岩波文庫上下二冊)を用いて、一年間11回で多様な視点から読み解きます。(講師・記) 【カリキュラム】※状況によって変更することもございます。 ★前期-----2024年4月〜8月 1 『イリアス』以前の歴史、口誦叙事詩の伝統、『イリアス』成立の事情 2  (第1歌)アキレスの怒りとゼウスの計画 3  (第2・3歌)アガメムノンを惑わす夢、パリスとネラオスの一騎打ち 4  (第4・5歌)ディオメデスの武勇譚 5  (第6・7歌)ヘクトルとアンドロマケの別れ -------------------------- 後期-----2024年10月〜2025年3月 6  (第8・9・10歌)アキレウスへの使節派遣 「怒り」の深化 7  (第11・12・13・14・15歌)戦闘三日目の読み方、神々の喜劇 8  (第16・17歌)パトロクロスの武勇と死 9  (第18・19歌)アキレウス出陣の決意、アキレウスの盾、アガメムノンとの和解 10  (第20・21・22歌)神々の戦い、アキレウスとヘクトルの一騎詩、ヘクトルの死 11  (第23・24歌)アキレウスとトロイアの老王プリアモスの和解       ※お申込みは6ヶ月単位です。途中からのご受講もいただけます。

  • 新宿教室
  • 教室・オンライン自由講座

プロをめざす絵本塾

小野明 小サイズ.jpg
  • 小野 明/絵本編集者
  • 2024/04/12 〜 2024/09/13
  • 18:30〜20:30
  • 全6回
  • 会員 22,110円
  • 絵本を出版したい。そう思う人にとって、オンデマンド印刷の普及は、以前に比べて格段に安く自費出版できる機会を提供しています。そういう時代に、それでもプロの絵本作家になりたいと思う人に求められる心構えや能力とは何か。プロの絵本作家をめざす人のためのワークショップ「あとさき塾」を32年続けてきた経験を基に、みなさんのラフや作品について具体的にアドバイスします。(講師記) <作品提出要項> ・提出締切:メール又は郵送の方は授業日の前日正午まで必着。教室受講の方は授業当日に持参ください。 ・内容:完成したラフか作品を提出ください。制作途中のものは不可。 ・形式:ページ数、形式は自由です。講座名、作品タイトル、筆者名(ペンネーム、本名を両方)を明記してください。ページ番号を付けてください。 ・提出先: 郵送 〒163-0210 新宿区西新宿2-6-1 新宿住友ビル10階 朝日カルチャーセンター講座部「プロをめざす絵本塾」係 メール kouzainfo2@asahiculture.com ・その他:提出作品は返却していませんので、コピーを提出ください。 聴講のみのご参加も歓迎です。

    • 見逃し配信あり
    • 残りわずか
  • 新宿教室
  • 教室・オンライン自由講座

「おくのほそ道」をよむ

hasegawakai.jpg
  • 長谷川 櫂/俳人
  • 2024/04/13 〜 2024/09/14
  • 15:30〜17:00
  • 全6回
  • 会員 20,790円
  •  2017年4月からつづけてきた講座「『おくのほそ道』をよむ」は2023年3月で3巡目が終わり、新たに4巡目にはいります。 今回の目標は次のとおりです。 1)『おくのほそ道』全体の構造を理解する。 2)本文の音読によって概要をつかむ。 3)句の内容と並べ方を理解する。 4)俳句と本文の現代語訳を完成させる。 これまですでに受講された方の参加も歓迎します。  (講師・記) ※ 2023年4月期開講  

  • 横浜教室
  • 教室開催

絵本を読む・つくる・考える 

小野明.JPG
  • 小野 明/絵本編集者
  • 2024/04/13 〜 2024/09/14
  • 18:30〜20:30
  • 全6回
  • 会員 22,110円
  •  今まで読んだなかで、忘れられない絵本はありますか?  幼い頃に読んだものから新進作家の作品まで、絵とことばで紡がれる世界はとても多彩で尽きることがありません。私たちの心を大きく揺さぶり、想像の世界へといざないます。  この講座では、ながく絵本・児童書づくりに携わり、ワークショップ経験も豊富な講師とともに、さまざまな切り口から絵本の魅力にせまります。創り手や読み手といった垣根をこえて、絵本づくりとは?魅力的な絵本とは?など、絵本について考えるひとときになればと思います。絵本が好きな方、じっさいに描いている方、これから創作に取り組んでみたいと思っている方、どなたでも大歓迎です。 <講座の進め方> ・基本は講師による講義です。新しい絵本の紹介や時々の話題を交えつつ、毎期テーマを設定して進めます。合評を行うこともあります。 ・ご希望の場合は作品提出も可能です。講師にお申し出ください。 【取り上げるテーマなど(抜粋)】 ■〈今月の気になるヴィジュアル〉 ■〈今月の新刊絵本紹介〉 ■〈テーマ絵本〉 ………まだあまり絵本で扱われていないテーマや方法に挑戦してみる。

  • 横浜教室
  • 教室開催

添削で俳句入門

takahashi.jpg
  • 高橋 桃衣/「知音」同人・俳人協会会員
  • 西村 和子/俳人・「知音」代表
  • 2024/04/13 〜 2024/09/14
  • 15:30〜17:30
  • 全6回
  • 会員 21,450円
  • 仕事で忙しくしているけれど、ビル街の夕焼を美しいと見とれる折がある。こんな時の思いを言葉で表現できたら、と思っているあなた。毎日同じことの繰り返しで、若い頃の感性や詩ごころが擦り減ってゆくような気がする。どこかで自分の世界を育て、自分を取り戻したいと感じているあなた。そんなあなたのための初心者教室です。月に1度の土曜日の午後、自分のための時間を作りませんか。毎回の句会を通して、季語の説明、漢字の読み方、仮名遣いなど基本的なことをひとつひとつ丁寧に指導いたします。(西村講師・記) ★5月(5/18)と、6月(6/15)は第3週に行ないます。日程にご注意ください。 .

    • トライアル可
  • 横浜教室
  • 教室開催

初心者のための小説講座

KenKURUMISAWA.jpeg
  • 楜沢 健/文芸評論家
  • 2024/04/14 〜 2024/09/08
  • 13:30〜15:30
  • 全6回
  • 会員 24,750円
  • 「おたがい/なれるのは厭だな/親しさは/どんな深くなってもいいけれど」「狎れる 馴れる/慣れる 狃れる/昵れる 褻れる/どれもこれもなれなれしい漢字/そのあたりから人と人との関係は崩れてゆき」(茨木のり子「なれる」)。「なれ」には罠がある。なれるにしたがい、私たちのものの見方や関係は自動化し、世界に対する驚きや関心が薄れてゆく。文学は、こうした「なれ」にともなう感性や思考の摩滅=怠惰へのささやかな抵抗である。本講座では小説の技巧を整理しながら、あらためて世界への驚きや好奇心を取り返すことを目指します。 はじめて小説を書く方のご参加もお待ちしています  (講師記) ※事前にご提出いただいた小説を合評・講評する形式ですすめます。

    • 満席
  • 横浜教室
  • 教室開催

短歌はじめてクラブ

tanka.jpg
  • 藤島 秀憲/「心の花」会員
  • 2024/04/15 〜 2024/09/16
  • 10:30〜12:30
  • 全6回
  • 会員 21,450円
  • 短歌を始めてみませんか。まずは作って楽しみましょう。 毎回講義と秀歌鑑賞を行い、文法や技法、実作のポイントなどを丁寧に解説します。 初回は講義中心。2回目以降は歌会も交えて皆様の歌を読み合います。一人2首を添削・講評します。質問の時間もありますので、疑問点を解決することもできます。初めての方も、安心してご参加ください。 <作品提出方法>作品の提出方法について、以下の点をご確認ください。 ●課題・作品数 @兼題 1首  A自由題 1首 あわせて2首ご提出ください。 ●作品提出〆切 講座の1週間前 月曜日必着 ●ご提出方法 1人2首を指定の短冊用紙で提出いただきます。左下にお名前も記入ください。 (短冊は教室でお配りします) <提出先> 〒220-0011 横浜市西区高島2-16-1 ルミネ横浜8階 短歌はじめてクラブ 講座担当宛 ※土日祝を挟むと郵便物到着が遅れるので、余裕をもってご投函ください。 ※ご持参いただく場合は休館日にご注意下さい。

    • 満席
  • 横浜教室
  • 教室開催

短歌実作講座

tanka.jpg
  • 藤島 秀憲/「心の花」会員
  • 2024/04/15 〜 2024/09/16
  • 13:00〜15:00
  • 全6回
  • 会員 21,450円
  •  短歌を作って楽しむための講座です。秀歌鑑賞、実作のポイント、文法など基本事項の解説を交えながら、みなさまの作品(一人三首)を添削・講評します。質問の時間もありますので疑問点を解決することもできます。  詠草と資料は当日配付いたします。次回(翌月)の自由題作品三首をご提出ください。(新規の方の締め切りはその限りではありません)。 ※初回4月15日にむけて、作品提出ご希望の方は、4/8必着で、 朝日カルチャーセンター横浜教室の窓口、または郵送にてご提出ください。

    • 残りわずか
  • 北九州教室
  • 教室・オンライン自由講座

「紫式部集/日記」を読む
身をば心にまかせねど

bun_kudo_k2023.jpg
  • 工藤 重矩/福岡教育大学名誉教授
  • 2024/04/18 〜 2024/09/19
  • 10:30〜12:00
  • 全6回
  • 会員 19,140円
  • 紫式部の伝記には未確定の事が多くありますが、中宮彰子に仕えたこと、源氏物語を書いたこと等は、幸い「紫式部日記」により確認できます。また、紫式部の和歌を集めた「紫式部集」が残されていますので、その和歌を通して紫式部の思いを窺うことができます。この講座では、「紫式部集」を中心とし「紫式部日記」や当時の記録類をも参照しつつ、紫式部の身(伝記的事項)と心(和歌などに表現された心情)とを資料に即して丁寧に読み解きます。(講師・記) 【春・夏学期カリキュラム】 4/18 父祖への思い 〜家門の栄光と沈滞 5/16 若き日々(1)〜めぐりあひて 6/20 若き日々(2)〜姉なりし人亡くなりて 7/18 越前の冬 〜白嶺の深雪いや積もり 8/29 言い寄る男たち(1)〜宣孝の歌はあるか 9/19 言い寄る男たち(2)〜様々な懸想文 ※講座は2025年3月まで続きます。

    • 見逃し配信あり